【フォルクスワーゲン フェートン】本場ドイツだけのクルマなんです。

フォルクスワーゲン フェートン。フォルクスワーゲンのお膝元、ドイツでしか販売されていないクルマです。ないとなれば知りたくなるもの。一体どんなクルマなのでしょうか。

フェートンというクルマは、実はこんなクルマ。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3

フォルクスワーゲン フェートン(Volkswagen Phaeton)は、フォルクスワーゲンで2002年から販売されている、ラグジュアリーサルーンのことです。車名のフェートンは、ギリシャ神話の”太陽神”である「ヘーリオス」の息子「パエトーン」から由来しています。
フェートンは、2002年3月に開催された、第72回ジュネーブモーターショーで発表され、翌年2003年5月からヨーロッパ各国で販売が開始されました。

フェートンはなぜ作られたクルマで、どのような方がターゲットだったのでしょう。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3

フェートンは、当時フォルクスワーゲンの取締役会会長を務めていた、フェルディナント・ピエヒによる「高級車路線戦略化」の一つとして開発されていました。これは、フォルクスワーゲン初の”ラグジュアリーサルーン”で、ドイツのドレスデン市中心街に位置する専用工場で、「1日に35台」のみが製造されていました。また、同工場ではフェートンのほかに、一時期イギリスのクルー工場での増産体制に対応しきれなかった、あの「ベントレー・コンチネンタル・フライング・スパー」が1日に5台だけ製造されていたという経緯もあったことから、両車の製造工程を同工場の屋外から見ることが出来ました。

一方、販売面においては、好調な滑り出しのベントレー・コンチネンタル・フライング・スパーとは対照的に、フェートンの販売実績は、販売が開始された当初から苦戦を強いられており、全世界での販売台数は、当初の年間計画販売目標台数であった2万台を大きく下回る、わずか5千台程度の販売にとどまっていました。このため、フォルクスワーゲングループジャパンにより、2003年にはフェートンの日本市場導入が予定されていましたが、実施は見送られ、フェートンが日本の地を踏むことはありませんでした。
また、メインマーケットとして位置付けられていたアメリカ合衆国でも販売が芳しくなく、アメリカでの販売も2006年に打ち切られています。

なお、特別なセキュリティ対策が施されていて、革新的な専用装備等が搭載されたフェートンが、当時ドイツ社会民主党の党首で、ドイツ連邦共和国の連邦首相だった「ゲアハルト・シュレーダー首相」の公用車として、同社より贈呈されています。

大きくも出るが変わることなく、今もなお販売されています。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3

販売が開始された当初は、標準ボディのみがラインナップされていたフェートンでしたが、2003年9月に開催されたフランクフルト・モーターショーで、新たにホイールベースを200mm延ばした「ロング・ホイールベース仕様」が追加されました。同車には、フォルクスワーゲングループに属する「アウディ・A8」や「ベントレー・コンチネンタルシリーズ(コンチネンタルGT/GTCや、先ほどご紹介した、コンチネンタル・フライング・スパー)」にも搭載される6.0L・W型12気筒エンジンを最高峰として、5.0L・V型10気筒TDIエンジン、4.2L・V型8気筒エンジン、3.2L・V型6気筒エンジン、そして3.0L・V型6気筒TDIエンジンの計5機種が設定され、トランスミッションには6速MT設定のほか、オプション設定として5速ティプトロニックトランスミッションの組み合わせが可能となっています。また、駆動方式には、V型6気筒エンジンを搭載したグレードを除いた、全てのグレードに「4MOTION」と称される、フォルクスワーゲン独自のフルタイム4WDシステムが搭載されています。

2007年3月に行われたマイナーチェンジでは、エクステリアのデザインが一部変更されています。それとともに、グレード構成の見直しが行われ、これまでラインナップされていた5.0L・V型10気筒TDIエンジンは、ヨーロッパ諸国で2009年から施行される「自動車排出ガス規制Euro5の規制値」から外れるため、廃止となりました。2010年5月には、エクステリアを含めた大幅なマイナーチェンジが実施されます。オプションには、道路標識の数字を探知しそれを越すスピードを出すと「警告音を発するフロントカメラシステム」など、最新のシステムが導入されました。
エンジンのラインナップは従来と変わらず4種類となっていて、3.6リットルV6“FSI”・4.2リットルV8・6.0リットルW12・ディーゼルの3.0リットルV6ターボ「TDI」の設定となっています。2016年になっても、一度もフルモデルチェンジすることなく製造・販売が継続されています。登場から13年経っているロングセラーモデルとなっています。

エンジンは非常に複雑な構造。しかし軽くてコンパクト。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3

フェートンに搭載されるW型12気筒エンジンは、2001年10月に開催された第35回東京モーターショーで、参考出品されたフォルクスワーゲン・W12クーペコンセプトに搭載されていた「W型12気筒エンジン」をベースに開発されました。フェートンに搭載されるW型12気筒エンジンの構造は、左右それぞれ72°のバンク角で組み合わされている”シリンダーブロック”に、左右の片バンクに狭狭角15°の”Vブロック”を持つという、非常に複雑な構造となっています。そのため、従来の90°のバンク角で組み合わされた「V型エンジン」と比較すると、はるかに軽量でコンパクトなエンジンとなっているのです。なお、エンジン形式である「W型」は、左右の片バンクに「狭角15°のVブロック」を持つことから、「V」と「V」を組み合わせたことに由来しています。

まとめ

フォルクスワーゲン・フェートンをご紹介しました。あまりの最先端機能を付けすぎたせいか、ドイツ以外の国ではあまりふるわなかったフェートンも、ドイツ国内では未だ現役で製造されています。やはりお膝元というのは強いものですね。