【フォルクスワーゲン ボーラ】ヴェントから引き継いで、ゴルフとの差別化に成功したセダン。

フォルクスワーゲンというと「ゴルフ」のイメージが強いですが、この「ボーラ」も一時、代表的な車種の仲間入りを果たしていました。このボーラとは一体どんなクルマなのでしょうか。

ボーラはこんなクルマなのです

ボーラ(Bora)は、ドイツの自動車メーカー「フォルクスワーゲン」が、かつて販売していた自動車です。1998年に”ヴェント”の後継車種として登場した「ボーラ」。ゴルフとパサートの中間に位置しており、4ドアセダン、5ドアステーションワゴンというラインナップがありました。4代目ゴルフとプラットフォームを共有しています。車名は、アドリア海沿岸やギリシャ・ロシア・トルコの一部で、冬に断続的に吹く「北風ボーラ」に由来しています。

なお、ボーラは、アジア地域と欧州における車名となっており、北米ではヴェント・ボーラともに”ジェッタ”を名乗っていました。また、ステーションワゴン仕様は北米では「ジェッタ・ワゴン」、欧州では「ボーラ・ヴァリアント」として2001年に発売されています。このモデルのボディの外寸等は、基本的に先行して登場していた「ゴルフ・ヴァリアント(日本名ゴルフ・ワゴン)」に準じていて、パーツも多くを共有しています。しかし、これは日本には導入されずに終わりました。その逆で、ゴルフ・ヴァリアントは北米では発売されていません。

ボーラは日本での販売は終了していますが、中国では改良されつつ販売継続中

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%A9

1999年10月、日本でボーラが導入されます。このときのエンジンは、2.0L 直列4気筒SOHC(116PS/5,200rpm、17.3kgm/2,400rpm)と、2.3L 狭角V型5気筒SOHC(150PS/6,000rpm、20.9kgm/3,200rpm)のガソリンエンジンを搭載しているモデルが導入されました。なお、トランスミッションはいずれも4速ATの設定となっており、駆動方式はFFのみとされました。

日本国外には1.4L・直4、1.6L・直4、1.8L・直4、1.8L・直4ターボ、2.8L・V6のガソリンエンジンといった設定の他に、1.9L・直4ディーゼルエンジンも設定されてて、多くのバリエーションが存在していたのです。また、MT仕様もラインナップされていました。2001年、日本にも2.8L・V6モデルが追加投入されます。このモデルに限り、駆動方式は「4モーション」と呼ばれるフルタイム4WDとなっていて、6速MTが採用されています。このとき、北米では、ステーションワゴンが「ジェッタワゴン」として導入されていました。

2002年から中国でフォルクスワーゲンと第一汽車の合弁会社が「宝来(ボーラ)」の名称で生産を開始しています。そして、2005年2月、2.8L・V6モデルの日本での販売が中止され、再び2.0L、2.3Lモデルのみのラインナップとなりました。
翌年2006年2月に、生産が終了されヴェントの歴史はここで終わることとなります。日本や欧州では、後継車種が北米と名称が統一された「3代目ジェッタ」となりました。その一方で、カナダではシティジェッタとして引き続き生産が継続され、中国では2006年夏にマイナーチェンジして、パサートに似たフロントマスクを与えられた後も、現在でも生産が続けられています。

エクステリア・インテリアはゴルフとの差別化、高級化を押し出していきました

先代にあたるヴェントに比べて、全長が5mm・全幅は40mm・全高は25mm大きくなり、日本ではついに3ナンバーサイズとなりました。フロントグリルは当時のフォルクスワーゲンで主流であった、「ハッピーフェイス」とされ、V5・V6仕様では、それぞれ専用のエンブレムが加えられていました。
サイドデザインの特徴は大きく倒し込まれたCピラーであり、ベース車となった「ゴルフIV」よりも、よりエレガントな印象となっています。ボーラは、ゴルフIVなどと同様に「ボディの継ぎ目が徹底的に小さく」なり、クラス以上の高品質だと評価されました。

ボーラのインテリアには、高品質で話題になった「ゴルフIV」をベースにして、更に高級感を増した仕上げとなっています。それを印象図蹴るものが、ベースグレードでも、ステアリングとシフトノブが本革巻きとなっていたことです。内装も、ブラックとベージュの2種類から選択できるようになっています。さらに、インストルメンタル・パネルやドアグリップには本物のウォールナットが、シフトノブ周辺はメッキパーツがあしらわれるなど、高級感はバツグンでした。
なお、メーターパネルや各スイッチのボタンの文字は、ヘッドライトを点灯すると青や赤に光り、独特な高級感を醸し出しています。この演出は後継となる「ゴルフV」世代にまで引き継がれたのです。

まとめ

フォルクスワーゲン・ボーラをご紹介しました。やはり、フォルクスワーゲンの代表作でもある「ゴルフ」を意識したクルマだけあって、それに負けない走りや高級感を出せていたクルマですね。残念ながら7年で幕を下ろしてしまいましたが、その後のゴルフに影響を及ぼしたということはかなりの功績でしょう。