知って得するタイヤ空気圧

1カ月に一度はタイヤ空気圧を点検してください。知らない間に空気圧は減っています。突然のパンクやバースト(タイヤの破裂)などの原因になります。時には、大事故につながってしまいます。そんな、トラブルや事故を未然に防ぐためにもタイヤ空気圧を適正にして楽しいドライブにお出かけしましょう。

タイヤの空気圧って大事なの?

月に一度は点検をしましょう!

タイヤの空気圧は減っていきます。空気圧が減っていくと、燃費が悪くなったり乗り心地が悪くなるなどの原因になます。それもほっておくと、事故やトラブルの原因になります。また、タイヤ本来の性能を発揮できず、タイヤの寿命を短くしてしまいます。空気圧の点検、調整だけで、多くのトラブルを防ぐことができます。逆に空気圧を高くしておくと、スリップやバーストの原因になります。
週末しか車を使わない人も同じです。タイヤの空気圧は、車の使用頻度にかかわらず減っていきますので定期的に点検と調整が必要になります。また、パンクの原因にもなります。走行中にパンクが起きるとハンドルがとられ、他の車に衝突するなどの事故が起きてしまいます。
タイヤの空気圧を適正にすることは、タイヤ本来の性能を引き出し車本来の性能を引き出すことになります。また、空気圧の過不足によるトラブルや事故を未然に防ぐことになります。お出かけ前には、給油と空気圧点検をすることをお勧めいたします。

空気と窒素の違いって何?

空気と窒素ガスの違いは、純度の違いです。空気には、酸素や二酸化炭素など沢山の物質が含まれています。一方、窒素ガスは窒素だけです。窒素ガスを入れているからといって、点検不要とはならないのです。
空気は、スタンドやカー用品店などで簡単に入れることができます。普段の点検で減っていれば、簡単に無料でできます。窒素でも同様のことができます。空気の中には窒素も含まれていて、空気を入れたからといって不都合が起こることはありません。大事なのは、日頃からの空気圧点検です。

ここではタイヤの性能に直接かかわっている空気圧についてご紹介します。タイヤについての知識を広げて、さらに安全で安心なカーライフを。その他にも、タイヤにまつわるコンテンツなどカーライフをより楽しくする情報満載です!

燃費向上でお得にドライブ!

タイヤ空気圧で燃費が変わるの?

タイヤの空気圧が不足すると、タイヤと路面の接地面積が増えて抵抗が増加するため燃費が悪くなります。加速が悪くなったりと、同じ距離を走るのに多くの燃料を消費します。適正値に比べて10%前後空気圧が不足すると、同じく燃費も約10%ほど悪くなります。例えば、1リットルで20キロ走る車だと、2キロ分多く使ってしまいます。距離が多いドライブだと、その差は多くなります。
逆にタイヤの空気圧を高くしても、適正値の時と変わりません。タイヤの接地面が少なくなり加速はよくなりますが、乗り心地が悪くなったりスリップ事故を起こしやすくなります。また、急ブレーキなどで危険回避する場合に止まり切れずに事故になってしまいます。
タイヤの空気圧が適正値であれば、燃費もカタログ値に近づきます。適正値に調整することは、車の持つ本来の性能を引き出すことになります。また、タイヤの性能を引き出してくれますので、ドライブを快適にしてくれます。

適正値が知りたい!

タイヤ空気圧の適正値は、タイヤメーカーや車種によって若干の違いがあります。タイヤ空気圧の適正値を知る方法は簡単です。取り扱い説明書で調べたり、運転席のドアを開けてタイヤサイズ表で簡単に確認できます。中古車でタイヤサイズ表がないときは、販売店などに問い合わせると教えてもらえます。
インチアップしたときも、同じ適正値で大丈夫です。タイヤサイズとホイールサイズを変えたときでも、同じ適正値で大丈夫です。ただし、インチアップは外見の見栄えはよくなりますが、乗り心地が悪くなったりなどのデメリットがあることを忘れないでください。

ようこそ、ヨコハマタイヤの公式ホームページへ!「ADVAN」「DNA」などに代表されるブランドを擁するヨコハマタイヤは、卓越した技術力をもって世界各地で活躍するタイヤを生み出しています。

百害あって一利なし!空気圧不足

楽しいドライブが一転!最悪のドライブに

楽しいドライブに出かける日に車を見たら、空気が抜けてタイヤがペシャンコになっていた経験がある人もいると思います。また、ドライブ旅行の最中にパンクした人などいると思います。最近は、任意保険のロードサービスで指定の業者さんが修理に来てくれます。
自宅や駐車場ならば冷静に対応できますが、ドライブ中の高速道路や土地勘のない一般道なのでは違います。多くの人がパニック状態になってしまい、冷静に対応することができないと思います。一般道だからといって、急に止まることはしないでください。追突される原因になるので、近くのコンビニや広い場所に停車してからロードサービスに連絡をするようにします。
高速道路の場合は違います。故障が発生したら、安全を確認しながら路肩に停車します。このときに、ハザードを点滅させ後続車への合図をします。後続車へ合図をしないと、ニュースで取り上げられるほどの大事故につながる可能性があるからです。大げさだと思われますが、実際に高速道路で起きている事故です。
路肩に停車したら、非常停止版や発煙筒で停車していることを合図します。設置する場所は、停車位置後方20メートルです。その後、ガードレールの外側に避難をします。携帯電話や非常電話でNEXCOへ連絡します。自分で修理できる場合でも必ず連絡してください。場合によっては、道路交通法駐停車違反になりますのでお気をつけください。

NEXCO東日本(東日本高速道路株式会社)は関東以北、長野、新潟から北海道までの高速道路の管理運営・建設事業、サービスエリア事業、高速道路関連ビジネスを行っています。高速道路の効果を最大限発揮させることにより、地域社会の発展と暮らしの向上を支え、日本経済全体の活性化に貢献します。

最悪なドライブにしないための空気圧調整

ドライブ行くときは、ガソリンスタンドによって給油していく人がほとんどだと思います。ガソリンはメーターで残量を確認できます。ですが、タイヤの空気圧は専用の工具を使わないと確認できません。ドライブ距離を問わず、空気圧点検と調整は必要です。
ガソリンスタンドによったときに、給油と一緒にしておくのがいいと思います。ここで、注意が必要になります。雨が降ってくるからといって空気圧を低くしたり、長距離を走るからといって高くすると燃費がよくなるなどはただの噂です。適正値での調整をお願いいたします。
また、新品タイヤだからといって油断は禁物です。タイヤを新品に入れ替えてもらったら、次の日の朝には空気が抜けてペシャンコになっていたといことがあります。その場で、確認してもこのようなトラブルはよくあります。そのためには、信頼できるお店を選ぶことも大事です。

適正空気圧で走行していたら、タイヤがバースト!

空気圧を適正に保っていても、使用状況によりパンクやバーストします。パンクの場合は、釘などが刺さったか段差を強く乗り越えたなどが考えられます。バーストの場合は、タイヤやホイールの劣化です。空気圧をこまめに調整していると、ばらつきを発見できたりタイヤのヒビなどの異常を早期に発見できます。小さな異常の発見は、事故を未然に防いでくれて修理代も安く済みます。
タイヤの寿命は約5年といわれますが、使用状況により変動します。寿命を超えたタイヤの場合は、ゴム事態が固くなっていて本来の性能を引き出すことができないのです。溝が残っているから大丈夫と思っていると、バーストを原因とする事故を起こしてしまいます。
タイヤも適正時期での交換が必要です。空気圧を適正に保つことのできないタイヤは、ヒビがあったり片べりなどしている可能性があります。ホイールも同じくヒビがあったり、エアーバルブに亀裂があるとエアー漏れの原因になります。また、バーストして大きい事故を引き起こしてしまいます。事故を回避するためにも、交換時期がきたら交換したほうがいいと思います。

ブリヂストンの企業サイト。タイヤ、化工品などの製品情報、会社情報、CSR情報、投資家情報、採用情報などをご紹介します。

空気圧の点検は簡単にできた!

出発前に車を一周しよう!

一番簡単な方法は、目視による確認です。タイヤの外側部分(サイドウォール)を見てもらうと、車重により少し膨らんでいます。その膨らみが均一であれば、正常値に近いです。車種によっては、フロントタイヤの方がリヤタイヤよりも膨らんで見えます。これは、フロント部分にエンジンがあるためです。
目視するときには、タイヤの接地しているところと外側部分をつないでいる部分(ショルダー)も一緒に目視すると、ひび割れを発見することができます。
ホイールも一緒に目視すると安心できます。意外なところで傷やひび割れを発見することができます。段差を勢いよく通過したり縁石にホイールをこすったりしていると、いつの間にか空気圧が減る原因になります。また、ホイールにひび割れが発生するとエアー漏れの原因になります。もしヒビ割れを発見した場合は、修理(ホイールリペア)か交換するのがいいと思います。

ホイール修理はカーリペアへお任せ下さい。大好きな自動車だから、いつも美しく、いつまでも美しくしていたい。そんなお客様の声にお応えします。カーライフの身近に寄り添うメンテナンスのパートナー。お気軽にご利用頂けるサービスです。

音でも判断できる!空気圧

音で判断するのには、知識と経験がなければできないと思われます。しかし、簡単に知識や経験がなくてもできるのです。タイヤの接地面を叩いて、音を聴き比べるだけです。注意点としてあげられるのは、同じ強さでタイヤを叩くことです。空気圧が不足しているならば、鈍い音になります。
叩いて聴き比べるだけの方法は、RV車などの大きいタイヤを使う車には有効です。インチアップして扁平率を下げた車やローダウン車には、有効な手段ではないと思います。

あると便利なエアゲージで空気圧点検!

タイヤの空気圧を正しくはかるのには、エアーゲージが必要です。100円ショップで売っているものや数千円するものなど、沢山の種類があります。普段ドライブの前に点検する場合などは、100円ショップのもので大丈夫です。
エアーゲージも使用頻度が少ないと壊れてしまいます。使用頻度が少ないなら、ガソリンスタンドなどのエアーゲージを借りるのがいいと思います。ガソリンスタンドならその場で調整もできますので、気軽に利用することができます。その気軽さゆえに、使用したらその場に放置していったりなどの非常識な行為があったために、使用を禁止しているガソリンスタンドもあります。
空気圧を手軽に点検調整できるガソリンスタンドですから、マナーやルールを守って正しく利用できるといいと思います。

気が付いて!タイヤの空気圧に!

タイヤ空気圧不足は気配りできない?

タイヤの空気圧が不足すると、事故やトラブルの原因になります。普段から少し意識するだけで、事故やトラブルは防ぐことができるのです。楽しいドライブをするためにも、空気圧の点検調整をしなくてはなりません。小さいことにも気配りできる人は、大事な人たちとのドライブをさらに楽しくできます。
乗用車の場合、空気圧の点検調整は5分もかかりません。その5分もかからないことができないと、楽しいドライブが事故やトラブルに巻き込まれて最悪なドライブになってしまいます。ささいなことですが、小さいことにも気を配れることは大事なことなのです。
タイヤの中で頑張っている空気を見ることはできませんが、点検調整をするのは運転をする人です。楽しいドライブやショッピングにするためにも、空気圧の点検調整を定期的に実施したほうがいいと思います。

【無料 簡単 心理テスト】自動車 運転適性診断 性格診断 心理テスト 交通心理 自動車運転適性・適職を性格診断。事故予防 自動車 簡単な適職診断。運転の趣味志向・特性を知る

楽しいドライブは空気圧から

空気圧を普段から意識していると、車の小さなトラブルを発見できたりします。小さなトラブルなので、修理代金なども安く済みます。また、ドライブ中にパンクやバーストなどの故障を回避できます。楽しいドライブにするためにも、タイヤ空気圧の点検調整は欠かせません。
空気圧の点検調整をすることによって、燃費もよくなりますのでお財布にも嬉しいです。タイヤも本来の性能を発揮できるので、エンジンやブレーキにかかる負担も軽減されます。小さな気配りができてくると、運転も変わります。運転が優しくなると、同乗者が安心して楽しくなります。
ドライブに出かけるときは、給油と一緒にタイヤ空気圧の点検調整も忘れずにするといいと思います。

メリット沢山のタイヤ空気圧点検調整を!

少しの時間でできるタイヤ空気圧の点検調整は、多くのメリットがあります。車が持つ本来の性能を引き出したり、燃費向上などがあります。また、ブレーキやエンジンの負担軽減にもつながるので、車の性能維持にもつながっていきます。
タイヤの空気圧はとても大事なことです。空気圧不足で、パンクやバーストなどの故障を起こさないためにも点検調整は必要なのです。
小さいことですが、小さい積み重ねが大きくなってきます。少しずつタイヤや空気圧に意識を向けることができると、今まで以上にドライブやショッピングが楽しくなると思います。家族や彼女を乗せて運転するときにも、安全運転につながっていきます。
大切な家族や彼女の命を守るためにも、タイヤ空気圧の点検調整は必要です。少しの時間でできますので、ガソリンスタンドで給油が終わったら空気圧の点検調整もお願いします。きっと楽しいドライブになると思います。

SAやPAの最新事情や、安全運転のコツなど。今回はロングドライブには欠かせない、高速道路の活用のコツをご紹介します!