【スズキ セルボ】軽自動車以上のスペックとスペシャリティデザインをもったモデル

1thモデルは和製「カウンタック」と呼ばれレーシーなモデル、4thモデルは4気筒DOHC ICターボ4WDとホットハッチモデルと時代の流れを先取りしてきた「セルボ」の魅力に迫ってみたいと思います。

「スズキ セルボ (CERVO)」

「スズキ セルボ (CERVO)」 は、スズキ自動車が生産していた軽自動車です。モデル名はイタリア語で「牡鹿」を指す「Cervo」に由来しています。モデルのルーツは「スズキ フロンテクーペ」で、コンセプトは「パーソナル・ユーズ」とし、デビューモデルは2ドアの軽スペシャルティカーでした。

1thモデル「SS20型」(1977年-1982年)

1977年10月に1thモデルがデビューしています。ルーツの「フロンテクーペ」は、スポーツカーとしてデビューしたものの360ccのエンジン規格だったため製造中止となり、新規格の550ccに対応したモデルとして「SS20型」の「セルボ」が登場しました。

和製「カウンタック」と呼ばれたスタイリングデザイン

エクステリアデザインは、ベースには、「ジョルジェット・ジウジアーロ」氏がスタイリングデザインを行なった「フロンテ・クーペ」のエクステリアを手直ししたものとなっています。「フロンテ・クーペ」ではヘッドライトが角型だったものを丸型に、フォグランプを角型としてフロントグリル内へ埋め込んだものに、フェンダーミラーもタルボ型からスクエアなデザインに変更されています。またバンパーを大型化されています。インテリアでは、「フロンテクーペ」では完全な2+2仕様だったシート配置でしたが、リアシートを大型化し、可倒式としてラゲッジスペースとして使えるようになりました。またリアウインドウをガラスハッチへ変更し大きく手が入れられスタイリングも見比べると違いがはっきり分かります。インパネは、「フロンテ・クーペ」同様に時計を含めた丸型の6連メーターがスポーティを演出しています。

RR駆動の2サイクルエンジン

搭載エンジンは、539cc 水冷2サイクル直列3気筒エンジンです。「フロンテクーペ」から100mm拡大されたシャシーとなっており、エンジン搭載位置もシャシー後方で、リアエンジン・リアドライブ駆動が採用しています。エンジンは最大出力28PS/5,000rpm、最大トルク5.3kgm/3,000rpmを発生していました。2サイクル特有のエンジン特性でレスポンスは非常によくエンジンを高回転まで回して走らせる必要がありました。また走らせると2サイクル3気筒エンジン独特のエンジンサウンドと青い煙を後方に巻き上げながら加速する姿が印象的です。

レーシングマシン並みのドライビングポジション

全高1,210mmからのドライビングポジションは非常に低く、フロントボンネットの中ほどまで脚を投げ出すというスポーツカー的なドライビングポジションで、体感速度も実際の速度よりも速く感じ楽しいドライビングを特徴としていました。また基本的に2人乗りという考えで設計されていたためリアシートは皆無に近いスペースしかありませんでした。

足回りも4輪独立式を採用

グレード設定は「CX-G」「CX-L」「CX」の3タイプが設定されていました。このうち「CX-G」には、10インチスチールディスクホイール(PCD110mm)とフロントディスクブレーキを装備した足回りでした。「CX-L」と「CX」は10インチ合わせスチールホイールと4輪ドラムブレーキを装備した足回りとなっていました。トランスミッションは4速MTのみの設定でした。サスペンションシステムは4輪独立懸架を採用し、フロントにウィッシュボーン/コイル、リアにセミトレーリングアーム/コイルとスポーツカー並みの足回りが採用されていました。これによって低いシルエットのエクステリアデザインが可能となり、ダンパーがショートストローク化されることになりアグレッシブな走りとなりました。

1thモデル「SS20型」主要諸元

エンジン:539cc 水冷直列3気筒 2サイクル キャブレター仕様
最大出力:28PS/5,000rpm
最大トルク:5.3kgm/3,000rpm
トランスミッション:4MT
速駆動方式:RR
サスペンション:F ウィッシュボーン/コイル R セミトレーリングアーム/コイル
ブレーキ:F ディスク R ドラム
全長:3,190mm
全幅:1,395mm
全高:1,210mm
ホイールベース:2,030mm
車両重量:550kg

輸出仕様の「ウィズキッド (WHIZZKID) 」

輸出仕様のヨーロッパモデルは、国内仕様と異なり4ストローク 1,000ccエンジンを搭載していました。型式もSC100型として輸出され、イギリスでは「ウィズキッド (WHIZZKID) 」という名称で販売されていました。重量が重いエンジンをRRレイアウトに搭載したことによって前後重量配分が偏り生じた、前輪荷重の不足が発生したことを補うため、フロントバンパー内にバランスウェイトが装着されていました。この輸出モデルのエンジンの「F10A型」は、国内向け「ジムニー」と同様のものでした。

2thモデル「SS40型」(1982年-1987年)

2thモデルは1982年6月に登場しています。スタイリングデザインは、先代モデルの2ドアとグラスハッチのスタイルを受け継いでいるものの、初代アルトをベースとしているために搭載エンジンは、4ストロークエンジンの「F5A型」を搭載し、RR駆動だった先代モデルから前輪駆動(FF)化されました。またコンセプトが女性をターゲットとしたモデルとなり、先代モデルでは4MTのみの設定だったトランスミッションが2速ATモデルも発売されることになりました。また生産性を高めるために、大多数のパーツやシャシーが「フロンテ」や「アルト」と共用化しているのも特徴です。そのために、リアサスペンションにも初代「アルト」と同様にリーフリジッドが使用されています。型式も「フロンテ」と共通の「E-SS40」となっていますが区別するために、パーツリストでは「アルト SS40V」「フロンテ SS40S」「マイティボーイ SS40T」「セルボ SS40C」となっています。派生車種として発売されたピックアップトラックの「マイティボーイ」には、「セルボ」の2シーターモデルという意味あいもありました。2thモデルは、軽自動車「初」というものが採用されたモデルでもありました。1983年には、「スズキ社」で初めてのターボモデルとして「CT-G」も追加されました。このモデルにはダミーのエアーインテークがボンネットに設けられています。また、軽自動車で初めてドアミラーが装着されたモデルでもあります。

2thモデル「SS40型」

エンジン:543cc 水冷直列3気筒 SOHC(F5A型)
最大出力:29PS/6,000rpm
最大トルク:4.2kgm/4,000rpm
トランスミッション:5MT
速駆動方式:FF
サスペンション:F ストラット/コイル R リーフスプリング
ブレーキ:F ディスク R ドラム
全長:3,195mm
全幅:1,395mm
全高:1,290mm
ホイールベース:2,150mm
車両重量:535kg

3thモデル「CG72V/CH72V型」(1988年-1990年)

1988年1月に3thモデルが登場しました。エクステリアデザインは、2th「アルト」をベースとしてボディのリア周辺を変更しています。「ウェービールック」と呼ばれる、後端に向けてうねったルーフ形状が特徴でCピラーが太く、その付け根に「小さな翼」をイメージしたスポイラーが装備されています。ルーフは、フロント部分はブロンズガラス製のグラスルーフとなっています。4ナンバーの軽ボンネットバンの設定となった3thモデルは、初代モデルから続くスペシャリティ路線を継承しつつも、クーペからスポーツワゴンを意識したボディへと変化しています。インテリアはダッシュボードが2th「アルト」、ステアリングは2th「アルト ツインカム」からの流用パーツです。ドアパネルは初代「アルト ワークス」をベースにし、共有化が図られ流用パーツが多く箇所で使用されています。しかし、インテリアコンセプトを「西部劇に出てくるアメリカの子供部屋」として、フロントシートはグレーとレモンイエローの2トーンバケットシート、リアシートからトランクルームにかけてはグレーを基調としてアクセントにレモンイエローを配色してフルトリム化しています。

パワートレイン

搭載されるエンジン「F5B型」の550ccの直列3気筒SOHC12バルブエンジンにシングルキャブレターを装着していました。最高出力は40PS/7,500rpm、最大トルク4.2kgm/4,500rpmを発生しています。駆動方式は前輪駆動とパートタイム4WDの2種類でした。4WDモデルは5速MTのみで、前輪駆動には5速MTとロックアップ機構の3速ATが設定されていました。

また3thモデルは、女性バイクチームの「チームアンジェラ」がサファリラリーにエントリーし、見事クラス優勝を成し遂げるという功績も残しています。

3thモデル「CG72V/CH72V型」主要諸元

エンジン:547cc 水冷直列3気筒 SOHC 12バルブ(F5B型)
最大出力:40PS/7,500rpm
最大トルク:4.2kgm/4,500rpm
トランスミッション:5MT
速駆動方式:FF/4WD
サスペンション:F ストラット/コイル R アイソレーテッドトレーリング
ブレーキ:F ディスク R ドラム
全長:3,195mm
全幅:1,395mm
全高:1,330mm
ホイールベース:2,175mm
車両重量:590kg

4thモデル「CN21S/22S/31S/32S型」(1990年-1998年)

1990年7月に4thモデルにフルモデルチェンジしています。オーソドックスな2BOX軽セダンになりました。「アルト」の上位モデルとしての登場し、ハイクオリティー仕様(豪華仕様もしくはプレミアム仕様)というコンセプトでエクステリアとインテリアは、効率重視ではなく余裕や遊びを感じさせる一クラス上のデザインと素材を採用し、丸みを帯びた優しいデザインが特徴でした。1989年にスバルが果たした軽4気筒化に対抗し、4気筒用モデルとして開発されています。このモデルは、乗用車専用(5ナンバー)モデルとなりました。また、「アルトワークス」の足回りに、軽自動車として初となる「直列4気筒DOHC16バルブインタークーラーターボ」を搭載し、「ピレリP700」で足回りを固めたホットハッチモデルの「SR-Four」も登場しました。1991年9月のマイナーチェンジにおいては、「SRターボ」はパワーウインドウ/ドアロックを標準装備となり、「SR-Four」は4輪ディスクブレーキが装備されました。
1995年10月のマイナーチェンジで後期型になり、ホイールのPCDがこれまでの114.3mmから100mmに変更、フロントグリル、テールレンズ、インパネを含むインテリアデザインも大幅に変更されました。

4thモデル「E-CP32型 SR-Four」主要諸元

エンジン:658cc 水冷直列4気筒 DOHC 16バルブ ICターボ(F6B型)
最大出力:64PS/7,000rpm
最大トルク:8.4kgm/3,500rpm
トランスミッション:5MT
速駆動方式:FF/4WD
サスペンション:F ストラット/コイル R アイソレーテッドトレーリング
ブレーキ:F/R ディスク
全長:3,295mm
全幅:1,395mm
全高:1,380mm
ホイールベース:2,335mm
車両重量:750kg

5thモデル「HG21S型」(2006年-2009年)

2006年11月に8年ぶりに名前が途絶えていた「セルボ」が5thモデルとして登場しました。6th「アルト」の機構部を取り入れつつ、丸みのある躍動感あるデザインで個性の強いエクステリアデザインとなっています。ボディタイプは5ドアのみの設定です。これは5thモデル開発コンセプトが女性ユーザー向けに「MRワゴン」、男性ユーザー向けに「セルボ」と性格を分けたためです。そのために初代「MRワゴン」のボディフォルムを5th「セルボ」が受け継いだものとなりました。ジャンルとしては、「フロンテ・クーペ」や1th「セルボ」に通じるところがあるものの、パッキング性能(荷物の載せやすさ)を意識したモデルとなっています。2007年には「G」をベースに、スポイラーや14インチアルミホイールなどを装着し、よりスポーティーさを増した特別仕様車「Gリミテッド」を発売され、2007年度のグッドデザイン賞を受賞しています。

搭載エンジンは、軽自動車で初採用の「直接噴射式ターボエンジン」と「7速マニュアルモード付きCVT」の組み合わせたパワートレインです。これはスポーツグレードとして「SR」モデルに採用されました。「SR」モデルは、日本初となる「直噴」「ターボ」「CVT」の組み合わせにより、最高出力64PSという高出力ながら、セルボシリーズの中ではNAモデルも含めた中で最も燃費の良い(23.0km/L)グレードとなっています。

5thモデル「HG21S型」主要諸元

エンジン:658cc 水冷直列4気筒 DOHC 16バルブ ICターボ(直噴KA6型)
最大出力:64PS/6,500rpm
最大トルク:10.5kgm/3,500rpm
トランスミッション:CVT
速駆動方式:FF/4WD
サスペンション:F ストラット/コイル R アイソレーテッドトレーリング
ブレーキ:F ディスク R ドラム
全長:3,395mm
全幅:1,475mm
全高:1,545mm
ホイールベース:2,360mm
車両重量:870kg

セルボの中古車情報

過去のモデルから現行モデルまで5代にわたって続いてきている歴史あるモデルであるセルボですが、現行は簡単に探すことができますが、和製カウンタックのような過去モデルは少し辛抱強く探す必要がありそうです。下記にリンクを貼っておきますのでチェックしてみてください。

中古車をお探しの方はこちら

まとめ

スペシャリティカーモデルとして登場した初代「セルボ」から軽自動車「初」採用のシステムやスポーツカー並みのドライビングを可能にしたボディスタイルやパワートレインのレイアウトなど、時代の流れを先取りしてきた「セルボ」は、登場するたびに目を見張るシステムが採用されるので次回の登場に期待したいと思います。