【マツダ CX-5】道筋はSUV王国へ!?

マツダはついにミニバンからの撤退を発表しました。これからはCX-5が突端を切った魂動デザインのSUVたちがマツダのレジャービークルへのニーズを担います。まさしく激流となった日本の自動車シーンの変化を先導するような出来事ですが、大胆な決断もクロスオーバーを表すCXシリーズの充実があってこそです。

マツダへの高い評価 今の快進撃の始まりはCX-5から

ドキドキする魂動デザインとスカイアクティブテクノロジーを先駆け

マツダがミニバンの開発を止めることを発表しました。これからはいっそうSUVで勝負に集中することになります。こうなると記念碑的存在になったのがCX-5。発売当初は誰がそんなことを思ったでしょうか。もっともスカイアクティブテクノロジーと魂動デザインはその頃にはかなりな注目を集めてはいました。そのスカイアクティブテクノロジーとデザインを全面的に取り入れた最初の車になっています。

CX-5以降、魂動デザインとそのイメージカラーの匠塗によるソウルプレミアムレッドはマツダの快進撃を表すアイコンともなって、ラインナップを埋め尽くしていきます。それにつれて高まった名声は、かつて大幅値引きで揶揄されていたことがウソのように、プレミアムな輝きを放っています。

スカイアクティブテクノロジーはまだまだ現在進行中

SKYACTIV(スカイアクティブ) マツダをよみがえらせたテクノロジー

ひととおり揃ったスカイアクティブテクノロジーのラインナップ、ただこれから先もあります

スカイアクティブテクノロジーは現在進行中だといいます。ひととおりの研究成果が込められて発売されたCX-5に続いてアテンザ、アクセラ、デミオ、CX-3とライナップを埋め尽くしてきましたが、この哲学の先にはまだまだ続きがあるようです。

CX-5は先駆け、ここから続くものは

当初よりディーゼルエンジン搭載車が圧倒的な支持を受けました。SKYACTIV-Dは国内でのディーゼルエンジンのイメージを一新した画期的なものでした。すぐに支持が集まったのは輸入車にはあって、それなりに使い勝手のいいディーゼルに対する期待がなかった訳ではないことを証明しました。

トラックなどの商用車が甘い規制のために黒煙をふりまいて走っていて、東京都に乗入禁止処置を受けて以来、穏やかながら芽生えていた萌芽はスカイアクティブテクノロジーによって開花しました。

今では不正問題に揺れるVWグループを代表とする先行してたはずの欧州のディーゼルエンジンをあざ笑うかのような快進撃です。スカイアクティブテクノロジーの成果はこれだけではありませんがこの技術革新が目指すものにはまだまだこれからがあるというのです。

発想を完全に転換して始まった挑戦

スカイアクティブテクノロジーの始まりはやたらと先進技術に向かうよりも、今あるものをもう一度ゼロから見つめなおして、そこに究極の効率を見つけてみようと思ったことが始まりです。自動車に関わるあらゆるものをもう一度見直して改革していくためにエンジンも、トランスミッションもサスペンションも車体そのものさえもさらに突き詰めていくことを志向しました。改良はまだ可能なのではないかとすべてを見直して実現させたもの、それがスカイアクティブテクノロジーなのです。

CX-5に始まったスカイアクティブテクノロジーの全面搭載はラインナップを一巡して、いよいよマツダでは2016年から第2世代のテクノロジーの展開に入ると宣言しています。スカイアクティブテクノロジーの革新は終わったのではなく継続中なのです。

スカイアクティブテクノロジー

世間の関心は高まっています

【エンジン】
パワーユニットの時代になってICE(Internal Combustion Engine=旧来からある内燃機関)は少し軽視されてきた感があります。モーターで補うことが当たり前、またはモーターに置き換わるものという認識も次第に強くなっていく時代の雰囲気の中で、マツダは違う主張を実らせました。

ICEは熱効率という意味ではあまりよいものではありません。マツダではICEの熱効率はたかだか30パーセントほど、突き詰める余地はありと考えました。仮にモーターなどとのハイブリッドが進んだとしてもICEそのものの性能向上が悪く働くことはないという考えです。

狙ったのはガソリンエンジンのSKYACTIV-Gでは高圧縮率、ディーゼルエンジンのSKYACTIV-Dでは低圧縮率の実現でした。圧縮率とはエンジンのシリンダー内の体積の最大容積と最少容積の比率です。エンジンが(マツダ得意のロータリーエンジンでなければ)ピストンの上下運動を作りだしているのはご存知ですね? これによる容積の比率で高圧縮であればあるほど熱効率はよく、燃料などが同じ条件の下で力強くピストンを押し下げてくれてパワーを取りだせます。

ディーゼルエンジンは空気を圧縮することで噴射した燃料をそのまま着火させる仕組みです。高圧縮比のほうがよい訳ですが、この場合の宿命としてNOxと煤の発生が免れません。そのため後付けの浄化装置を使うことが一般的ですが、発想の転換で低圧縮比で働くエンジン設計でもとを断つ挑戦をしたのです。

【トランスミッション】
オートマチックトランスミッションでもマニュアルミッションでもスカイアクティブテクノロジーは確信を目指しました。マニュアルミッションのダイレクト感を目指したSKYACTIV-DRIVE、徹底的な小型軽量化を図ってそもそも走りのためにあるマニュアルミッションを徹底して気持ちよい走りの機能にするSKYACTIV-MTです。

オートマチックトランスミッションではトルコンの流体での伝達にばかり頼らずロックアップクラッチで直結状態を増やす工夫で、マニュアルトランスミッションではリバースギアの軸の廃止により1速と共用させるなど新しい発想とパーツの組合せの選考による新設計によって成し遂げています。このトランスミッションはNDロードスターにも受け継がれることになる優れものになりました。

【プラットフォーム】
SKYACTIV-BODYというプラットフォームの基本フレームの構造については、軽量化、剛性アップを追求したのはもちろんなのですが、興味深い方針が立てられました。それは基本骨格をストレート化するというものです。軽量で高剛性にするために有効なことが分かったからです。単純なことですが、このようなことは骨太な方針がなければどこも意識してできなかったことです。

また基本フレームに載るボディとの結合をサスペンション取り付け位置とするデュアルブレースも軽量かつ高剛性に役に立ったといいます。

サスペンションはSKYACTIV-CHASSISとして走りの快感と軽量化をテーマに徹底して設定を詰めてあります。ここにはスポーツカーを作り続けてきたマツダのノウハウが活きているといえるでしょう。

魂動デザインが艶やかに包み込む

このチャレンジに満ちたスカイアクティブテクノロジーを包み込んだのがなんとも心震える魂動デザインです。デザインとは感覚的なものです。同時に感覚は感動することによって実感されるものです。どうやって心動かしときめかせるかそこにあるものは、つまり作り手の哲学です。イメージカラーのソウルレッドプレミアムメタリックなど魂動デザインに秘められたものについてはアクセラの記事にも書きました。ご参照ください。

▼関連記事 魂動デザインの具体的な技術例についてアクセラの記事に書いてあります。

カラクリ満載の使い勝手

トランクルームをカバーして荷室を外部の視界から閉ざすことで防犯効果を高めるのがトノカバーですが、荷物の出し入れには意外に邪魔なことも多いものです。必要なものだからとしぶしぶながら時にはとても面倒に感じることもあるのもほんとうです。

CX-5ではマツダはそんな些細な気持ちにも対応してくれました。名づけられたのは「カラクリトノカバー」リアゲートを開くと連動してトノカバーが開いてくれるのです。といっても何がなにやら分かりませんよね?確かに実際に見てみないと分からないほどのカラクリです。意外になかった機能です。かなり親身に真剣に考えないと出てこないアイディアではないでしょうか。

写真ではリアゲートを開けた時にトノカバーがリアゲートに収納されている様子です。リアゲートを閉めればそのままトノカバーとして荷室部分を目隠ししてくれます。それから細かく見ないと気がつかないかと思いますがオープンした時にはリアシートの取り付け部分から少しの間は透明になっていて荷物を積み下ろしている間も車内はしっかりと見えるようになっています。

子どもなどが気になる方のための気配り機能なのです。このトノカバーはもちろん取り外して収納も可能です。

カラクリはリアシートにも

ユーティリティ部分のカラクリはこれに留まらず、リアシートの使い勝手にも発揮されています。リアシートの分割方法が4:2:4となっているのが特徴。通常は6:4分割方式でそれが主流の方法なハズです。それが4:2:4だと何がよいのかというと通常の使い勝手に加えてセンター部分だけを倒すことで4人がゆったりと乗りながら長尺の荷物を置けるというメリットになります。また6の部分を左右どちらでも好きにできることにもなります。

この4:2:4のリアシートはまたしてもカラクリを名乗る仕組みで「カラクリフォールド」となります。分割したそれぞれのリアシートの部分に設置されて、おのおの3つのレバーを備えています。これはどこでもどのシートも動かせるリモコンレバーなのです。これもさりげないですが他になかったものです。やはり世界初だそう。

座面が沈み込むフルフラット収納なのは当然のごとくです。さらにリアラゲッジ底部にはサブトランクボックスが設置されて意外なところまで収納可能な機能がついているのです。

先駆となったCX-5の乗り心地、実燃費などの評価はどうなのか

乗り心地、走行性能

単刀直入に乗り心地はいいとのことです。SUVって高い視線からゆったり乗れるのがイイです。マツダはもともと欧州でも評判いいのでしなやかに走ってはくれているんでしょう。

サスペンションが柔らかくも硬くもなく、そこがいいということです。とりあえずあんまりぴょこぴょこはしてないみたいということがいえるのでしょう。ほんとうはマツダのいう「軽快なハンドリング」を実現しているために乗り心地がいいというのをどう思うのか聞きたいのですが、あんまりそういうことに言及している口コミはないのです。

こういう車ですから落ち着いた乗り心地があれば十分でしょう。

豊かなトルクにまず言及されています。このトルクフルなこと、高回転はあまりいらないことがSUVとディーゼルのマッチッグのよさかと思いますが、なんと高回転までスムースに回るというレポートです。必要かどうかという話ではありますが、高速域からもさらに加速できるというお話なので、それはトルクがフラットなんじゃあないかな? という気がしないでもないです。いずれにせよあんまり高回転というほど高回転回せるエンジンではありません。

ナレーションや感想などが聞ける訳ではないのですが、細部を写した映像があるので載せておきます。

気になるCX-5の実燃費は

これは中古の話じゃあなくてちょっと前の話でしょうか。ヴァンガードはV6のほうとの比較ではないと思いますが、旧世代の車で本来もうひとクラス違うボディなのでこんなに差がつくものなのでしょう。

燃料代が半分といっているのは軽油のことですかね?燃費が倍ですか。古い車ならば充分あり得る話です。SKYACTIV-Dのディーゼルエンジンはやはりいいのでしょうか。

SKYACTIV-Dの成し遂げたことも、ここまで誉めてもらえれば本望でしょう。具体的な燃費が出ていますが、カタログデータそのままの値です。地方でのびのびと乗られているのでしょうか?

こういうご報告もあるようです。市街地がかなり多いとこういう感じなのですかね。この数字だと悪くはないですがよくもないです。

東京新聞の読者さんなので東京近郊での話だと思います。渋滞にハマったりしながらもこのくらい走るならばまあ充分です。乗り味も気に入ってらっしゃるようです。

どうして燃費が落ちたのか詳細が分かりませんが、極端な悪状況だと一桁もありうるということです。場合によったら致し方ないのでしょうか。写真の燃費のほうはかなりいいですね。この書き方だと降雪かなんかなんでしょうか。

CX-5の値引き状況はどんな感じなのか

こういうのですね、クリックしないようにしましょう。アフィリエイト乞食の記事です。なにも書いてないですからね。グーグルさんとかにはこういうものを排除して頂けるようにお願いしたいものです。マツダはもう基本やたら値引きしませんよ。あとはマツダもフェアトレードのためにどこまで踏ん張れるか。

やはり本体は値引けないということですね。付属品はサービスしてもらえるようです。30万というのはこれでは確認できません。

値引きしなくては買ってもらえないならば、買ってもらえなくてもいいという姿勢は実はとても誠実です。マツダの姿勢は評価したいですね。どこまで頑張れるのか分かりませんが応援したいです。

話題を呼ぶCX-5のカスタムの状況

やはりCX-5のカスタムといったらフロントですかね。魂動デザインのラインナップの中でもCX-5は顔が大きい訳でそれだけフロントの表情は印象的です。ここを変えるとグッとオリジナルな感じになりますね。人気の車だけにパーツもかなり揃っているようです。

こちらはスライドショーになっています。いろいろなパターンが見れます。さらに艶やか色っぽく仕上げたものもありますね。中にはスバル車みたいなデザインに直したものもあります。スバル車を買うのではだめなんでしょうか(笑)やっぱりスカイアクティブテクノロジーが魅力?

これもフロントを中心に変身しています。ただ細かくいじるとこんな仕上がりってことですね。

小技でいうとこんなものも用意されているようです。CX-5のカスタムはすでに随分幅広いです。

定番! のバッチチューン、ブラックメッキが渋いです。SKYACTIVのロゴもさらにイイですね。

評価も上々、心揺さぶられるデザインのライバルとなるのは

いま人気のミドルクラスSUV、国産勢も勢ぞろい

かつてはレジャービークルといえば三菱だったのですが、アウトランダーはどうでしょう

CX-5のライバルはというとトヨタのハリアー、日産のエクストレイル、ホンダのCR-V、スバルのXV、三菱のアウトランダーあたりになるのでしょうか。こうしてみるとCX-5の魅力はやはりデザインなのではないかと思います。

となるとちょっと無理筋ですが比較してみたい車があります。これまたカッコいいSUVで輸入車ですがローバーのイヴォークという車があります。とてもスタイルを重視した車です。ちょっと見てみましょう。

また同じ視点でみるとまだ発売されていませんがトヨタのC-HRなんかも気になります。これが発売されたらガチのライバルになりそうですね。2016年ジュネーブモーターショーに出展されています。

ローバーのイヴォークと比較をしてみます

【パワー】
2リットルながらターボで240馬力を発生するエンジンです。CX-5のほうは最高でも188馬力です。パワーではかなりな差がありますね。最もイヴォークはSUVな形ですが、スポーツカーのようなものです。CX-5についてはあまりそういう使い方を想定はしていないでしょう。こういう性格ですから価格面でもかなりな差がでます。

【価格】
イヴォークは最も手軽なモデルで4,960,000円、2リットルターボエンジンです。ターボつきですからCX-5の2.5リットルガソリンエンジン車と比べるのが妥当だと考えますが、4WDのフル仕様で3,099,600円。もちろん圧倒的に安いです。さらにイヴォークには800万円くらいするモデルがあります。

【デザインの印象】
デザインがいいのか悪いのか人の感性はそれぞれですから、一概に言い切れるものではありません。いい悪いは別として印象をみてみると、イヴォークはかなりいかつい顔ではあると思います。つまり迫力はあります。また外観に表れているラインは直線基調で後方に向けて極端にガラスエリアが狭まっていくのは他にあまり見ない特異なデザインといえます。

一方でCX-5は魂動デザインですからどこかうねうねしていて流動的で心も揺れる思いがします。まったく対象的ですが、きらいならそれでもいいというワリキリ。おのおのそれらしさを主張しますと言っているようなところは共通性があるともいえます。

つまりある意味甲乙つけがたかったり、人によってはCX-5のほうがいいと思っても何も不思議ではありません。確かにイヴォークのほうがいかにも高そうな感じはします。それでもデザインなら対抗馬になりそうなのはすごいことだと思います。

【結論】
値段は安いのに同等の価値観と満足感が得られるCX-5はあなどりがたしです。セレブ感はやっぱりイヴォークかな。どちらも心に訴えるデザインです。

グレードと価格、エコカー減税対応をすべて紹介

CX-5の全グレードと装備の違い、価格やエコカー減税への対応などをご紹介します。

XD

SKYACTIV-Dのディーゼルエンジン搭載車がXD。もっともシンプルなベースモデルとなります。XDの3つのラインナップは主に安全装備の標準での搭載の違いとなっています。ベースモデルでも標準装備されるのはAFS(アダプティブフロントライティングシステム)とSCBS F(スマート・シティ・ブレーキ・サポート)が前進時のみとなっています。AFSはライトの照射範囲を変えるもの。スピードとステアリングの角度によって最適な範囲を選び出します。SCBS Fは先行車をチェックして自動ブレーキを掛けるものです。

希望小売価価格:2,835.000円(FF)、3,061,800円(4WD)
エコカー減税:取得税、重量税免税、クリーンディーゼル補助金

XD PROACTIVE

ベースモデルのXDに対してアダプティブヘッドライトはLED仕様となり、BSM(ブラインドスポットモニタリング)、LAS(レーンキープアシストシステム)、LDWS(レーンデパーチャーワーニングシステム)が標準搭載されます。LASは名前の通り車線逸脱をパワーアシストして修正するものですが、そこにひと工夫があります。アシストを入れるタイミングを早い、遅いの選択が可能です。LDWSは同じく車線逸脱に関する安全装置ですが、こちらは警告を発するものです。ウィンカー操作をしていると装置はキャンセルされます。BSMはドアミラーの死角となる斜め後方の車両をリアバンパーの内側にあるレーダーで検知、車両の存在をドアミラーのインジケーターを点灯することで知らせます。

希望小売価価格:2,937.600円(FF)、3,164,400円(4WD)
エコカー減税:取得税、重量税免税、クリーンディーゼル補助金

XD L Package

CX-5に搭載できるすべての快適、安全装備を標準で搭載するのがL Packageとなっています。DAA(ドライバー・アテンション・アラート)、MRCC(マツダレーダークルーズコントロール)、SBS(スマートブレーキサポート)、リアパーキングセンサーが搭載されるほか、SCBS(スマート・シティ・ブレーキ・サポート)は後退時にも働くようになります。DAAですが、時速65キロメートル以上のドライバーの運転状況を覚えて、のちに違うパターンを検出すると疲労の蓄積が原因で危険ではないかと判断して警告を発するものです。MRCCは進化型のクルーズコントロール。全車の走行状態に合わせたクルーズコントロールを行います。

希望小売価価格:3,261.600円(FF)、3,488,400円(4WD)
エコカー減税:取得税、重量税免税、クリーンディーゼル補助金

ディーゼルエンジン搭載のXDシリーズの主要諸元

【XD】【XD PROACTIVE】【XD L Package】
乗車定員:5名
エンジン:SKYACTIVE-D2.2リットル水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボ
最高出力:129キロワット(175馬力)/4,500回転
最大トルク:420N・m/2,000回転
トランスミッション:SKYACTIVE-DRIVE6速オートマチック
駆動形式:FF、4WD
車両重量:1,560~1,640キログラム
JCB08モード:18.4~18キロメートル/リットル

20S

CX-5にはSKYACTIV-Gの2リットルガソリンエンジン搭載モデルも用意されています。燃費もパワーもディーゼルエンジンモデルより抑えてあります。ガソリンエンジン搭載車には2.5リットルの設定もあります。ですから20Sは明らかな廉価バージョンです。確かに価格は大きな魅力となる思い切った設定です。

希望小売価価格:2,446,200円
エコカー減税:減税対象

20S PROACTIVE

XDにおけるベースモデルとPROACTIVEの関係そのままの仕様です。つまりLEDアダプティブヘッドライト、BSM、LAS、LDWSが標準搭載となっています。

希望小売価価格:2,548,800円
エコカー減税:減税対象

2リットルガソリンエンジン搭載の20Sシリーズの主要諸元

【20S】【20S PROACTIVE】
乗車定員:5名
エンジン:SKYACTIVE-G2リットル水冷直列4気筒DOHC16バルブ
最高出力:114キロワット(155馬力)/6,000回転
最大トルク:196N・m/rpm/4,000回転
トランスミッション:SKYACTIVE-DRIVE6速オートマチック
駆動形式:FF
車両重量:1,470キログラム
JCB08モード:16.4キロメートル/リットル

25S

またこの手の車ですからトルクフルなほうが好ましいといえます。ですからどうしてもガソリンエンジンでなくてはという人のためのグレードになっています。こうなると、やはり売れているのは圧倒的にディーゼルエンジン車です。ただしエンジン以外の仕様はほとんど一緒です。
希望小売価価格:(4WD)2,673,000円
エコカー減税:減税対象

25S PROACTIVE

これまたベースモデルとはディーゼル、20SのPROACTIVEとの関係そのままの。LEDアダプティブヘッドライト、BSM、LAS、LDWSが標準搭載です。

希望小売価価格:(4WD)2,775,600円
エコカー減税:減税対象

25S L Package

こちらはディーゼルのL Packageと同じ考えの仕様です。PROACTIVEをさらに充実させて安全快適装備をフルに! DAA、MRCC、SBS、リアパーキングセンサー、後退時のSCBS、MRCCが追加されています。

希望小売価価格:(4WD)3,099,600円、(FF)2,872,800円
エコカー減税:減税対象

2.5リットルガソリンエンジン搭載の25Sシリーズの主要諸元

乗車定員:5名
エンジン:SKYACTIVE-G2.5リットル水冷直列4気筒DOHC16バルブ
最高出力:138キロワット(188馬力)/5,700回転
最大トルク:250N・m/rpm/3,250回転
トランスミッション:SKYACTIVE-DRIVE6速オートマチック
駆動形式:FF、i-ACTIV AWD
車両重量:1,500~1,550キログラム
JCB08モード:15.2キロメートル/リットル~14.6キロメートル/リットル

▼関連記事 エコカー減税についての詳細を知りたい方はこちら

クラスとしてはCX-7を引き継いだCX-5の中古車事情

2012(平成24)年にCX-7を引き継ぐような形で同じクラスに投入されたCX-5ですが、とはいえ両車の関連は薄いといえます。同じなのはいわゆるクロスオーバーな車だということだけ。販売開始した2012年と2013年のSUV販売台数ナンバーワンを記録しただけあって、まさに買い替え需要のまっさかり中古車市場でのタマ数は増えています。

ディーゼルエンジンが人気でしたから、使い勝手のいいディーゼルを選びたいという希望もかなえられるはずです。トルクフルなディーゼルエンジンとの相性がいいのがCX-5のようなSUVです。中古車市場にて、CX-7でなくCX-5を選ぶ理由となると、魂動デザインもそうですが、SKYACTIV-Dのディーゼルエンジンを選ぶかどうかも大きな理由になりそうです。CX-7はガソリンターボエンジンですから。ランニングコストにも関わってきます。

中古車をお探しの方はこちら

中味は堅実、見かけは素敵なCX-5

評価は高いです

先進の技術がギュッと詰めこまれて登場したCX-5は、見た目はとても華やか。魂動デザインはまるで自分の気持ちにもまとわれてドライブの楽しみを実感させてくれます。トップランナーとして登場しながら色あせないという意味では中古車市場でも評価はますます上がっています。

もしかして「羨望」の的? にも思えるCX-5を乗りこなして楽しい自動車ライフを送ってくださいね。