【ホンダ・シビックフェリオ】シビックは知ってるけどフェリオってどんな車?

ホンダといえば、アコードに続いてシビックの名前を挙げる人は多いのではないでしょうか。そのシビックの中でもあまり知られていない「フェリオ」をご紹介します。

シビックフェリオって一体どんな車?

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%82%AA

シビックフェリオ(Civic ferio)は、本田技研工業(以下、ホンダ)がかつて製造・販売していたセダン型の小型乗用車のことです。日本国内で、5代目から7代目までの「シビックセダン」にこの「フェリオ」という名前が付けられていました。またシビックセダンとして3世代とも日本国外でも製造されていた車種です。

初代シビックフェリオはレースやパトカーなど「万能車」として扱われました。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%82%AA

1991年9月に販売が開始され、「スポーツシビック」という別名もありました。基本的には3ドアと同じようなグレード構成となっていますが、フェリオにはスタンバイ4WDのリアルタイム4WDが設定されました。1992年9月には「ETi」に4速AT設定車と、「ML」が発表され、販売されました。そして初の特別仕様車の発売が1993年5月となります。特別限定車「ML・X」が発売されています。
1993年9月、シビックフェリオとして初のマイナーチェンジが行なわれ、助手席用のSRSエアバッグが設定されることなりますがオプション扱いでした。同時にエアコンの冷媒が変更されています。モデル追加としては、1.6L SOHC VTEC(130PS)を搭載した「EXi」が追加されています。
同年1993年に、全日本ツーリングカー選手権 (JTC) のクラス3に参戦し、シビックフェリオはレーシングカーとしての一面も見せていくこととなります。1994年から全日本ツーリングカー選手権 (JTCC) にも参戦。1994年はインテグラのB18Cエンジンを搭載し、翌年1995年はプレリュードのH22Aエンジンを搭載していたものの、コンパクトな車体が災いし、タイヤ性能を生かしきれずかなりの苦戦を強いられました。1996年、ベース車がアコードに変更されると今までの不調が何だったのかと思わせるほど、一転して連勝を重ねることとなりました。
1994年5月には、初代最後の特別仕様車が発狂されます。この年プリモ店の設立10周年ということで、それをを記念し、「MX」をベースとした特別仕様車「MXリミテッド」を発売。なお、このモデルは警ら用白黒パトロールカー(主に交番配置)や捜査用車両として採用されていて、非常に万能名車ということがわかります。

2代目は「ミラクルシビック」の名をもらい登場しました。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%82%AA

1995年9月、2代目として登場したシビックフェリオ。通称は「ミラクルシビック」。先代も広くスポーティな小型ファミリーカーとして高く評価されていたため大きくは変更せず、このクラスとしては比較的大きかったボディをさらに大きくすることで、より広い室内空間としました。なお、このモデルには後に姉妹車として販売される、「インテグラSJ」と「2代目ドマーニ」があります。
2代目登場から1年後の1996年9月に2代目初のマイナーチェンジが実施されました。「Si」を除いた全車の運転席と助手席にSRSエアバッグが標準装備となりました。また、ABSのオプション設定の対象モデルが拡大されたりオプション価格が引き下げになったなど、ユーザーに取ってみればうれしいマイナーチェンジとなりました。
1997年2月には、環境面に考慮したホンダが考え出した、排気ガスに含まれる有害物質を1/10にまで低減した「ホンダクリーンエアビークル」の第1弾として、「LEV」というグレードが設定されました。翌年の1998年9月には、「Mi」と「ML」にLEVの技術が適用されらことから、「LEV」が廃止されています。1997年8月には、2度目のマイナーチェンジが実施されていて、これまでオプションだったABSが全車に標準装備されるといった安全装備の強化が図られました。

なお、シビックのパーツのほとんど流用可能なため、近年ではカスタムカーのベースとして人気があります。2代目シビックフェリオは教習車として使用されたこともあり、初代同様幅の広い活躍を見せています。

3代目は、シビックが8代目へモデルチェンジとともに消滅。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%82%AA

2000年9月販売開始となった3代目。エンジンは、1.5LがVTEC無、VTEC有、VTEC有リーンバーン仕様の3種類で、1.7LはSOHC VTEC仕様のみとなっていました。なお、4ドアもインパネシフトを採用する予定だったのですが、北米ホンダから強い反発があり、このクルマは幻となりました。また、フルフラットフロアによる居住性の高さというメリットもあり、日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。

ここからフェリオが危ぶまれることとなります。2001年12月に、フェリオをベースにした”シビックハイブリッド”がデビューします。同時に、代替燃料である天然ガス(LPガス)を使用した「シビック GX」が発表され、販売開始されました。
そして、2005年。シビックが8代目にモデルチェンジされたことを機に、日本国内でのラインアップがセダンのみとされたため、「フェリオ」の名称は消滅し、ここでフェリオの歴史は終わります。

まとめ

※イメージ画像

シビックフェリオをご紹介しました。シビックの派生車種ということではありますが、多岐にわたり活躍していた車でもありますね。現在でもパーツの需要があるというところもなんだかホンダらしいですね。