【スバルサンバー】農道のポルシェの価値

RRレイアウト・スバルという水平対向エンジンのイメージなどから「農道のポルシェ」と呼ばれ、トヨタとの資本提携からスバルでの開発が終了するとアナウンスされたときには多くの車好きを悲しませ、農家の軽トラが次々にサンバーへと代替されるという珍事を巻き起こしました。なぜこうもこのサンバーという車は車好きを反応させるのか、今日はその秘密に迫ってみたいと思います。

サンバーについて

1961年から販売され続けており、2016年現在でなんと56年間継続して販売されている日本ではまれに見る長寿車種の1つとなります。元々スバル360のレイアウトを流用する形でRRのレイアウトを取って作られた軽トラックならびにバリエーションのバンなどがサンバーです。
荷台に重量物を載せることを前提に作られており、そのためリアにエンジンを置くことでエンジン自体に錘の役割を与え、荷台が空でも重心を低くバランスの良い操舵性を実現しました。リア駆動という方式も荷台に重量物を載せたときに十分なトラクションを稼ぐため有効に働きます。
水平対向エンジンを連想させるスバルというブランドに加えてそのエンジンレイアウトなどはポルシェ911を彷彿とさせ、車好きの間からは「農道のポルシェ」と称されることが少なくありませんが、それは決して皮肉だけのものではありません。スバルが作り上げたサンバーの走行性能は非常に優秀であり、農道でサンバーのドライビングを体験すれば、その悪路走破性やハンドリングの面白さに下を巻く車好きが少なくないのです。「農道のポルシェ」という言葉には真摯に手を抜かず車作りを行うスバルへの賛辞が含まれているのです。
そんなスバルを代表する軽トラックサンバーですが、トヨタとの資本提携を期に赤字続きであった富士重工業の軽自動車部門が解散されたことで、ダイハツのハイゼットがサンバーとしてOEM販売されることとなりました。
これは「農道のポルシェ」と賛辞を送っていた車好きの間では非常に大きな衝撃とともに受け入れられ、主に地方の農山地で気がつけば古くなっていた軽トラックが最終型サンバーに入れ替えられているという場面が多く見られることとなりました。
そんな悲しみとともにダイハツのOEMとなったサンバーですが、実際の使い勝手でいうなら、OEM元のハイゼットが悪い車では決してありません、今回はどうしても(主に車好きから)否定的に捉えられがちなOEM版サンバーも含めて、サンバーという車に迫っていこうかと思います。

歴代サンバー

初代

名車スバル360をベースに作られた軽トラックが初代サンバーです。1960年に東京モーターショーで発表され、1961に販売が開始されました。分厚い下唇のように出っ張ったバンパーが特徴で、丸いヘッドライトも相まって今でも通じるデザインの良さを感じさせます。
当時の軽トラックとしては非常にソフトな足回りで仕上げられており、ガラスなどの気を使う製品を扱う業者から高い評価を受け、販売台数を伸ばすことになります。
キャブオーバー(運転席の下にエンジンを置く)を日本で初期に採用した車でもあります。キャブオーバーは当時の研究で運転席の視認性が良いためボンネット型の自動車に比べて安全性が高いとされ、今日では軽トラックを初めトラックなど商用を想定される多くの車種で採用されており、実際運転してみるとその視認性の高さに驚かされます。

2代目

1966年に2代目へとサンバーはフルモデルチェンジし、よりすっきりとしたフロントマスクとなりました。
安全性が向上しデザインも初代から変更されているものの、競合他社の影響から販売台数自体は落とすこととなってしまっています。

3代目

「剛力サンバー」といういかついキャッチコピーを携えて3代目サンバーは1973年に登場しました。キャッチコピーを表すかのようなアクの強いフロントマスクがまず特徴で、モダンに感じられた初代のデザインと比べると、いかに昭和な直線を多様しつつ力強いデザインを持っています。
この代からエンジンは2サイクルエンジンから4サイクルエンジンへと進化し、走行性能もしっかり進化しています。
このモデルから四輪駆動モデルが設定され、特に悪路での使用が多い農家などから高い評価を受けることになりますした。

4代目

1982年にサンバーは4代目へとフルモデルチェンジします、デザインは3代目と比べて若干アクが減り、ある意味よくみる軽トラックのフロントマスクとなりました。3代目ではパートタイムだけだった4WDの設定がフルタイムの4WDの設定も加えられ、農家や商用へのニーズにも応えています。

5代目

1990年、5代目サンバーでは直列4気筒エンジンであるEN07エンジンが搭載され、最高出力が55psまで引き上げられました。部品の一部がダイハツ・ハイゼットと共有化されるなど、資本提携前であるがコスト削減のため競合他社との連携も必要となってきた時代背景が感じられるモデルです。
95年にはリアエンジンをモーターに換装しバッテリーを装備したEVモデルが開発されており、最高時速90km航続150kmと三菱のimievなどとも比較できるくらいの性能を誇っていました。

6代目

1999年から2012年まで販売され、実質スバル製最後のサンバーとなるのがこの6代目サンバーです。スーパーチャージャー仕様では最高58psまでパワーアップされました。フルモデルチェンジ以降もフロントマスクの意匠変更やモデルの追加・削除に車内装備の変更など、毎年のようにマイナーチェンジを行い、進化を続けました。
2000年にはリアにモーターを搭載したEVを実際に販売し、年間35台を売り上げました。地味であありますが、こういう商用の車でこそ、燃料費を抑えられるEVの設定を増やすべきなのではと感じます。
2011年には50周年記念特別仕様車「WR BLUE LIMITED」が発売されました、インプレッサWRXStiのWRモデルを彷彿とさせるカラーリングやデカールで武装されたサンバーはまさに農道の戦闘機であり、車好きを大いに反応させました。
2012年にスバルの軽自動車部門の廃止とともに生産は終了され、スバル独自開発の軽トラック「サンバー」としての歴史は、ここで幕を下ろすことになりました。

スバル サンバー 人々の生活を支え続ける軽自動車の半世紀

¥3,240

販売サイトへ

【主要諸元(660 WRブルー リミテッド 三方開 4WD)】

型式:EBD-TT2
全長×全幅×全高:3,395×1,475×1,815(mm)
駆動方式:4WD シート列数 1
ホイールベース:1,885(mm)
ドア数:2
乗車定員:2名
前トレッド/後トレッド:1,280/1,280(mm)
ミッション 3AT:ミッション位置 インパネ
マニュアルモード:-
車両重量:810(kg)
最小回転半径:3.9(m)
最大積載量:350(kg)
最低地上高:185(mm)

エンジン型式:EN07
種類:直列4気筒SOHC
総排気量:658(cc)
最高出力/回転数 kw(ps)/rpm:35(48)/6,400
最大トルク/回転数 n・m(kg・m)/rpm:58(5.9)/3,200
使用燃料:レギュラー
燃料タンク容量:40(リットル)
10-15モード燃費:15.8(km/L)
燃費基準達成:H22年度燃費基準 達成車

ステアリング位置:右
ステアリングギア方式:パワーアシスト付ラック&ピニオン式
パワーステアリング:○
サスペンション形式:前 ストラット式、後 セミトレーリングアーム式
タイヤサイズ:前 145R12-6PRLT、後 145R12-6PRLT
ブレーキ形式:前 Vディスク式、後 ドラム式

7代目

ダイハツの10代目ハイゼットをOEM供給という形でスバルから販売するのがこの7代目サンバーです。
ちなみにOEM供給とは他者の製品を自社ブランドとして名前や一部の仕様の変更のみで販売する方式です。元々スバルの株式を大量保有していたGMから、GMの再建に一役買うためにトヨタがスバルの株式を買い取ったのが事の始まりです。スバルの株式取得後トヨタはスバルの不採算部門となっていた軽自動車部門を閉鎖させ、代わりに自社のトヨタの子会社であり実質トヨタグループの軽自動車部門となっているダイハツから軽自動車をスバルブランドで販売するという形をとったため、7代目サンバーは10代目ハイゼットをスバルから販売するという形になった訳です。
しかし、実際のところハイゼットも中々優秀な軽トラックで、荷台の広さなど純粋に商用利用を考えた場合には、性能面でサンバーに引けをとる部分はほとんどないと言えます。
ただ、実際に7代目サンバーを購入する人はダイハツからハイゼットとして購入するので、サンバーとしての販売台数は当然奮っていません。
トヨタグループ全体を見れば、同グループ内で競合車を販売する意味はないのですから当然かもしれませんが、あくまでトヨタとスバルは資本提携を結んでいるだけ、ファンとしては悲しくも、現実を突きつけられる車です。

【主要諸元(660 TC 三方開 4WD)】

型式:EBD-S211J
全長×全幅×全高:3,395×1,475×1,780(mm)
駆動方式:4WD
シート列数:1
ホイールベース:1,900(mm)
ドア数:2
乗車定員:2名
前トレッド/後トレッド:1,295/1,300(mm)
ミッション:3AT ミッション位置 フロア
車両重量:790(kg)
車両総重量:1,250(kg)
最小回転半径:3.7(m)
最大積載量:350(kg)
最低地上高:160(mm)
標準色:ホワイト ブライトシルバー・メタリック

エンジン型式:KF
種類:直列3気筒DOHC
総排気量:658(cc)
最高出力/回転数 kw(ps)/rpm:39(53)/7,000
最大トルク/回転数 n・m(kg・m)/rpm:64(6.5)/4,000

環境対策エンジン:-
使用燃料:レギュラー
燃料タンク容量:38(リットル)

JC08モード燃費:-
10-15モード燃費:16.4(km/L)
燃費基準達成:H22年度燃費基準 +5%達成車

ステアリング位置:右
ステアリングギア方式:パワーアシスト付ラック&ピニオン式
パワーステアリング:△
サスペンション形式:前 ストラット式、後 車軸式
タイヤサイズ:前 145R12-6PR LT、後 145R12-6PR LT
ブレーキ形式:前 ディスク式、後 ドラム式

8代目

ハイゼットのフルモデルチェンジにあわせてサンバーもフルモデルチェンジを果たします。最近のトヨタ社と同じく釣り目なヘッドライトが特徴的で車自体は可愛らしい車となっています。

【主要諸元(660 TC 三方開 4WD)】

型式:EBD-S510J
全長×全幅×全高:3,395×1,475×1,780(mm)
駆動方式:4WD
シート列数:1
ホイールベース:1,900(mm)
ドア数:2
乗車定員:2名
前トレッド/後トレッド:1,305/1,300(mm)
ミッション:4AT ミッション位置 フロア
車両重量:810(kg)
車両総重量:1,270(kg)
最小回転半径:3.6(m)
最大積載量:350(kg)
最低地上高:160(mm)
標準色:ホワイトIII
オプション色:ブライトシルバー・メタリック ブラック・マイカメタリック ブルーマイカ・メタリック ミストブルー・マイカメタリック ライトローズ・マイカメタリック トニコオレンジ・メタリック オフビートカーキ・メタリック

エンジン型式:KF
種類:直列3気筒DOHC
総排気量:658(cc)
最高出力/回転数 kw(ps)/rpm:39(53)/7,200
最大トルク/回転数 n・m(kg・m)/rpm:60(6.1)/4,000
使用燃料:レギュラー
燃料タンク容量:38(リットル)
JC08モード燃費:17.6(km/L)
燃費基準達成:H27年度燃費基準 +10%達成車

ステアリング位置:右
ステアリングギア方式:パワーアシスト付ラック&ピニオン式
パワーステアリング:○
サスペンション形式:前 ストラット式、後 車軸式
タイヤサイズ:前 145R12-6PR LT、後 145R12-6PR LT
ブレーキ形式:前 ディスク式、後 ドラム式

スバル最後のサンバーはやはり高値!!

中古車でしか買えなくなってしまったサンバーなので、当然スバル最後のサンバーとなる6代目は新車価格にプレミア価格が乗り、150万円以上の固体も少なくありません。
しかし、軽トラックではなくサンバーが欲しいなら迷わずここは6代目でしょう、今後スバルから軽自動車部門の復活がされることもないでしょうから、6代目サンバーは今後も高値を維持し続ける可能性が高いため、まだ良質な固体が残っている内に購入しておくのがベストでしょう。
買うなら今です。
ちなみに7代目8代目サンバーは流通台数自体があまりありません、もし欲しいなら10代目11代目ハイゼットで調べてみてください。
下に2016年現在の中古6代目サンバーへのリンクを張っておきます。

中古車をお探しの方はこちら

スバルというブランドの価値を教えてくれる車

スバルというメーカーは、元々軽自動車にも乗用車で使われるような豪華な装備を使用していたため、走り自体も乗用車と遜色のない軽自動車を多く生み出してきました。そうした土壌から生み出されたサンバーは、たしかに当時としては競合他社と比べても非常に優秀な車でした。
しかし、現在はどのメーカーも軽自動車の基本性能を乗用車並に引き上げており、現代のハイゼットと6代目サンバーを比較したときにそこまで優劣の差は実はありません。
しかし今なおサンバーにみんなが尊敬の念を送るのは、サンバーを作ったスバルというメーカーへの信頼から来るものなのではないかと思います。そうでなければ、WRカラーの6代目サンバーが売れる理由がありません。
スバルというブランドが多くの人から評価され、愛されているからこそ、サンバーは車好きを魅了してやまないのす。