【シボレー カマロ】アメ車代表の強面モデルはハイパフォーマンスとエコを両立!

「カマロ」と言えばマッスルカーの「直線番長」として有名です。しかし最新モデルでは、「直線番長」「燃費が悪い」などのイメージを払拭するモデルに仕上がってきました。これまの進化と魅力に迫ってみたいと思います。

「シボレー・カマロ(Chevrolet Camaro)」

「シボレー・カマロ(Chevrolet Camaro)」は、アメリカのゼネラルモーターズがシボレーブランドで生産し販売しているスポーツカーです。モデル名は古フランス語で友人を意味する言葉から取られています。日本へは2thモデルから正規輸入されています。

1thモデル(1967年-1969年)

1thモデルの「カマロ」は、1967年に登場しました。GM社の「Fボディ」プラットフォームを採用し、駆動方式はFR方式でした。搭載されたエンジンは、直列6気筒、V型8気筒で、排気量は3.8Lから7.0Lまで幅広いラインナップでした。シートは2+2タイプでボディは2ドアハードトップとコンバーチブルが設定されていました。グレード設定は、ハイパフォーマンスモデルの「Z28」「RS(ラリー・スポーツ)」「SS(スーパー・スポーツ)」の3タイプが設定されてました。また、1967年に販売されたモデルのみ三角窓が装備されています。そして1969年にはサイドのプレスラインやフェンダーアーチなどのボディパネルの変更されています。またレースを目的とした425PSハイパワーエンジンが、この年限りのオプションとして登場しています。このエンジンを搭載したモデルは69台製作されたことが記録されており希少なモデルです。サーキットでは「フォード・マスタング」とチャンピオンを争い、1969年の「SCCA(Sports Car Club of America)」トランスアメリカン・チャンピオンシップの2.5L以上クラスで優勝しました。1thモデルの「カマロ」は1969年に生産終了になり、3年間のみの生産でした。日本には10台ほど販売されているようです。

2代目(1970年-1981年)

2thモデルの「カマロ」は1970年2月に登場しています。日本国内へは「大洋シボレー」「伊藤忠オート」「GM」と資本提携していた「いすゞ自動車」から正規輸入されています。ボディスタイルは、クーペとなり、ボディサイズが大きくなり重量が増加しました。2thモデルも「GM Fボディ」プラットフォームを採用しています。搭載エンジンや多くのコンポーネントは1thモデルから引き継ぎいでいます。グレード設定も「Z28」「RS」「SS」でしたが、1973年に「LT」モデルが追加されています。また追加ラインナップで「3.8L V型6気筒エンジン」搭載モデルも存在しています。1974年にフロントマスクとテールのデザインが変更され、大型バンパーが追加されました。この時期、排ガス規制の影響を受けてしまいパワーダウンし、最高グレードの「Z28」がラインナップから一時姿を消してしまいました。「Z28」モデルは、1977年に復活しました。その後、「カマロ」は1978年には、エクステリアデザインがウレタン製バンパー一体型マスクやテールデザインの変更に加え、全長も延長され5,019mmとなりました。1979年には、インパネ周りのデザインが変更され、「LT」に代わるモデルとして「ベルリネッタ」がラインナップされました。

3thモデル(1982年-1992年)

「カマロ」の3thモデルは、1982年に登場しています。ボディデザインは、先代モデルに続いて大型リアゲートを持つ2ドアクーペボディを採用しています。ボディサイズはコンパクトになり、先代モデルに対し、全長で205mm、全幅で30mm、全高で15mmの縮小が施されています。このモデルからエンジンに燃料噴射装置を初めて採用しました。この燃料噴射装置は「Z28」が「クロスファイヤーインジェクション」「RS」の5.0Lモデルには「TBI(スロットルボディーインジェクション/170PS)」「Z28」の5.0Lと5.7Lモデルには「TPI(チューンドポートインジェクション/215PS/235PS)」が採用されました。トランスミッションは初期モデルは4速MT/3速ATで、その後、5速MT/4ATに変更されました。グレード設定は、「スポーツクーペ」「ベルリネッタ(Berlinetta)」「RS」「Z28」「IROC-Z」が設定され、1987年モデルでは「コンバーチブル」が追加されました。

「IROC-Z」モデル

「IROC-Z」モデルは、「インターナショナル・レース・オブ・チャンピオンズ(IROC)」から称されたハイパフォーマンスモデルです。LSDを標準装備し、トランスミッションは4速ATで、運転席エアバッグを装備していました。搭載ユニットは、5.7LのV型8気筒OHVエンジンで245PS/4,400rpm、最大トルク47.7kgm/3,200rpmを発生しています。

「IROC-Z」モデル(1982年式)主要諸元

エンジン:5,727cc V型8気筒 OHV
最高出力:245PS/4,400rpm
最高トルク:47.7kgm/3,200rpm
トランスミッション:4AT
速駆動方式:FR
サスペンション:F マクファーソンストラット R トルクアーム式コイル
ブレーキ:F/R ベンチレーテッドディスク
全長:4,785mm
全幅:1,860mm
全高:1,285mm
ホイールベース:2,565mm
トレッド:F 1,525mm R 1,555mm
車両重量:1,570kg

4thモデル(1993年-2002年)

4thモデルは、1993年に登場しました。ボディデザインは、空力性能を重視したシルエットになり流線型を描くスポーツクーペとなりました。フロントからの大きく傾斜したフロントウインドは68度も寝かされてセットされています。またリアには大型スポイラーを装着しエアロダイナミクスが図られたデザインボディを採用しています。グレード設定は、「スポーツ(3.4L V型6気筒/160PS)」「Z28(5.7L V型8気筒/275PS)」の2モデルをラインアップで、それぞれにオープンコンバーチブルモデルを設定していました。トランスミッションは4速ATで装備は、デュアルエアバッグ、ABS、LSDを標準装備していました。V型8気筒エンジンは、「コルベット」の「LT1」を搭載していましたが、1998年からは「LS1」エンジンに変更されました。「LT1」型エンジンは、「コルベット(350PS)」と共通のユニットでしたが1998年には309PSにデチューンされています。さらに「SS」と呼ばれるラムエア過給エンジンを搭載したモデルもありましたが、日本国内には正規輸入されていないようです。

「Z28」(1997年式)主要諸元

エンジン:5,665cc V型8気筒 OHV
最高出力:309PS/5,200rpm
最高トルク:46.2kgm/4,000rpm
トランスミッション:4AT
速駆動方式:FR
サスペンション:F ダブルウィッシュボーン R マルチリンク
ブレーキ:F/R ベンチレーテッドディスク
全長:4,910mm
全幅:1,890mm
全高:1,320mm
ホイールベース:2,565mm
トレッド:F 1,540mm R 1,540mm
車両重量:1,560kg

2010年モデル「5thモデル(2009年-2015年)」

2010年モデルは、2009年3月に、日本では12月5日に発売されました。初代(1967から69年)から通算5thモデルとなり、4thモデル(1993年から2002年)の生産が終了して以来、約7年振りの復活となりました。2006年に発表されたコンセプトカーそのままのボディスタイリングは、初代「カマロ」をリスペクトしたデザインです。「GM」は、「カマロの伝統を敬愛する、あらゆる年代の熱狂的なファン層のためのパーソナルなクルマ」と発表しました。ベースとなったシャシーは、新開発の「ゼータ」プラットフォームです。搭載エンジンは、V型6気筒の「LLT」型でレギュラーガソリン仕様です。V型8気筒モデルはハイオク仕様で、高速巡航時などに4気筒を休止する可変シリンダー機構付の「L99型」エンジンです。また2008年型「コルベット」と同じV型8気筒「LS3型」(422PS/56.4kgm)もあります。ボディサイズは、全長4,840mm、全幅1,915mm、全高1,380mm、ホイールベースは2,855mmです。リスペクトした初代「カマロ」のボディサイズは、全長4,690mm、全幅1,840mm、全高1,300mmですから2010年モデルの「カマロ」は、初代モデルより全長で3%、全幅で4%、全高で6%大きいサイズでコンパクトなボディです。

インテリアは洗練されたデザイン

インテリアは綺麗な仕上がりで、ブルーの照明を活かしたデザインとなっています。フルオプションに近い日本仕様モデルの装備は、シートヒーター付の電動レザーシート、レザーステアリング&シフトノブ、クルーズコントロール、サウンドシステムには、ボストン・アコースティック社製の9スピーカー・245Wオーディオシステム、USBポート、DC12ボルト電源が2つ、そしてバックセンサーが標準装備されています。またブルーで統一された計器類の照明は淡い水色で両サイドのドア内張りにもブルーのラインが入っており洗練された雰囲気があります。ドライバー正面にスピードメーターとタコメーター、水温計と燃料計がセットされています。メーターパネルの中央にある多機能モニターは、トリップメーター、平均燃費計、残り航続距離、速度警告設定画面、水温、エンジンオイルの交換目安、さらに前後・左右のタイヤプレッシャーを表示できるようになっています。またセンターコンソールには、4連メーターが装備されています。表示されるのは油圧計、油温計、電圧計、ATフルード油温計です。全車標準のレザーシートは、運転席はフル電動で(前後スライド、高さ、リクライニング)、硬めでホールド性があるものが採用されています。ステアリングはチルトとテレスコが調整可能で思った通りのドライビングポジションをセットできるようになっています。助手席はリクライニングのみ電動で、後は手動となっています。リアシートは可倒式なために背もたれを倒してトランクスルーさせることもできます。トランク容量は小型セダン並みの320Lとなっており、スポーツカーとしてはゆとりのあるサイズです。

2010年モデルの燃費

アメリカEPA(環境保護局)の公表値によれば、V型6気筒(6AT)モデルでの市街地燃費は7.7km/Lです。
実際の日本国内では市街地で約6.4km/Lから約7km/L前後のようです。一方、高速巡航での燃費はかなり良く、アメリカEPA(環境保護局)の高速走行モード数値は12.3km/Lです。これは100km/h巡航をエンジン回転数1,600rpmのギアリングや直噴V型6気筒の環境性能の向上したものによりますが日本国内での高速巡航燃費は、10km/Lから12km/Lが平均値のようです。このレベルはスポーツカーと考えるなら燃費は良いと言えます。しかも「カマロ」のV型6気筒モデルはレギュラー仕様ということは維持費も軽減されることになります。ハイオク仕様モデルでは、V型8気筒のアメリカEPA(環境保護局)の公表値は、市街地が約6.8km/L、高速巡航が約10.6km/Lですが、日本国内の平均燃費も変わりません。

「トランスフォーマー仕様限定車」

2010年2月には、米国に続いて「トランスフォーマー仕様限定車」が販売されました。これは2007年の映画「トランスフォーマー」と2009年の続編「トランスフォーマー/リベンジ(Transformers: Revenge of the Fallen)」で活躍するロボット生命体「オートボット」の主人公「バンブルビー」をイメージしたモデルです。 「トランスフォーマー仕様」モデルもV型6気筒の「LT RS」(442万円)とV型8気筒の「SS RS」(547万円)が設定されています。ベースモデルより12万円高で、日本国内導入は16台限定です。

スーパーチャージャーを装着した「ZL1」

エンジンは「3.6L V型6気筒」「6.2L V型8気筒」を搭載し、6ATと6MTが用意されました。日本国内モデルは、「3.6L V型6気筒 直噴エンジン」搭載の「LT RS」と「6.2L V型8気筒 エンジン」搭載の「SS RS」で、トランスミッションは6ATのみの設定です。ハイパフォーマンスモデルの「SS RS」には、ボンネットにエアスクープを装着し、フロントアンダースポイラー、リアデフューザーのデザインが変更されています。またハイパフォーマンスサスペンション、ブレンボ製ブレーキシステム、LSDが装備されています。2012年モデルでは、スーパーチャージャーを装着した「ZL1」が追加されています。「SS」モデルの30%を再設計し、「6.2L LSA型」エンジンにスーパーチャージャーが組み合わせ、最大出力572PS、最大トルク76.9kgmを発生し、「カマロ」史上最強のスペックを発生しています。 ブレーキはブレンボ製で、フロントに6ピストン、リアに4ピストンのキャリパーを装備しています。 エクステリアは専用のフロントバンパーとスプリッター、リアディフューザーとサイドロッカーパネルが装備されています。

「ZL1」モデル(2012年式)主要諸元

エンジン:6,162cc V型8気筒 OHV LSA スーパーチャージャー
最高出力:572PS/6,100rpm
最高トルク:76.9kgm/3,800rpm
トランスミッション:6MT
速駆動方式:FR
サスペンション:F マルチリンク R マルチリンク
ブレーキ:F/R カーボンセラミック
全長:4,884mm
全幅:1,953mm
全高:1,330mm
ホイールベース:2,852mm
トレッド:F 1,618mm R 1,618mm
車両重量:1,872kg
0-100km/h加速:3.9秒
最高速度:296km/h

「Z28」2014年モデル

1thモデルから続くパフォーマンスモデルの「Z28」の2014年モデルは、サーキット仕様になっています。徹底した軽量化(標準的なエアコンをカットし13kg、400gカットされたリアガラス、19インチのホイールとピレリ製Pゼロ・トロフェオRのサーキット用のタイヤとのセットは、通常22kg軽量、カーボン・セラミック・ブレーキは、オリジナルブレーキよりも10kg軽量)され車両重量は1,732kgを達成しています。エンジンは、「C6型 コルベットZ06」の「7.0L V型8気筒エンジン」でドライサンプのLS7型は、最大出力512PS/6,100rpm、最大トルク66.5kgm/4,800rpmを発揮し、トルセンLSDが組み合わせられます。最高速度は282km/h、0-100kh/h加速は4.2秒です。価格は770万円です。

新型 6thモデル(2015年-)

2015年5月に6thモデルが発表されました。ボディデザインは、世代モデルキープコンセプトに徹したエクステリアデザインとなっています。しかし6thモデルは軽量コンパクトで高剛性に仕上がっています。また搭載エンジンには、新開発の「2.0L 直列4気筒 直噴ターボ」エンジンが追加採用されています。最高出力は275PS、最大トルクは40.8kgmを発揮する4気筒パワーユニットは、「カマロ」史上初のターボエンジンです。

5thモデルより軽量コンパクトなボディ

最新モデルのボディスタイリングは、一見すると5thモデルのマイナーチェンジと思えるエクステリアデザインですが、実際にはボディパネルの大半が新設計され、エアロダイナミクスが図られたデザインボディを追求したものとなっています。ボディサイズは全長4,784mm、全幅1,897mm、全高1,348mmで、5thモデルよりもそれぞれ全長57mm、全幅20mm、全高28mm縮小されコンパクトになっています。また動力性能を改善するためにホイールベースは41mm短くされ、2,814mmに設定されました。プラットフォームは、基本的には「キャデラックCTS/ATS」と共通としながらも、70%が「カマロ」のために専用設計されたものとなっています。さらに各部にアルミニウム合金を多用したすることによって、5thモデルよりも最大で90kgの軽量化を果たし動力性能の向上が図られています。そして専用設計されたボディシャシーは、28%の剛性アップにつながりました。

搭載ユニットに初の「4気筒ターボ」を追加

「カマロ」史上初の搭載エンジンは、新設定された「2L 直列4気筒 直噴ターボ」が追加されました。このエンジンは、最大出力275PS、最大トルク40.8kgmを発揮し、軽量コンパクトなボディとなった「カマロ」には十分以上なスペックとなりました。なおかつ「カマロ」史上最良となる燃費性能を実現しています。また5thモデルに搭載される「3.6L V型6気筒 直噴NA」の改良ユニット、そして「コルベット」に搭載される「6.2L V型8気筒 直噴NA」も用意され、3タイプのパワーユニットになっています。また「3.6L」エンジンは、気筒休止システム「アクティブ・フューエル・マネジメント」を採用し、燃費・環境性能を改善し、5thモデルの最大出力323PS、最大トルク38.4kgmから最大出力335PS、最大トルク39.3kgmに向上しています。「6.2L」エンジンも最大出力405PS、最大トルク56.7kgmから455PS、最大トルク62.9kgmに向上しています。「6.2L」エンジンもコルベット同様の「アクティブ・フューエル・マネジメント」により、燃費・環境性能が改善されています。

足回り「もう直線番長とは呼ばせない」

トランスミッションは、全グレードに6速MTとパドルシフト付8速トルコン式ATが設定されるようになっています。また「SS」モデル用の6MTには、シフトダウン時のブリッピング機能を備える「アクティブ・レブマッチ」が搭載され、エンジンの回転数を自動で上げ、パワーバンドを外すことなくトランスミッションを傷めないようにサポートしてくれます。またサスペンションシステムは、新設計され、フロントにマルチリンク・マクファーソンストラット式を採用し、リアには5リンク式を採用しています。また上級グレードモデルの「SS」には、磁性流体減衰力制御システム「マグネティック・ライド・コントロール」がオプション設定されます。これによって路面の状況に確実にサスペンションが作動しトラクションを路面に伝えることができます。また「ブレンボ製」の大径ディスクブレーキが「SS」に標準装備され、「LT」にもオプション設定されています。ブレーキング性能を向上させた「カマロ」は、コーナリング性能も同時に向上させたことになり「もう直線番長とは呼ばせない」と言えるオールラウンドマシンに進化しています。

多機能なインテリア

インテリアは、車両情報を表示する8インチディスプレイ、電子式パーキングブレーキ、24通りの調光が可能なLEDアンビエント照明などが採用されています。また、3タイプの走行モードを選択出来るドライブモード・セレクタが採用され、4モードの排気音が選択出来る「デュアルモード・エキゾースト・システム」がオプション設定されています。「3.6L」モデルと「6.2L」モデルには、エンジンのメカニカルノイズをキャビン内に反響させる「メカニカル・サウンド・エンハンサー」も装備されています。

6th「RS」モデル主要諸元

エンジン:6,153cc V型8気筒 OHV
最高出力:455PS/5,900rpm
最高トルク:56.7kgm/4,300rpm
トランスミッション:8AT
速駆動方式:FR
サスペンション:F ストラット R マルチリンク
ブレーキ:F/R ベンチレーテッドディスク
全長:4,784mm
全幅:1,897mm
全高:1,348mm
ホイールベース:2,814mm
車両重量:1,755kg

6thモデル「1LEパッケージ」

「GM」のシボレーブランドは2016年2月10日に新型6thモデルの「カマロ」の「1LEパッケージ」を発表しました。実車は「シカゴモーターショー16」で初公開となっています。「1LEパッケージ」は、先代モデルの5th「カマロ」にも用意されていたサーキットでポテンシャルを100%発揮する高性能パッケージモデルです。新型6th「カマロ」では、「6.2L V型8気筒エンジン」の「SS」だけでなく、「3.6L V型6気筒エンジン」の「LT」でも、「1LEパッケージ」が選択できるようになりました。新型6thモデルの「1LEパッケージ」は、「ブレンボ製の大容量ブレーキ」「LSD(3.6Lモデルは機械式、6.2Lモデルは電気式)」「20インチのホイール&タイヤ」「デュアルモードエグゾースト」を装備しています。エンジンオイル、ディファレンシャル、トランスミッションの冷却性能も引き上げられています。インテリアは、スウェード巻きのステアリングホイール、ショートストロークシフトレバー、レカロ製バケットシート(6.2Lモデルは標準装備、3.6Lモデルはオプション)などを装備しています。トランスミッションは6速MTのみの設定です。そしてエクステリアデザインは、専用のエアロパーツを採用しています。ボンネットは、サテンブラックで仕上げられスパルタンな仕様です。サスペンションシステムは、「3.6L」モデルが「カマロSS」用へアップグレードされ、「6.2L」モデルは、磁性流体減衰力制御システム「マグネティック・ライド・コントロール」が標準装備となっています。

燃費

アメリカンマッスルカーの代表格の「カマロ」は一体どれくらいの燃費なのか気になるところです。1thモデルや2thモデルなどのキャブレター仕様のモデルは、やはり燃費は4km/L程度のようです。50年前のモデルと考えると文化遺産として綺麗な個体で走れるだけでも価値あるモデルと言えます。3thモデルになると電子制御によって燃料噴射していますが、燃費などを考慮していないモデルゆえに4km/Lから6km/Lのようです。4thモデルになると電子制御も熟成され燃費も6km/Lから7km/L、高速走行の巡航だと10km/Lに届くようで徐々に良くなっています。では最新モデルの5thモデルになると、どれくらいなのか2015年モデルは1thモデルからすると、燃費向上が図られています。「3.5L V型6気筒モデル」で市街地が7km/Lから8km/Lで、高速が10km/Lから12km/L、「6.2L V型8気筒モデル」が市街地で6km/Lから7km/L、高速で10km/Lから11km/Lと随分よくなっています。「カマロ」がアメリカンマッスルカーならば、アメ車は燃費が悪いというイメージも払拭できる数字になりました。

維持費

5thモデルの「カマロ」を購入するとして1年間にどれくらいの維持費が必要となるのでしょうか。故障や事故はノートラブル、町中をクルーズ程度の最低限の維持費はこれくらいです。まずは、「自動車税」です。1年間(12ヶ月)で66,500円、そして「自動車重量税」(12ヶ月)が20,000円、「自賠責保険」(12ヶ月)で16,350円で置いておくだけで、必要なお金は、102,850円です。これに「ガソリン代」「駐車場代」「任意保険」などを加えていくと、維持するために1年間に40万円から50万円ほどになりそうです。「エコカー」でなく「スポーツカー」しかも「アメリカンマッスルカー」と考えると燃費が7km/Lですから、とても維持しやすい「スポーツカー」になっています。

右ハンドル仕様

右ハンドル仕様は、2thモデルでは「オーストラリア向け」に右ハンドル仕様モデルがラインナップされました。しかし、最新型の5thモデルや6thモデルは、左ハンドルのみとなっています。アメ車にしては、大きな車体というわけでもないので左ハンドルでドライブを十分楽しみ、快適な取り回しができるようになっています。

価格(新車・中古)

1thモデルの1967年式から1969年式の中古車相場は、350万円から1,200万円オーバーとプレミア価格になっています。2thモデル1970年式から1981年式は、初期モデルは300万円以上のプライスがついており、後期モデルでは150万円程度で購入できるものもあります。3thモデル1982年式から1992年式になると50万円から200万円と2th、3thモデルと比べるとプレミアはついていないようです。4thモデルの1993年式から2002年式は、20万円から200万円となっていて、このモデルが好きな方にとって購入する良い時期かもしれません。5thモデルの2009年式から2015年式は、230万円からで2015年式「カマロ LT RS」で400万円前後が中古車相場のようです。

ライバル「マスタング」

「カマロ」登場から永遠のライバルとされるのは、「フォード社」の最新技術が投入されたアメリカンスペシャリティカー「マスタング」です。最新モデルの「マスタング」は伝統的なデザインでありながら現代的なアプローチが施され、モダンさと力強さが表現されています。また、リアサスペンションに独立懸架のインテグラルリンク式サスペンションが採用されています。エンジンは最高出力314PS/最大トルク44.3kgmを発生する「2.3L 直列4気筒ターボ(EcoBoost)」エンジンを搭載し、6速ATには、マスタング初となるパドルシフトが備わっています。では、「カマロ」と「マスタング」を比較してみると新車価格は「カマロ 468万円~581万円」「マスタング 465万円~570万円」、中古車相場は、「カマロ 15万円~1280万円」「マスタング 30万円~1280万円」です。価格帯もほぼ同じということで良きライバル車といえるでしょう。

まとめ

アメリカンマッスルカーの代表格として牽引してきた「シボレー カマロ」は、今ではオールラウンドにハイパフォーマンスな性能を発揮するスーパースポーツに進化を遂げてきました。これからも「カマロ」の最新モデルに目が離せません。またプレミアが付いてきている旧モデルも人気が上昇していくアメリカの名車です。