マメな交換でエンジン長持ち!?オイル交換の重要性。

みなさんはエンジンオイルの交換の頻度はどのくらいでしょうか?「毎回車検ごとに交換しているから大丈夫。」とお考えの方、それでは駄目です。ここでは、オイル交換の重要性とその頻度について詳しく解説していきたいと思います。

エンジンオイルの役割

そもそも、エンジンオイルは何のために入れるのかご存知でしょうか?
エンジンオイルには、潤滑作用、冷却作用、気密保持作用、清浄分散作用、防錆作用の5つの大きな役割があります。中でも、重要なのが潤滑作用と冷却作用です。エンジンの内部、特に、燃焼室では、シリンダーブロックの内壁とピストンとの間に油膜が無ければ、金属同士がこすれあい、シリンダーブロックの内壁もピストンも、どんどん摩耗していってしまいますし、摩擦熱で変形してしまう事さえあります。これらを防ぐのがエンジンオイルです。また、エンジン内部はガソリンの不完全燃焼によって発生した煤などの堆積物で汚れることが多く、これらの汚れを取り除くのが清浄分散作用です。気密保持作用というのは、ピストンと内壁の隙間をオイルが埋めることにより、燃焼室の圧力が漏れないようにする作用のことです。防錆作用に関しては、言わなくてもお判りだとおもいますが、金属でできたエンジンの表面を油膜が覆うことで、内部が腐食しないようにしてくれる作用のことを言います。

オイル交換をしよう

オイル交換の重要性

前項で述べた通り、エンジンオイルには5つの重要な役割があります。これらの役割は、エンジンを動かすうえでなくてはならない物です。したがって、エンジンオイルはエンジンを動かすうえで絶対に欠かすことのできないものであることがわかります。
では、オイルが入ってさえいればOKなのでしょうか?
残念ながらNGです。
なぜなら、エンジンオイルはどんどん劣化していくものだからです。オイル交換時に、缶を開けた瞬間からエンジンオイルの劣化は始まります。
また、エンジンを動かしている間、オイルは絶えず清浄分散の働きをし続けます。エンジン内の各部にたまったゴミや堆積物をオイル内に取り込みます。使用していると、走行距離に応じてエンジンオイルが次第に黒くなってくるのはこの作用の影響です。ちなみに、このことから、よく黒くなるエンジンオイルほど、清浄分散作用がある良いオイルであるということが言えます。

オイル交換の頻度

エンジンオイルの交換頻度は車両の取扱説明書にしっかりと明記してあります。
これは、車種により様々ですので一概に何kmで交換。などとは言えませんが、一般的な乗用車の場合は15,000km、もしくは、使用していなくても1年程度で交換するものと言われています。
高出力で高回転を多用するスポーツカーや、小排気量ゆえ、常用回転数の高い軽自動車などの場合はもっと高い頻度でオイルの交換をする必要があります。ぜひ確認してみましょう。

エンジンオイルの選び方

エンジンオイルには、いくつかの分類があり推奨されるオイルの種別やグレードが取扱説明書に記載されています。しかし、取扱説明書は、あくまで、一般的な使用を想定して書かれていますのでシビアな条件下(チョイ乗りや高回転、高負荷走行)で運用している車両の場合は、自分で考えて選択する必要があります。

エンジンオイルの選び方

鉱物油?化学合成油??

鉱物油とは原油の分流で得られるオイルです。一番安価でベーシックなオイルです。それに対し、化学合成油というものがあり、こちらは化学工場での工業的製法を経て製造されます。化学合成油のメリットは、自動車のエンジンオイルとして最も適切な条件を追い求め研究開発の末に商品化されたオイルであるため、エンジンオイルの5大要素の絶対的性能は鉱物油よりも上です。
また、両社の中間にあたるのが部分化学合成油で、こちらは、鉱物油と化学合成油を混合したものです。
部分合成油と化学合成油を明確に区別するために、化学合成油は100%化学合成油とも呼ばれています。

ベースオイルのグレード

エンジンオイルを作る上で、ベースとなっているオイルのことをベースオイルと呼びます。このベースオイルに様々な添加剤などを加えてエンジンオイルをつくるのですが、これらベースオイルのグレードを表すのに一般的にはAPIとISLACがあります。一般的に日本やアメリカで普及している表記方法がAPI方式で、ISLACはヨーロッパで普及している規格です。

API規格-ILSAC規格-特徴
■SA-なし-運転条件がゆるやかなエンジンに使用可で、添加物を含んでいないオイル(ベースオイル)。
■SB-なし-最低レベルの添加物を配合したオイルで、かじり防止・酸化安定性の機能が改善されている。
■SC-なし-1964~67年型のガソリン車に満足して使用できる品質を持ち、デポジット防止性・磨耗防止性・サビ止め性腐食防止性が備わっている。
■SD-なし-1968~71年型のガソリン車に満足して使用できる品質を持ち、SCより高い品質レベルを備えている。
■SE-なし-1972~79年型のガソリン車に満足して使用できる品質を持ち、SDより高い品質レベルを備えている。
■SF-なし-1980年型以降の車に適応。酸化、高温デポジット(堆積物)、低温デポジット、サビ、腐食に対する優れた防止性能を発揮。
■SG-なし-1989年型以降の車に適応。SFの性能に加え、動弁系の耐摩耗性と酸化安定性が要求され、エンジン本体の長寿命化を果たす性能がある。
■SH-GF-1-1993年型以降の車に対応。SGの性能に加え、スラッジ防止性、高温洗浄性に優れる。
■SJ-GF-2-1996年型以降の車に適応。SHの性能を向上。さらに蒸発性、せん断安定性に優れる。
■SL-GF-3-2001年度制定。SJに比べ、省燃費性の向上(CO2の削減)・排出ガスの浄化(CO、HC、NOxの排出削減)・オイル劣化防止性能の向上(廃油の削減・自然保護)があげられる。
■SM-GF-4-2004年制定。SLに比べ、浄化性能・耐久性能・耐熱性・耐磨耗性に優れている。
■SN-GF-5-2010年制定。SMに比べて、省燃費性能の持続性のさらなる向上や触媒保護性能を強化。

現在、カー用品店やホームセンターのオイルコーナーへ足を運ぶと、最廉価オイルのグレードでさえSJやSLであるので、一般的な乗用車でベースオイルのグレードを気にする必要性はほとんどありません。

一番の悩みどころ、エンジンオイルの粘度

エンジンオイルの粘度ですが、オイルを考えるうえで一番問題になるのがここです。
現在の乗用車のほとんどは、マルチグレードオイルという粘度規格のオイルが採用されていて、
○W-■■のように、ハイフンを挟んでWのついた数字と、付かない数字で表された粘度表記があります。
Wの付いた数字があらわすのは、エンジンが冷えている、冷間時のオイル粘度で、付いていない数字が高温時の粘度となります。
したがって、エンジンが冷えている始動前などは、Wの数字が小さいほうが始動時のオイルの抵抗が少ないため始動性が向上します。
一般的に、
5Wは氷点下35℃程度まで、10Wは氷点下25℃程度まで、20Wは氷点下10℃程度まで、と言われていますが、近年の低燃費な乗用車はオイルによる抵抗(フリクションロス)を低減し燃費向上につなげるため、更なる低粘度である0Wを指定している車も増えてきています。
冷間時においても、高温時においても、数字が大きくなればなるほど粘度は高く、エンジンの保護性は上がりますが、粘度が高すぎる場合、油膜がピストンの動きの抵抗となってしまい燃費の悪化につながってしまうことがありますので注意が必要です。
また、一般的に、マルチグレードの冷間時と高温時との粘度表記の数字差が少ないほど、ベースオイルに対する添加剤の割合が少なく、エンジンの動作による添加剤の消耗・せん断による粘度変化が少ないとされています。
過走行の古い車で、ある程度シリンダー内壁とピストンの摩耗が進行してると考えられる車両には、少し粘土の高めなオイルを入れ、油膜を厚くすることで燃焼室の気密性を高め燃費や出力向上を図ることもありますので、覚えておくと良いでしょう。

どこで交換すればいいの?自分でできるの?

自分でする場合

エンジンオイルの交換を自分でする場合、用意するものは、交換するエンジンオイルとオイル受け、オイルを測るジョッキ、ドレンボルトを回すレンチ、ドレンワッシャー、オイルフィルターエレメント、フィルタレンチです。
エレメントとドレンワッシャーは、ホームセンターで汎用品を購入するか、ディーラーで純正部品として購入することが出来ます。
手順は、
・暖気をして、ドレンボルトを緩めオイルを抜きます。
・エレメントをフィルタレンチで取り外します。
・新しいエレメントを取り付けます。
・ドレンボルトに新しいワッシャーを取り付けて締め、規定量のオイルを注ぐぎます。
このように、簡単に書いては見たものの、意外と面倒な作業です。
カー用品店では、お店でオイルを買うと工賃が無料になったり、オイル会員と言って工賃が割引されるプランが多くあるようで、用品店に依頼される方も多いようです。
自分でオイル交換作業をするメリットは、インターネット等で安価なオイルを自ら仕入れられるところでしょうか。
もちろん、「愛車の手入れは自分でやりたい!」という方にもおすすめです。

ディーラーやカー用品店に頼む

ディーラーやカー用品店に頼むことで、自分でやらずに短時間でオイル交換を終えることがが出来ますが、用品店で定価で売っているオイルは、インターネットで売っている価格と比べ、少々高いです。また、少なからず工賃がかかりますので、自分でやることで浮いた経費でワンランク上のオイルを選択することもできます。ここは、自分の懐具合と相談しましょう。

オイル交換をしないとこうなる…

エンジンの焼き付き

エンジンの焼き付きとは、エンジンオイルの管理不足に起因して、エンジン内部が摩擦熱等で変性や溶解して機能しなくなってしまう事です。長い間メンテナンスをされないまま酷使された原付などが良く引き起こしてしまう症状です。

エレメントの詰まり

エレメントが詰まってしまうと、当然、オイルはエレメントを通ることが出来ません。そのため、エレメントが詰まってくると、エレメントを通さない経路でオイルが循環するようになります。こうなるともちろんエレメントのろ過機能は意味をなしていませんので、早急にエレメントの交換をしないとエンジンを痛めてしまう原因になります。

高いオイルってどこが良いの?

エンジンオイルには実にさまざまな種類があり、価格帯も実に幅広くピンからキリまであります。
では一体、高いオイルと安いオイルにはどんな違いがあるのでしょうか?
一般的に、高いオイルは化学合成油であることが多いです。化学合成油は鉱物油に比べ製造コストがかかっているため価格設定が高めです。しかし、化学合成油は低粘度でありながらもしっかりと油膜を保ち続けられるように設計してあり、フリクションロスが少なかったりします。そのため、出力の向上や、燃費の改善に大きくつながります。
実際に、鉱物油と化学合成油を入れて乗り比べてみると、高回転域で化学合成油のほうが振動や騒音が少なく滑らかに回ることが体感できます。これは、オイルの粘度に起因するもので、柔らかければ柔らかいほど油膜の抵抗が小さくなり、フィーリングの良さは向上します。しかし、油膜が薄くなってしまっては潤滑性が損なわれてしまいますので、そう簡単にはいきません。これが、化学合成油が高い理由です。
また、軽自動車などの小排気量で高回転を常用する車の乗り心地改善にもつながります。

じゃあ、安いオイルはダメなの?

全合成油の良さばかりを強調してしまいましたが、では、鉱物油のベーシックなオイルはどうなのでしょうか?価格も全合成と比較して随分リーズナブルですが、安かろう悪かろうなのでしょうか。
そうではありません。
確かに、化学合成油のほうが性能面で優れていることは事実ですが、鉱物油を使用して問題があるわけでは全くないです。ですから、化学合成油の使用にメリットはあっても鉱物油の使用にデメリットはありません。「オイルが安価だから、こまめにオイル交換をすれば全合成油よりもエンジンにやさしいのではないか。」という考え方もあります。
近場でのチョイ乗りしかしないなど、あまりオイルにとっては好ましくないシビアな環境で乗る方や、高速走行やスポーツ走行などはせず、街中をゆったりしか走らないという方には、オイルの劣化の速さも考えて、安いオイルをこまめに変える事をおすすめします。