【アウトビアンキA112】現代に通ずる技術を確立した偉大なピッコロカー

“アウトビアンキ”って知ってますか。イタリアの小さな車を作るメーカーでした。今Eもうありませんが、かつては大ヒットを生み出したことがあるんです。その大ヒットこそが、今回ご紹介する“A112”です。今E、一部の大型車を除くほとんどが横置きエンジンのFFレイアウトですが、現代にまで通用する横置きFFスタイルを確立したEはこEA112と言っても過言ではありません。実に楽しくて良ぁEです。お楽しみ下さぁEE/p>

アウトビアンキA112とは

出典Ehttps://en.wikipedia.org/wiki/Autobianchi_A112

アウトビアンキA112をご存じの方からは“これじめEEいE”とぁE声が聞こえてきそぁEすが、これが発売当EEと言ってもE真E1971年式ですがEEこんなスタイルだったんです。日本で認知されてぁEのは“アバルト”が追加されてからのことで、もぁEし後E第4世代くらぁEらです、Ebr>アウトビアンキA112は、イタリア・アウトビアンキ社ぁE969年に発売した小型車です。なんともかわいらしぁEチEスですよね。EチEスタイルは3ドアハッチバチEのみで、フィアチE850の後期モチE用エンジンE直刁E気筒OHV903cc・42psEを搭載してぁEす。フィアチE850はRRレイアウトなのですが、このアウトビアンキA112ではエンジンをフロントに配置し、前輪を駁EするFFレイアウトを採用しました、Ebr>横置きエンジンのFFレイアウトを初めて量産車に採用したのはBMCミニだと言われてぁEすが、ミニE“イシゴニス式”と呼ばれるエンジンの下にトランスミッションをE置する形式で、現在のポピュラーなFFとは少し違いました。現代のエンジンとトランスミッションが横並びに配置される横置き形式E“ジアコーサ式”と呼ばれ、アウトビアンキA112はこEジアコーサ式Eの先駁E皁E在と言えます、Ebr>
アウトビアンキA112の諸允Ebr>全長EE,230mm
全幁EE,480mm
全高!E,360mm
ホイールベEスEE,038mm
重量EE70kg
エンジン形式:直刁E気筒OHV
排気量EE03cc
最高E力!E2ps
最大トルクEE.0kgm
トランスミッションEE速M/T

フィアチE850につぁEまとめた記事です、E/p>

アウトビアンキにつぁE

出典Ehttp://www.cycleexif.com/bianchi-super-leggera-specialissima

“アウトビアンキ”ってあまり聞きEれなぁE前ですよね。私世代は大好物なのですが...。それEさておき、アウトビアンキ社につぁE少し触れておきます。アウトビアンキEEutobianchi EE1955年EE992年の間に操業してぁEイタリアの自動車ブランドです。もともとは1899年に設立された自転車メーカー“ビアンキ”E自動車部門でした。ですが第二次世界大戦後経営不振に陥ったため、フィアチEとピレリの賁E援助を受けて“アウトビアンキ”として独立したE動車メーカーになりました、Ebr>フィアチE傘下となったアウトビアンキは、フィアチEブランドとして導Eする前に小型車E新しい技術を試すパイロチE・ブランドとぁE位置づけEブランドです。今回お話ししてぁEA112めEEY10はそE好例と言えます、E112はフィアチE127へ、Y10もフィアチEブランドへ引き継がれてぁEすし、Y10で初めて採用された“Ωサスペンション”E、後にフィアチE・パンダにも導EされてぁEす、Ebr>Y10に関しては、イタリア・フランス・日本を除ぁEはランチアブランドで販売されました。イタリア国冁EはアウトビアンキがフィアチEの1ブランドとして認知されてぁEためで、フランスも同様E扱ぁEす。日本では、A112のおかげでそれなりに認知されてぁEため、アウトビアンキの名前で販売しました、E10が生産終亁E、後継車“ランチア・イプシロン”に道を譲ると同時にアウトビアンキのブランドも消滁EたEでした、E/p>

出典Ehttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88%E3%83%93%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%BB%E3%83%93%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%8A

アウトビアンキ・ビアンキ-チE/p>

アウトビアンキY10の後継車、ランチアイプシロンの記事です、E/p>

A112 モチEの変E

アウトビアンキA112は、E9年にわたり生産されました。E部で8世代に刁EすることができますEで、それぞれ見てみましょぁE最初に紹介したE真とスペックが第1世代です、E971年に“A112E”が登場しました。これE第2世代以降“ElegantEエレガント)”と呼ばれるようになります。シートや冁EE豪華になってぁEのと、エンジン出力が47psまで引き上げられてぁEす、E/p>

第2世代 “アバルト”E登場

出典Ehttps://en.wikipedia.org/wiki/Autobianchi_A112

1973年に登場した第2世代モチEです。ちめEと雰囲気が変わりましたね。グリルのメチEュが大きくなったEと、EチEライトリムめEンパEがブラチEフィニッシュされてぁEす。これE樹脂製になったわけではなく、ライトリムはペイントでバンパEはラバEコーチEングです。EイールのチEインも変わりましたね。室冁EシートやダチEュボEドEチEインが変更されました、Ebr>こE年に“アバルト”E名前のグレードができました、E82cc・58psのエンジンとチェスパターンE日本流に言えE市松模様)E冁EE与えられました、E/p>

第3世代 アバルトパワーアチEEEE/h3>

出典Ehttps://en.wikipedia.org/wiki/Autobianchi_A112

1975年にチEューした3代目です。この写真ではわかりにくいのですが、CピラーにつぁEぁEエアアウトレチEグリルが大きくなったEと、E真がなくて申し訳なぁEEですがチEEルライトEチEインが変更されたEぁE代目と見Eけるポイントです。バンパEの形状がわずかに変更されてぁEすE、Ebr>アバルトには1,050ccの高性能エンジンが与えられました。最高E力E70psを誁Eます。反して排気ガス規制の合わせてエレガントEエンジンは45psに引き下げられました、E/p>

第4世代 新生A112

出典Ehttps://en.wikipedia.org/wiki/Autobianchi_A112

1977年に登場した4代目モチEです。このとき、“NuovaA112”と名付けられました。“Nouva”E英語で言ぁEころの“New”ですから、新しいA112とぁEことになりますE。さしずめ“新生A112”とぁEたところでしょぁE名前E通り、E刁Eイメージチェンジしましたね。バンパEめEイドモール、グリル回りが樹脂製になってぁEす。わかりにくいですが、ルーフラインが変更されて少し背が高くなってぁEすし、EチEサイドEプレスラインが、折れ目だけだったものがわずかに段付きになりました、Ebr>エレガントEエンジンぁE65ccに拡大されて48psになってぁEすが、スタンダードモチEは903ccのままです、E/p>

第5世代 ジュニアの登場

出典Ehttps://en.wikipedia.org/wiki/Autobianchi_A112

1979年には5代目がデビューしました。バンパEが大型化されて、フェンダーアーチとサイドEロチEターまで繋がったデザインになりました。フロントEーカーがバンパEの中に配置されてぁEす、EピラーのエアアウトレチEはさらに大型になってぁEす。また、スタンダードモチEを除ぁE5速M/Tが採用されました。この5速目はオーバEドライブ設定Eギアレシオで、楽に高速巡航ができるようになりました。スタンダードモチEの名前が“ジュニア”になりました、E/p>

第6世代 垢抜けたデザインに

出典Ehttps://en.wikipedia.org/wiki/Autobianchi_A112

1982年に登場した6代目です、E112をご存じの方は、このあたりから見EれたスタイルなのではなぁEしょぁE、EピラーのエアアウトレチEがリファインされて、EチEと同色にペイントされました。E体的にまとまりEある印象です。それもそEはず、このフェイスリフトを担当したEはピニンファリーナなのですから、E977年にBMCミニの高性能板“クーパES”E後継である E275GT”や“イノチェンチE1300”が生産終亁Eなったことで、そのあとを埋める小型ハイパEモチEとしてA112E特にアバルト)が脚E浴びた時代です。日本にめEAXEジャチEスEE手でが数多くが輸入されました、E/p>

第7世代 熟E朁E/h3>

出典Ehttps://en.wikipedia.org/wiki/Autobianchi_A112

7代目A112は1984年に登場しました。テールライトEチEインが変更されたEと、左右のチEEルライトをリフレクターパネルが繋いでぁEのが特徴です。これに合わせてリアのナンバEプレートE位置もバンパEへ移動してぁEす。アバルトにフロントフォグランプが付きました。他Eグレードではオプション設定です。さらにアバルトに赤色のシートEルトが与えられ、よりスポEチEチEの雰囲気が強くなりました。足回りでは、ジュニアはハブキャチEEのみ、アバルトEアロイホイール、その他EホイールカバEです。Eグレードが5速M/Tになりました、E/p>

出典Ehttps://en.wikipedia.org/wiki/Autobianchi_A112

第8世代 終焉

1985年にアウトビアンキY10がデビューすると、A112の役目は終亁Eました。在庫刁EEジュニアを“A112”として販売を続けましたが、それも1986年に終亁Eました、E9年間E総生産台数は1,254,178台とのことです、E/p>

乗りたいEE/h2>

かわぁEE 乗りたい!! とぁE人もいるかもしれませんね。私がミニ乗ってぁEころめE112オーナEと交流がありましたから、よくお借りして乗らせてもらぁEした。とっても楽しい車です。日本ではアバルトが人気でジュニアはあまり数がありませんが、ジュニアも面白ぁEです。本気で乗りたいのならお手伝いしますよ。まずE中古車サイトを覗いて見ましょぁE、E/p>

全国のEE12E中古車情報(1、E1件)はGoo-net(グーネッチE。価格・年式E走行距離からご希望の車を検索・見積りできます。中古車物件惁EぁE0丁EEE国のアウトビアンキ(EE1!Eの中古車検索・見積りなら日本最大級E中古車情報サイチEoo-netEE/p>

素晴らしぁEすE、E0年以上前とは言えさすがは人気モチEです。Eニアにまもられて存続してぁE個体が11台もありました。やはりほとんどがアバルトですE。ジュニアぁE台ありました。アバルトE允Eでキビキビしてて楽しいのですが、ジュニアのおっとりした感じも悪くなぁEすよ。街中をトコトコ走るEにはジュニアの方がお似合いかもしれません。さすがに鉁EンパEモチEはぁEぁEぁEす。よほどお好きな人が大刁E持ってぁEっしゃるかもしれませんね、E/p>

敁Eは大丈夫EE/h3>

出典Ehttp://ujita.co.jp/blog-works/2015/03/08/%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88%E3%83%93%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%ADa112%E3%81%8C%E5%8B%9D%E6%89%8B%E3%81%AB%E6%AD%A2%E3%81%BE%E3%82%8B%EF%BC%9F%EF%BC%9F%EF%BC%9F/

すでに30年以上が経過してぁEA112ですから、不安Eありますよね。イタリア車だぁE..。答えは“イエスE”です。とてもじめEりませんが“ノーメンチEンス”では乗れません。現代の車に比べたら、定期交換部品E多いですし定期点検箁Eもいくつかあります。でも言ぁEえれば、定期皁E気に掛けてあげれE大丈夫とぁEことでもあります、Ebr>簡単に書ぁEしまぁEしたが、よくも悪くも褁Eな制御をしてぁEせんから敁Eもシンプルなんです。症状に対して“原因がわからなぁEなんてことにはなりません。ほとんどのケースが点検を怠った結果だったりします。消耗品の交換時期を察して交換しておくか、使えなくなるまで乗ってしまぁEの違いです。オーナEになるために賁Eは、ズバリ“車と会話ができる”ことです。会話まで行かなくても、“車E声が聞ける”ことですE。“なんかぁEもと違うな”と気づけるかどぁEだと思います。難しく聞こえるかもしれませんが、意外とかんたんなことなんです、E/p>

パEチEE手に入る!E/h3>

気持ちはあっても部品が手に入らなければ治せません。そぁEんです。古ぁEE維持管琁E欠かせなぁEEが部品E入手ルートE確保です。でも安忁Eて下さぁEアウトビアンキA112は生まれ故郷とそE隣国でもとても人気が高く、いまでもたくさんEオーナEが存在します。そしてこEA112はフィアチE系列E車ですから、同じ部品を実にたくさんの車で共用してぁEす。つまり使われてぁE部品E市場がとても庁Eので、ほとんどすべての消耗品がE手可能です。ただし、外裁E品E入手しにくくなってぁEすから注意が忁Eです。代表皁E部品屋さんをご紹介しますE、E/p>

大阪府吹田市にあるセーリオではフィアチE500 126 アウトビアンキa112 パンダ等EパEチE中忁EフィアチE・ランチア系車種の部品を取り扱っておりまぁE/p>

カロチEェリア マチオヤジマEホEムペEジ。アバルトEフィアチE・ビアンキ等を中忁Eしたガレージ。各種欧州小型車、旧車等E販売、レストア、修琁Eどもお受けします。車検などもお気軽にご相諁Eださい、E/p>

アフターパEチE門通信販売サイト、「アフターパEチEco.jp」E自動車パーチE激安価格で全国通販してぁEす。E動車EアフターパEチEEアフターパEチEco.jpにお任せくださいEE/p>

純正部品、純正パEチEE輸入車パーチE売を行なっております、E/p>

A112アバルトEレストア

出典Ehttp://blog.livedoor.jp/abarth_machio/tag/%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%A2

A112きってのホットモチE“アバルト”。この人気E根強く、いまだにモータースポEチE使ってぁE人も少なくありません。でも、その素性めEに痛みが早ぁEEもまた事実なのです。やっかいなのはボディまわりです。もともと903cc・42psとぁE非力なエンジンを積Eつもりで設計してぁEすから、E0psもあるアバルトチューンエンジンを積Eのは想定外なんです。どぁEてもEチEの隁EE足回りアームの付け根など、やつれてぁEケースが多いですE。交換できる部品Eなんとでもなりますが、EチEは交換できませんE車両入れ替えになっちめEます)。とぁEことで、良ぁE態で乗り続けてあげるためにはレストアです、Ebr>こちらも得意な業老EんをピックアチEEしますEで、本気E方は相諁Eてみて下さぁEE/p>

µà¤ÁE«¤±¤¿¥¢¥¦¥ȥӥ¥󥭤˺Ҥ򡪥E¥ȥ¢À¸³è¤Υì¥ݡܥÁE/p>

最後にまとめE/h2>

ぁEがでしたか。イタリアンピッコロA112。素敵な車でしょE 私E、定番のアバルトよりも初期の鉁EンパEモチEに惹かれます。クルマに乗るのが楽しくて仕方がなかったあの頁E今もそうですがE、用もなく乗り歩ぁEぁEあE頁EよくA112と連なってぁEした。あー、また乗りたくなっちめEたなぁ、E/p>