【ダイハツミラシリーズ】可愛さ百点満点!低燃費で性能も優秀!

ダイハツの軽自動車の代表格であるミラシリーズ。ミラジーノのようにキュートなルックスで人気を稼得しているグレードや、燃費性能などの車としての性能向上で勝負しているミライースなど様々なミラがあります。どのミラも非常に人気が高く、ダイハツらしい軽自動車とは思えないほどの質感でユーザーを満足させてくれます。そんな、ミラシリーズの特徴や中古車情報を合わせてご紹介します!

ダイハツの代表格!ミラシリーズ!

販売終了後も高い人気を誇るミラジーノ

ダイハツから1999年に発売が開始され2004年に一度フルモデルチェンジが行われていますが2009年の生産終了を迎えるまでの10年間に渡って販売され続けてきたクラシックでキュートなデザインが特徴的な軽自動車です。乗車定員こそ4名に設定されてはいるものの基本的には2名乗車が想定されており、前席部の快適性が重視されています。全てのグレードにあると嬉しい照明付きのバニティミラーや全面UVカットガラスやエアコンの吹き出し口より除菌イオンを放出する機能など女性にとってあると嬉しい機能が充実しています。最近の軽自動車の傾向としましては、車内空間を広く確保する事に特化していますが、ミラジーノはルックスを重視しているモデルです。オールドミニクーパーにルックスは似ているので、オールドミニクーパーを購入したいけども故障などが多くて踏み出せない方やかわいい車に乗りたい女性から多くの支持を得ています。

ライバルはスズキアルト!

ミラのライバル車はスズキのアルトと言われています。ミラとアルトは非常に似ていますが、一言で二台の違いを現しますとミラノ方が全体的に質感が高く仕上がっており、あるといいなと思う機能がついているのがアルトであると言えます。ミラは他メーカーと比較しましても車体価格の割には非常に質感が高く仕上がっていますし、室内空間が非常に広く確保されていますし、男性野方が乗っていてもおしゃれな印象さえ与えてくれるデザインが特徴的です。その一方であるとは非常に作り込まれた車でシート等も疲れにくい形状になっていますので長距離ドライブでも軽自動車特有の疲れを感じる事は非常に少ないです。車の耐久性ですが、アルトはイグニションコイルやクランクセンサー等が弱い様ですが、修理は比較的簡単な箇所になります。ダイハツの車両は年数が経過しますと、消耗部品が著しく故障し始める事がありますので長年乗るつもりの方は、こまめにメンテナンスをする必要があります。ダイハツは比較的モデルチェンジのスパンが短く、先進技術を積極的に車に取り入れていく傾向がありますので、新しいもの好きな方にとってはもってこいの車ですが、初期生産ロッドには稀に不具合を起こしてしまう車両もありますし、モデルチェンジの間隔が早いが故に、つい最近まで現行車だった車が既に型落ち車両になってしまうなんて事もあります。ですが、スズキは比較的モデルチェンジを積極的に行っておらずに、ロングセラーを記録している車両が多いですし、ファンも非常に多いです。アルトとミラに大きな差こそありませんが、どちらが好きかで選ぶべき二台です。

ムーブとミライースの違いをご紹介!

ムーブはジャンルで分けますと軽ワゴンと呼ばれる種類に分ける事ができます。ワゴンと名がつくので非常に背丈が高く居住性に優れている軽自動車です。ミライースは一般的な軽自動車であり、ムーブとは対極的な背の低いロールーフタイプの車であり、これぞまさに軽自動車と言える車です。この二台の違いですが、まず最初に挙げられるのが車両価格です。ミライースは100万円前後で購入が可能ですし、ムーブになりますと130万円から購入する事ができます。気になる燃費性能ですが、ミライースは1リッターあたりの走行可能距離が35.2km/lでムーブは30km/lとそこまで大きな差こそありません。税金などの車を維持する上での絶対的にかかってしまう必要経費ですが両者共に軽自動車ですので特別な差はなく維持する事ができます。

車内の広さはムーブの勝ち!

車内空間の広さを考えた際に、ムーブの方が広いので後部座席も友好的に使う事ができますし、荷物も多く載せる事ができますので、2名以上の乗車が多い方はムーブを選択するのがベターです。荷物を多く載せると一言に言いましても軽自動車ですから引越しなどに使える程は荷物を積む事ができません。ムーブの方が車内空間や使い勝手を考えますと優れていますが、使用用途や目的を考えた際にミライースで満足できる方が多い様です。

機能について

ダイハツにはスマートアシスト機能と呼ばれる先進機能が装備されています。この装備は低速走行時の衝突事故を回避してくれる機能です。ミライースにもこのスマートアシスト機能が装備されているグレードが設定されており約100万円ほどの金額で購入する事が可能です。ムーブには標準装備となっています。ミライースは上のグレードを選択すればサイドエアバッグも装備することができますので安全性に非常に優れています。この先進機能の面では、車両本体価格が低く設定されているにも関わらず、必要な装備がしっかりと揃っているミライースが非常にお得感があります。しかし、車両本体価格が高価なムーブには装備されていて当然と思ってしまう方も多い様です。

レトロクラシックで最強に可愛い!ミラジーノ

ミラジーノは5代目ミラより追加されたグレードで4代目に設定されていたミラ・クラシックの後継型として発売されています。特徴的なクラシカルなルックスと丸目のヘッドライトが多くの女性から支持を得ていておしゃれな車の代表格として周知されています。初代ジーノはダイハツより1963年〜1969年まで発売されていたコンパーノをコンセプトにされています。
エンジンにはミラシリーズ伝統のEV-VE型の3気筒DOHC12バルブが、ノーマルグレードであるジーノに搭載されており、スポーツグレードにはEF-DET型の3気筒DOHC12バルブにインタークーラー付きのターボが組み合わされたエンジンが搭載されています。組み合わさるトランスミッションは5MT、4AT、3ATが設定されており二輪駆動とジーノターボの四輪駆動車には5MTと4ATが設定されています。ノーマルグレードであるジーノの四輪駆動車には5MTと3ATが設定されています。ミラとの大きな違いはそのルックスは勿論ですが内装デザインも異なりジーノには木目調パネルやクラシカルなシートが設定されています。

2代目モデルチェンジ

ミラジーノは二代目にフルモデルチェンジが行われています。初代はミラがベース車両となって開発されていましたが、ボディ共用をせずにオリジナルで開発され形式も独立したものへとなっています。従来のミラよりもラゲッジルームは拡大されており、新たな上質感にクラシックでありながらもモダンな雰囲気を融合させた車となっています。外装は引き続きクラシックなデザインを継承していながらも、内装デザインはかなり上品な仕上がりになっています。クラシックなデザインのポイントともなるのが起き上がったAピラーに寝かせられたCピラーです。この事で全体的に丸みを帯びたフォルムになっておりサイドビューも非常に美しく見えるように仕上がっています。このデザインゆえに前部座席は乗り降りしやすいですが、後部座席は天井が低いので少々乗り降りがしずらいです。エンジンはEF-VE型が採用されており4ATのトランスミッションが組み合わされています。燃費基準もしっかりとクリアしていますので環境にも配慮した車に仕上がっています。

燃費

カタログ燃費数値だけ見ますと燃費性能は16km/l~23km/lとなっています。比較的、ATよりもMTの方が、四輪駆動車よりも二輪駆動車の方が燃費性能が優れているようです。ミラジーノは既に販売終了になってしまっているので中古車で購入するしか手立てがありませんが、しっかりと見極めないと中古車で購入したはいいが思っているよりも燃費が悪いなんて事も多いようですので、中古車選びの際はしっかりと車両の見極めを行いましょう。

燃費向上のコツ

ミラジーノの燃費性能を少しでもよくする為の運転方法をご紹介します。シフト操作は高回転まで回さずに、低回転域でのシフトアップ操作を心がけましょう。そして、アクセルとブレーキ操作は優しく行ってあげる事で大幅に燃費性能は向上します。AT車よりもMT車の方が燃費性能が優れている傾向にありますが、年々MT車のラインナップは減少傾向にあり貴重な存在になってきています。ミラジーノにはMTの設定がありますので、燃費性能を意識している方にはMTがおすすめです。車の燃費性能を大きく左右する空気抵抗は車速の約二乗の抵抗を受けているとの事です。スピードを出して走行すればその分早く目的地にたどり着く事はできますが、燃費性能を犠牲にしてしまいます。交通安全を守る事からも法定速度はしっかり守り、スピードは可能な限りで抑えて走行する事をおすすめします。

中古車

中古車は基本的に年式の古い車両ほど価格が落ち着いており買い求めやすくなっています。2003年以前の車両ですと中古車価格で10万円を切っているような車両も多いですが、2007年あたりの車両ですと中古車価格は100万円ほどする車両も多いです。2004年以降に製造された二代目ミラジーノは中古車市場でも比較的高値で流通しています。

ミラジーノの中古車購入のチェックポイント!

ミラジーノを中古車で購入する際に注意したいポイントをご紹介します。一つ目はオルタネーターです。自動車の発電機であるオルタネーターはミラジーノの場合、エンジンオイルがかかってしまう場所に設置されているので、トラブルを引き起こしやすいのです。オルタネーターにエンジンオイルがかかってしまいますと発電不良の原因などに繋がってしまいます。発電不良を引き起こしてしまいますと、バッテリーに電気を送る事が不可能になってしまうので電気を使い切ってしまいますとエンジンストップしたり、キーを回してもなにも反応せずに一瞬にして不動車になってしまう可能性があります。なので、一度ボンネットをあけてオルタネーターにオイルがかかって様な跡がないかを確認する事をおすすめします。内装ですがミラジーノはシートの座面が少しひび割れしやすく、運転席側がダメージを抱えている車両が比較的多いようです。ダメージを負っていても補修できる範囲内なら問題ありませんし、大きなダメージでもシートカバーを装着することで目隠しする事が可能です。最後のポイントは、ウィンカーレンズのパッキンの劣化が早く水が入り込んでしまい結露を引き起こしてしまうようです。車両を見に行った際に確認できれば一番いいのですが、もし購入後にこの症状が出てしまっても、大体がパッキンのみの交換で済みますので部品代も安く済みますのでそこまで心配する必要はありませんが、確認ポイントとして抑えておきましょう。

ミライース

ミラをベース車両として開発された5ドアのハッチバック軽乗用車であるミライース。エッセの販売終了と同時にミライースが発売されており、商用モデルの発売はされていません。低価格でありながらも、環境性能をしっかりと意識した第三のエコカーとして開発されており、車両全体の構造を見直した事で従来と比較して40%もの燃費性能の向上を実現しています。軽自動車のジャンルでは燃費性能では向かう所敵なしとなっており、伝統のミラの名前に恥じない仕上がりになっています。ミラの信頼性、低価格、優れた燃費性能の三拍子が揃っている事からも売れ筋車になっています。

燃費

ミライースはマイナーチェンジを迎えて大幅にエンジンの改良を行い燃費性能の向上を行っています。1リッターあたりの走行可能距離は二輪駆動車で35.2km/l、四輪駆動車で32.2km/lと軽自動車でもトップクラスの燃費性能を実現しています。デビュー当初でも30.0km/lの燃費性能は衝撃を与えましたが、更に15%以上も向上してくる辺りから、軽自動車にかけているダイハツの本気を感じ取る事ができます。

中古車

中古車価格は年式によって左右されますが、ミライースは比較的高値が設定されている傾向にあります。平均相場価格は79万と軽中古車にしてはなかなかの高価格です。これはミライースの低燃費性能をユーザーにアピールする事ができ、新車車両価格も比較的低価格に設定されていた事もあり、発売から約1年半もの期間、軽自動車の新車登録台数1位の座を獲得し続け高い人気を得た事が理由とされています。好調な販売を行う事ができたので、発売から約四年と短い期間ですが、中古車市場も多くの台数が流通しています。設定グレードも11種類と豊富にあり、上級グレードになりますと先進装備である衝突回避支援システムであるスマアシが装備されています。上級グレードでも、距離数や年式次第では低価格での購入が十分に可能なのが中古車の魅力でもあります。

チェックポイント

ミライースの中古車購入時のチェックポイントをご紹介します。インターネットや雑誌などで気になる車両を見つけたら実車を確認しに行きますよね、その時にはまず、ボディの状態をよく見ましょう。変色やサイド部分に凹みなどがないか入念に確認します。事故や修復歴がない車両でもサイド部分にはドアパンチ跡などが残っている車両がおおいのでしっかりと確認しておく必要があります。次に内装を確認していきますが汚れやニオイがないかの確認をします。可能であればエンジンをかけてエアコンを作動させましょう。喫煙車であった場合はエアコンにニオイが残っている事が非常に多いです。他にも電動格納ミラーなどの電気系統の動作確認もしっかりと行いましょう。そして、何よりも車の履歴を確認しましょう。履歴というのは整備履歴や点検履歴です。前オーナーがしっかりと定期的にメンテナンスを行っていた車両でしたら購入後も故障の不安は少ないですが、乗りっぱなしだった可能性がある車両は極力避ける事をおすすめします。エンジンをかけた際に、アイドリングが不安定だったり白煙をあげてしまう車両はエンジン系統が不安ですので他の車両を探す事をおすすめします。

中古車だって値引き交渉をしましょう!

中古車購入だって十分に値引きを期待する事ができます。同じ条件の車両を何台か探してそれぞれの中古車屋で見積もりを出してもらいましょう。その見積もりを比較し、条件の良い車両を選べばいいですし、他社見積もりで値引き交渉をするのもおすすめです。大きな買い物をするので、交渉しないのはもったいないです。車両の状態などをよく見て、ダメージなどを発見しましたらそれを交渉材料にするのも一つの手段です。また、現在乗っている車を下取りに入れて価格交渉したり、思ったような下取り金額がつかなかった場合には自分で買い取り業車を探してみるのも、中古車をお得に購入する手段です。

ボディを細かくチェック!

いいと思った車両を見つけましたら、ボディの状態を細かく確認しましょう。ボディに凹みなどのダメージを発見しましたら、それを交渉材料するのも手段です。販売店にもよりますが、値引きを行ってくれたり無料で修理してくれる場合が多いです見えるところにダメージがなくても、意外とフロントバンパー下部などにダメージがある車両が多いです。

降雪地域にお住いの方は!

冬場になるとどうしても必要になるのがスタッドレスタイヤです。スタッドレスタイヤは以外といい値段がしますので、お持ちでない方はセットにしてくれないかの交渉を行いましょう。スタッドレスタイヤの交渉が成立すれば、現金値引きでなくても10万円近い節約につながります。これは、交渉しないよりも絶対的に交渉しておいた方がいいので積極的に交渉する事をおすすめします。

カスタムで軽自動車を楽しむ!

ミラシリーズは中古車市場にも多く車体が流通していることからもカスタムベースとして選ばれることが多いです。燃費性能が優れているので維持費も安いですし、多くのメーカーからもアフターパーツが多くラインナップされていますので組み合わせることで個性を発揮することができます。そんな、ミラのカスタムですが日本国内でも行っている方は非常に多いですが、海外のカスタムシーンでも活躍しています。ここでは、そんなミラのおすすめカスタムパーツをご紹介します!

車高調

ミラをカスタムする上でやはり一番に手を入れたくなるのが車高です。車高を落とす際のやり方としましては何種類か方法がありますが、その中でも代表的な車高調をご紹介します。車高調を装着するメリットとしましては車高を季節によって調節する事ができますし、減衰設定のある車高調を選べば乗り心地の細かいフィーリング設定が可能となっています。取り付け工賃もサスペンションを丸ごと交換ですので、意外と安く済む事が多いです。

LEON レオン 低王車高調整キットダイハツ ミラジーノ(ミラ) L700S(V) VIZ-DCSPNDH03-90003

¥86,184

販売サイトへ

ダウンサス

車高を落とす際の手法として車高調と並んで選ばれるのがダウンサスの装着です。ダウンサスとはショックを一度ばらし、純正のサスペンションをショートストロークタイプの物に変更する手法です。メリットとしましては車高調よりもかなり安く部品の調達が可能になっています。ですが、車高調の様に自由に高さを設定する事ができませんので、もう少し低ければや高ければの細かい融通がききません。工賃はサスペンションを取り外してバラして組み替える必要がありますので場合によりますが、車高調よりも高額になる場合があります。

【タナベ(TANABE)】 ダイハツ ミラ L700S DF210ダウンサス L700SDK

¥11,060

販売サイトへ

マフラー

ミラにはターボの設定もあるので、吸排気系のパーツも人気となっていてマフラーを交換される方が多いです。マフラーを交換する事で、抜けがよくなり加速性能の向上が期待できますし、なによりもレーシーなサウンドを奏でてくれますので運転していて、その気にさせてくれるパーツです。マフラーも多くのメーカーからラインナップされていますので好みの音を聞き分けて購入する事をおすすめします。取り付け工賃ですが、サイレンサーのみの交換ですと比較的安上がりに済みますし、DIYでの交換作業も十分に可能です。

WirusWinダイハツ ミラ 用 レーシングマフラー ( L700V・L700S・L710V・L7

¥12,960

販売サイトへ

タイヤホイール

車をカスタムする際に、足下を交換すると車が様変わりすると言われています。ミラも例外ではありませんが、他の車種によく見受けられる大口径ホイールの装着等のインチアップカスタムはあまり行われていないようです。ホイールサイズはそのままに、深リムタイプのホイールなどが用いられているカスタムが多いようです。どちらかと言いますと、旧車系カスタムが旬な様です。

【中古ホイール】【送料無料】4本セット  ワタナベ RS-8 16x7.0 25 114.3-5穴 4本 中古アルミホイール

販売サイトへ

シートカバー

キュートでかわいいミラを更にかわいい車に仕上げましょう。また、中古車で購入した場合等でシートが汚れてしまっている場合等はシートカバーの装着をおすすめします。装着する事で車内空間の印象は大幅に変わりますし、まるで新しいシートを取り付けたかのような気分になります。装着は少々大変ですのでできるだけ、車屋さんにお願いする事をおすすめしますが、DIYで取り付ける場合は一人で行わずに二人程で作業を行うと取り付けやすいです。

L700系 ミラジーノ シートカバー 中期~後期モデル用(ブラウン)SKR

¥29,000

販売サイトへ

ライトバイザー

キュートなルックスが特徴的なミラジーノのルックスを個性的にかわいく返信させる為のパーツとして非常に有力的なのがライトバイザーです。ヘッドライトに装着する事で、更にかわいさが倍増します。バイクにもピヨピヨなどの愛称で装着されるパーツです。

BRIGHTZ 【BRIGHTZ ミラジーノ L700系 超鏡面ステンレスメッキヘッドライトバイザー】 5227

¥10,652

販売サイトへ

中古車を安くお得に購入する方法!

ミラは現在、生産終了していますので購入しようと思うと中古車で購入するしか選択肢がありません。中古車で購入する場合はやはり、少しでも安く状態のいい車両を選びたい物です。その為には、慎重な中古車選びが必要になってきますので、中古車選びのポイントをご紹介します!

インターネットで在庫車両をチェック!

いきなりお店に足を運ぶのではなく、事前にインターネットで希望の条件に合うミラを探して相場を把握しておく必要があります。インターネットで見ている際に、気になる車両が近くの販売店にありましたら足を運べばいいのでまずは、在庫チェックと価格相場の把握を行いましょう。

中古車屋巡り!

車両状態も勿論大切なのですが、車屋さんとの付き合いも非常に大切になってきます。実際に足を運んでセールスの方と話してみる事が大切です。話していく上で気が合いそうだったり、想像以上に親身に対応してくれる店舗からの購入を考えましょう。車は購入して終わりではなく、購入してから付き合いが始まるので慎重に見極めましょう!

少しでも安く押さえたい場合は個人売買!

最近ではインターネットオークションも普及しており、個人でも自動車の売買を行っている方が非常に増えています。少しでも安く押さえたい時はインターネットオークションで購入する事をおすすめします。中間業者が介入しておらず直接取引になりますので、マージンなどが発生する事がないです。しかし、しっかりと車両確認できる距離の出品者なのかを確認してから取引を始める事をおすすめします。いくら安いと言っても、日々の生活を共にする車ですので、少しでも状態が良く長くつきあえる車を見つけましょう!

簡単な手続きは自分で!

中古車を購入する際に、店頭で表示されている金額に諸経費が加算された際に想像以上の金額になって足踏みしたなんて経験は多くの方があると思います。見積書をよくよく見てみると諸経費の欄で金額がかさんでいるケースが殆どであると思いますが、この諸経費は自分で行う事で大幅にコストダウンする事ができます。車庫証明や名義変更等の簡単な手続きの場合は、少し調べれば誰でもできるので時間が確保できる方は自分で行う事をおすすめします。

綺麗なミラに乗り続けたい!

ミラを中古車で購入する方は多いかと思います。特に、人気のあるミラジーノは生産が終了している事からも中古車での購入以外選択肢がないです。そこで、中古車で購入しても綺麗なミラに乗る方法はボディを磨き上げる事です。ただ、洗車をこまめに行えばいいわけではありません。更なる深みのある艶を生む為の方法をご紹介します。

軽研磨でボディをリフレッシュ!

ボディについてしまった小傷や日差しによるクリア層のダメージは、コンパウンドを用いた軽研磨を行う事で多くのボディがリフレッシュ可能となっています。コンパウンドには小傷等の隙間に入り込む成分と、表面を慣らす為の研磨剤の様な働きをしてくれます。軽研磨を行う事で多くのボディは蘇りますので一度試してみる価値はあります。

コーティングを施行する!

軽研磨を行ってボディの状態を整えたら、コーティングを施行する事でボディは更に輝いて、持続性が増します。コーティングと言っても業者に施行を依頼する本格的な物から、自分で洗車ついでに行う簡易的な物まで様々あります。勿論、プロに依頼すれば最高の仕上がりになるのですが予算的にも高価ですので自身で施行するタイプの物が人気の様です。コーティングにも撥水系や親水系などの種類がありますので、ご自身の好みにあったコーティングを選びましょう。

こまめに洗車をして綺麗なボディを保ちましょう!

ボディが汚れてしまったら、こまめに洗車をして汚れを落としましょう。一度、ボディに付着してしまった汚れは早めに落とさないとボディにダメージを与える原因になってしまいます。ですので、こまめに洗車をして汚れていないボディを維持する事が綺麗な車の状態を保つ秘訣です。洗車を行う際は、スポンジでゴシゴシと磨き上げるのではなく、大量の水を使って汚れを落とす事を心がけましょう。水分の量が足りないと、洗車傷などを作ってしまい逆にボディを痛めてしまう原因になってしまいます。

まとめ

ダイハツを代表する車であるミラシリーズは、今では日本の軽自動車界を代表すると言っても過言ではない軽自動車です。燃費性能も非常に良く、軽自動車の中でもトップクラスの燃費性能を誇っているのでランニングコストも安く済みますし、免税対象になっているモデルがあるのも大きな魅力の一つです。そんなミラシリーズは今でもその名を継承しているモデルが販売され続けており、進化が止まりません。軽自動車にこだわるダイハツの超自信作でもあるミラシリーズ。一度乗ってみると、他の軽自動車には乗れなくなってしまう。そんな軽自動車を一度味わってみてください!