【ダイハツ シャレード】隠れホットハッチはMRモデルも存在した?

和製「ルノーサンク」ともいえるMR方式を採用したホットモデルも存在した「ダイハツ シャレード」は隠れた名車と言えるモデルです。ただの買い物カーとは一線を画したモデルが存在した「シャレード」の魅力に迫ってみたいと思います。

【ダイハツ シャレード】

「シャレード(Charade)」は、ダイハツ工業が生産していた、前輪駆動(FF駆動)のコンパクトカーで、一時期は、「デ・トマソ」によりチューンされたハイパフォーマンスモデルもありました。

1thモデル(G10型 1977年-1983年)

1thモデルは、1977年11月にデビューしています。
当時、ヨーロッパでは、駆動方式をFF化に改めたコンパクトカーが流行りはじめており、それに追従する形でFF駆動方式を採用していました。
ボディパッケージは、フロントに横置き搭載された「1.0L 直列3気筒(CB型)」エンジンを搭載し、2ボックスのボディでありながら、広い室内空間とFF駆動レイアウトのパッケージングでした。
ボディタイプは、5ドアハッチバックと3ドアクーペ(厳密には3ドアハッチバック)の2タイプでした。

コンパクトカーのSTDを作り出した「シャレード」

「ダイハツ社」では1.0Lクラスのコンパクトなエンジンに適切なシリンダーの配置を検討した結果、直列4気筒より短くなり、シリンダー1気筒当たりの容量もガソリンエンジンとして特に条件の良い300ccとなる、4ストローク3気筒が最適との結論になったようです。それで直列3気筒独特の偶力振動抑制対策のためにクランクシャフトと並行配置で駆動されるバランサーシャフトを付加することで振動問題をクリアすることができました。
横置きエンジンの前輪駆動車に搭載しやすい特性は、1980年代以降は1.0L以下のクラスのベーシックカー用エンジンとして広く用いられるようになり、「シャレード」は先駆的なモデルとなったのです。
また省エネブームによって、軽自動車と大差のない車両価格、その価値以上の動力・燃費性能を伴っていたことから「シャレード」は市場で好評となりました。

「シャレード・デ・トマソ(シャレード・ターボ)」

1981年の第24回東京モーターショーでは、参考出品モデルとして、3ドアクーペをベースとした「シャレード・デ・トマソ(シャレード・ターボ)」が展示されました。
「ダイハツ社」とエンジン供給契約を結んだ「デ・トマソ社」のチューンによって、「デ・トマソエンブレム」付きオリジナルフロントグリル、ボンネットにはエアスクープ、空力性能が図られたドアミラー、リアスポイラー、FRP製とウレタン製の追加エアロで丸型ピラーウィンドウをなくしていました。またエンジンのカムカバーは赤の結晶塗装、内装は赤と黒をベースのサイド部分のレザーシート、4本スポーク革巻ステアリング、オリジナルシフトノブが装備されたホットモデルでした。

1thモデルのMC

1978年9月に、3ドアハッチバック(クーペ)モデルを追加しています。1979年9月のマイナーチェンジで「ダイハツ」の「D」マークエンブレムがグリル中央に移動され、グリルデザインが縦線基調になりました。搭載エンジンは「CB-31型(60PS/5,600rpm)」に変更となっています。1980年10月のマイナーチェンジでは、ヘッドライトが角型2灯式、リアコンビネーションランプを上下横一線のデザインに変更されました。また2速ATと「CB-32型」エンジンの組み合わせで追加モデルが登場しました。1981年9月のマイナーチェンジでは、内外装を変更しセダンモデルにサンルーフとツートンカラーのスポーティモデルグレード「XD」を追加し「XO」「クーペ XGL」が廃止となりました。

2thモデル(G11型 1983-1987年)

1983年1月に2thモデルがデビューしています。ボディとしては全高が高められて、室内空間が向上したパッケージングとなりました。
このモデルで注目できることは、乗用車用量産エンジンとしては、当時での世界最小排気量を実現したディーゼルエンジン「(渦流式燃焼室、水冷直列3気筒 SOHC(CL型)を搭載したモデルが登場したことです。「CL型」ディーゼルエンジンは、既存モデルの3気筒ガソリンエンジンをベースに開発されたもので、偶力振動に加えて独特のディーゼルノックは避けられず、バランサーシャフトがあってもなお振動・騒音は大きく激しいものでした。しかし、広告コピーのおかげで販売は上々でした。広告コピーは「凄いビートだぜ、Rock'n ディーゼル」というもので、当時のディーゼルモデルの振動・騒音を逆手に取ったものでした。ディーゼルターボモデルは出力面で自然吸気ガソリンエンジンモデル並みの50PS超の性能を達成していました。また「ターボ」「シャレード・デ・トマソ・ターボ」「1.0L ディーゼルターボ」も存在し、ターボモデルは、「猫科のターボ」のキャッチフレーズで発売されており人気を博しました。
このシャレードの軽快な走りを支えた3気筒エンジンは、当時、「デ・トマソ」傘下にあった、「イノチェンティ・ミニ」のエンジンとしても供給されおり、これを機会に「シャレード」の「デ・トマソ仕様モデル」が生まれました。

「シャレード・デ・トマソ(シャレード・ターボ)」主要諸元

エンジン:993cc 水冷 直列3気筒 OHC 6バルブ(CB32型) IHI B5型ターボチャージャー付
最高出力:75PS/5,500rpm
最大トルク:10.5kgm/4,000rpm
トランスミッション:5速MT
駆動方式:FF
サスペンション:F ストラット R 5リンク固定(12mmリアスタビライザー付)
ブレーキ:F ディスク R リーディング・トレーディング
タイヤ:ピレリ製「P6」
タイヤサイズ:F 175/60R13・76H R 175/60R13・76H
ホイール:F 5.5J×13 R 5.5J×13 オフセット15「カンパニョーロ(マグネシウム製)」
全長:3,525mm
全幅:1,575mm
全高:1,330mm
ホイールベース:2,300mm
トレッド:F 1,310mm R 1,290mm
車両重量:690kg
パワーウェイトレシオ:9.2kg/PS
乗車定員:5名
0-400m加速:16.7秒(2名乗車時)
スアリング型式:ラック&ピニオン方式
インパネ:ノーマル仕様ながら時計部分は、ブーストメーター装備
ヘッドランプ:角型異形ハロゲンライト(イノチェンティと共用)

「926ターボ(G26)」

1984年10月には「926ターボ」が発表されました。このモデルは、グループBのホモロゲーションに合致させた「ラリー用」ベース車両でした。1.3L以下クラスの範囲内となるように993ccの排気量を926ccまで下げ、チューニングしたモデルです。「CE型」と呼ばれるエンジンの最大出力は、76PS/5,500rpmでした。生産台数は200台です。

「デ・トマソ926R」

和製「ルノー サンク」とも言われクルマファンの心に衝撃を与え、話題となった「デ・トマソ 926R」は、「926ターボ」のパワートレインをDOHC12バルブ化し、シャレードのミッドに横置き搭載したコンセプトモデルです。FF駆動からRWDへの変更と、ワイドトレッドとなった足回りは大型のブリスターフェンダー、エアインテークによって武装され、過激なモデルでした。1985年の第26回東京モーターショーに出品されるものの「デ・トマソ 926R」は生産はされていません。

「デ・トマソ 926R」主要諸元

エンジン:926cc 水冷 直列3気筒 DOHC 12バルブ ターボチャージャー付
最高出力:120PS/6,500rpm
最大トルク:15.0kgm/3,500rpm
トランスミッション:5速MT
駆動方式:MR
サスペンション:F/R ダブルウィッシュボーン
全長:3,850mm
全幅:1,640mm
全高:1,360mm
ホイールベース:2,320mm
トレッド:F 1,380mm R 1,410mm
車両重量:800kg
乗車定員:2名
タイヤ:ピレリ製「P700」
タイヤサイズ:F 205/50VR15 R 225/50VR15
ホイール:F 6J×15 R 7J×15「カンパニョーロ(マグネシウム製)」
マフラー:アンサ デュアルエキゾースト
ステアリングホイール:モモ製本革巻きステアリングホイール
メーター:ベリア製「独立丸型 メイン2眼サブ6眼」
フォグランプ:キャレロ製
ドアミラー:ビタローニ製
ホーン:フィアム製エアホーン

3thモデル(G100型 1987年-1993年)

1987年1月に3thモデルが登場しています。このモデルのエクステリアデザインは、ラテン風の洒落たスタイリングを採用したことです。ルーフ後半が下がったラインを描いたスタイルは、これまでのコンパクトカーでは類をみない斬新なものでした。4年後に登場する「ルノー・クリオ(日本名:ルーテシア)」にも同じようなデザインがみられ先駆けとなるデザインを採用していました。ボディは3ドアと5ドアでリアのオーバーハングを伸ばしトランクを設けた、4ドアの「ソシアル」も追加されています。また3thモデルより、ホイールのP.C.D.がこれまでの110.0mmから100.0mmに変更されています。
搭載エンジンは、「1.0L 3気筒(CB型)」の「SOHC 6バルブ・シングルキャブレター仕様」と「SOHC 6バルブ ターボ キャブレター仕様」「DOHC 12バルブ インタークーラーターボ」「NA(CB型)」「ターボディーゼル」「1.3L 4気筒(HC型)」の「SOHC 16バルブ EFI」 が追加されています。また、「フルタイム4WD」モデルも追加されました。

3thモデルのMC

1988年2月に1.3Lモデルと4WDモデルが追加されています。これによってガソリン仕様の「1.0L SOHCターボ」は廃止となっています。「1.0L DOHCターボ」のグレード名を「GTti」から「GT-XX」に変更し、リヤシートの形状を変更し乗車定員を5人へ変更しています。1989年2月のマイナーチェンジでは、バンパー大型化が施されています。4月には、4ドアセダンモデル「シャレード・ソシアル」が追加となりました。エンジンは、「1.3L 電子制御シングルキャブ仕様」で前輪駆動のみの設定でした。1991年1月にもマイナーチェンジが行なわれ、1.3LモデルはEFIに変更されました。

モータースポーツ

このモデルは、モータースポーツに積極的に参加し、1993年のWRC(世界ラリー選手権)サファリ・ラリーで、「2.0L ターボ」4WDシステムのセリカ勢に続く総合5,6位の成績を残しています。

4thモデル(G200型 1993年-2000年)

4thモデルは、1993年1月にデビューしています。車体が大型化し1.0Lエンジン搭載モデルは廃止されました。エンジンは「HC型 1.3L/91PS」のみになりました。またインテリアの質感は高く、装備品とメカニズムは充実したモデルとなりました。「1.3L NA」モデルに電子制御の4速AT「ESAT」が組み合わされていました。8月には、1,500ccの「HE型 1.5L/97PS」モデルとこのエンジンを搭載したフルタイム4WDモデルが追加されました。また「デ・トマソ」モデル「HD型 1.6L SOHC」を搭載が発表されました。1994年5月に4ドアセダンの「ソシアル」が復活しました。1995年11月のマイナーチェンジでフロントフェイスが変更され、若干全長が伸びています。1996年8月には、「シャレード ソシアル」をベースに、ワゴン仕様の「パイザー」が登場しています。

1998年1月に後継車となる「ストーリア」が登場した後も継続生産されましたが、2000年5月に国内向け生産を終了しています。

4thモデル「シャレード・デ・トマソ」主要諸元

エンジン:1,589cc 水冷 直列4気筒 OHC 16バルブ(HD-EG型)
最高出力:125PS/6,300rpm
最大トルク:14.7kgm/4,000rpm
トランスミッション:5速MT
駆動方式:FF
サスペンション:F/R マクファーソンストラット/コイル
ブレーキ:F ベンチレーテッドディスク R ディスク
タイヤサイズ:F/R 185/60R14・82H
全長:3,760mm
全幅:1,650mm
全高:1,420mm
ホイールベース:2,395mm
トレッド:F 1,385mm R 1,390mm
車両重量:920kg
乗車定員:5名

まとめ

「ダイハツ シャレード」はFF駆動のコンパクト・ホットモデルの先駆的な存在といえます。実現はしなかったものの「デ・トマソ926R」などのスペシャルモデルなど、当時のクルマファンの心に衝撃を与えたモデルも存在し隠れた名車と言えるでしょう。