モテ過ぎ注意!女の子が助手席に乗ってみたい車とは?

男の憧れといえば、やっぱりクルマ! 彼女ができたら、ぜひ助手席に座って自分の運転を「キャ~すごーい!」と横から言われてみたいものです。今回は、モテたい読者必見の、どんなクルマに乗ればモテるのか? というものを、いくつかご紹介します。

軽のオープンカーでオススメは ダイハツ コペン

コペン Cero

出典:https://copen.jp/product/cero

ビート、カプチーノ、AZ-1が惜しまれつつ姿を消した数年後に、彗星の如くデビューしたのがコペンです。ミラがベースになっているので駆動方式はFF。2014年にフルモデルチェンジし、さらに注目を集めています。
特にオススメなのはcero。丸型のヘッドライトが可愛らしく、女性ウケがとてもいい滑らかなフォルムです。ボディカラーも多彩で、どれを選んでもセンスが良くはずれがないと思います。
洗練されたインテリアも、きっと女の子の心をつかみ会話も弾むと思いますよ。

ルーフは電動開閉式となっていて、わずか20秒で開閉します。20秒間というのは実際には少し長く感じるかもしれませんが、手動でのオープン、クローズの手間や時間を考えたらかなりスピーディーでスマートだと思います。突然の雨にも困りません。

ルーフはラゲッジスペースに収納されますので、当然ながらオープン時は大きな荷物を積むことができません。ドライブデートの際は荷物の量にご注意を。

また、雨が降った後などルーフが乾く前にオープンにしてしまうと、ルーフについた水滴でラゲッジスペースが濡れてしまいます。彼女の荷物が濡れてしまうなんてことのないよう、気をつけましょう。

クロスオーバースタイルなら、トヨタ アクア

出典:http://toyota.jp/aqua/cp/stories/?adid=ag311_from.carnews&padid=ag311_from.carnews

ハイブリッド専用のトヨタ アクアですが、2014年12月のマイナーチェンジで追加された、クロスオーバースタイルの新グレードX-URBANがおすすめ。標準車より35mm車高が上がり、街乗りにもアウトドアにもぴったりなアクティブなイメージ。世界トップレベルの低燃費(2014年12月発売時)なのも嬉しいポイントです。
気取らず、カジュアルな印象を持つ女性は多いと思います。
それぞれ14色から選べるベースのボディカラーとパーツカラーの組み合わせで、彼女に「センスある!」と言われてみたいですね。

セダンならコレ。トヨタ「クラウン アスリート」

コンパクトカーもいいけど、セダンも女性は大好きですよ!

出典:http://toyota.jp/crownathlete/style/style/

国産車でモテるセダンはやっぱりクラウン! トヨタを代表する高級セダンですよね。
その中でも「アスリート」は特に女性にカッコいいといわれるクルマです。

特に黒くてまるで鍛え抜かれた肉体のようなボディーに多くの女性はイチコロ間違いなし!
車内も高級感がたっぷり! ハンドルも革巻き!! シートもゆったりしているので、長時間のドライブでも疲れません。

オススメのカラーはやはり、プレシャスブラックパールでしょうか。
黒だけどちょっと爽やかな感じが、女性にはたまりません。

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/wTw17fQS-lA" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

TOYOTA 特別仕様車 クラウン ハイブリッド アスリートS “Black Style” 体感インプレッション! (youtube動画)

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/aSLadqB0EI8" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

トヨタ クラウン アスリート 試乗インプレッション(youtube動画)

ゆったり大型ならばやっぱり、男らしいランドクルーザー

実は女性はゆったり広い室内のクルマでデートしたいそうですよ。アウトドア好き女子にはたまりません。

出典:http://toyota.jp/landcruiser/gallery/

SUVの代名詞ともいえる、世界的に有名なランドクルーザー。
タフで男らしいというブランドイメージが確立されていて、クルマに詳しくない女の子でも「ランクル」と聞いて知らない子はいないのではないでしょうか。

アウトドア好きなアクティブな女の子だったら、絶対に喜んで助手席に乗ってくれると思います。また、車高の高いクルマに乗ると、いつもより見晴しのよい助手席にテンションが上がるという女の子は多いでしょう。キャンプやスキー、スノーボードに誘ってみたいですね。

まとめ クルマのイメージはあなたのイメージそのもの

女の子ウケの良いクルマを選んでみましたが、いかがでしたか?
女性はクルマに対し、センス、乗る楽しさ、シートの座り心地、そして運転する男性の人柄を求めるわけです。言ってみれば、クルマのイメージは、オーナーであるあなたのイメージと直結します。

しかし、見た目や価格だけで選んではいけません。「いいクルマに乗っていれば女性にモテる」という考えは一昔前のこと。クルマはあなたの価値を上げてくれるアイテムにもなりえますが、自分の身の丈に合ったクルマであることも必要だと思います。たとえば、あなたがアウトドア派ではないのにランクルに乗っていたとしたら、女性の期待を裏切ることになってしまいます…。肩肘はらず、自分が自然体でいられることも大切です。

女性の目線に立ちつつも、あなたらしいこだわりポイントを持ってクルマを選ぶことが、今の時代に合ったモテるクルマ選びであるといえるのではないでしょうか。