【シトロエンDS5】名実ともにDSラインのフラッグシップ 食わず嫌いは損をする?

シトロエンの高級ラインとして始まった“DSライン”ですが、プジョー、シトロエンに次ぐ第3のブランドとしてシトロエンから独立することになりました。実質その第1弾になったのが今回ご紹介するDS5です。新型が発表されたもののまだデリバリーが始まっていませんのでシトロエンDS5を中心に書きますが、次期モデルはシトロエンのエンブレムはありません。“DS5”の真価を見極めて下さいね。

“DSライン”のフラッグシップ DS5

DS5はその名前の通り、シトロエンが新展開している“DSライン”のフラッグシップモデルとして開発されました。2005年フランクフルトモーターショーに展示されていたコンセプトカー“C-スポーツラウンジ”の延長線上にあります。2011年4月上海モーターショーで初めて公開され、11月からフランス・ソショー工場で生産開始されました。日本への導入は2012年8月です。
車名の“DS”は、言うまでもなく1955年に発売された同社の大型高級乗用車“シトロエン・DS”に由来します。外観は、5ドアハッチバックともステーションワゴンともつかないクロスオーバーSUVの仲間で、シトロエンは“シューティングブレーク”のイメージを押し出しています。ルーフには3分割されたサンルーフが備えられ、航空機のコクピットをイメージしたその名も“コックピットルーフ”は、スイッチが運転席上部に設置されています。
伝統的に、フランス大統領の権限移譲式(大統領就任式)に使われる車両はシトロエンが提供していますが、2012年のフランソワ・オランド大領領の就任式パレードにはディーゼルハイブリッド仕様のDS5が使われました。

出典:http://www.trendzcar.com/2012-citroen-ds5.html/2012-citroen-ds5-interior-6

グレード及びスペック

出典:http://www.gooworld.jp/catalog/CITROEN/DS5/10095540/index.html

基本的には“シック”のモノグレードです。欧州ではガソリンターボ、ディーゼルターボ、ハイブリッドディーゼルの3種類のエンジンが用意されていますが、日本への導入はガソリンエンジンのみです。

【シトロエンDS5・シック】
ボディタイプ:ハッチバック
ドア数:5ドア
乗員定員:5名
型式:ABA-B85F02
全長:4,535mm
全幅:1,870mm
全高:1,510mm
ホイールベース:2,725mm
トレッド前/後:1,580/1,605mm
車両重量:1,550kg
エンジン型式:5F02
最高出力:156ps/6,000rpm
最大トルク:24.5kgm(240N・m)/1,400~3,500rpm
種類:直列4気筒DOHCターボ
総排気量:1,598cc
内径×行程:77.0mm×85.8mm
過給機:ターボ
燃料供給装置:電子制御コモンレール式筒内直接噴射
燃料タンク容量:60リットル
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
JC08モード燃費:11.3km/L
ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン
サスペンション形式(前):マクファーソンストラット式
サスペンション形式(後):トーションビーム式
ブレーキ形式(前):ベンチレーテッドディスク
ブレーキ形式(後):ディスク
タイヤサイズ(前):225/50R17
タイヤサイズ(後):225/50R17
最小回転半径:5.7m
駆動方式:FF
トランスミッション:6速A/T
販売価格:4,386,000円

3つの限定車

基本的にモノグレードのDS5ですが、これまでに3種類の限定車が用意されました。

出典:http://www.gooworld.jp/catalog/CITROEN/DS5/index.html

2013年10月にリリースされた“ホワイトメロディ(White Melodie・限定60台)”です。DS5の特長のひとつ、インテリアをさらに突出させるべく、クラブレザーシートにツートーンブランを採用し、白と黒のコントラストがよりシャープな印象を与える内装に仕上がっています。また、新たな装備としてDENON(デノン)HiFiシステム(10スピーカー)を採用して、良質のメロディを奏でる空間を演出しています。
販売価格は4,670,000円です。

出典:http://www.gooworld.jp/catalog/CITROEN/DS5/10093430/index.html

出典:http://www.gooworld.jp/catalog/CITROEN/DS5/10093430/index.html

2014年10月にリリースされた特別仕様車“フォーブール・アディクト(Faubourg Addict・限定35台)”です。深紫色の専用カラー“ウィスパー(囁く)”とDSモノグラムのルーフステッカーがデザインされ、さらにレーザー彫刻によるDSモノグラムのグラデーションが施されたドアミラーを採用しました。インテリアでは専用色“クリオロ(Criollo)”と呼ばれるしっとりとしたダークブラウンのクラブレザーを採用しています。
販売価格は4,850,000円です。

出典:http://www.gooworld.jp/catalog/CITROEN/DS5/10100820/index.html

2015年11月、新しく立ち上げたフランス・パリ発祥のブランド“DS Automobiles”の誕生60周年を記念した限定車“エディション1955(30台限定)”です。DS Automobiles のコンセプト“アヴァンギャルドの精神(SPIRIT OF AVANT-GARDE)”を細部に散りばめ、最高級の素材と今年だけの特別感を演出したラグジュアリーな限定車に仕上がっています。新しいフロントグリルに加え、ゴールド仕様のアナログ時計や最高級セミアリニアンレザーシートを装備しました。深みのある濃紺の専用ボディカラー“ブルー アンクル”とゴールド基調とした60周年ロゴやエンブレム、シリアルプレートなど特別仕様が満載です。ボディカラーは“DS21(1968)”を再現した色です。
販売価格は4,600,000円です。

出典:http://www.gooworld.jp/catalog/CITROEN/DS5/10100820/index.html

実はマイナーチェンジを受けた新型

出典:https://www.carwow.co.uk/news/five-things-you-need-to-know-about-the-2015-ds5-1730

実は、先ほどご紹介した“エディション1955”はフェイスリフトを受けた新型モデルです。クロームで囲まれたグリルや切れ長になったヘッドライトなど、細部が違いますよね。そして一番の違いは、シトロエン車の象徴でもある“ダブルシェブロン”が無くなったこと。実は、プジョーシトロエングループ・PSAは、プジョーとシトロエンに次ぐ第3のブランドとして、“DS”のブランドをシトロエンから独立させる意向を示しています。今回のフェイスリフトでDS5のグリルからダブルシェブロンが消え、大振りな“DS”のエンブレムが採用されています。今後リリースされるDSブランド車は、すべてダブルシェブロンが外されるでしょう。
DSのイブ・ボンフォンCEOは「DS5は単なるニューモデルではない。私たちのあたらしいブランドアイデンティティを紹介するクルマなのだ」と述べています。

ディーゼルターボの導入も

出典:http://betterparts.org/photo/citroen-ds5-hybrid4-02.html

正式なリリースはありませんが、プジョーシトロエンジャポンではディーゼルエンジンの導入も検討されているようです。できればディーゼルハイブリッドも検討していただきたいところですよね。

予想価格は

新型DS5として先行輸入されたエディション1955の価格は4,600,000円ですが、限定車ですのでパッケージバリューが大きいことは間違いありません。マイナーチェンジ前のシックでも4,386,000円ですから、その差は214,000円です。本革シートの価格としては正当な感じですよね。つまり専用の時計やエンブレムなどがおまけ扱いということです。
では、新型シックの価格はどれくらいなのでしょう。本国のDSサイトはすでに新型に刷新されていますので、こちらから現地価格を計算してみましょう。

●シックガソリンエンジン
特にオプションを選ばなければ34,900ユーロです。今日の為替で125.023円/1ユーロですから、4,363,303円になりますね。日本での定価はほぼ現地価格ということです。これはインポーターの努力が見えますね。素晴らしい価格設定だと思います。

●ディーゼルエンジン
いままで日本への導入がありませんでしたので、ぜひ正規導入を期待したいところです。現地価格は40,290ユーロです。日本円にすると5,037,177円になりますね。

●ディーゼルハイブリッド
これこそぜひ導入して欲しいと思いませんか。現地価格は47,440ユーロ、日本円で5,931,091円です。

どうでしょう。ライバルたちと張り合える価格になりそうですよね。あとはブランド力次第ということでしょうか。DSラインは日本でも好評ですので面白い気もするのですが、DS3のサイズ&価格に限った話かもしれませんね。

シトロエンの代名詞“ハイドロ”との決別

出典:http://oversteer.co.nz/road-test-citroen-ds5/

DS3がC3と、DS4がC4とセットで開発された経緯から、DS5はC5とベースを共にしているのだと思っていたら、DS5はDS4を基本に開発されたんですね。とうことは...
そうなんです。てっきりC5をベースにつくられていると思っていましたから、C5の“ハイドラスティックIIIプラス”システムを継承しているのだと思っていましたが、そうではないんですね。エンジンルームを覗いても“スフェア”の姿がありません。足下をのぞき込むと、金属のコイルスプリングがいました。DS5はこんなによくできた高級車なのに、あの高級な足回りは体験できないんですね。

C5が最後のハイドロ

直接DS5に関係ありませんが、シトロエンが50年以上続けてきたハイドロニューマチックは、現行車種ではC5のみでしか採用されていません。DS5が継承しなかったとなると、いよいよ終焉を迎えるのかもしれませんね。

試乗してみました

出典:http://nagoyanakagawa.citroen-dealer.jp/cgi-bin/WebObjects/138b782ebb9.woa/wa/read/cd1_145efbeba71/

と言っても残念ながらまだ新型には乗れていません。初期モデルの“シトロエンDS5”には乗ったことがありますので、そのときのことを書きますね。日本ではモノグレードですから、1.6Lガソリン+6速A/Tです。このA/TはアイシンAWと共同開発したそうで、ディラーの人が信頼性がごにょごにょとおっしゃってました。今までだって随分良くなっていましたけどね。外から眺めると、なるほどハッチバックとは言い難いスタイルですね。かといってステーションワゴンでもありません。“シューティングブレーク”かと言われると微妙ですが、今までにないカテゴリーな感じが好きです。室内は高級感があって落ち着いた雰囲気になっていますね。DSの“アヴァンギャルドの精神”が各所に見て取れます。ここまで見た限り、DS4との共通項は特に見あたりません。
では出発しましょう。ありました。エンジン音はDS4と同じです。まあ、それを言ってしまうとC5も同じですけどね。走り出すと全く別の車ですね。今までのシトロエンよりも硬い印象です。車重が1,550kgとかなりありますからもっとふわふわなイメージだったのですが、これはちょっと意外でした。車両重量に対して非力に見えるエンジンも、十分なトルクと回すほどに盛り上がるパワーで十分楽しめます。

足回りはDSの中でいちばん硬いかも

DS3やDS4も往年のフランス車ほど“ふわふわ”な足回りではありませんが、硬めに締まった中にも十分な懐がある感じですが、このDS5はもう一回り硬い印象です。もちろん、路面からの入力に対しても突き上げることはありませんし、路面の状況説明をちゃんと伝えてくれます。ロールに対しても“ピタ”っととまって踏ん張りに徹しています。ただ、DSラインの中ではいちばん硬い味付けになっています。嫌いになるほどではありませんが、DS4よりも柔らかいのだろうと勝手に思っていましたので意外な感覚でした。

DS5の維持費

そんなDS5の維持費はどれくらいかかるのでしょうか。

故障に関して

輸入車、しかもフランス車と言うと気になるのは故障ですよね。部品代が高い! なんて話をよく聞きますが、実際はどうなんでしょう。上述したとおり、シトロエンの一番敬遠されるもとであるハイドロを使っていませんから、ごくごく一般的な構造です。しかもシトロエンとプジョーはお互いに部品を共用することで生産コストを抑えていますから、部品代も決して高い部類ではありません。21世紀に入ってからは精度もグッと上がっていますから、心配するようなトラブルはないと思って良いでしょう。

燃費は?

今回の試乗では余り距離を伸ばせませんでしたので、有効な燃費情報は得られませんでした。ですが、走行中の燃費計は終始10L/100kmを下回っていましたので、街乗りでも無駄に踏まなければ10km/L以上が狙えると思います。1.5トンの車重にしては優秀な数値ではないでしょうか。

その他維持費

全体の維持費を計算してみました。走行距離10,000km/年、平均燃費10km/L、ガソリン代を税抜き80円、任意保険を72,000円/年としました。
自動車税/年:39,500円
自賠責保険/年:16,350円
重量税/年:20,000円
ガソリン代/年:80,000円
ガソリン税/年:53,800円
ガソリン代とガソリン税にかかる消費税/年:4,000円
自動車取得税/年(自動車5%):16,350円
任意保険/年:72,000円
車検代(1年・保険税抜き):13,650円
あとはオイル交換が2回/年で10,000円×2=20,000円程度でしょう。
合計すると、40万円弱ですね。
月々3,300円ですから、なかなか優秀だと思います。

オーナーの評価

現役オーナーさんの評価をご覧下さい。

デザインだけで買う車って他にないと思います。見るとテンションMAX乗るとテンションMAX所有する楽しさ。大満足な車だと思います。とてつもなくかっこいいです。

出典:review.kakaku.com

1600ターボなのに加速も良く充分スポーティです。カテゴリーの枠にはまらないワンボックスの様なユーティリティに使えるワゴンスタイル。500万クラスなのにそれ以上高額の車に目移りがしなくなりました。

出典:www.goo-net.com

万人にはお勧めできるクルマではないが、完全に個性回帰、いや、さらに奇抜になったシトロエン「DS5」。
往年のシトロエンマニアには、「DS」という60年弱の歴史を持ったこの名前を名乗るには、最高にふさわしいクルマであった。

出典:review.kakaku.com

中古で探そう

故障の心配はなさそうですし、デビューからまだ4年経っていません。加えてモデルチェンジしたところですので実質現行モデルです。中古車を上手に探してお値打ちに乗り出すのも悪くない選択ですよ。

中古車をお探しの方はこちら

最後にまとめ

シトロエンから独立した新ブランド“DS”。フラッグシップモデルのDS5はいかがでしたか。一昔前のフランス車特有のチープさはどこへ行ったのやら。高級感も質の高い乗り味も、価格以上の価値はあると思います。気になっていた方は、一度試乗されてはいかがでしょうか。食わず嫌いは損をする、そんな車です。