【マツダ アクセラ】魂動デザインで評価上昇中!中古価格も上昇中

アクセラだけのことではありませんがマツダの評価は急上昇中。スカイアクティブテクノロジーと魂動デザインは確かにそれに値します。超絶値引きも過去のものとなり中古価格も安定してきました。中核車種となるアクセラの燃費や乗り心地など走行性能の口コミなど評価のもとを探ります。

もはやケチのつけようもないマツダの充実ぶりはアクセラにも

スカイアクティブテクノロジーと魂動デザインの新型は出揃いました

アクセラセダンです、ディーゼルも好評ですね

好調マツダのミドルレンジを担うアクセラは豊富にバリエーションが展開されていますが、この頃のマツダの特徴がしっかり詰め込まれています。2013(平成25)年新型となったアクセラはスカイアクティブテクノロジーと魂動デザインが全面的に投入された第3弾となりました。

スタイリッシュなSUVのCX-5、誰もが目を見張ったアテンザに続いたアクセラ、そしてその後もデミオやCX-3など、もはやマツダが極めて優れたコンセプトとデザインで新型車を発表し続けていることには異論はないはずです。どこまでこの勢いは続くのか分かりませんが、やはり評判のアクセラをじっくりみてみようと思います。

アクセラについに搭載、スカイアクティブテクノロジーがフルに

スカイアクティブテクノロジーはかなりのチャレンジ

このままいけばプレミアムブランドです

一連のスカイアクティブテクノロジーと呼ばれるものはかなり斬新です。エンジンではさも常識に挑戦したような取り組みを見せ、ガソリンエンジンにおいては高圧縮比に挑戦し、ディーゼルエンジンでは逆に低圧縮比での燃焼にチャレンジ、どちらも理論的には知られるも実現できなかった技術をものにしました。

アクセラにも両方のエンジンが使用されて選択肢を大きく拡げています。

軽量コンパクトにこだわったミッションはフィーリングも

中味が濃いです

さらにはトランスミッションでは軽量、コンパクト化のためにあらゆる手段を使いマニュアルではリバースギアの軸を無くして共用としたり、30通りものギア構成から選び抜かれた3軸タイプとして目標を実現しています。NDロードスターにも採用されています。スムースさは折り紙つきです。

オートマチックトランスミッションについてはCVTとデュアルクラッチとステップAT(遊星歯車式)のいいところどりを目指してロックアップ機構を全域適合とするロスの少ないオートマチックトランスミッションの開発に成功しています。トルコンタイプのもどかしさがないダイレクト感がいいのです。

心揺さぶられるのが魂動デザイン

気持ちに響いてきますね

先進のスカイアクティブテクノロジーはアクセラにも存分に搭載されていますが、なんといっても最大の魅力は魂動デザインです。生命感がキーワードで生き生きと躍動的なさまで見る人の気持ちを揺さぶる狙いははっきりと伝わってきます。アテンザで皆が注目した魂動デザインですが、アクセラそのまま継承していてフロントマスクがやや違う処理なもののあくまで共通感をもったマツダならではといえるデザインとなっています。

斬新なイメージは飽きがこないことも意図されていて、発売から3年ほど経た現時点でも斬新さはそのままです。

ソウルレッドプレミアムメタリックの妖艶さが際立ちます

この印象を強烈に引き立てているのがイメージカラーとなっているソウルレッドプレミアムメタリックでしょう。深みと艶を感じるメタリックレッドには官能性を意図されてキラキラと深みを両立する工夫がされています。

ボディの上には3層となる塗装が施されて、最初のクリア層の下には高彩度の赤の顔料が半透明の透過層と最下層のメタリックレッドの塗膜にちりばめられたようになっていて、最下層に規則正しく並べられたアルミフレークによって見る角度によっても反射と影が入り乱れるようになっています。

なんともいえない妖艶な輝きが光源によっても移り変わる艶やかなボディ色にはほんとうに心揺さぶられるものがあります。

アクティブドライビングディスプレイなどヘッドアップの哲学は安全志向

ハンドルの上に見えているのがアクティブドライビングディスプレイ

搭載車種は限られますがちょっと未来的なのがアクティブドライビングディスプレイ。ポップアップした透明のディスプレイはダッシュパネル上部に車速やナビゲーションを投影します。センターディスプレイは大きなタブレットのようなもので、これまた最新な感じですね。

マツダのディーゼルはVWの不正問題にも無縁?

ディーゼルエンジンではVWが不正問題で大きく揺れています。VWグループ全体に波及していますが、ディーゼルエンジンに関してはマツダはスカイアクティブテクノロジーの一環としてSKYACTIVE-Dとしてすでに日本の技術をリードしています。

ハイブリッドなど環境技術、自然吸気エンジンでのパワーやフィーリングについて日本勢にはかなわないと悟ったためか、ヨーロッパ勢はVWグループが先導してNAに対しては直噴ターボを、環境技術ではディーゼルエンジンを推してきました。

直噴ターボはフィーリングはさておき、容易にパワーを上積みできるために、小排気量化によって税制でのメリットなどもあり優勢となっていますが、もともと日本勢が熱心に取り組んでこなかったディーゼルのほうでむしろ馬脚をあらわすことになったのはなんとも皮肉なものです。

発想は画期的?アテンザにも搭載のSKYACTIVE-D

マツダのディーゼルは騒動とは無縁で、やはり画期的な取り組みがゆえだといえるでしょう。ディーゼルエンジンは熱効率がよいけれども高圧縮で燃焼させるために、どうしても発生していたNOxや煤の問題をかかえることになります。この問題は根本的に解決するのではなく後から触媒などで浄化するのがセオリーです。

それでも解決が難しかったためVWは検査を不正にすり抜けることに向かい、マツダは逆転の発想でトライすることなったのです。理論的には分かっていても諸問題が解決できないためにどこもできなかった低圧縮での燃焼に取り組んだのです。

具体的には低温の中での始動と暖機運転中の失火が問題になります。これをマルチホールピエゾインジェクターによって解決したのがマツダのSKYACTIVE-Dです。技術的には多段階の燃料噴射と高温排気の再利用で詳細はまたの機会としますが、精密な制御でものにしています。さらに大小ふたつのターボをくみあわせることで処理効果を高めています。

ご先祖さまはファミリア、経営危機で名前はアクセラに

マツダのエントリークラスは大人気だったことも

かつてマツダでアクセラと同じポジションだったのはファミリアだといわれると、ちょっと意外に感じるかもしれません。魂動デザインをまとう現行型の躍動感は車を立派に大きくみせてしまいますが、それを考慮しなくてもアクセラは確かにひとクラス移行した感はあります。

長い間マツダのエントリーカーで、歴史もあり大ヒットも記録したファミリアというブランドですが、奇しくもフォードとの資本関係を含む提携関係が始まってから開発したものは概して平凡な印象があります。モデルチェンジを繰り返しながらいわゆるバブルの時代も迎えてマツダでは販売網の多チャンネル化、そのひとつユーノスからはロードスターを始めとして個性的で魅力的な車がリリースされていました。

大人気だったFD型のRX-7に通じるようなうねるようなボディラインの始まりもバブルの頃です。ところがバブル崩壊で事態は一変します。ほどなくマツダは経営権もフォードに握られて社長もフォードから送られることになってしまいました。

アクセラは世界戦略車としてモデルチェンジすることに

かつて名前も一新されました

歴史あるマツダのラインナップもことごとく名称を一新することになって2003(平成15)年にアクセラは登場しました。フォードの世界戦略の中で小型車の供給を担うべく、当時フォードの傘下となっていたボルボやフォード・フォーカスの兄弟車となったのです。

マツダはこのころからすでに概して欧州での評価が高く、アクセラもフォーカスもボルボS40もとてもよい評判を得ました。アクセラはさらに立派になって2009(平成21)年に2代目へとモデルチェンジを迎えますが、その頃には小型車のみならずフォードの社内コンペではマツダ案が通ってしまうことが多く、フォードの開発の中での地位は高まる一方だったようです。そしてリーマンショックを契機とするフォードの経営難のためにフォードが持っていたマツダ株は買い戻されて再び独立独歩の道を歩むことになります。

そしてアテンザの成果はアクセラにもそのまま反映

こうして積み上げてきた力が開花したのがスカイアクティブテクノロジーであり、魂動デザインのアイデンティティです。先代でも途中から動力関係に導入されたスカイアクティブテクノロジーと魂動デザインが全面的に投入されて花開いたのが2013(平成25)年に新型となったアクセラです。アテンザが先行して絶対的な評価を得ていたステイタスは惜しみもなくひとつ下のクラスのアクセラにも注ぎ込まれたのです。

勢いに乗るマツダ、アクセラの口コミによる燃費など評判は

さて意欲的な取り組みでマツダの時代が切り開かれている今、中核となるアクセラはどんな評価を得ているのでしょうか。口コミを追ってみます。

乗り心地、走行性能

i-stopに関する動画です。すでにアイドリングストップは珍しい技術ではないですね。マツダのi-stopもとてもスムースです。

ところでアイドリングストップですがモーターがついていれば簡単ですからハイブリッド車に親和性が高い技術です。もっともどちらにせよスターターセルはついている訳ですからそれを使えばいいのですが、アイドリングストップでも使うとなるとはるかに使用頻度があがることになって耐久性がとても要求されてしまいます。それでも、ほとんどのガソリンエンジンのアイドリングストップはスターターセル方式ですが、マツダのi-stopは違うんです。

ちょうど直噴を採用したので燃焼によって直接スタートさせちゃうんです。点火して燃焼してピストン押し下げです。え、どこの気筒を? と思った方はエンジンの基本的な仕組みが分かっていらっしゃる!

ピストンって圧縮工程で上(場合によっては横)に戻ってくるのは慣性の力だったり、他の気筒での燃焼によるものですからね。多気筒エンジンはすべてのピストンが同時に上下しているのではないです。そもそもまったく同時にはどうせならないでしょうし。

i-stopは適度な圧縮過程でピストンを止めておいて、直噴の燃料噴射と点火でどこかの気筒を動かすことで始動します。最も空燃比が最適化するターゲットになるゾーンでピストンを止めるように制御して、その時止まった位置が一番よさそうな気筒を使います。あとは連動して動きます。信じられないような制御ですね。

この方はいま軽自動車に乗っていらっしゃるのでしょうか。かなりデザインに力が入っているアクセラですが奇をてらっている訳ではないので構造的に無理がたたってるなんてこともないみたいです。欧州で評価が高いのは足がしなやかで欧州っぽいのでしょうね。ある意味スポーツカーメーカーらしくロードホールディングがよく分かってるのでしょう。

伝統的に教習所での採用がとても多いのがアクセラです。いわずと知れた整備性、耐久性の証明にもなります。またボディサイズがやはり標準的です。大きくもなく小さくもなく。それにしても教習車というのは良い車の販促になります。もちろん初心者でも乗りやすいことが条件ですが。

さすがに軽自動車とは単純に比較できないというか劣っていたらかなり問題です。ただ神の車かとまで言ってしまう評判の良さです。

アテンザにのってもアクセラは同じだというのはかなりな誉め言葉になりますよね! 確かにアテンザはかなり大きいのでアクセラのほうが好みだったとしてもなにも不思議ではありません。小さいほうのアクセラもアテンザ同様に質が高いというのは注目すべき口コミです。

実燃費についての口コミ

これはおっしゃるとおり。この方はカタログをみてるのでしょうか。実燃費なのでしょうか。ほんとうにわずかな差なのですが、アテンザの一番小さなガソリンエンジンとアクセラの一番大きな2リットルのガソリンエンジンはまったく同じものですが、なぜかより重たくてちょっとだけ古いデビューのアテンザがJCB08モードの燃費がいいんです。

0.4キロメートル/リットルだけなんですが。アテンザはセダンがステーションワゴンよりもホイールベースが長いという常識はずれな車です。ここらへんの操安性が燃費にもちょっとだけ効いているのではないかと推測します。

ただ、大きな声ではいえませんが燃費試験の誤差の問題なのかもしません。

うえの話題にもありますが、アクセラのどのバ―ションなのかでかなり違いますが、もっとも燃費の悪いタイプでさえ相当に燃費がいいのは確かです。リーンバーンのお蔭なのでしょう。

このハイブリッドはトヨタから供給を受けています。スカイアクティブテクノロジーのエンジンとの組合せには期待するところですが、同じ2リットルの最新のプリウスにははるかに及びません。供給元を上回る訳にはいかないのでしょうか。ただSKYACTIVE-HYBRIDは高速などでエンジン中心に走るときの燃費などが注目です。SKYACTIVEの強みはそこにあるはずです。

ハイブリッドはそれでいての市街地でのおまけみたいに考えた方がいいと思いますね。

この数字で73.98パーセントですから1.5リットルのガソリンエンジン車の4WDでの実燃費かと思います。割合燃費達成は度外視した走りでの結果に思えます。

180キロメートルでの走りとはいいませんが山道を活発に走ったりした区間だけならこういうこともあり得るとは思います。

マツダと値引きの話、そのうえでライバルは?

初代アクセラ

かつて「マツダ地獄」などと揶揄されたこともあるのが大幅値引きの話。大幅値引きされたものが高く売れればそれは金融商品になりえますから(笑)そうはいかないのが市場というものです。第一そんなことがあったら人気がでて値引きするハズがありません。かくして中古車価格も低迷すると買い替えの時には便宜を図ってくれるマツダ車取り扱いディーラーを選ばざるを得なくなるということを指して言われたことのようです。

マツダ車を一度買うとマツダしか選べなくなるという噂の真偽はともあれ、マツダ車がかつては大幅値引きされたというのは本当です。特に社販などが絡むとかなり思い切った値段が提示されていたものです。

現在のスカイアクティブテクノロジーと魂動デザインのラインナップですが、そもそも魂動デザインを描くときにコンセプトとして立てられているのは「皆に気に入られなくも構わない、その車のファンになってくれる人がとことん好きになってくれる魅力を込めよう。」ということです。これは販売戦略にも影響してくる話で「値引きしなければ買ってもらえないならば売れなくてもしかたがありません」とすることも意味しています。

ですから今では値引きどころか希望小売価格として提示されているものが誰もが買うことになる値段だと価格のフェアネスを主張することがマツダの基本姿勢です。

マツダ車は今では販売戦略として大幅値引きはタブーです。
スカイアクティブテクノロジーと魂動デザインの車種に関してはということですが…

このような話になってくるとアクセラのライバルはとなると、下手をすればないということになってきます。アクセラを選ぶか、さもなければ同じクラスの内外含めたその他の自動車メーカーを選ぶか、選択肢はそれだけということです。

マツダの目指す理論からすればこういうことになりますが、実際にアクセラの思い切りは相当なものです。スカイアクティブテクノロジーで生み出された技術は確かに括目のものばかりですが、あまり目に見えないそのようなものだけでなく、デザインが際立っています。こんな風にあまり沢山売れなくてもいいよ! と割り切れている車は、同クラス帯のなかで、いたって標準的な値段がついている車では確かにありません。

他の車はどうにかしていっぱい売れて欲しい気持ちがデザインにでてしまっています。場合によっては女子大生を集めてみなに意見を言ってもらったりしているかもしれません。そしてプロのデザイナーが考え抜いた思想などより素人の思いつきどおりにデザインして女子大生に売れるのはこれ! なんて思っているかもしれません。

マツダではいま、開発の現場で担当者が考え抜いてこの形だ! と責任もって主張できるならば採用されるとも聞きます。またそう主張することも求めるといいます。

これでは今のところはライバルなど存在しえないというのがほんとうだと思います。

特別仕様車とグレード、価格、エコカー減税対応をすべて紹介

アクセラ スポーツ

アクセラスポーツはミドルサイズの5ドアハッチバック。2リットルと1.5リットルのガソリンエンジン車と2.2リットルのクリーンディーゼルエンジン車が用意されています。駆動方式は1.5リットルモデルに四輪駆動車の設定がある他はFFでスカイアクティブテクノロジーのオートマチックの他、6速マニュアルトランスミッションも設定される走る喜びを追求するラインナップです。

アクセラスポーツ15STouring

【XD】
乗車定員:5名
エンジン:SKYACTIVE-D2.2リットル水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボ
最高出力:129キロワット(175馬力)/4,500回転
最大トルク:420N・m/rpm/2,000回転
トランスミッション:SKYACTIVE-MT6速マニュアル、SKYACTIVE-DRIVE6速オートマチック
駆動形式:FF
車両重量:1,430~1,450キログラム
JCB08モード:19.6~21.4キロメートル/リットル
希望小売価価格:3,067,200円
エコカー減税:取得税、重量税免税、クリーンディーゼル補助金

【20S】
乗車定員:5名
エンジン:SKYACTIVE-G2リットル水冷直列4気筒DOHC16バルブ
最高出力:114キロワット(155馬力)/6,000回転
最大トルク:196N・m/rpm/4,000回転
トランスミッション:SKYACTIVE-MT6速マニュアル、SKYACTIVE-DRIVE6速オートマチック
駆動形式:FF、i-ACTIV AWD
車両重量:1,280~1,310キログラム
JCB08モード:19キロメートル/リットル~17.8キロメートル/リットル
希望小売価価格:2,278,800円
エコカー減税:オートマチックトランスミッション車減税対象

【20S Touring】
アクティブドライビングディスプレイ搭載など、主要諸元は20Sと同じ
希望小売価価格:2,430,000円
エコカー減税:オートマチックトランスミッション車減税対象

【20S Touring L-Package】
運転席を6通りに動かすパワーシートと運転席、助手席のシートヒーターがついた本革シート仕様となっています。主要諸元は20Sと同じ
希望小売価価格:2,559,600円
エコカー減税:オートマチックトランスミッション車減税対象

【15C】
乗車定員:5名
エンジン:SKYACTIVE-G1.5リットル水冷直列4気筒DOHC16バルブ
最高出力:82キロワット(111馬力)/6,000回転
最大トルク:144N・m/rpm/3,500回転
トランスミッション:SKYACTIVE-MT6速マニュアル、SKYACTIVE-DRIVE6速オートマチック
駆動形式:FF、i-ACTIV AWD
車両重量:1,240~1,350キログラム
JCB08モード:20.4キロメートル/リットル~17.8キロメートル/リットル
希望小売価価格:1,760,400~1,976,400円
エコカー減税:減税対象


【15S】
フルオートエアコンやコマンダーコントロール、7インチのセンターディスプレイなど快適で一歩先の装備を充実させています。主要諸元は15Cと同じ。
希望小売価価格:1,922,400~2,138,400円
エコカー減税:減税対象

【15S Touring】
15Sにアクティブドライビングディスプレイなど加えた最上位モデル、主要諸元は同じです。
希望小売価価格:2,138,400~2,354,400円
エコカー減税:減税対象

アクセラ ハイブリッド

アクセラのハイブリッドはトヨタからの技術供与をうけたものですから、仕組みは同じです。2リットルのエンジンをアクセラスポーツ搭載のものよりも、やや低回転域で最大出力を発生するようにトルク重視にして、モーターを組み合わせています。モーターと相まって立ち上がりがよく、トヨタ式のハイブリッドの利点の市街地のようなストップからの発進を繰り返すような状況にぴたりと合わせているといえます。こうなるとスムースな動き出しのフィーリングのよさが光りますね。グレードの違いは装備の違いです。

HYBRID-S L Package

【HYBRID-C】
乗車定員:5名
エンジン:SKYACTIVE-HYBRID2.0リットル水冷直列4気筒DOHC16バルブ
最高出力:
エンジン73キロワット(99馬力)/5,200回転
モーター60キロワット(82馬力)
最大トルク:
エンジン142N・m/rpm/4,000回転
モーター207N・m/rpm
トランスミッション:電気式無段階変速機
駆動形式:FF
車両重量:1,390キログラム
JCB08モード:30.8キロメートル/リットル
希望小売価価格:2,473,200円
エコカー減税:減税対象

【HYBRID-S】
フロントフォグランプを標準設定の他アクティブドライビングディスプレイなど搭載。主要諸元は-Cと同じ。
JCB08モード:30.8キロメートル/リットル
希望小売価価格:2,586,600円
エコカー減税:減税対象

【HYBRID-S L Package】
運転席を6通りに動かすパワーシートと運転席、助手席のシートヒーターがついた本革シート仕様の他、LDWS(車線逸脱警報システム)、HBC(ハイビームコントロールシステム)を搭載。主要諸元は同じ。
JCB08モード:28キロメートル/リットル
希望小売価価格:2,813,400円
エコカー減税:取得税、重量税免税

アクセラ セダン

独立したトランクを持つボディがアクセラ セダンです。アクセラスポーツの同じエンジンの仕様と価格も一緒なら重さもほぼ変わりません。この点はちょっと不思議な感じがします。XDはディーゼルエンジン搭載車でアクセラのディーゼルの本命はこちらですかね?やはり初期コストは掛ります。使い込む予定のあるならばよい選択肢になると思います。

アクセラセダン15S Touring

【XD】
乗車定員:5名
エンジン:SKYACTIVE-D2.2リットル水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボ
最高出力:129キロワット(175馬力)/4,500回転
最大トルク:420N・m/rpm/2,000回転
トランスミッション:SKYACTIVE-MT6速マニュアル、SKYACTIVE-DRIVE6速オートマチック
駆動形式:FF
車両重量:1,430~1,450キログラム
JCB08モード:19.6~21.4キロメートル/リットル
希望小売価価格:3,099,600円
エコカー減税:取得税、重量税免税、クリーンディーゼル補助金

【15C】
乗車定員:5名
エンジン:SKYACTIVE-G1.5リットル水冷直列4気筒DOHC16バルブ
最高出力:82キロワット(111馬力)/6,000回転
最大トルク:144N・m/rpm/3,500回転
トランスミッション:SKYACTIVE-MT6速マニュアル、SKYACTIVE-DRIVE6速オートマチック
駆動形式:FF、i-ACTIV AWD
車両重量:1,240~1,340キログラム
JCB08モード:20.6キロメートル/リットル~17.8キロメートル/リットル
希望小売価価格:1,760,400~1,976,400円
エコカー減税:減税対象

【15S】
スポーツの15Sに準ずる内容となっていてフルオートエアコンやコマンダーコントロール、7インチのセンターディスプレイなど搭載されています。主要諸元は15Cと同じ。
希望小売価価格:1,922,400~2,138,400円
エコカー減税:減税対象

【15S Touring】
こちらもスポーツの15S Touring同様です。アクティブドライビングディスプレイなど。主要諸元も同じです。
希望小売価価格:2,138,400~2,354,400円
エコカー減税:減税対象

特別仕様車

セダンXDを特別仕様車としていて、XDモデル専用のグリル塗装、6色のボディカラーに統一の赤いラインが装飾されたグリルですが、そのイメージに内装をあわせた仕上がり具合です。本革シートに赤いステッチが走りと質感を主張します。フルセグの地上デジタルTVチューナーとCD/DVDプレーヤーも装備。

▼関連記事 エコカー減税についての詳細を知りたい方はこちら

アクセラの中古車市場での評価は急上昇中

マツダスピードの中古車はレア品ですね

初代の登場からまだ13年しかたっていませんからいまだに初代のアクセラもまだ見つかります。2代目までは沢山売れた車ではないですから見つかるといってもそれほど多い訳ではありません。人気のある現行型の中古車のほうが多いくらいです。そして順調に値段を維持していてマツダの作戦は見事にハマっているように思います。

中古車をお探しの方はこちら

今後の中古車市場が大注目、アクセラへの反響をモニターすべし

マツダアクセラは幅広い車種構成の中から選べますが、どれも濃い内容がギュッと詰まった車に仕上がっています。充実ぶりは「いよいよ本気出してきた感じ」魂動デザインもまばゆいばかりです。販売戦略も変えてきたアクセラについては中古車市場もどう反応してくるのか目が離せないところです。

過去とは決別したかのようなアクセラ。新型車の魅力に引き付けられてしまいそうです。