【静かな車ってどんなものがあるの?】世界レベルで見た静粛性の高い車3車種をご紹介します。

大きい車や高い車は思いつくけど、静かな車は思いつかない…。きっとそんな方が多いのではないでしょうか。そこで、世界的に見ても静かな車を3車種ご紹介します。

【ロールスロイス ファントム】車好きでなくてもその名前は知っているというほどの有名な車。

Photo by wangan1st

クルマ好きでなくとも、ロールスロイスはすごい高い車! ということをご存知の方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。そう、ロールスロイスは超高級車の代名詞ともいえる車です。そのロールスロイスブランドの中でも世界中のVIP達から愛されているのが「ファントム」というモデルです。このファントムは車内の静音化も「世界一」といわれています。車内には静音化のために開発された”フロアマットの素材”などにもこだわっていて、やはり載せる方々に少しでも安らいでもらおうという細かな気遣いが見え隠れしています。

エンジンはV12 6.8Lを搭載し、最高出力は460ps。と高級車ながらかなりのハイパワーを出せる車に仕上がっています。車内の静粛性はもとより、驚くことにハイオク車にもかかわらず、車外でもエンジン音はほとんど聞こえないというのですから驚きです。ガソリンエンジン車としてはトップレベルの静かさを誇ります。

ただでさえ、ロールスロイスは代々静かなクルマとして有名ですが、ロールスロイスシリーズのなかではファントムの一回り小さいサイズのモデル「ゴースト」は、そのあまりの静けさから、近寄ってきているのかがわからず気づけばそこにいるので、「まるで幽霊のよう」というな印象があることから「ゴースト」という名前がついたほどです。

基本情報

ドア数&定員:4ドア/5人
ボディサイズ:全長6,090×全幅1,990×全高1,655mm
車両重量:2,770kg
気筒配列:V型12気筒
排気量:6,749cc
最高出力:460ps(338kW 454hp)/5,350rpm
最大トルク:73.4kgm(719.3Nm)/3,500rpm
使用燃料:無縁プレミアムガソリン

【トヨタ センチュリー】国産車の中ではナンバーワンの静音性を誇ります。

日本車としては最高級・最高位の位置づけとなるトヨタ「センチュリー」は、これまで、長きに渡り政府要人の送迎や国会議員の公用車として使われることが多く、その用途からか静粛性は国産車トップといわれています。この後紹介するレクサスLSシリーズも、その静粛性については高く評価されていますが、静粛性のためにわざわざV12エンジンを採用したといわれるセンチュリーのほうが、室内の静粛性は高いといわれています。さらにウィンドウには、静粛性にこだわるセンチュリーらしく「高遮音機能」を装備しているほか、断熱性も高くする事でエアコンの作動を少なくでき、ここでも静粛性に一役買っています。ここまで「音」ということに徹底してこだわっている日本車が世界的にも評価されているということはすごいことですね。

基本情報

ドア数&定員:4ドア/5人
ボディサイズ:全長5,270×全幅1,890×全高1,475mm
車両重量:2,070kg
気筒配列:V型12気筒
排気量:6,996cc
最高出力:280ps(206kW)/5,200rpm
最大トルク:46.9kg・m(460N・m)/4,000rpm
使用燃料:無縁プレミアムガソリン

【レクサス LS600h/600hL】センチュリーに追いつけとばかりに静穏性を求めてひた走ります。

センチュリーに次ぐ静穏性の高い国産高級車として挙げられるのがレクサスLSです。そのLSクラスのなかでもV8 5.0L+モーターの組み合わせとなる「LS600h」は低速走行時はEV(モーター発電)走行となり、まさにエンジン音は皆無です。車内の静粛性はウインドウやフロアマットなどの改良がセンチュリーまでは追いついていないため、一歩劣るものの、あの高級車「メルセデスベンツSクラス」をも超えているとまでいわれています。静粛性の向上にはノイズリダクションアルミホイールなど、路面からのノイズの侵入を軽減させるホイールなどの工夫が功を奏しています。この「レクサス LS600h/600hL」とセンチュリーの最大の違いは、CO2排出量ということが最大のポイントです。「レクサス LS600h/600hL」はハイブリッド使用のためCO2排出量が著しく少なく環境面にも寄与しています。このハイブリッド機構を搭載したことと静音性が評価され、総理大臣専用車としても使用されています。また、後席や車内の快適性は国産車トップクラスとなっており、ハイブリッドカーとして環境にも配慮された高級車といえるでしょう。

基本情報

ドア数&定員:4ドア/5人
ボディサイズ:全長5,090×全幅1,875×全高1,475mm
車両重量:2,230kg
気筒配列:V型8気筒
排気量:4,968cc
最高出力:394ps(290kW)/6400rpm
最大トルク:53.0kg・m(520N・m)/4000rpm
使用燃料:無縁プレミアムガソリン

まとめ

世界一静かな車は「ロールスロイス ファントム」でした。さすが世界各国の要人がこぞって使うだけのことはあります。しかし国産車が2車種もラインナップするとは驚きです。日本の技術もまだまだここから先も伸びていくのでしょう。