「ETCの使い方」今さら聞けないETCの基本知識【カードの作り方、ETC車載器、割引など】

よく聞くETCという言葉ですが、詳しいことは意外と知らないことが多いと思います。今回は、ETCの基本知識を説明していこうと思います。ぜひ、導入してお得にドライブを楽しんでください。

ETCとは

今ではマイカーだけではなくレンタカーにも標準装備されつつあるETC装置ですが、意外と知らないことばかりではないでしょうか。実は、ウインドウを開けずに止まることなく料金所を通過するためだけのシステムではありません。
正式名称を「Electronic Toll Collection System」といい、それぞれの頭文字をとって「ETC」と呼ばれています。国内の有料道路の渋滞防止策のひとつとして開発されました。仕組みは、車両に搭載したETC車載器にETCカードを差し込み有料道路のETCゲートを通過するだけで、通貨の際に車載器とカードを電波で認識して通行料金を精算するというものです。ここでは、基本的なことを詳しく説明します。

導入に必要なもの

ETC導入に必要なものは大きく二つあり、料金所に設置されたアンテナと情報をやり取りするETC車載器と支払情報が入ったETCカードが必要となります。どちか一方があればいいわけではなく、両方揃っていないとETC車両として認識されず、ETC割引などの適用も受けられません。

ETC導入のメリット

ETC導入による最大のメリットは、有料道路の料金所を停車することなく通過できることだと思います。通常料金所では、スタッフから通行券の受け取り、またはスタッフに通行券を提示して料金の支払いをするため、どうしても数十秒は停車しなければなりません。しかし、ETCを導入すると料金所のスタッフとお金のやり取りはしないので、料金所の通過もスムーズにできます。
さらに、ほとんどの料金所が右ハンドル用に造られているため、左ハンドル車の料金所通行の際は、スタッフとの料金のやり取りが大変でしたが、ETCによりわずらわしさがなくなります

ETCってどうやって使うの?

料金所には、ETC専用レーンと一般の二種類があり、停止せずに通行する場合は、ETC専用レーンを通行することになります。見分け方は、料金所手前の緑の案内板や料金所上部に「ETC」または「ETC/一般」と書かれているので確認して進んでください。また、料金所によっては、ETC専用の料金所手前から路面に矢印のような案内をしている場合は、それに沿って進んでもいいと思います。ちなみに、カーナビでも案内が出る場合がありますが、料金所周辺は車両も多く事故のもとになるので注視は控えましょう。

料金所で間違えて進入した場合はどうすればいい?

ETCカード未挿入やETC車載器の故障、ETCカードの期限切れなどETCが使えない状態でETC専用レーンに誤って進入した場合は、料金所スタッフに対応してもらうことになります。ただし、ETC専用レーンは、徐行して進みますので慌てて急ブレーキをかけて停止したりせず、後続車に気を付けて停車してください。料金所の手前などいくつかの場所に、ETC装置の確認システムがあり、ETC車載器搭載車には、ETC未挿入や期限切れなどでETCレーンを走行できない場合にアナウンスをしてくれる場合があります。

ETC使用上の注意点

ETCを利用すると、停止することなく料金所を通過できるのでストレスも軽減されますが、便利使うためにはいくつかの注意点もあります。ここでは、利用上、とても大事な注意点をいくつか挙げていきたいと思います。

ETCカードの装着確認

ETCカードを装着した際は、正しく挿入されているか、正しく認識されているかをしっかり確認しましょう。危機によっても違いますが、ETCカード挿入時に、カードの認識をしたかどうか音声で伝えてくれたり、ランプで認識できるようになっているので必ず確認しましょう。

ETCレーンの通過制限速度

ETC利用により、料金所で停止しなくてもいいからといっても走行速度を落とさず通過していいわけではありません。ETCレーン通過時は、20km以下の徐行で通過しなければなりません。これは、前の車両が何らかの理由で停止したり、ごく稀ですが、係員が横断することもあります。ETCレーン通過時はいつでも停止できる速度で安全に通過することを心がけましょう。

ETCカードの申し込み・審査

ETC利用時に必要なもののひとつETCカードの作り方について説明していきたいと思います。ETC利用時には、従来のように料金所でお金のやり取りは行わず、クレジットカード機能の付いたETCカードやクレジットカード会社が発行するETCカードを使用し通行料金の精算を行います。では、ETCカードはどうやって作るのでしょうか。ETCカードを作るためには、クレジットカードを作らなければなりません。現在お使いのクレジットカードがあれば、ETCカードを発行しているか確認してみるのもひとつです。クレジットカードをお持ちではない場合は、まずは、クレジットカードの審査をおこない、審査に通過するとクレジットカードとETCカードが発行されます。

カードの種類

お使いのクレジットカードの会社でETCカードが発行されている場合は、申込書類を送り簡単な利用審査が行われるだけなので早く入手できます。
他のクレジット会社で発行を検討する際や、新規でETCカードを作る場合には、クレジットカードの選び方がポイントになります。たとえば、いつも同じ供給会社のガソリンスタンドを利用しているのであれば、提携のカードを作って利用することで会員価格で利用できたり、年会費が無料のカードや利用ポイントがたまるものなどクレジットカード会社によってさまざまです。

ETCカードあすすめ3選

【楽天カード】
CMでもおなじみの年会費無料のクレジットカードです。ETCカードも無料で発行できます。キャンペーンを企画していることが多いのであわせて加入してみるのもひとつです。

カード名:楽天カード
申込み資格:満18歳以上の方(未成年者の方は親権者の同意が必要)
提携カード:VISA
限度額:~50万円
審査時間:即日
発行時間:7営業日
入会金:入会金無料
年会費:永年無料
支払い方式:一括払い ボーナス一括払い 分割払い リボ払い 

楽天ETCカードは、通行料金100円につき1ポイントが貯まる!少額な通行料金の首都高でも必ず貯まります。通勤や休日のお出かけ、ちょっとしたドライブに高速道路を使う場合、楽天ETCカードを使って楽天スーパーポイントを賢く貯めよう!

【出光カード「まいどプラス」】
提携のガソリンスタンドで給油するとガソリン代が安くなるクレジットカードです。給油はいつも同じところで、出光というドライバーや給油の回数が多くガソリン代を抑えたいドライバーにはおすすめです。

カード名:出光カード まいどプラス
申込み資格:満18歳以上(高校生除く)電話連絡可能な方
提携カード:VISA、Mastercard、JCB、American Express
限度額:50万円
審査時間:最短即日
発行時間:最短4営業日
入会金:無料
年会費:無料
支払い方式:一括払い、ボーナス一括払い、分割払い、リボ払い

出光カードまいどプラスは、いつでもガソリン代が2円/ℓ引きで年会費・ETC年会費が永久無料、プラスポイントサービスなどおトクがいっぱい!ガソリン代がおトクな「出光カードまいどプラス」

【ライフカード】
誕生月ポイント5倍や還元率がアップするステージ制度など、利用時のポイント還元率が高いことで有名なクレジットカードです。ETCカードも無料で発行できるのでおすすめの一枚です。

カード名:ライフカード
入会資格:18歳以上(高校生を除く)
提携カード:Visa、MasterCard、JCB
限度額:10~200万円
審査時間:申込~発行までオンライン申し込みから3営業日 ETCカード/2週間
年会費:無料

ライフカード(lifecard)は年会費永久無料のクレジットカードです。Visaカード、Mastercardなどから選べて、業界最高水準のポイント還元率を誇ります。この機会に是非ライフカードへご入会ください。

ETC車載器の購入

ETCを利用するためのもうひとつの必要なものETC車載器について説明します。ETC車載器には、料金所に設けられたアンテナと料金情報をやり取りする機能を備えています。タイプは、2ピース、3ピース、ビルトインなど取り付け場所によって選ぶことができます。また、ETCカード未挿入や抜き忘れ、アンテナの未接続、ETCカードの期限切れなど、異常時にブザーや音声案内をしてくれるものもあります。でここでは、ETC車載器のタイプ別に見ていきます。

【2ピースタイプ】
ETCカード挿入口とアンテナが一体となった最もシンプルなタイプのETC車載器で、ダッシュボードの上に取り付けて使用します。メリットは、安価なことやETCカードの出し入れが簡単なこと、コンパクトなことです。デメリットは、外から受信しやすい位置に設置しなければならないため、ダッシュボード上など場所が限られることと社外から丸見えになってしまうことです。現在は、3ピースタイプとの価格差もなくなったので見かけることは少なくなりました。

【3ピースタイプ】
車載器本体とアンテナ部分が分離したタイプのETC車載器なので、アンテナを受信しやすい場所に設置しておけば、車載器の設置場所は自由に選べます。通常は、アンテナをバックミラーの後ろやフロントガラスの上部など運転の際に邪魔にならないところに設置し、本体は、カードの抜き差しが楽なグローブボックスの中や蓋のあるセンターボックスの中に設置することをおすすめします。特にデメリットになるものは見当たらず、メリットといえるのは、外から本体が見えにくいということでセキュリティ上安心というところです。

【ビルトイン】
新車購入時にメーカーに依頼して取り付けてもらうなど、メーカー純正品がほとんどですが、市販のものでもビルトイン対応の車載器本体もあります。内装やデザインを重視するドライバーに根強い人気です。すでに取り付けられた車載器を取り換えたい場合は、設置不可能だったり、追加の部品が必要なこともあるので事前にメーカーやカー用品店などで確認しておいたほうがいいでしょう。

ETC車載器の販売メーカー3選

世界的に有名なメーカーからカー用品を販売するメーカーまでさまざまなメーカーがあります。それぞれ一長一短があるので用途や希望タイプに合わせて購入でいます。ここでは、代表的なメーカー3社のETC車載器を紹介します。

【アルパイン株活き会社】
さまざまなカー用品を販売しているメーカーで、カーオーディオやカーナビなどが有名です。ETC車載器は、同社製のカーナビとも連動し、ナビ画面と音声でETCレーンの位置情報や通行料金をナビ画面に表示してくれるなど同メーカーならではのサービスも魅力のひとつです。
また、見た目にこだわるドライバーには、「パーフェクトフィット」という純正キットを使うことで、トヨタ、日産、ホンダの車両の多くに取り付けることができます。

アルパイン カーナビ関連アクセサリーの紹介ページ。

【パイオニア株式会社】
オーディオ機器を中心に販売しているメーカーですが、カロッツェリアというブランドでETC車載器をはじめカー用品も販売しています。アンテナは小型で軽量なので、ルームミラーの裏に取り付けられることで人気です。また、12V対応の普通車だけではなく24V対応のトラックにも対応できるということで多くの車両に取り付けられています。

パイオニア株式会社のカロッツェリア総合ブランドサイトです。こちらでは、カロッツェリアのETCユニット商品をご覧いただけます。

【パナソニック株式会社】
世界的に有名な家電メーカーですが、ETC車載器も販売していてカーナビと並んで人気です。販売されている機種も2ピースタイプから3ピースタイプまでラインナップが揃っていて、なかでも音声案内がエラー時のみの機能が最小限のタイプが人気です。また、ETCカードが誤って出ないよう差し込むとロックがかかるスライド式なのも人気の理由のひとつです。

パナソニック ETCモデル別音声案内例 / カーナビ連動対応表 [DSRC/ETC車載器]のページです。

セットアップとは?

ETCカードを入手して、ETC車載器を購入して設置しただけではまだETCを利用することはできません。専門業者に「セットアップ」をしてもらう必要があります。
ETC車載器は、車両とペアで登録されて利用できるようになるので、まずは、ETC車載器に車両情報を登録しなければなりません。この車両情報をETC車載器に書き込み作業を「セットアップ」といいます。セットアップは、ETC車載器を購入したカー用品店やディーラーなどに依頼します。

セットアップの注意点

カー用品店やディーラー、通販サイトなどで購入した場合は、購入先でセットアップ作業をおこなってもらえるので問題ないのですが、ETC車載器搭載の車両を知人から購入した場合やETC車載器のみ譲り受けた場合などは再セットアップをして登録情報を書き換える必要があります。たとえば、何らかの事情でナンバープレートを変更した場合は、あわせてSTC車載器の再セットアップが必要となります。ETC車載器に登録されている情報と実際の車両情報に差異があった場合は、ETCシステム利用規約違反となります。※罰則はありません。

ETC利用による割引

ETCを使うことで、時間帯や曜日などにより適用されるさまざまな割引制度があります。ここでは、一般ドライバーに関係のある割引をご紹介します。

事前登録するとお得なETCマイレージサービス

事前に登録が必要ですが、利用額に応じて10円=1ポイントのポイントと無料走行分が付与されます。対象は、NEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本管轄の高速道路および一般有料道路で、全車種が対象となっています。

【割引率】
利用額 1万円 ポイント交換単位 1,000ポイント 無料走行分 500円分
利用額 3万円 ポイント交換単位 3,000ポイント 無料走行分 2,500円分
利用額 5万円 ポイント交換単位 5,000ポイント 無料走行分 5,000円分
※通行料金10円=1ポイント
※ポイントの有効期限は、ポイントが付いた年度(4月~翌3月)の翌年度末まで

【ETCマイレージサービスに登録するには】
「平日朝夕割引」と「マイレージサービス」を受けるには、利用前に、ネットまたは専用の申込用紙を使って郵送で申し込みが必要となります。登録時に、お持ちのETC車載器管理番号、車両番号、ETCカード番号などが必要になり、登録が完了するとマイレージIDとパスワードが郵送されてきます。不明点は下記にお問い合わせください。
ETCマイレージサービス事務局(0570-010125または045-477-3793)

「平日朝夕割引」平日のみのお得な割引

NEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本が管轄する東京大阪近郊区間を除く地方部の高速道路または一般有料道路の料金所を、平日の6時~9時および17時~20時の間に通過した車両に対して最大100km走行分まで適用されます。※ETCマイレージサービスへの登録必須

【割引率】
月ごとの利用回数に応じて割引率が設定されていて、割引対象利用額に割引率をかけて計算した金額を無料走行分として還元します。

・割引率一覧
月ごとの利用回数 1~4回 割引率 0%
月ごとの利用回数 5~9回 割引率 30%
月ごとの利用回数 10回以上 割引率 50%

「休日割引」週末ドライブに朗報

土、日、祝日にNEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本が管轄する地方部の高速国道および一般有料道路の料金所を通過したときに適用されます。週末に利用することが多いドライバーにはうれしいサービスです。

「深夜割引」渋滞を避けるドライバーにはありがたい

0~4時の間にNEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本が管理する地方部の高速国道および一般有料道路の料金所を通過する車両に適用されます。渋滞回避で深夜に出かけるドライバーにはうれしいサービスです。

ETC利用履歴の確認方法

週末ドライブで利用したETCカードの利用履歴は、クレジットカードから送られてくるカードの利用明細で確認することもできますが、明細到着前にも確認することができます。クレジット会社から明細が届く前に確認したい場合に便利です。
履歴を確認するには、ETC利用照会サービスを利用することになります。このサービスには「登録型」と「非登録型」があります。

【登録型サービス】
ETCクレジットカード、ETCパーソナルカードを利用している方が対象で、事前にユーザーIDの登録が必要です。登録できるETCカードは、ETCクレジットカードとETCパーソナルカードです。登録にはパソコンのメールアドレス、ETCカード番号、利用年月日、車載器管理番号と車両番号の情報が必要となります。

<登録するとできること>
・過去15ヶ月の利用証明書・利用明細の確認
・ETC無線走行、ETC非無線走行(ETCカード手渡し精算)ともに反映
・月別合計額を表示
・利用明細がCSVファイルでダウンロード可能

【非登録型サービス】
登録を希望しない方や、ETCコーポレートカードを利用している方を対象にしたサービスです。

<登録するとできること>
・過去62日間の利用証明書
・利用明細の確認 ※ETCカード手渡し精算は、対象外
・利用証明書の走行明細確認が必要な方は、過去124日間の利用証明書の内容 ※ただし、数字で始まる取扱番号が対象

【重要】ETC利用照会サービス(非登録型)の終了
ETC利用照会サービスは登録型サービスへ集約することとなり、非登録型サービスは、平成28年6月30日に終了いたします。

まとめ

今回のETCの使い方はいかがでしょうか。
なくても困るものではないのですが、導入したときのメリットはかなり大きいものになります。単に料金所で停止しなくていいだけではなく、割引制度の適用による通行料金の軽減も可能となるなど、これまで以上に週末ドライブへ出かけやすくなっています。ETCを使って週末ドライブに出かけてみませんか。