【F1アメリカGP現地観戦計画!】アクセス方法や泊まる場所まで気になる情報を一挙公開!

F1アメリカGPに関するホテル情報やグルメ情報などをご紹介します。開催地の雰囲気やF1ドライバーご用達のスポットも必見です!

2016年 F1アメリカGP

今年で第46回目の開催となる伝統あるアメリカGP。2016年は10月21日(金曜日)~23日(日曜日)の開催予定になっています。

カウボーイの街テキサスにF1がやってくる!

F1アメリカGPは2012年から開催地が以前のインディアナポリス州からテキサス州に変わりました。西部劇の雰囲気が今でも残る地に華やかなF1サーカスがやってきます。
このテキサス州の州都であるオースティンの近郊でF1アメリカGPは開催されます。オースティンは大自然の残るテキサス州のイメージとは裏腹に高層ビルも立ち並ぶ都会で、州内でも5本の指に入るほどの人口を誇ります。にぎやかに見える街ですが、一方で都心から少し離れれば自然も広がるという一面もあり、都会と自然が混同したテキサスならではの素敵な街です。
そんなテキサスにあやかり、ポディウムではドライバーたちもカウボーイでお馴染みのテンガロンハットを着用してシャンパンファイト!

サーキット・オブ・ジ・アメリカズ

そのテキサス州州都オースティンから南に19kmの地点に位置するのがこのサーキット・オブ・ジ・アメリカズ。建設された2012年よりF1アメリカGPを開催するサーキットです。サーキットの内部にはこのサーキットの名物であるオブザベーション・タワーと呼ばれる観客席も設けられていて、77mの高さがあるタワーの頂上からはサーキットを360°見渡すことができます。
1周5.516kmのこのサーキット、決勝レースでは56周します。

電車?それともバス?サーキットまでのアクセス方法は?

サーキットまでのアクセスの仕方は2通りあります。
1つの方法はオースティン都心からサーキットまで運んでくれるシャトルバスを利用することです。シャトルバスはレース開催中の金曜日から日曜日まで運行していて、エクスプレスシャトルバスとスタンダードシャトルバスがあります。エクスプレスは1日$25(2,900円)ほどでサーキットがあるプラザまで運んでくれます。定員は限られているので予約は必須がなります。スタンダードは1日$10(1,200円)ほどですが、到着地からサーキットまで15分くらい歩く必要があります。
もう1つの方法は車をレンタルすることです。アメリカは車社会なのでアメリカ旅行でレンタルカーは必須になりつつあります。レンタカーショップはオースティン・バーグストロム国際空港に隣接し、3日間でだいたい$200(24,000円)ほどで借りることができます。レンタルカーでサーキットまで行く場合必ず必要になるのがサーキットの駐車券です。3日間でおよそ$200(24,000円)かかります。駐車券はサーキットの公式サイトか現地でも購入できますがオンラインで駐車券を買っておくと現地で買うよりも安く済みます。

ホテルやグルメスポットなどの周辺施設

サーキット・オブ・ジ・アメリカズはオースティン近郊にあるため車で30分弱で都心まで出かけることができます。サーキットのすぐ近くは何もないため食事や泊まるところなどは都心の方まで行くといいでしょう。

空港からもすぐ近くて便利!ヒルトン・オースティン・エアポートホテル

オースティン・バーグストロム国際空港と隣接したホテルでサーキット・オブ・ジ・アメリカズから1番近いホテルでもあります。サーキットからは6kmほどのところにあります。料金は通常時は1ルーム2人で1晩$100~(12,000円~)なのですがF1開催時は料金は上がり通常の2倍かそれ以上の値段になりますが、それでもサーキット近郊のホテルとしてはリーズナブルで快適な時間を過ごすことができます。

F1ドライバーに会えるかも!?ペリーズステーキハウス&グリル

オースティン都心にあり、オースティン1とも言われているほどの高評価を受けているステーキハウスです。2013年にはここで何人かF1ドライバーを見かけたという話もあり、F1ドライバーの中でも評価が高いレストランであることは間違いありません。グランプリ開催中1回はディナーに行きたいレストランNo.1です!

カートでF1ドライバー気分を満喫!

F1ムードをさらに盛り上げるのにK1 Speedはピッタリです!
このK1 Speedはカートの普及率が高いアメリカの中でも屈指のカート会社で、インドアカートをアメリカ全土に展開しています。現在、アメリカのF1中心地であるオースティンにも、もちろんそれは健在でF1観戦に訪れる多くの人にドライバー気分を味あわせてくれます。2015年のF1アメリカGP開催中には、なんと現役F1チャンピオンのルイス・ハミルトンがK1 Speedに現れて疾走! F1だけでなくカートでも素晴らしい走りを観客に見せてくれました。
また、このK1 Speedでは大人だけでなく子どもも楽しめるように専用のキッズカートも配備されてあるため、F1観戦の際には、はりきっているお父さんだけではなく家族で楽しむことができます。

レースクイーン

熱い火花散るF1バトルの中に一輪の花のように咲くレースクイーン。F1に華を添えると同時にF1の名物でもあり彼女たちもF1GPの一部です。

テキサスでF1を取り巻くカウガール!

F1アメリカGPではテキサスにちなんでレースクイーンもカウガールの衣装で登場します。写真撮影も応じてくれるので一緒に記念写真を撮るのも1つの思い出作りに最高です!

まとめ

アメリカではレースをお祭りのように楽しむ文化があります。オースティンはサーキットも都心も近くにあるためF1開催中はオースティンは街もサーキットもお祭り騒ぎ!そのお祭りにぜひ参加してみてはいかがでしょうか?