【フェラーリ 328】名車のデザインを継承しケーニッヒ仕様でインパクトを残したモデル

名車「308」のスタイリングデザインを継承しながらNA、ターボ仕様と時代に合わせてアップデートし、ケーニッヒ仕様で世界にインパクトを残した「328」の魅力に迫ってみたいと思います。

「フェラーリ 328」

「フェラーリ 308」シリーズの後継モデルとして1985年にフランクフルト・ショーでデビューしました。
「ピニンファリーナ社」が生み出したオリジナルデザインは先代モデルの「308」シリーズよりも空力性能が図られており格段に向上しているにもかかわらず、優雅さとシャープな雰囲気をしっかりと引き継いでいます。
「308」シリーズ同様に「328 GTB」と、そのタルガルーフ版(オープン版)の「328 GTS」の2モデルが用意されており、自然吸気型のV8エンジンを横置きに搭載した2シーターシリーズの最終モデルとなっています。
そしてモデル名の「328」は、排気量の3.2リッターと8気筒を示しています。

スタイリングデザイン


「フェラーリ 328 GTB」は、「308 GTB」のアップデートバージョンとなります。
「328 GTB」は先代モデルと比べると、ウェッジシェープが緩やかになりシャープなラインを描いたボディシルエットになりました。
フロントノーズのデザインに見直しを受けて、やや曲線を帯びたデザインになり、テールも同様なデザイン処理を受け柔らかいフォルムとなりました。
変更を受けた前後パーツには、ロアーパネルと、ボディと同色に塗られたバンパーがあります。
同時代の「フェラーリ モンディアル3.2」に施された変更と同じで、ラジエターグリルやフロントのコンビネーションライトのレイアウトが変更されています。
変更点を総合すると、すべてのV型8気筒モデルのフロントとリアは、ほぼ統一化されたデザインになっています。

先代モデル「308」との違い

エクステリアでの先代モデルとの変更点は、「308」シリーズでは、リトラクタブルヘッドライトの後方に放熱用のルーバーが備わっていましたが、「328 GTB」では廃止されフロントリッドのラジエター放熱用ルーバーが装備されています。
このルーバーは、はじめに「308 クワトロヴァルヴォーレ」で採用され、「328 GTB」の採用に当たっては、一回りサイズが大きくなっています。
さらに、アウタードアハンドルのデザインと位置も変更になりました。

インテリア

インテリアトリムは全面的にデザインが新しくされました。
シートのデザインとステッチ、ドアパネル、ドアハンドルが新しくなっています。
スイッチ類のデザインも現代的なデザインに変更されました。
そしてデザイン全体は、洗練されモダンテイストとなっています。
オプション設定となっていたのは、エアコン、メタリック塗装、革張りダッシュボード、革張りヘッドライニング、リアウィンドーを取り囲むルーフスポイラーをセレクトすることができました。

パワーユニット

V型8気筒エンジンの基本設計は、「308 クワトロヴァルヴォーレ」用ユニットと同じものでした。

型式 ティーポF 105 CB 000

「308 GTB」に搭載されているパワーユニットは、型式は「ティーポF 105 CB 000」型です。3,185cc V型8気筒 DOHC 32バルブエンジンで、83mmx73mmのボア・ストロークで、インジェクションシステムは、「ボッシュ製」のKジェトロニック燃料噴射装置で、点火系は「マレリ製」の「MED 806 A電子制御式」が装着されました。
これによって圧縮比9.8:1によって最高出力は270PS/7,000rpm、最高トルク31.0kg/5,500rpmを発生させています。
また「308」同様に、このエンジンと組み合わされるのはZF製のオールシンクロの5速トランスミッションで、エンジンのリア下側にセットされています。

「328」シャシー

ヨーロッパ市場向け「328 GTB」は、スチールチューブラー製のシャシーが採用され型式は、「ティーポF 106 MB 100」でした。
サスペンションシステムは、フロントとリアともに全輪独立懸架のダブルウィッシュボーンが採用され、コイルスプリングに油圧ダンパーが組み合わされています。
ブレーキシステムは、ディスクブレーキが全輪に備わり、前後にアンチロールバーが装備されました。
1988年中盤、「アンチロック・ブレーキシステム(ABS)」がオプション装備されるようになりました。
「ABS」を装着するにはネガティブオフセットが必要で、サスペンションのジオメトリーが変更されています。
その変更によってネガティブオフセットを収容できるホイールが必要となり、「ABS」の装着有無に関係なくオリジナルのフラットスポークの星形デザインのホイールから凸型デザインのホイールが装着されました。
またハンドルも右左のどちらかを選ぶことができました。

シャシーナンバー

「328 GTB」は、4年にわたり生産され、1989年秋に「348 tb」によって生産終了となっています。
シャシーナンバー「58735」から「83017」で生産台数は、1,344台が作られました。

「328 GTB」主要諸元

エンジン:3,185cc V型8気筒 DOHC 32バルブ
最高出力:270PS/7,000rpm
最高トルク:31.0kg/5,500rpm
圧縮比:9.8:1
トランスミッション:5速MT
駆動方式:MR
サスペンション:F/R ダブルウィッシュボーン
ブレーキ:F/R ディスク
全長:4,255mm
全幅:1,730mm
全高:1,128mm
ホイールベース:2,350mm
トレッド:F 1,485mm R 1,465mm
車両重量:1,263kg
最高速度:263km/h
0-100km/h加速:6.4秒
0-400m加速:14.3秒
0-1000m加速:25.7秒

1986年「GTB ターボ」

1986年に「GTB ターボ」とタルガルーフバージョンの「GTS ターボ」が登場しました。
イタリア国内市場専用の「税金対策モデル」で、V8エンジンを横置きに搭載した2シーターシリーズの最終モデルでした。

ターボバージョンによる変更

「GTB ターボ」は、自然吸気バージョンの「328」といくつかの相違点があります。
「328 GTB」のターボバージョンですが、「税金対策」のためにエンジンが変更となりました。
排気量はダウンし2リッターですが、ポテンシャルは高いエンジンです。
またエンジンリッドのルーバーと、中央のパネルのレイアウト、リアホイールアーチ手前の「NACA ダクト」、リアスカートに5つ並んだスリムな放熱ダクトなどが変更点です。
「328」シリーズではオプションだったルーフスポイラーが、「GTB ターボ」では標準で備わりました。

ターボ仕様ユニット

「328 ターボ」に搭載されているパワーユニットのV型8気筒エンジンの基本設計は、「フェラーリ 208 GTB ターボ」用ユニットと同じです。
社内呼称は「ティーポF 106 N 000」と呼ばれるエンジンは、ボア・ストロークは66.8mm x 71mmで圧縮比は、7.5:1です。
「1,990cc V型8気筒 DOHC 16バルブ ターボ」エンジンにインジェクションシステムは、「ボッシュ製」のKジェトロニック燃料噴射装置が装着され、「IHI製」のターボと「ベール製」のインタークーラーが1.05barで過給しました。
点火系は「マレリ製」の「MED 807 A電子制御式」が装着されています。
最高出力は254PS/6,500rpm、最高トルク:33.5kg/4,100rpmを発揮しています。

シャシーナンバー

「GTB ターボ」は、生産年数が3年で、シャシーナンバーは「63277」から「83137」までの308台が製作されました。

「328 ターボ」主要諸元

エンジン:1,990cc V型8気筒 DOHC 16バルブ ターボ
最高出力:254PS/6,500rpm
最高トルク:33.5kg/4,100rpm
圧縮比:7.5:1
トランスミッション:5速MT
駆動方式:MR
サスペンション:F/R ダブルウィッシュボーン
ブレーキ:F/R ディスク
全長:4,255mm
全幅:1,730mm
全高:1,128mm
ホイールベース:2,350mm
トレッド:F 1,485mm R 1,465mm
車両重量:1,265kg
最高速度:253km/h
0-100km/h加速:6.3秒
0-400m加速:14.3秒
0-1000m加速:25.7秒

主なMCについて

1987年 シャシーナンバー「71595」から室内のドアノブが変更となりました。
1988年 シャシーナンバー「76626」から後期モデルとなります。
1988年 シャシーナンバー「76626」からサブフレームのサスペンションの取り付けの幅が変更され、サスペンションアームが延長されています。
1988年 シャシーナンバー「77451」からステアリングコラムの取り付け位置が変更となり、取り付け位置が10mm高くなっています。
1988年 シャシーナンバー「78613」からショックアブソーバーが「コニ製」から「ビルシュタイン製」に変更されています。
1988年 シャシーナンバー「79177」からアンチロックブレーキシステム(ABS)が標準装備となりました。これによって50kg以上の重量増しになります。

日本国内仕様とヨーロッパ仕様の違いについて

当然ですが、日本国内仕様とヨーロッパ仕様には幾つかの変更点があり、車体重量やパワーユニットなどにも違いあります。

バンパーの変更

日本国内仕様には、リアバンパーに5本のスリットが設けられています。
これは、排気ガス対策が強化されている日本国内仕様には、排出ガス三元触媒が備えられているためです。
「触媒」は、排気ガスによって高熱になるため放熱する必要があります。
「触媒」が備えられることでパワー低下を最小限にするためにエキゾーストの形状も変更となり、そのための放熱用の「スリット」が必要になってきます。
それで「スリット」を5本設けることで放熱し、最小限のデザイン変更にとどめているのです。
また「安全基準」が日本は、厳しくヨーロッパ仕様と比べて衝突安全性のために前後のバンパーが頑丈に作られています。
これらの仕様変更によってバンパーの厚み、幅が大きくなり、ヨーロッパ仕様より重量が160kgも増しています。

現在の中古相場

現在の「フェラーリ 328」の中古車相場は、「1,000万円」から「価格応談」のようです。
また「フェラーリ GTB ターボ」の中古車相場も「1,000万円」から「価格応談」のようで、現在が底値といったところです。
またデビューから30年経っていることを考えると、エンジンや足回りなど、レストアの覚悟が必要なモデルになってきているかもしれません。

ケーニッヒ仕様

1990年代に「フェラーリ」「ポルシェ」「メルセデス・ベンツ」「ジャガー」などの高級車をカスタムすることで一世風靡したチューニングメーカーといえば、「ケーニッヒ社」は、最もメジャーなメーカーといえます。
今でも「フェラーリ」をはじめ高級車のチューニングメーカーとして有名ですが、現在はライトチューンをメインとして多く手掛けているようです。
そのような「ケーニッヒ社」がチューニングしたケーニッヒ仕様の「フェラーリ 328GTB」は有名です。大迫力のフェンダーやリアスポイラーを装着したスタイリングはインパクトを残すものです。
それと共に、V型8気筒エンジンにも手を加えツインターボを搭載し、チューニングカーとして当時としてはハイパワーの450PSを発揮していました。
当時は「日産 フェアレディZ」や「ポンティアック ファイヤーバード」をベースに「ケーニッヒ仕様」にレプリカを改造している車両も町中でよく見かけました。

映画でも活躍

エディ・マーフィー主演の「ビバリーヒルズ・コップ2」では、真っ赤な「フェラーリ 328」が軽快にフェラーリサウンド響かせながら疾走しています。
ペネロペ・クルスの「恋愛上手になるために」では、ペネロペ・クルスの美しさを引き立てるために「328」のエレガントさと柔らかいボディラインがマッチしています。
「オペル・マンタ」とストリートバトルを展開する「バニシング・ストリート」など、「328GTB」のボディデザインやポテンシャルは映画のなかでも活躍しており十分に楽しむことができます。

まとめ

「フェラーリ 328」シリーズは、名車「308」のスタイリングデザインを継承しつつ、前期モデルは、V型8気筒NAエンジン、後期モデルはV型8気筒ターボエンジンを搭載し時代の変化がありながら、スーパースポーツカーブランド「フェラーリ社」のモデルとして美しいボディとハイパフォーマンスな動力性能ををしっかりと備えたモデルです。