【気軽に購入】「キャンピングカー」は中古車を買おう!【気になるメリット&デメリット・販売店・最新市場などをご紹介】

「キャンピングカー」って男の憧れですよね! 一度は乗って旅をしてみたいものですが現実はそう甘くありません。値段は高いですし、そこへさらに維持費がかかるとなると、どうしても及び腰になってしまいますよね。そこで、中古車で「キャンピングカー」を買ってみませんか? 新車に比べるとかなりお得に手に入れられますのおすすめです! それでは「キャンピングカー」の中古車を調べていきましょう!

「キャンピングカー」の中古を買うメリットは?価格や頑丈さなど

(イメージ画像)

「キャンピングカー」は高いもので1,000万近くするものから、安いタイプで200万くらいのものまであります。どれだけ憧れていても、そんな値段をしていると中々手を出しづらいですよね! 単身者なら少し切り詰めて無理をすれば簡単に買えるかもしれませんが、家族がいる場合には中々そうはいきません。配偶者の説得は古今東西かなりの高難度です!

値段も安いしコストパフォーマンスがいいんです!

(イメージ画像)

 
しかし、そんな高価な「キャンピングカー」でも、中古になればかなりお得になります。元々1,000万近かったものが半額になっていたり、場合によっては70%引きというのも見つかるようです。それなら大分手に入りやすくなりますね!
では、安全面の方はといいますと、これは車体によるのですが、「キャンピングカー」は使いかたが使いかたなので、かなり頑丈に作られており、10年ものくらいならばさらに10年は乗れると考えても良いといわれてもいるんです。さすがに事故車になるとそうはいきませんが、コストパーフォーマンスを考えれば素晴らしいですよね!

置き場所や自分で直すスキル、知識があれば新車同様の改造もできますので、メリットはかなり大きいと思いますよ!

なら「キャンピングカー」の中古を買うデメリットは?劣化や価格の変動など

(イメージ画像)

メリットについて聞いたのならば、次はデメリットが気になりますよね! 世の中そう上手い話ばかりではりません。では、いったい「キャンピングカー」を中古で買うデメリットはどこにあるのでしょうか? 特殊な車両になりますので、普通車と違う部分もあるかもしれません。それら全てをあわせてデメリットをみていきましょう!

やはり中古には劣化があり、価格が上下しやすい!

(イメージ画像)

まず、1つ考えられるのが、車体の状態です。いくら長く使えるといっても、それなりに経年劣化などは起こっていますので、走行中に揺れたりやきしむ音がする可能性があります。また、水周りならパッキン部分が劣化して水漏れが…なんてことも考えられますよね。
次に考えられることといえば、価格の変動が激しいということです。通常の車にくらべて需要が少ないため、それほど変動は考えなくてもいいかもしれませんが、ボーナス期になると値段があがることもそれなりにあります。
また、安くなっているものはそれだけ買われる可能性が高いので、欲しかったものが無くなっているパターンも多いと思います。なにせ数が少ないので、一度消えると中々同じものが復活してきません。改造したものならなお更ですね!

いずれにしても知識や技術があれば何とかできますし、それ以外のデメリットはほぼ普通の中古車を同じなので、そこまで気にしなくてもいいかもしれませんね!

「キャンピングカー」の中古車を販売している店があるの?

(イメージ画像)

もちろんです! 通常の車と同様に「キャンピングカー」の中古車を扱っている店は全国にたくさんありますし、店舗によっては専門で取り扱っている場所もあるんです! そこで気になるのがどちらのタイプの方がいいのかですよね? パッとみた感じでは、やはり専門のところの方がいろいろ便利そうな感じはします。では、実際はどうなのでしょうか? それぞれのメリットを書き出していこうと思います。また、基本的にはデメリットはそれぞれの良いところの逆となっていますので、比べてみてくださいね!

専門店ではない場合のメリット

・大手なら種類が豊富
・「キャンピングカー」は場所をとるので安売りされている可能性あり
・ほかの車種を見るついでに見れる

というメリットがあります。カーセンサーやGooといったところなら、ネットから欲しいタイプのものを調べることができますし、全国にありますので、お近くの店舗で買ったりできるのがいいですね! 個人店舗ならそれこそ、かなりの安値で売っている場合もあるので、探し方次第ではかなり安く買えるかもしれません。

(イメージ画像)

専門店のメリット

・専門なので詳しい
・整備もしっかりしている
・アフターサービス付きもあり

というのがメインになります。もちろん、ビルダーとして活躍されているお店もありますので、そういった店舗の場合だと、普通車を改造した、半中古キャンピングカーなどもあり、そちらも新車を買うより安くなりますので、いいかもしれませんね! 何かのトラブルにも相談にのってくれると思いますので、サービス面でも期待できます。

中古「キャンピングカー」市場はいまどうなってる?

中古と店によるメリットやデメリットを知ったのならば、次は「キャンピングカー」の中古市場がどうなっているのか気になりますよね! 地域によってそれぞれ人気のものがどれなのかは変わってくるのですが、大方の予想通り現在の中古市場では軽キャンパーと呼ばれる、軽自動車を改造したものが多く出回っています。
サイズとしては小さいので居住性はあまりよくないのですが、値段もやすく小型車になれた人には運転しやすいというのが理由かもしれません。また、最近では道の駅の整備がすすんでいるので、ベッドさえあれば、そこそこ快適な車中泊ができるようになったのも大きいかもしれませんね。
ただし、最近のブームによって悪質なドライバーが目立つようになり、いずれはそれを禁止されてしまう可能性がでてきました。そうなると軽キャンパーでは少し不自由になるかもしれません。現在お持ちの方はそれを見越して新しいのを買ってみるのもいいかもしれませんよ!
さらに、中古で出回るイコール人気というわけではないので、次のカテゴリでは人気のタイプがどんなものか見ていきましょう! 選ぶ参考にしてみてくださいね!

やっぱり手軽で快適なバンコンが人気!

では、気になる中古市場で最も人気のあるタイプは何かといいますと、やっぱりバンコンタイプになります。値段も手ごろですし、装備だってそれなりにあります! さらに元のタイプがハイエースやキャラバンといった人気車種になっていますので、自作で改造する場合に結構お手ごろに作れるんですよね。なので、自作のものが販売されたりもしています。
バスコンやフルコンのように車体が大きすぎて使う場所が限られてくるといった悩みもありませんので、買うならバンコンがとってもおすすめ! ただし、トイレやシャワーといった設備を備える場合には改造の手間もそうですが、スペースをかなり工夫する必要がでてきます。
しかし、簡易トイレや簡易シャワーでいいという方なら、テントとプールなどを積んで、そこで済ませるということもできます。バンコンのように収納が大きいタイプならではの解決策として、考えてみてはいかがでしょうか?

駆動系統ならやっぱり4WDが人気です!

人気のタイプがバンコンなら駆動関係で人気となっているのはなんでしょうか? 「キャンピングカー」を使う場所はおもにキャンプ場や道の駅の駐車場などが多いかもしれませんが、山にのぼって手軽にキャンプという方もかなり多いと思われます。
それを表してなのかやはり人気となっているのは4WD のものです。こちらも大方の予想通りかもしれませんね。車体が大きいのでパワーがどうしても必要になります。とくに山や荒地で使う場合にはさらに重要ではないでしょうか? ロボットも人間も車もパワーが大事ですね!
という訳で中古市場ではバンコンで4WD使用のものが多く取引されており、人気となっています。しかし、そうなると相対的にはほかのものと比べて値段は高くなりがちなので、買うタイミングやある程度の諦めは必要かもしれません。

北海道は「キャンピングカー」の本場。だけどちょっと特殊な市場です。

(イメージ画像)

日本での「キャンプカー」といえば本場はどこになると思いますか? やはり観光地が多い東京や京都、大阪といった場所でしょうか? もしくは車が多い群馬県や愛知県と思われるかもしれません。しかし、最もその市場が盛り上がっているのは北海道なんです。バイクツーリングや車旅行が好きな人なら理由はなんとなく見当がついておられるかもしれませんが、その理由を書いていきましょう。
まず、道が広い! 日本は珍しくかなり快適に走れる道路を有しているのが北海道で、バスコンやフルコンでも余裕を持って走れるんです。さらに地方にいけば車通りも少ないので、さらに快適に走れます!
次に、街から街への移動距離がとっても長い! これはもう「キャンピングカー」を使うしかありませんよね。大きな道の途中には小さなキャンプ場があったり、駐車場付きの公園がありますので、快適に車中泊をすることができます。
最後に個人的な感想になるのですが、やはりご飯が美味しいので旅行でいろいろ周るのに最適なんです。グルメがあるのは大事ですよ!

一体どんなタイプが人気なの?

(イメージ画像)

大きいことはいいことだ! ということで北海道の「キャンピングカー」市場では、ほかの地域と違って大きめのタイプが好まれる傾向にあります。上記のカテゴリで紹介したように、道路や駐車場が広いので、大き目のバスコンやフルコンでも充分活用できます。
そんな特殊な北海道で、特に人気となっているのがバスコンタイプで、車種によっては通常の免許でも運転することが可能なのが、最大のうりですね! しかも設備はフルコンを除いては最高クラスのものが多いので、トイレにシャワー、ベッド、キッチン付きといったものまであります。こうなってくると動くホテルみたいなものなので、食材と燃料さえあれば、一ヶ月くらい過ごせちゃいますよね!
ほかにも土地柄なのか牽引免許をもっている方が多く、キャンピング・トレーラータイプも需要があるみたいです。快適さはかなりのものなので、よい選択かもしれません!

九州には「キャンピングカー」製造の最大手があります!

そうなんです。日本のキャンピングカービルダーといえば、株式会社ナッツの「ナッツRV」です。雑誌や広告などにもよく名前がでているところなので、アウトドアや車が好きな方なら聞いたことがあるかもしませんね! 自動車メーカーではなく、改造した車両を売っているビルダーとして、ここまで大きな会社は例をみませんので、ぜひ名前を覚えておいてください!
では、一体どんな車両を扱っているのか気になりますよね! 箇条書きにしていきますので、参考にしてみてください。
・バンコンバージョン
・キャブコンバージョン
・バスコンバージョン
・フルコンバージョン
・軽キャンパー
とほぼ全てのタイプを製造しています。工場がとても大きいのでこの品揃えは納得です! ほかにもキッチンカーやディスプレイ車なども製作していますので、興味のある方は、一度足を運んでみてください!

もちろん中古車だって扱っています!

キャンピングカービルダーとして日本でもっとも大きな「ナッツRV」ですが、新車の販売だけをしているわけではありません。ちゃんと中古車を扱っていますので、安心してくださいね! ビルダーが直接販売しているだけあって、調整や補修はかなりしっかりされており、値段もお安くなっています。「キャンピングカー」を買うなら、まずはじめにチェックするといいかもしれません。
店舗は九州以外にも愛知県、神奈川県、札幌、京都と幅広く展開されているので、わざわざ九州まで行かなくていいのが助かります!

買うならネットでいろいろ下調べがおすすめ!

(イメージ画像)

ここまで来たのならもう、「キャンピングカー」を買う決心はついたのではないでしょうか? 中古なら安いですし、初期投資を軽くして始められますよ! ただし、買う前にちゃんと調べておくのは非常に大事です。自分に見合ったものの値段などをあらかじめインターネットで下調べしておきましょう!
お住まいの近くで見つかったのならそれはそれで嬉しいですし、欲しいものタイプを置いているのが離れた場所なら、交通費や買った後のサポートなどを考えて別のものという選択が出てきます。そして、買ったあとの簡単な修理や改造なども考えれば知識を持っているほうが断然便利ですしね! というわけで、いくつかの大手サイトとためになりそうなサイトを貼っておきますので、目を通してみてください。

中古車販売 Goo-net  中古車販売 ガリバー レンタル キャンピングカーネット  RV協会HP

「キャンピングカー」の中古車まとめ

「キャンピングカー」の中古車に関することはいかがでしたか? ここまで知ったらちょっと興味が湧いたのではないでしょうか? 日本全国でキャンピングカーショーなども行われているので、予定があればそちらにも出向いて、詳しく調べてみてくださいね!

それでは安全運転を心がけて「キャンピングカー」での旅行を楽しんでみてください!