【2016年開催情報】「キャンピングカーショー」に行って男のロマンをリサーチしよう!【大阪・名古屋・福岡・神奈川・埼玉】

アウトドアブームと共に発展してきた車を、さらにそれ用に特化させてきたのがキャンピングカーです。最近ではキャンプ以外にも車中泊といった旅行のスタイルが追加されたことによって、その需要は増え、新しいタイプのものまで登場しました。しかし、キャンピングカーって中々目の前でみることが少ないんですよね。どうせ買うなら見て、触れて買いたいのが心情です。というわけで「キャンピグカーショー」に出かけましょう!

「キャンピングカーショー」に行ってみよう!

日本にはいろいろなモーターショーが存在しています。日本といえば車ということで、それを直接みることができるのは本当にありがたいですよね! いわゆる「モーターショー」をはじめ、ドレスアップカーなどがメインの「オートサロン」、二輪車限定の「モーターサイクルショー」、輸入車限定の「輸入車ショー」などがあり、もちろん「キャンピングカーショー」も存在しています。
出店しているのは日本のキャンピングカー製造メーカーや、そのほかカスタムパーツメーカーとなっており、直接憧れの車にあえることができます。購入を考えている方は、中を見ることも可能なので、装備や居住性を確かめるのに最適な機会ですね!
もちろん、楽しいイベントなども用意されていますので、そちらを楽しむものおすすめとなっています。開催地はいろいろありますので、行きやすい場所に足を運んでみてください!

キャンピングカーの種類について!

(イメージ画像)

アウトドアブームと共に、キャンピングカーはいろいろなタイプが生み出されてきました。どれもそれぞれに良いところと悪いところがあり、どれが一番とは言えないのが現状です。そうなると自分にあったタイプを探す必要が出てくるのですが、それにはどんなものがあるのか知っておかないといけませんよね。
そこで、「キャンピングカーショー」に出展されるタイプ3つを簡単に紹介しておこうと思います。

「キャブコンバージョン」は最も平均的キャンピングカー

(イメージ画像)

こちらは正しい意味でトラックなどをコンバージョンをした「キャブコンバージョン」。街中で走っていたり「道の駅」の駐車場で停車しているのを見たことがあるのではないでしょうか? 改装して専用の屋根や客室を追加したもので、「フルコンバージョン」よりも走行の面で優れており、もちろん燃費も良くなっていますし、入手の何度もかなり低いです。
しかし、やはり車体が小さくなっている分、居住性や装備の面では1つランクが落ちてしまうのが必然ですね。どちらが良いかはお財布と周辺道路事情によるかもしれません。

「バンコンバージョン」は入手しやすく、そこそこ快適!

(イメージ画像)

「バンコンバージョン」はワンボックスカーやライトバンなどを改装して作るキャンピングカーで、代表的なのだとTOYOTAのハイエースや日産のキャラバンの改造車です。本体の入手がしやすいので、自作することも可能ですし、改造後の車を売っている業者も多いので、買いやすいのが特徴です。
また、元々が普通車なので道路事情や金銭的な面でも上記のに比べて有利かもしれません。しかし、元が元なので、装備という面では大幅に劣ります。まず、シャワーやトイレなどは期待しない方がいいでしょう! ただ、最近では「RVパーク」という車中泊ゾーンにそれらはありますので、行く場所によっては必要ないかもしれませんね。

「軽自動車キャンピングカー」はとっても手軽で安い!意外に使える!

最近のモータリゼーションのトレンドとしては、やはり手軽に乗れて燃費の良い軽自動車が人気ですよね。性能面でも普通車にかなり近づいてきていますので、税制上や小回りが利くので愛用されている方もおられると思います。もちろん、その波はキャンピングカーにもきました。
しかし、やはり車体は小さいために、装備としてはほぼベッドのみといったものになり、人によっては足を伸ばして寝ることすらままなりませんので、居住性では最下位になります。
では、メリットはどこかというと、やはり値段ではないでしょうか? ほかのタイプのものの半額で買えたりするので、かなりお手軽に入手できます。初めの一台にいいかもしれませんね!

「大阪キャンピングカーショー2015」は、今回も西日本最大級でした!

出典:http://blog.livedoor.jp/auto8082/archives/25848474.html

近畿圏の方ならCMで一度は見たことがある「大阪キャンピングカーショー」。2015年は今まで行われていた京セラドームから移動して、インテックス大阪にて開催されました。出店店舗数はそこまで変わっていませんので、ぎゅっと濃縮されたといった感じですかね! 出店台数は100台前後となっております。
展示されているのは「フルコンバージョン」以外のもので、大きいのはトレーラータイプのものから、小さいのは軽自動車タイプのものとなっており、国内外問わずメーカーが集まっていますので、その種類はかなりのものです。もちろん、展示されているものは市販品になりますので、値段を確かめたり、中に乗って自分に合うかどうかも確かめられますよ!
ほかにも改造パーツなどがありますので、自作したい人にも嬉しいですね! アウトドア用品なんかもありますので、キャンピングカーに興味がなくても充分楽しめると思います。

場所:インテックス大阪 大阪府大阪市住之江区南港北1-5-102
開催期間:平均2日
駐車場:1,920台

「大阪キャンピングカーショー2016」はさらにスケールアップ!

(イメージ画像)

「大阪キャンピングカーショー2016」は前回よりもさらにスケールアップということで、出展台数も増え、さらにイベントもさらに強化されるようです。イベントの具体的内容は、元阪神タイガースの桧山進次郎さんによるトークショー(26日)とシルク・ドゥ・ソレイユなどで活躍している有薗啓剛さんによるマウンテンバイク・パフォーマンスショー、けん玉パフォーマンス、キャンピングカークイズショーなどが行われます。
会場は2015年と同じインテックス大阪、3月26日から27日まで開催の予定です。この機会に足を運んでみてください!

「名古屋キャンピングカーショー2015」には充実したフードコーナーも設置!

出典:http://blog.goo.ne.jp/kenycorde/e/74fd9fb29f192487f6037a4797ffc8d2

こちらは車王国名古屋で開催されている「名古屋キャンピングカーショー」。会場はポートメッセなごやにて行われます。出店される台数は150台前後と上述の「大阪キャンピングカーショー」と比べてかなり多くなっていますので、来場者数もこちらの方が多く、盛り上がりもあります。向こうは商談会という側面が大きいので、純粋なショーとしてはこちらの方が楽しいのかもしれませんね!
もちろん、「名古屋キャンピングカーショー」でも、自作したい人には嬉しい改造パーツやアウトドア商品などがも一緒に展示されていますし、各種イベントなども行われていますので、キャンピングカーに興味のない人でも充分楽しめます!
特に、充実のフードコーナーではブラジル人シェフが作る肉料理なども販売されているので、グルメを楽しむというのもいいですよね!

場所:ポートメッセなごや 愛知県名古屋市港区金城ふ頭2-2
開催期間:平均2日 春・秋2回
駐車場:1,000台

「名古屋キャンピングカーショー2016」は開催日のみ発表済み。

(イメージ画像)

こちらは概要が全くでておらず、詳しいことが分かっているのは開催日のみとなっています。もちろん会場はポートメッセなごやとなっておりますので、規模などはそのまま行われると思います。イベントなどについては詳細が出てからとなりますので、気になる人は細かいチェックが必要になりますね! 毎年盛り上がりますので、とても楽しみです!
開催日は3月12からの13日の2日間で、秋にも予定されています。

「福岡キャンピングカーショー2015」は今回もアウトドアショーと合同でした!

九州最大規模の「福岡キャンピングカーショー」は、アウトドアショーと合同で開催されているショーで、毎年たくさんの人で賑わっています。会場はマリンメッセ福岡で、出展台数は120台数と上記のものに比べて少なくなっていますが、同時開催のものがありますので、来場者数では匹敵しています。
こちらも商談会という側面が強くなっていますので、特別セールなども行われており、キャンピングカーがすぐにでも欲しい人には絶好の機会ではないでしょうか。基本的にはほかの「キャンピングカーショー」と変わりは無いので改造パーツも出展されています。ご安心ください!
もちろん、イベントなども行われておりますし、フードコートだって存在するので、お子さま連れでも安心ですね! アウトドアコーナーではボルタリングの体験など、レジャー要素も多くなっています。アウトドア用品を買うにも最適なので、ぜひ足を運んでみてください!

場所:マリンメッセ福岡 福岡市博多区沖浜町7-1
開催期間:平均2日 
駐車場:780台

「福岡キャンピングカーショー2016」はいまだ未定。

(イメージ画像)

毎年開催されていますので、2016年に限ってないとは思えませんが、予定が一切たっていない状態のようです。なので開催日などの情報もありません。もう暫くすると発表されると思いますので、楽しみにまっていましょう!

「神奈川キャンピングカーフェア2015」は例年通り川崎競馬場にて開催されました。

上記と共通して大型から小型まで取り揃えている「神奈川キャンピングカーフェア」は、ほかのショーとは違って、展示会場を使うのではなく競馬場にて開催されています。屋外で展示するのなら、広くて設備も整っている分、もってこいの場所なのかもしれませんね! 出展台数はこちらも120台前後なので、規模はそんなに大きくありませんが、入場料無料というふとっぱらなイベントなので、来場者数は結構多いようですね! 
副題に大商談会と名前がついているように、メーカーと直接対話できますので、欲しいタイプのものが見つかったのなら寸法や装備、オプションなどを確認してみましょう! もちろん物販コーナーなども充実しているので、新しい発見があるかもしれませんよ!
イベントなどもちゃんと行われており、ほかの「キャンピングカーショー」に見劣るような所は一切ありません! 関東圏からなら近いので足を運んでみてくださいね。

場所:川崎競馬場特設会場 神奈川県川崎市川崎区富士見1-5-1
開催期間:平均2日 
駐車場:1,810台

「神奈川キャンピングカーフェア2016」は今年も競馬場にて!

第15回を迎える「神奈川キャンピングカーフェア2016」は、今回も川崎競馬場特設会場にて行われます! 前回と同様に120台前後のキャンピングカーが集合し、アウトドア用品の販売や、イベント、アトラクションも用意されており、入場料も同様に無料のままなので、気軽に参加してくださいね! お子さまも楽しめるのでおすすめです!

「春日部キャンピングカーショー2015」は埼玉のアピタ岩槻店にて開催完了!

出典:http://kasukabe-camp.jimdo.com/

日本で唯一キャンピングカーのみのイベントとして、開催されている「ジャパンキャンピングカーショー」のサブイベントとして行われるのが「春日部キャンピングカーショー」です。番外編というわけではなく、地方を周るツアーの一部として組み込まれていますので、出展台数はかなり絞られています。しかし、ちゃんと「ジャパンキャンピングカーショー」に出ていたものが展示されていますので、現地にいけなかった人にはありがたいショーですよね! 
本体のショーと同様に、キャンピグカーのみ置かれており、グッズや改造パーツなどは置かれていません。ただし、ほかと違って試乗会も開催されますので、気になる車種があった人は、運転してみるのもいいかもしれませんね!
会場が大型ショッピングモールということで、帰りに買い物もできますし、入場料や駐車場料金も無料になっています。気軽に立ち寄れるのがうれしいですね!

場所:アピタ岩槻店駐車場特設会場 埼玉県さいたま市岩槻区大字大口800-1
開催期間:平均2日 年3回から4回 
駐車場:1,200台

「春日部キャンピングカーショー2016」はアメリカン雑貨の販売も増えました!

出典:http://kasukabe-camp.jimdo.com/

こちらも基本的には2015年のものと同様のイベントが行われ、商談会をメインに据えて試乗や、イベントなどが行われます。会場もアピタ岩槻店駐車場特設会場ということで、入場料は無料のままなのが嬉しいですね! 今回はアメリカン雑貨の販売なども行うようなので、お好きな方は足を運んでみてくださいね!
開催日は2月20日から21日の2日間です。2016年も複数回開催されると思いますので、都合の良い日程をお選びください。

各地の「キャンピングカーショー」まとめ!

各地の「キャンピングカーショー」はいかがでしたか? 国内で最も大きなものは今回あえて省かせてもらい、地方で行われるものに限定して紹介させていただきました。ほかにも多数開催されていますので、キャンピングカーに興味のある方や、今年こそ買うぞ! という方は足を運んでみてくださいね。
それではキャンピングカーショーを楽しんできてください!