ミニバンのカスタムの種類!どんなカスタムも任せて!

ミニバンほどさまざまなスタイルに合わせられる車はないと⁉ どんなカスタムの幅があるのか見てみましょう!

一口にカスタムと言ってもさまざま

車体が大きいゆえに使い道はたくさん

ミニバンは車体が大きく室内空間も広々。カスタムの幅も広くどんな用途にも対応可能ですね! それではどのようなカスタム方法があるのか、一度改めて見てみましょう。

ミニバンの特徴

ミニバンはセダンとホイールベースがそれほど変わらないので小回りなどの運転方法はさほど変わりません。それでいて車内はセダンよりも広々なのが特徴と言えます。
さらにカスタムの定番だったセダンからその座を奪ったことも特徴でしょう。そのためカスタムパーツも豊富でどんなカスタムにも対応できる万能性も特徴と言えます。

ミニバンカスタムの種類!

それではさまざまな方向性のあるミニバンですがその種類を見てみましょう。

ミニバンカスタム:VIP

シャコタン、ツライチがVIPの基本とされています。初めはセダンからこのカルチャーが始まりました。フェンダーとホイールリムをツライチ状態にするために車高調でローダウンし、低い車高で走る、日本独自のカスタムカルチャーです。現在ではそのスタイルは海外にも飛び火し、徐々に世界へと広がっています。
もともとVIP=セダンでしたが、最近でミニバンも多く、年々増えていく一方です。エアロパーツなども各メーカーから多数販売されているのでオリジナリティー溢れる一台を簡単に作れてしまいます。

ミニバンカスタム:バニング

大きく張り出した前後バンパー、フェンダーもそれに合わせて何十センチ単位で広げられています。屋根には大きなウイングが特徴的で、バブル期に流行った改造スタイルです。現在でも少数ですがカスタムを楽しんでいる人が確認できます。
もはや車と言うよりもアトラクションのようにカスタムし、全国のカスタムカーイベントを盛り上げる山車のような存在で、車内はシートなどが取り除かれベッドになっている車も多いことから通称「エロバス」と呼称する人も。パーツなどは基本的にはワンオフ製作で、作成期間もとても長い時間を強いられます。大きく作られたエアロパーツは重量もありゆったり移動する走りになりますし、ウイングの高さは場所によっては通れない場所もあるので運転にもコツが必要のようです。
デコトライベントやチャリティーイベントなどで見ることができます。

ミニバンカスタム:オーディオカー

オーディオカーは大きく分けて二種類あります。一つは車内で理想の音を楽しむスタイルです。スピーカーとオーディオアンプの相性やスピーカーを設置する位置、音のイコライザーや発音スピードなどを調整し、まるで頭の中で音楽が鳴っているようなオーディオシステムを作ることを目標としています。カーナビやオーディオ、アンプなど高価なシステムを積んでいる場合、あえて外観はノーマルのままにするなどした盗難対策をとっている人もいるようです。

ミニバンカスタム:外向きオーディオ

オーディオカーのもう一つは外向きオーディオです。これは車内より車外に向けてどれだけ大きな音を出せるかといったコンセプトとなります。一般的にはラゲッジスペースに大きなウーハーを設置し、野外ライブのような楽しみ方をする目的です。一時期はパーキングなどでこれによる騒音が問題となりテレビなどでも話題になっていました。
最近では山奥などの迷惑の掛からない場所で夜な夜な愛好家たちが集まり爆音を楽しんでいるようです。

ミニバンカスタム:車中泊仕様

ミニバンの大きな室内を利用して長距離ドライブと車中泊といった利用方法をしている人もいます。本格的なキャンピングカー仕様でなくともミニバンであれば多少の旅なら快適に過ごせるでしょう。

BONFORM ( ボンフォーム ) 車用カーテン 車中泊 シャットカーテン リヤ5点 7901-04BK

¥3,336

前席用。付属のフックにヒモを掛けるだけで取り付けが簡単。軽自動車からミニバンまで幅広い車種に使用可能。

販売サイトへ

車中泊の基本はカーテンからです。まずこのように車内を覆うカーテン、もしくはマットなどを窓に貼り付けるタイプもあります。こうすることにより車外の人の目を気にする必要がなくぐっすり眠れるはずです。

cretom ( クレトム )ピロー付きかんたんエアーベッド ダブルM KA-59

¥3,753

空気を入れるだけで使えるエアーベッドです。ダブルサイズ。

販売サイトへ

フルフラットシートだけではなんだかゴツゴツ眠り難いですね。そこで簡易ベッドがあればゆっくり眠れるはずです。こちらは空気を入れるタイプなので普段は空気を抜いて折り畳んでおけば邪魔になりません。

【シートのデッドスペースをフル活用】 ヘッドレストに簡単取り付け 車載 収納 ポケット KURUPOKE:クルポケ 小物入れ 大容量 シートバック

¥1,142

家族旅行や車中泊で収納スペースが足りない!! そんな経験ありませんか?
そんな不満を解消する車内の収納を増やす「KURUPOKE」が登場!!
シートバックのデットスペースに収納ポケットを配置!!

販売サイトへ

実際に車中泊をすると、小物置き場に困ることに気が付くはずです。このようなデッドスペースを利用する収納ポケットがおすすめとなっています。目薬などついうっかりシート下に落としたりすると探すのが面倒だったり行方不明になりますが、これなら安心ですね!

まとめ

いかがでしたか? ミニバンカスタムの可能性はおわかりいただけましたか? ドレスアップからオーディオ、車中泊と広範囲にカスタマイズできるので多くの人に楽しんでいただけると思います。ご自身に合ったカスタムをしてより使いやすくお気に入りの一台にしてみてはいかがでしょうか?
最後までご覧くださいましてありがとうございました!