知っておくべき自動車保険の形態。任意保険?自賠責??

車を運転する誰もが1度は経験してしまうであろう交通事故。事故の際に大きな助けとなってくれるのが自動車保険です。自動車保険には自賠責と任意保険の2つがありますが、両者の違いがはっきり分かりますか?今回は、自賠責保険と任意保険の比較を通して、自動車保険の理解を目標とします。

自動車保険とは

自動車保険とは、自動車を運転中に相手に身体的、経済的に損害を与えてしまうような事故を起こしてしまった際、または、運転中の自己で運転者や同乗者がケガをしてしまった際などに、それらの損害、傷害を補償してくれる保険の総称です。
主に、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)と自動車任意保険(任意保険)の2種類があります。

自賠責保険ってどんなもの?

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)とは、車から原付まで、エンジンのついた乗り物を運転する際に、車両に掛けなければならない損害保険です。これは、自動車損害賠償法という法律によって義務付けられており、違反した場合には罰則があります。このことから、俗に、強制保険とも呼ばれています。

自賠責保険の意義

自賠責保険は、1955年の自動車損害賠償保障法の施行とともに誕生した、対人保険です。目的は、交通事故発生時に、その被害者の救済、補償です。すべての自動車に、あらかじめ、この保険に加入させることにより被害者は”被害者救済制度”を利用し損害賠償金を保険金として受け取ることができます。
このように、自賠責保険制度は被害者の救済という観点からつくられており、事故において被害者に優位なものとなっています。

自賠責保険の支払い

自賠責保険の保険金の支払いは、国土交通大臣、および、金融庁長官の定めた基準によって行われることになっています。本来、自賠責保険の目的は人身事故被害者の救済にありますから、慰謝料などについての算定基準額は裁判所の判例基準額より低い基準となっています。その反面、被害者救済という本来の目的の観点から、1割でも運転者に過失が存在する場合、その過失割合にかかわらず負傷者は被害者として扱われ保険会社より保険金が給付される。ただし、負傷者側の過失割合が7割を超える場合は、重過失減額といって、過失割合に応じて一定の金額が差し引かれるため、いかなる場合も全面的に補償のバックアップを受けられるというわけではありません。

自賠責の保険金額

自賠責保険は、必要最低限の被害者の救済を目的としているので、保険金には上限額があります。
上限額は、被害者1人につき、死亡3,000万円、後遺症が残ってしまった場合は、後遺障害認定の段階に応じて75万円から4,000万円まで、ケガなどの傷害は120万円までと非常に低いです。

自賠責は自己の死傷は適応対象外

自賠責保険では、自己の死傷などの損害に対しては保険金が支払われません。したがって、自賠責保険の記名被保険者、また、事故対象者の運転者が死傷した場合には保険金は降りませんので、注意が必要です。
つまり、運転中に障害物と接触し運転者や搭乗者が死傷したとしても補償はなされないということです。
自分への補償は、後述する任意保険の中で詳しく解説します。

物損事故も適応対象外

前項で述べたように、自賠責は被害者救済が目的ですから、相手や自分の財物が壊れた、いわゆる物損事故においては、保険金は支払われません。
そのため、後述する任意保険へも加入し、物損事故に対する補償を備えておくのが一般的となっています。

自賠責誕生からの経緯(年表形式)

●1955年12月1日:自動車損害賠償保障法施行
●1956年2月:保険契約義務化
●1962年8月1日:検査証、検査標章交付時の保険証提示義務化
●1970年10月1日:死亡事故追加保険料制度創設
●2002年4月1日:政府再保険制度廃止、死亡事故追加保険料制度廃止等
●2008年4月1日:自動車損害賠償保障事業特別会計を自動車安全特別会計に統合

自動車任意保険ってどんなもの?

自動車任意保険とは、法的に加入が義務付けられている自賠責保険において補償がなされない部分を補完するために、契約者自身が任意で加入する保険のことを言います。任意で加入する保険だから、そのまま、任意保険と呼ばれているのです。

任意保険の意義

任意保険の存在意義は「自賠責保険の補償範囲の補完。」です。
自賠責保険において、保険金が支払われない場合は、先ほど述べた通り、
1.物損事故
2.事故の死傷
の二つの場合においては支払われません。自賠責保険で保険金が支払われないからと言って、支払い義務が無くなるわけではありません。このような場合、事故を起こした当事者自身が、事故の財力で損害の補償をせねばなりません。当事者に莫大な資産や財力があり、事故の補償を自ら行える場合は問題ありませんが、そうでない場合は任意保険への加入を通して、万一の際の金銭的賠償ができるように備えておくのが一般的です。
また、自賠責保険が支払われる場合においても、自賠責算定基準額を超えた分に関しては当事者自身に補償義務があります。これらを補完するという側面でも、任意保険は重要となっています。

任意保険の保険金額

任意保険の補償範囲や補償金額の上限は、契約者の契約条件ごとに様々です。基本的に、自動車任意保険は、契約者の事故発生リスクと補償内容で保険への掛金額が変動します。掛金が高ければ高いほど、補償内容や範囲も手厚く安心なものになりますが、年間保険料をいくらまでなら払えるか、払ってもよいか。といった経済的事情は人それぞれですので、契約者自身で、よく考えてから加入することが必要です。

《対人賠償額》
対人賠償とは、人身事故の際に相手の身体の損傷によって生じた損害を補償することです。具体的に述べると、相手のケガの治療費、治療を受けるのに要した諸経費、治療を受けることで発生した経済的不利益(休業による損害)、慰謝料などが挙げられます。民事交通事故訴訟の損害賠償算定基準によると、一般的に
一家の支柱が死亡した場合:2,800万円、
母親、配偶者:2,400万円
その他:2,000万円-2,200万円
と言われていますが、あくまでも目安です。具体的な判例でみてみると、『一つの事故で両親が死亡した事案において、遺児2人に慰謝料各2,800万円を認めた』という事例があります。この場合、慰謝料だけで5,600万円となり、自賠責保険だけでは到底足りうるものではありません。
一般的に、裁判所基準の損害賠償額は一家の支柱が死亡した場合、慰謝料だけで自賠責保険の限度額である3,000万円を大きく超えることがほとんどです。このため、今日においては、たいていの契約内容は対人賠償額が無制限となっていることが多いです。

《対物賠償額》
対物賠償とは、物損事故において、相手に生じた損害を補償することです。具体例は、相手の車の修理費や、家屋の修繕費。車両に積んでいた積荷や同乗していたペットの死傷への賠償、物損に関する慰謝料などです。
交通事故には、人身事故と対物事故、もしくはその両方の二種類が存在しますが、相手のケガのみの人身事故の場合、物的損害は発生し得ませんから対物賠償は不要です。しかし、自動車同士の接触事故や、道路脇の家屋やガードレールなどの公共物を破損した場合は対物事故となり、壊したものに対する補償をしなければなりません。繰り返し述べているように、自賠責保険には対物補償はありませんので、任意保険において最も重要とされている補償分野です。
実際に車を運転していて、多いのが、「人をひいてしまった。」というケースよりも、「相手の車と接触してしまった。」、「民家の塀に車でぶつかって壊してしまった。」という些細な事故です。人身事故に比べ、軽微とはいえ、もしもの時のために対物賠償をつけておくのも一般的ではありますが、人身と違い、対物には500万円、1,000万円、3,000万円、無制限といったように、選択肢がたくさんあります。ここでの選択が年間掛金に大きく影響してきますので、よく考える必要があります。ガードレールを破損した場合の修繕費も意外と高く、数メートル数十万円しますし、電車と接触してしまった場合の営業損害は億にも上るといわれています。考え出したらキリがありませんが、万一の時に自分を救う命綱ですので、しっかり考えるようにしましょう。

自損事故に対する補償

運転者や契約者自身の傷害に関して、自賠責保険が適応されないのは繰り返し述べましたが、任意保険を契約していても、対人賠償の枠から自分に保険金は支払われません。ほとんどの保険会社は、「人身傷害特約」として、運転者や被保険者(契約者)自身の過失による傷害に対しても保険金を支払うというオプションが用意されていますが、この特約の有無で保険金の変動が大きくなります。この特約がカバーしている補償内容は、自分のケガの治療費、治療を受けに行くのに要した諸経費、休業損害、精神的苦痛に対する見舞金です。車においては付けるか付けないかは人それぞれですが、単独事故でケガをする可能性の高い二輪ライダーの場合、加入率が高くなっています。

車両補償

車両補償も、有無で大きく掛金が変動します。自身のケガと同様に、対物賠償の枠があっても、自分の車への補償は車両補償に加入していないと支払われません。事故発生時には廃車にしてしまおうと割り切っている車両であれば、問題はありませんが、事故後も修理や買い替えをせざるを得なく、そうなると経済的に困窮するといった場合には加入したほうが良いでしょう。

便利な特約

上の2項目ですでに触れていますが、
自動車保険には特約というものがあります。これは、対人賠償、対物賠償といった根幹となる補償に加え、+αの補償を任意で追加できるというものです。
規制緩和が進み、各社横並び、同じ補償内容から一転して、今では、各社が様々な価格を打ち出しており、さらに、付帯サービスも多岐にわたります。今回はそのなかから一部の便利な特約をご紹介します。

■無保険車傷害特約
これは、事故の際、相手が無保険で、あるいはその他事情で相手側から保険金が支払われない場合に、自分の加入している保険会社から保険金を支払ってもらうことのできる特約です。

■自損事故傷害特約
自損事故で、自身が死傷した際に保険金が支払われる特約です。

■ロードアシスト、ロードサービス
保険にロードサービスが標準で付帯していない場合に選択できます。出先での事故や車両の故障の際に、交通費、宿泊費等の補償や、車両のレッカー等を行ってもらえます。

■他者運転特約
他人から借りた車を運転している際に起こした事故に対して、事故を起こした該当車を自らの契約車とみなして補償を受けられる特約です。他人の車を運転する機会が多い方には必須かもしれません。

■ファミリーバイク特約
被保険者と同居の家族、別居でかつ未婚の子供に適用される保険で、保険適用者が125㏄以下の二輪車の使用中に発生した事故に対して、車の契約と同等額の対人補償、対物補償が受けられる特約です。また、125㏄以下の原付での事故は、自動車での事故とそのリスクの大きさは違い、事故有係数には影響を与え得ないという保険会社の解釈がありますので、バイクで事故を起こし補償を受けても、自動車の契約の等級が下がることはありません。基本的に、自分への補償がないものと、あるものの2種類があり、自分への補償が手厚いほど保険料が高くなります。とはいえ、バイク保険と比較した場合格安ですので、原付を使用されている方におすすめです。

保険だけがすべてじゃない。

いかがだったでしょうか?
意外と複雑で厄介な自動車保険ですが、車を運転する誰もが真剣に考えなければならないものです。車を運転する以上、事故というリスクは避けて通ることはできませんので、必然的に保険が必要となります。今日、あなたが事故で他人を傷つけるかもしれないし、逆に被害者になるかもしれない。そんな時の支えとなるのが自動車保険です。しかし、保険に入れば全て良いというわけではありません。保険で補償されるのは相手への金銭的賠償のみです。「保険に入っているから、もしもの時は保険会社がすべてなんとかしてくれる。」と安易に考えがちですが、事故時には相手に対する道義的な誠意を持った対応も重要です。相手へけがをさせてしまった場合、ましてや、後遺障害が残ってしまった場合など、お金だけで解決できる話ではないのです。もちろん、事故を起こさないに越したことはありませんが、万一の事故時に備えて自動車保険を吟味し、また、自動車を運転するという行為の責任の重さをしっかり受け止めておくようにしましょう。