【レクサス "F"】”F"とは何か?BMW Mシリーズ・メルセデスベンツ AMGとの比較など徹底解説!

レクサスのホームページを見てみると、製品一覧トップにはGS FとRC Fが掲載されています。その次は各F SPORT。現在のフラッグシップのレクサス LSは?というとセダンのトップですが、セダンはF SPORTの下に掲載されています。どうやらレクサス内のヒエラルキーでは、F・F SPORTは上位らしいのですが、果たして"F"とは、一体何なのでしょう?カンタンにまとめて解説します!

LEXUS "F" シリーズとは?

「レクサス」は、トヨタ自動車が展開する高級プレミアムブランドです。その中でも、特に選りすぐりのプレミアムスポーツカーには、「F」の称号が与えられます。「レクサス "F" シリーズ」とは、レクサス車のプレミアムスポーツブランドです。そして、レクサスブランドとしてプレミアムスポーツの方向性を決定づける戦略でもあります。そのため、どの車両の "F" シリーズでも、内容にブレがありません。

2007年より販売開始した「レクサス・IS F」を皮切りに、「レクサス "F" シリーズ」の商品展開がはじまりました。 "F" シリーズの「F」は、トヨタF1の本拠地である「富士スピードウェイ」の頭文字に由来します。"F" シリーズは、富士スピードウェイをはじめとする世界中のサーキットで、高い走行性能を実現するために開発されています。

BMW・Mモデルとの比較

BMW・M2クーペ
1,580kgの軽量ボディに370PSの直6ツインターボを搭載!

BMWの高性能車は「Mモデル」として展開されています。「Mモデル」は一般車両にチューニングを加え、高性能を獲得しています。チューナーはBMW M社。BMW社の関連会社が担当しています。M社の業務は主に、モータースポーツ車両の開発と高性能スポーツモデルである「Mモデル」の開発です。M社は関連会社ではあるものの、あくまでBMW社とは別会社で、BMW車専用のチューナーです。

これに対し「レクサス "F"スポーツ」の開発は、トヨタ自動車社内の「製品企画 スポーツ車両統括部 LEXUS Fグループ」が担当しています。また "F" シリーズはノーマルのレクサス車をチューニングするのではなく、ノーマルのレクサス車をベースにサーキット走行対応の高性能車として開発しています。

BMW・Mモデルは、社外関連会社による高性能チューンドカーであるのに対し、レクサス "F" シリーズは、メーカーが企画・開発・製造している高性能車である点が大きく違います。またM社はトヨタ自動車でいうなら、TOM'SやTRDの役割を担っています。

メルセデス・AMGモデルとの比較

メルセデスAMG CLS 63 S 4MATIC シューティングブレーク
5.5L V8直噴ツインターボ搭載! 最高出力585PS!

メルセデス・ベンツの高性能車は「AMGモデル」です。開発を担当するのは、メルセデス・ベンツ社内の「AMG部門」です。AMGは元々、3名のエンジニアによって設立された、レーシングカーのエンジンを製造する会社でした。その後メルセデス・ベンツ車を主にチューニングし、公式に高性能パーツをメルセデス・ベンツ社に納入するようになりました。1999年に合併し、独立企業から「AMG部門」へと業務形態を変更します。
AMGのエンジニアは、メルセデス・ベンツが新車のコンセプト検討段階から会議に参加します。新車データを開発段階から入手し、車両の各部を検討し、500以上もの高性能パーツを組み込み、入念なテストを繰り返してAMGモデルが完成します。

"F" シリーズと AMG モデルはともに、メーカーの1部門が、新車開発段階から関与した高性能車である点で共通しています。

【おまけ】「AMG」の読み方は?

読み方は「エーエムジー」です。メルセデスは英語読みを指定しています。ドイツ語読みの「エーエムゲー」ではありません。ちなみに「アーマーゲー」は完全な間違いです。ドイツ語の発音ですらありません(笑)

LEXUS ”F" シリーズの商品展開

レクサス "F" スポーツの商品は、3つのカテゴリーに分かれています。トップのレクサス LFA は既に生産が終了しているので、2016年2月現在のトップモデルはレクサス GS F となります。

出典:http://lexus.jp/pressrelease/news/20151125.html

レクサス "F"シリーズの概念図

究極の走りを体現する "F" - レクサス LFA

レクサス・LFA ニュルブリンクパッケージ

レクサス "F"シリーズの頂点に君臨するのは、レクサス LFAです。世界の超一流スーパーカーと肩を並べる超高性能車でありながら、ベテランドライバーだけでなく初心者でも運転を楽しめる車両です。

LFAの走りを受け継ぐ "F" モデル

"F"モデルは、サーキットを走ることを念頭において開発されています。どんな車両でもサーキット走行はできます。しかし、限界域で走るサーキットでは、通常の車両は数周でマシントラブルが発生します。一方 "F" モデルは、サーキットを1日中でも走り続けられるだけの耐久性と高い限界性能が与えられています。
また、エクステリアには、レクサス・LFA の意匠を取り入れています。

現在発売中の "F" モデルは、GS F と RC F の2車種です。

【レクサス IS F】"F" シリーズの元祖・過去の "F"

レクサス "F" シリーズ初の市販車両が、レクサス IS F です。2007年から2014年にかけて製造されました。

【レクサス LC500】将来の"F" モデル候補?

2016年1月にデトロイトショーで発表されたレクサス LC500は、もしかしたら "F" モデルの一員なのかもしれません。その根拠は搭載エンジンが "F" モデル専用の「2UR-GSE」だからです。レクサス LC500 のリリースが楽しみですね。

LFAのエッセンスを纏った "F SPORT"

レクサス CT200h"F SPORT"

BMWのM社やメルセデス・ベンツ社のAMGは、各ブランドの専用パーツを単品でも販売しています。レクサス"F"シリーズでは専用パーツの単品販売はないものの、主だったレクサス車に"F"モデルをオマージュしたパーツ装着車を設定しています。それが "F SPORT" です。

【まとめ】今後の "F" シリーズに期待!

出典:http://lexus.jp/models/gsf/index.html

デトロイトショーで豊田章男社長がレクサス LC500 のプレゼンの最中におっしゃっていました。「レクサスは第3チャプターに入った」と。

今までの "F" シリーズも含めた商品展開で、世界に通じるプレミアムカーのイロハを習得したレクサスです。新登場のレクサス LC500 ではそのノウハウを生かし、プレミアムカー用の車体を一から開発しました。この車体は新しい "F" シリーズにも生かされることでしょう。今後のレクサス "F" シリーズからどんな、ワクワクドキドキするようなクルマがリリースされるのでしょう? これからもレクサス "F" シリーズから目が離せませんね!