【フェラーリ F12ベルリネッタ】FR最強モデルは自由自在のコントロールシステムが魅力

ハイパワーV12型エンジン搭載モデルでエアロダイナミクスによる空力性能だけでなく室内の高級感や流麗なボディデザインによってトータルバランスが優れたモデルです。そのポテンシャルに迫ってみたいと思います。

「F12ベルリネッタ (F12berlinetta)」とは

「フェラーリ F12 ベルリネッタ(F12berlinetta)」は、イタリアのスーパースポーツカーブランドの「フェラーリ社」が製造しているFRのGTカーです。「ベルリネッタ(berlinetta)」はサブネームではなく、「F12ベルリネッタ(F12berlinetta)」が、正式な車名です。
「599GTBフィオラノ」の後継モデルとして2012年2月に発表されました。

史上最高のエアロダイナミクス

「F12 ベルリネッタ」はボディサイズが全長4,618mm、全幅1,942mm、全高1,273mmとなり「599」より全長47mm、全幅20mm、全高63mmそれぞれ小さくなっています。エンジンの搭載位置と着座位置は下げられため車高は低くなりました。
ボンネットに使われている「エアロ・ブリッジ」は、最初のダウンフォースを発生させます。
また「アクティブ・ブレーキ・クーリング」は、ブレーキ冷却エアダクトのフラップを制御するシステムで、ブレーキの温度が高くなった場合のみ冷却ダクトが開くよう設計されています。
フロントタイヤとドアの間にはエアロブリッジと呼ばれるダクトが設けられドアを通り空気を整流する仕組みとなっています。
テールランプは2灯式でリアディフューザーを構成する2つの垂直フィンをボディと一体化させています。リアフォグランプはリアビューカメラが内蔵されたLEDタイプを採用しF1のテールランプ風の中央一灯式となっています。トランクは、リアガラスハッチごと跳ね上げる方式です。
「F12 ベルリネッタ」は、フェラーリ史上もっとも空気力学的な性能の高いモデルとなっています。
時速200kmで123kgのダウンフォースというCd値0.299(599の2倍)が証明されています。

高い剛性性能

「F12 ベルリネッタ」のスペースフレーム・シャーシとボディシェルは12種類もの異なるアルミ合金の組み合わせによるまったく新しいものです。
その中には自動車製造分野では初めて採用された素材もあり、様々な接合・組み立て技術を駆使して仕立てられています。
この結果、車輌重量の軽量化(1,525kg)と 性能効率の最大化(ねじれ剛性20%強化)が図られています。

上品かつスポーティなインテリア

インテリアのダッシュボードで目立つのは、革新的な新デザインとなったエアベントです。
航空機からインスパイアされたエアベントはコンパクトでカーボンファイバーとアルミニウム合金から作られたものです。
ブリッジにはF1ギアボックスとハザードのボタンがセットされ、キャビンの特徴的な要素となっています。その下はアルカンターラ仕上げの収納スペースとなっており、カップホルダーもあります。
またトンネルコンソールは、高さ調整式のアームレストが設けられており、下の収納スペースに簡単にアクセスできるようにヒンジによる可動式となっています。
この収納スペースには便利なUSBポートも装備しています。
また「F12 ベルリネッタ」のドアパネルは、流れるようなダイナミックなラインを描きつつも、アームレストやドアハンドル、トゥイーター、スピーカー、エアバッグ、レザー仕上げのポケットといった主要装備が整っています。
パネル中央のトリム部分は、仕上げと素材を選ぶことが可能で、好みに合わせた仕様に仕立てることができます。オプションにはパネルの個性的なラインを強調すべくデザインされたアルミニウム製ボーダーも用意されています。

電子制御でマシンセッティング

またレーシング・マネッティーノでは、ドライバーは電子制御システムのセッティングを幅広く調整することができ、ハイグリップな路面でのスポーツドライビングをさらに高めます。
ダッシュボードの右側のサテライトポッドにインフォテインメント情報を表示するTFTスクリーンのためのスイッチがセットされています。
マネッティーノをRACE、「CT-Off」「ESC-Off」のモードに設定すると、ドライビング重視のセッティングとなりますが、ドライバーには常に最適な状況が伝えられるため、安全性にも寄与します。
特別なアルゴリズムにより、様々な要素(横G、加減速G、車速、エンジン回転数)から車輌の状況(ブレーキ、タイヤ、エンジン温度)を常に把握します。
その上でドライバーには、車輌の状況として「WARM UP(さらにウォームアップが必要)」「GO(最大パフォーマンスを発揮するのに最適な状態)」「OVER(オーバーヒート。クールダウンが必要)」が表示されます。
同時に衛星ナビやブルートゥースからのストリーミングオーディオを再生するステレオの操作や、音声認識によるトラック、アーチスト、アルバム、曲名のセレクトが可能です。
スマートフォンを繋ぐことでインターネットにアクセスした、ウェブラジオやポッドキャスト、アプリのダウンロードも可能です。

740PSのパワーユニット

「F12 ベルリネッタ」のフロント・ミッドシップに搭載されたエンジンは6,262cc 65度 V型12気筒のNAエンジンです。
圧縮比13.5の高圧縮にチューンされ最大出力740PS/8,500rpm、最大トルク70.4kgm/6,000rpmを発生し、これまでの「フェラーリ社」の市販車のなかでは最もパワフルなエンジンです。実にリッターあたりの出力118PSを記録しています。
最大トルク690Nmによって得られる素早いレスポンスと強いピックアップを可能としました。
パワーの80%は2,500rpmという低回転時から発生します。
強大な加速性能はレブリミットの最高回転数8,700rpmまで継続します。
また車輌の重心を下げるために下部クランクケースは新設計となっています。その結果、エンジンの搭載位置は30mm低くなり、前後方向でも「599」と比較してシャシー後方向に設置されています。

燃費とのバランス

また、特に進歩したのが燃料消費とCO2排出量です。
内部のフリクションロスは最低限まで抑えられ、3つのプラグを異なる強さと長さでスパークさせるマルチスパーク・イグニッション機能という革新的な技術の採用により、「599」と比較して出力、トルク共に向上しています。
燃料消費は15L/100kmで30%削減を実現し、CO2排出量は350g/kgに抑えるという数値によって「F12 ベルリネッタ」はこのクラスにおける新たな基準を設けたモデルです。

パワートレイン

V12型エンジンが発生するパワーは、瞬時にギアチェンジする「デュアル-クラッチF1トランスミッション」を介してリア・ホイールに伝達されます。
トランスミッションは、この車輌のパフォーマンスに合わせた専用クロスレシオに設定され、電子制御式の「E-Diff」と統合することで全体重量の軽量化に貢献しています。
リアのマルチリンク・サスペンションと電子制御式ディファレンシャルに統合されたF1デュアル・クラッチ・トランスミッションにより実現した新しいトランスアクスル・レイアウトは、車体後部のコンパクト化にも役立っています。

バランスの取れた重量配分

「F12 ベルリネッタ」の短縮されたホイールベース、より低重心化したエンジンとドライバーズシート・ポジション、新型サスペンションの採用とギアボックス・レイアウトによって、軽量コンパクトかつ低重心に仕上げられています。
主な重量物を低重心化し、シャシー後方にレイアウトしたことによって、理想的な重量配分(フロント46%、リア54%)も実現しました。

ポテンシャルを引き出す足回り

「F12 ベルリネッタ」のテクニカル・スペックは最新のカーボン・セラミック・ブレーキ・システム(CCM3)にあります。
最新技術の新型カーボンセラミック・ブレーキング・システム(CCM3)には、リアパッドに新素材、フロントにアクティブ・ブレーキング・クーリングというF1のテクノロジーをロードカー用に最適化した冷却システムが採用されています。
これによってブレーキのフェード現象を解決し、制動距離を飛躍的に短縮しました。
進化型磁性流体サスペンション(SCM-E)、先進ビークル・ダイナミクス・コントロール・システム(E-diff、ESC、F1-Track、ハイパフォーマンスABS)などのシステムに加えて、「トランスアクスル レイアウト」にDCTを搭載し0-100km/hまでの加速を3.1秒、200km/hまでは8.5秒、最高速度は340km/hを達成しました。
またHELEシステムの採用によってCO2排出量を350g/kmに抑えている。
搭載されるコントロール・システムは全て、「モデルベース・ソフウェア」で、ひとつの高速コントロール・ユニット(ECU)に統合されています。

「F12 ベルリネッタ」主要諸元

エンジン:6,262cc 65度 V型12気筒 DOHC NA
圧縮比:13.5:1
最大出力:740PS/8,500rpm
最大トルク:70.4kgm/6,000rpm
1リッター当たり出力:118PS/L
最高回転数:8,700rpm
トランスミッション:7AT(F1DCT)
駆動方式:FR
サスペンション:F/R ダブルウィッシュボーン
ブレーキ:F/R カーボンセラミックブレーキ(CCM3)
全長:4,618 mm
全幅:1,942mm
全高:1,273mm
ホイールベース:2,720mm
トレッド:F 1,665mm R 1,618mm
重量配分:F/R 46:54
車両重量:1,525kg
最高速度:340km/h
0-100km/h:3.1秒
0-200km/h:8.5秒

限定車「F12 tdf」

2015年12月にフィナーリ・モンディアーリのガラ・パーティーにおいて、「F12 ベルリネッタ」のハイパフォーマンスバージョンの「F12 tdf」が発表されました。
世界限定モデルで799台のみの生産となっています。
「バーチャルショートホイールベース」とよばれる後輪操舵システムを採用しています。
「tdf」は、1899年から1980年代から行われた自動車レース「ツール・ド・フランス」略で、「tdf」の名称がつけられたモデルは「フェラーリ 250GT tdf」以来59年ぶりとなっています。

高回転化されたエンジン特性

搭載するエンジンは、フェラーリのエンジニアが、最大出力780PS/8,500rpm、最大トルク71.9kgm/6,750rpmへ向上しており、1Lあたりのパワーは、125PS/1Lとなりました。
また2,500rpmという低回転域ですでにその80%を発生させ、レブリミットの8,900rpmまで途切れることなくパワー、トルクを発生します。
このエンジンは、レースにインスピレーションを得たメカニカル・タペットをはじめ、F1の可変長式インテーク・トランペットを採用して高回転域での容積効率を向上させるなど、数々の改良が重ねられています。「F12 tdf」は、トランスミッションもギア比を6%クロスレシオ化した専用の「F1 DCT」が装備され、アップシフトは30%、ダウンシフトは40%、それぞれ高速化されました。

初採用のシステム

タイヤ幅を225から275に、リム幅を9.5インチから10インチに拡大したフロント・タイヤ&ホイールに加えて「バーチャル・ショートホイールベース・システム」を採用しています。
「F12 tdf」でデビューするこのシステムは、リアホイールが垂直軸を中心にステアするアクティブなリアアクスル機構です。

1g単位の軽量化

ボディワークをはじめ、インテリア、エンジン、トランミッション、ランニング・ギアの再設計に加えて、ボディ内外の様々な部分にカーボンファイバーを採用し、車輌重量を110kgの軽量化が図られています。

ポテンシャル

0-100 km/h加速2.9秒、0-200 km/h加速7.9秒という記録を達成しました。
「F12 tdf」のフィオラーノ・サーキットのラップタイムは、1分21秒フラットです。
また、「La Ferrari」で導入したワンピース構造の新型エクストリームデザイン・ブレーキキャリパーの採用によって、制動距離は、100-0km/hは30.5m、200-0km/hは121m となりました。
そしてコーナーリング速度も、大幅なダウンフォースの増加によって、コーナーリング速度は87% 向上しています。この数値は、フロントマウントのV型12気エンジン・ベルリネッタとしては前例のないレベルです。

「F12 tdf」主要諸元

エンジン:6,262cc 65度 V型12気筒 DOHC NA
圧縮比:13.5:1
最大出力:740PS/8,500rpm
最大トルク:71.9kgm/6,000rpm
1リッター当たり出力:125PS/L
最高回転数:8,900rpm
トランスミッション:7AT(F1DCT)
駆動方式:FR
サスペンション:F/R ダブルウィッシュボーン
ブレーキ:F/R カーボンセラミックブレーキ(CCM3)
全長:4,656 mm
全幅:1,961mm
全高:1,273mm
ホイールベース:2,720mm
トレッド:F 1,673mm R 1,648mm
重量配分:F/R 46:54
車両重量:1,415kg
最高速度:340km/h
0-100km/h:2.9秒
0-200km/h:7.9秒

まとめ

「F12 ベルリネッタ」は、V12型エンジン搭載車で初搭載のシステムによるハイパワーなユニットを搭載しエアロダイナミクスによるコーナリング性能を向上させ、軽量化とデザインやレザーの使用による高級感などトータルバランスが優れたモデルです。