永遠の輝きを手にいれる!愛車の手入れ方法!

車は常に輝きを放っていたいと誰もが思います。しかし、時間が経つにつれてボディの状態は痛んで行ってしまい年々輝きが失われてしまいます。この事を仕方のない事と思い込んで諦めてしまっている方は以外と多いかと思いますが、まだ諦めないでください。これは日々のお手入れで防ぐ事ができます。ここでは、輝きを失わずに維持し続けるための車の手入れ方法についてご紹介します!

いつまでも美しい車で!

車を購入した際はやはり、その綺麗でツルツルなボディが非常に幸福感を与えくれます。ずっとこのボディを維持していたいと多くの方が思うと思いますが、それは乗らずにガレージ保管でもしていない限り無理な事です。ましてや、青空駐車の環境下ですと車の手入れをしっかりと行わなければ、日が経つにつれて経年劣化が進んでしまいボディはボロボロになってしまいます。ボディを効果的に保護する、日常的な車のお手入れ方法をご紹介します!

コーティング施工

コーティングにも様々な種類のものがありますが、ここ最近主流になっているのがガラス系コーティングです。ガラス系コーティングを施工する事でボディにガラスの皮膜を作り出す事ができ汚れの付着を防止して塗装面を保護してくれます。新車で購入した際はぜひ、納車時に施工しておく事をおすすめします。傷ひとつないボディの上に施工するので綺麗な塗装面をしばらくの間保護しておく事ができます。中古車で購入した方でも、ボディに一回磨きを入れてからコーティングを施工する事で見違えるほど綺麗なボディに仕上げる事ができます。

雨は敵!

車のボディに雨は大敵です。付着した雨がイオンデジポッドを作り出してしまい、ボディに鱗のような雨染みを作り出してしまう事が多々あります。この雨対策としては、雨が降った後に車庫などで吹き上げたり洗車する事が出来れば一番いいのですが、これは少し現実的ではないので雨対策もコーティングで対応する事ができます。

こんなのもあるんです!

車のボディをどうしても傷つけたくない方にオススメなのが、プロテクションフィルムの施工です。こちらの施工料金はコーティングと比較しますと大分高くついてしまいますが、効果は抜群です。透明のプロテクションフィルムをボディ全体に張り込んで行くので一見、特になんら変わりない車ですが、実は透明のシートで保護されていると言った仕上がりです。ボディを保護する究極系として選択肢の中にいれてみてはいかがでしょうか。

車の洗車方法!

車に汚れが付着した際の洗車方法を簡単にご紹介します。ワックスやコーティング剤を最後に使用する事でボディの輝きは確かに増しますが、それよりも洗車過程が非常に重要な鍵を握っています。下地処理なくして輝きは手に入れることができません!

水は大量に!

洗車の際に、ついつい水道代を意識してしまって水をできるだけ使わないで洗車を行う方が多いかと思いますが、ボディの事を考えた場合は大量の水を使用してください。大量の水でボディ全体を濡らして大まかな汚れを落とします。その後、シャンプーをスポンジに含んで大量の水を使いながらボディを洗っていきます。ここで、水の量を少量にしてしまいますとボディに残った埃や汚れで洗車傷を作ってしまう原因になります。シャンプーを流す際も大量の水を使用してください。シャンプーがボディに残らないようにしっかりと流す事がポイントです。万が一残ってしまいますと、直射日光によって酸化し、ボディにダメージを与える可能性があります。

仕上げ作業!

ここまでの工程をしっかりと確実にやっていれば、それなりの輝きを手に入れているかと思います。しかし、それだけでは満足できないもので更なる輝きを求めて、ワックスやコーティング剤、ケミカルを使用します。仕上げ作業をする際は、下地処理である洗車工程が確実に行われていれば商品の説明書きどおりに作業を進めてください。洗車工程なしで作業を行いますと逆にボディを痛めてしまう原因になってしまいます。

施工が楽な仕上げ材も続々ラインナップ!

一昔前のワックスやケミカルなどは、洗車後に必ず完全にボディの水分を脱水し乾燥させた後に施工する事が絶対条件でしたので、洗車を本気で行うと1日コースなんて事も珍しいことではありませんでした。しかし、最近では洗車後の濡れたボディに散布してそのまま吹き上げて完了できる商品も多くラインナップされています。施工が簡単でも効果は気合できる商品が多いので、一度カー用品店などに足を運んで手にとって見てみることをおすすめします。

まとめ

車の手入れ方法について説明してきました。最近では洗車機を使用して洗車する方も多いようですし、ボディを傷つけないために工夫された洗車機なんてのも登場しているようですが、ボディの保護を目的とするのであれば極力避けるようにしましょう。自身の手で、ボディを傷つけない細かい繊維のタオルやスポンジを使用して優しく手入れしてあげましょう。手洗いすれば愛着もわきますし、仕上がりはピカイチです。車の手入れって面倒なようですけど、一度本気でやってみると意外にも多くの方がはまってしまいます。週末に愛車の手入れをするのが趣味なんて方もいるぐらいです。車の手入れは方法と手順をしっかりと理解した上で正しい知識で行うようにしましょう。そうすれば、あなたの愛車もずっと綺麗な輝きを保ち続けることができます!