【フェラーリ 458イタリア】「E・クラプトン」がワンオフ作成するほどのフェラーリ

「フェラーリ 458 イタリア」は、超高回転9,000rpmの「フェラーリサウンド」を奏で、ギターの神様「エリック・クラプトン」がワンオフモデルを作成したモデルです。「エリック・クラプトン」までも魅了する魅力に迫ってみたいと思います。

「フェラーリ 458 イタリア」とは

「フェラーリ 458 イタリア」は、2009年9月のフランクフルトモーターショーにおいて、先代モデル「フェラーリ F430」の後継V8エンジン搭載モデルとして登場しました。車名の「458」は、排気量の「4,500cc」「V型8気筒エンジン搭載車」に由来し、末尾に付けられている「イタリア」の名付け親はフェラーリ会長であるモンテゼモーロ氏であるといわれています。

エアロダイナミクスが図られたデザイン

「458 イタリア」のデザインは「フェラーリ社」によると「純粋」、「シンプル」、「技術」、「効率」、それに「軽量化」といった設計思想のもと、ピニンファリーナとフェラーリ・スタイル・センターによってコンパクトで空気力学的なフォルムに磨き上げられているようです。ピニンファリーナのデザインは、コンパクトで空力特性の高いボディラインと、常に性能を重視するフェラーリのコンセプトを具現しています。そのスタイルは、究極の状況下での卓越したドライバビリティーを追求することで獲得したもので、パフォーマンスとドライビング・プレジャーを念頭に、細部のひとつひとつのパーツまで磨き上げられています。実際、ほとんどの部分で先々代モデル「フェラーリ 360」を踏襲していた先代モデル「フェラーリ F430」から大きく変更されているうえ、空力性能が大幅に向上しています。
2つから1つになったフロント開口部には速度によって変形しダウンフォースを発生させるといわれる弾性ウィングレットが装備され、縦に長く鋭くなったフロントライト等、変更点は多く、シルエット全体で見れば過去のフェラーリMR車の伝統的なボディシルエットを受け継いでいます。グリルには、エアインテークが2つあり、クーラーやラジエーター、アンダーに送られ、ダウンフォースも発生させるように設計されています。
また、「エンツォ フェラーリ」で取り入れられ、「F430」でも採用されたランプの上半分が露出したテールデザインが継続して使用されています。テールランプ1個にバックランプ、ブレーキランプ、ウインカーがまとめられたデザインです。
空力パーツによりダウンフォースは時速200km/h で約140Kg発生させるほどエアロダイナミクスが図られたデザインとなっています。

F1ドライバーが考えたインテリア

「458 イタリア」のインテリアは、F1においてフェラーリで5度、計7度のワールドチャンピオンを獲得した「ミハエル・シューマッハ氏」の意見が取り入れられています。内装の素材には、レザーとカーボンをメインに採用しています。シートやダッシュボード、ステアリングの一部は、レザー素材が採用されています。センターコンソールやステアリング、インストルメントパネルにカーボン素材が使用され、フットレストはアルカンターラで仕上げられています。
ドライビングに集中できるよう大変シンプルな仕上げとなっており、通常のクルマに付いているシフトレバーやパーキングブレーキレバー、ウィンカーレバーが存在しておらず、それらの機能はボタン操作となっています。
ステアリングは、エンジン回転数に合わせシフトチェンジのタイミングをLEDで表示させるシフトフラッシャーをオプションで選択できるようになっています。
またステアリングには、ウインカー・ヘッドライト・ワイパーの操作、オーディオ・ラジオ・キルスイッチ等が備わっています。
そして車載コンピューターによって車両状態に関する情報を提供し、現在の車の状態に最適な運転挙動について、「ウォームアップ」(コンポーネントにはまだウォームアップが必要)や「発進」(使用に最適な状態)から、「オーバー」(オーバーヒート、車両コンポーネントを冷やさなくてはならない)まで、ドライバーに提案することもできるようにセットされています。
まさにクルマをコントロールするためのインテリアになっています。

超高回転ユニット

シャシー全体から考えると、やや後方寄りにミドシップされるエンジンは、排気量4,499cc 90度 V型8気筒 DOHC 32バルブ NA ドライサンプ式エンジンを採用しています。
「フェラーリ 458 イタリア」のV8ユニットは完全な新設計で、この気筒能力のフェラーリ製ロードカーとしては初めてとなる最高回転数9,000rpmを実現しました。
エンジン自体は、「フェラーリ カリフォルニア」と同じものですが、より高回転まで回るようにチューニングされてレブリミットが9,000rpmに設定されているのです。
また「フェラーリ社」のMRモデルとして初の直噴エンジンが採用されたことも注目できるポイントです。「フェラーリ社」としては、「フェラーリ カリフォルニア」が初採用のエンジン機構です。
圧縮比は12.5:1で最大出力は570PS/9,000rpm、最大トルク55.1kgm/6,000rpmを発生します。市販NAエンジンで、1リッターあたり127PSという優れた数値を記録しています。
先代モデルの「F430」よりも71PSの出力向上を達成しながら15%の燃費改善も達成するなど、非常に優れたパワーユニットなのです。
トルクに関しても優れたポテンシャルを備えています。6,000rpmで最大となる55.1kgmを発揮、そのうちの80%は3,250rpmという低速回転域から発生します。この柔軟なエンジントルク特性によって、広い範囲での力強いドライビングが可能となっています。

パワートレイン「DCT」

「フェラーリ 458 イタリア」に搭載されているトランスミッションに関しては先代モデル「F430」のF1マチック(セミAT)から「ゲドラグ製」7速DCT(デュアルクラッチトランスミッション)に変更となっています。また「F430」まで採用されていた3ペダル型MTは廃止されました。「F430」からの引き継ぎは、「F430」に採用されていた走行モード切替スイッチ「マネッティーノ」です。そして固定式のカーボンパドルシフトのみによるシフトチェンジが可能になっています。

トータルバランスを追求した足回り

サスペンションシステムには、ダブルウィッシュボーンが採用されスタビライザーを装着しています。これによって高速走行時のコントロール、安定性を高めています。
ブレーキシステムには、「Brembo製」カーボンセラミックディスク(CCD)のフロントおよびリアモジュールで構成されています。フロントには、148cm2のパッドを備えた6ピストン・モノブロックキャリパー付き398mmカーボンセラミックディスクが装備されています。リアホイールは、77cm2のパッドを備えた4ピストン・モノブロックキャリパー付き360mmカーボンセラミックディスクで制動されます。
またホイールは、「BBS製」20インチ鍛造アルミホイールが装着されています。組み合わされるタイヤは、「BRIDGESTONE製」POTENZA S001を装着しています。
その結果、100km/hからの停止距離は、32.5メートルです。
「フェラーリ 458 イタリア」は、高速走行性能、コーナリング性能、制動性能とトータルバランスが優れたサスペンションシステムが設計されています。

「フェラーリ 458 イタリア」主要諸元

エンジン:4,497cc 90度 V型8気筒 DOHC 32バルブ NA ドライサンプ式
最大出力:570PS/9,000rpm(最高回転数:9,000rpmリミッター)
最大トルク:55.1kgm/6,000rpm
圧縮比:12.5:1
1リッター当たり出力:127PS/1L
トランスミッション:7速DCT(F1デュアルクラッチ・トランスミッション)
サスペンション:F/R ダブルウィッシュボーン(スタビライザー付き)
ブレーキ:F/R カーボンセラミックディスク
全長:4,527mm
全幅:1,937mm
全高:1,213mm
ホイールベース:2,650mm
トレッド:F 1,672mm R 1,606mm
前後重量配分:42:58
車両重量:1,380kg

最高速度:325km/h
0-100km/h:3.4秒
0-200km/h:10.4秒
0-400m:11.3秒
0-1000m:20.3秒
100km/h-0km/h:32.5m

派生モデル

派生モデルとして「458 スパイダー」「458 スペチアーレ」「458 チャレンジ」「フェラーリ 458 GTC」「フェラーリ 458 GT3」などが存在しています。

「458 スパイダー」

「フェラーリ 458 スパイダー」は、2011年10月にフランクフルトショーで発表されました。
アルミ製ルーフを持つメタルトップが備えられており、開閉に要する時間は各14秒ほどです。開閉方式に屋根が180度回転しながら格納される2分割式を採用しています。
「スパイダー」モデルとしては、V8エンジンを搭載するオープン・フェラーリとして「フェラーリ カリフォルニア」が先行して存在していますが、FRでマイルドな味付けの「カリフォルニア」とMRでスパルタンな「458 スパイダー」とで差別化が図られています。

「458 スペチアーレ」

「458」シリーズの最高グレードである「458 スペチアーレ」は、2013年のフランクフルトモーターショーで公開されました。ベーシックモデルより最大出力が35PS向上しており、90kgの軽量化を施されて605PS/1290kg、0-100km/h加速は3.4秒から3.0秒に短縮され「458」シリーズモデルとしては最高スペックを誇ります。足回りやギア、エアロなども専用チューンが施されています。

レース仕様車

レース仕様車として製作されている、ワンメイク仕様の「458チャレンジ」、LM-GTE仕様の「フェラーリ 458 GTE」、FIA-GT2仕様の「フェラーリ 458 GTC」、FIA-GT3仕様「フェラーリ 458 GT3」が存在します。

「458 チャレンジ」

ワンメイクレース専用仕様「458 チャレンジ」は、エンジン仕様や馬力等に変わりはなく、主に軽量化がギリギリまで施され、トランクや内装のパネルはすべて取り払らい、1,220Kgまで軽量化されたモデルとなっています。

「458 チャレンジ エボルツォーネ」

「458 チャレンジ」を改良したモデルで空力や操縦安定性が見直され、リアにGTウイングが装着し、トラクション向上、コーナリングの安定性を高めています。エンジンは、「458 チャレンジ」と同SPECを搭載しています。ヘッドライトが標準クリアレンズです。

「 458 GTC(GT2)」

FIA-世界耐久選手権 の参戦のために開発されたモデルでLM-GTE戦 (Le Mans24)やFIA-GT戦 (Super GT)に参戦していたモデルです。変更点は、ヘッドライトのレンズがイエロー色になっている点、最大出力は465PS、最大トルク53.0kgmとなっています。

「458 GT3」

「458 GTC」のパワーアップ仕様でFIA-GT世界選手権に主に参戦するモデルです。馬力や最高速度、パーツの強化・追加などが施されています。サイドスカートやフロントディフューザーが設計し直されています。ヘッドライトはクリアになり、カナード装着などの空力パーツが追加されています。最大出力は550PS、最大トルク56.1kgmとなっています。

モータースポーツ

2011年のSUPER GTに「458 GTC」がGT300クラスに参戦し、開幕戦富士、第2戦、第3戦で2位を3回連続獲得しています。第7戦でも2位を獲得し安定した稼ぎでポイントランキング2位を獲得しています。
2012年、2013年のSUPER GTシーズンには、FIA-GT3仕様の「フェラーリ 458 GT3(No.5 マッハGoGoGo車検Ferrari458)」で参戦したが目立った成績を獲得出来ずシーズン終了となりました。
2012年にLe Mans24時間耐久レースで、「458 GTC」が「LM-GTE Pro」クラスで優勝しています。

「エリック・クラプトン」モデル

2012年3月に「458 イタリア」をベースに「512BB」のモチーフを取り入れたスペシャルデザインのエリック・クラプトンがオーダーしたモデル「SP12 EC」がイギリスのディーラーからデリバリーされました。名称の「SP」は、「Special Program」を意味し「12」はクラプトンが数多く乗り継いだ (中でも512BBは3台) 「12気筒ベルリネッタ」を意味し、「EC」はクラプトン (Eric Clapton) のイニシャルを表しています。

まとめ

「フェラーリ 458 イタリア」は、V8エンジン搭載モデルの伝統を引き継ぎつつも、新設計のエンジン、空力性能が図られたデザインのボディなど、新たなフェラーリの方向性を示したモデルと言えるでしょう。9,000rpmの高回転のフェラーリサウンドを奏でる「458 イタリア」は、ドライバーに高揚感を与えてくれるモデルです。