タイヤチェーンの簡単な付け方【装着方法の動画あり】

ノーマル(夏用)タイヤなのに、外出先で大雪に見舞われてクルマを動かせない。そんな時に、タイヤチェーンのつけ方を覚えていれば、慌てずにすみます。今回は、知っておいて損がないタイヤチェーンの簡単なつけ方について教えます。

万一のために備えておきたいタイヤチェーン

東京都心部でも1年に数回は、大雪に見舞われることがあります。雪が多い地方ならスタッドレスタイヤを装着している人も多いと思いますが、夏用のノーマルタイヤで雪道や凍結路を走行するのは大変危険です。
最近のタイヤチェーンは、装着も簡単になってきています。万一外出先などで雪に見舞われても慌てないように、冬はいつでもタイヤチェーンを装着できるように準備しておきたいですね。

タイヤチェーンの種類の説明・比較とおすすめチェーン

タイヤチェーンは、金属製のものと、ゴムやポリウレタンなどの非金属製の2つに大きく分けられます。それぞれメリットとデメリットがありますので、使用が想定される場面や予算などに合ったタイプのものを選びましょう。

金属製タイヤチェーン

金属製のタイヤチェーンは、古くから使われているもっともポピュラーなタイプです。価格が安くて、収納時にはコンパクトに収まるので、トランクなどのスペースをとらずに携行しやすいというメリットがあります。

デメリットは、走行時に大きな音が発生するうえ、雪のない路面を走り続けると摩擦熱で、チェーンの金属部分が破損していまい、走行中に外れてしまうこともあります。

FEC [ エフイーシー ] 金属タイヤチェーン [ 雪道楽 α1 ] ラダー型 YA104

¥5,700

もっともオーソドックスなハシゴ(ラダー)型の金属製タイヤチェーンです。
凍結した路面での走行性能に優れ、坂道での登坂でも能力を発揮します。ただし凍結した交差点やカーブでは、横滑りしやすいので注意が必要です。

販売サイトへ

FECチェーン 雪道楽NEO HA-4

¥7,800

亀甲型のタイヤチェーンは、雪道・凍結路ともに威力を発揮し、はしご形よりも横滑りしにくく乗り心地も優れています

販売サイトへ

非金属製タイヤチェーン

非金属製のタイヤチェーンは、主にゴムやウレタン、ポリウレタン製のものに金属のスパイクがついたものです。

雪道だけでなく乾いた路面でも振動も少なく静かに走行することができます。金属製のように摩擦熱も発生しにくいので、乾いた路面で切れにくいというメリットがあります。

デメリットとしては、金属製に比べると価格が高く、折りたたみにくいので収納性があまり良くない点が上げられます。

カーメイト(CARMATE) 簡単装着 BIATHLONシリーズの決定版 非金属タイヤチェーン バイアスロン・クイックイージー ブラック QE11 215/50R16 205/50R17 215/60R15 205/60R16 215/65R14 205/65R15 195/65R16 195/70R15 195/80R14 205/55R16 205/70R14 195R14

¥20,600

高性能ポリウレタンエラストマーを採用した、脱着が簡単な非金属製タイプのタイヤチェーンです。

販売サイトへ

力の弱い女性向け 緊急時用の布製タイヤチェーン

最近、登場した「布製チェーン」は、ポリエステル製で軽くて取り付け・取り外しが簡単なので、女性でも扱いやすいタイヤチェーンです。収納も大変コンパクトでスペースをとりません。
ただし、耐久性が低いので雪道でしか使えず、乾いた路面ではすぐに破損してしまい利用できません。また、チェーン規制の高速道路を走行することもできません。
雪道でスタックした時などの緊急回避用として、備えておきたいタイヤチェーンです。

weissenfels(バイセンフェルス) 新世代滑り止めデバイスweissSock(バイスソック) WSK-S90 S90

¥7,433

取り付けに約1分、外すときはオレンジのベルトを引っ張るだけと、脱着が本当に簡単な布製タイヤチェーンです。

販売サイトへ

タイヤチェーンの購入するときのポイント

タイヤチェーンは、小さいと取り付けられませんし、大きすぎると車体に当たったりして、チェーンだけでなく、タイヤをパンクさせたり、車体などを傷つけたりする原因となってしまいます。
タイヤチェーンを購入する前に、タイヤのサイズを確認しましょう。タイヤのサイズは、タイヤの側面に記載されています。 (上のイラストではタイヤサイズが『185/75R14』となります)。
また物によっては、車種やその年式によってタイヤチェーンが異なる場合があります。分からない場合は、購入時に店員に確認したうえで購入しましょう。

タイヤチェーンの簡単な付け方

タイヤチェーンは、駆動輪に取り付ける

クルマには4本のタイヤがついていますが、タイヤチェーンはそのうちの駆動輪2本に取り付けないと意味がありません。車検証には書いていないので自分の乗っているクルマが、前輪駆動(FF)なのか、後輪駆動(FR)なのか、ディーラーなどであらかじめ確認しておきましょう。なお4輪駆動車(4WD)の場合は、基本的には前輪に取り付けましょう。

金属製タイヤチェーンの取り付け方

雪の上でも簡単にタイヤチェーンを取り付けることができる方法です。

1.タイヤチェーンを道路に広げてねじれを直して、表と裏を確認します。
2.タイヤチェーンの内側と外側を確認します。通常、ジョイント部にS字型のフックが付いている方が外側になります。
3.前輪駆動車の場合は、タイヤチェーンを取り付けるタイヤ側のハンドルを外側(右側なら右に、左側なら左に)一杯にきった状態で作業を行なうと装着が簡単になります。
4.タイヤチェーンをタイヤの上にかぶせるように装着していきます。
5.外側と内側にあるチェーンの端をフックにかけて止めていきます。できるだけチェーンをひっぱりながら、全体が均一に張られるようにバランスを調整します。
6.タイヤチェーンを取り付けたら、チェーンバンドをかけて終了です。

金属製タイヤチェーンの取り付け方は、チェーンを路面に広げてクルマを上に移動させる方法や、ジャッキアップで取り付ける方法などもあります。

非金属製タイヤチェーンの取り付け方法

オーソドックスなタイプの非金属製タイヤチェーンの取り付け方を説明します。

1.スパイクが付いている面を上向きにチェーンを広げて、取り付ける準備を行ないます。
2.タイヤの後ろ側にチェーンを回しこみます。
3.スパイクが付いている面を上にしたまま、タイヤにそってチェーンを持ち上げ内側のジョイントを接続します。
4.外側のフックを接続した後、最後に付属のハンドルを使って、ロック部を締め付けたら完了です。

非金属製のタイヤチェーンは、各メーカーや商品毎に取り付け方法が異なる場合があります。取扱説明書などをよく読んで、試しにタイヤチェーンをかけてみることをおすすめします。

タイヤチェーンのつけ方を動画で紹介

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/Ve7NJHd1tlg" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

JAFが公開している金属製と非金属製の2タイプのタイヤチェーンのつけ方を紹介している動画です。
動画でみるとそれほど難しい感じがしないと思います。いざという時のために何度かタイヤチェーンを付ける練習をしてみましょう。

金属製ワンタッチタイプの取り付け

ワンタッチタイプの金属製タイヤチェーンは、慣れると1分ほどで装着できるようになります。取り付け方法は、下記の通りです。

1.非金属製タイヤチェーンと同じようにケーブルをタイヤの裏側に通します。
2.ケーブル両端を持ち上げ、タイヤの上部で接続部を連結します。
3.上部のクロスチェーンを引き出し、サイドチェーンのフックを引っかけたあと、ケーブルをタイヤの裏側に落とします。
4.下側のストッパーを強く締め付け、ゴムフックを掛けたら完了です。

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/iqzBlRiwcX8" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

ワンタッチタイプの金属製タイヤチェーンは、商品によって、ストッパーのかけ方などが多少異なる場合があります。

基本的なタイヤチェーンの付け方

最近のタイヤチェーンは、ジャッキアップしたり、道路にひいたチェーンの上にクルマを移動したりすることなく、タイヤにかぶせる感じで簡単に装着できるタイプが多くなってきました。
普段慣れていない雪道や凍結路の運転は、大変危険です。不安を感じたら転ばぬ先の杖として、冬になったらタイヤチェーンを準備しておくことをおすすめします。