【フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン】自動車安全テスト2015年コンパクトMPVクラスNo.1の安全性能に迫る

ヨーロッパで実施されている自動車安全テスト「EURO NCAP」で2015年コンパクトMPVクラスで見事No.1に輝いた「フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン」。そんなフォルクスワーゲン ゴルフトゥーランの安全性能に迫ってみたいと思います。

【一番は安全性能】Volkswagen オールイン・セーフティ

Volkswagenはいつの時代にも「安全性能はすべてに優先する」というテーマを掲げて行っているのが、総合安全技術Volkswagenオールイン・セーフティです。すべての人のドライブを安心で快適なものにするために、「予防安全」「衝突安全」「二次被害防止」と3つのステージで総合的に危険を回避する数々の技術を展開しています。

なによりも事故を起こさないための「予防安全」

アダプティブクルーズコントロール“ACC” (全車速追従機能付)

クルーズコントロールにレーダーセンサーを組み合わせたシステム「ACC」。高度なレーダースキャンで先行車を測定し、あらかじめ設定されたスピードを上限に自動で加減速を行うことができます。それにより一定の車間距離を維持することができ、長距離走行などでの疲労を低減することができます。また、渋滞などの低速域でも作動し、先行車が完全に停止するまでの範囲で制御が可能です。

レーンキープアシストシステム"Lane Assist"

フロントガラス上部に設置されたカメラで走行中の車線をモニタリングしており、ドライバーの意図しない車線のはみ出しを検知するとハンドルの補正を行ってくれます。さらにドライバーに警告してくれドライバーのハンドル操作をサポートします。

ドライバー疲労検知システム"Fatigue Detection System"

ドライバーのハンドル入力や角度をモニタリング。疲労や眠気による急なステアリング操作や通常の運転パターンとは違う動きと検知すると、マルチファンクションインジケーターの表示と警告音で休憩を促してくれます。

プロアクティブ・オキュパント・プロテクション

事故が起きる可能性を予測し、早めに乗員保護機能の作動に備えてくれるシステムが「プロアクティブ・オキュパント・プロテクション」。急制動や極端なオーバーステア、アンダーステアによって発生する事故の可能性を検出してくれます。検出すると、シートベルトのテンションを高め、ウインドーを閉じ、万が一の衝突が起きた際には各エアバッグが最大限の力を発揮できるように備えてくれます。

プリクラッシュブレーキシステム"Front Assist"(シティエマージェンシーブレーキ機能付)

全速度域(作動速度範囲 5km/h以上)でレーダーにて前方の車両との距離を検知。衝突の危険が予測されるとブレーキ圧を高めて制動距離の短縮化を図りスタンバイ状態を保持します。また、ドライバーには警告音と警告灯によりお知らせ。ドライバーが回避操作を行わない場合は自動で車両を減速。衝突の被害を軽減させてくれます。また30km/h未満での走行中には自動的にブレーキを作動させ追突の被害を軽減するシティエマージェンシーブレーキ機能が作動します。

万が一の事故をした場合のダメージを軽減する「衝突安全」

インテグレーテッドチャイルドシート(後席一体型チャイルドシート)&ISOFIX基準適合チャイルドシート固定装置

2列目左右のシートにはチャイルドシートが内蔵され、チャイルドシートが必要な子どもが乗車する時は、シート座面を引き起こし、専用サイドヘッドレストを装着します。座面を格納し専用サイドヘッドレストを取り外してしまえば通常のシートとしても使用可能です。
後部座席(2列目/3列目)には、チャイルドシートをワンタッチで固定できる「ISOFIX基準適合チャイルドシート固定装置」が装備されており、もちろん別売のチャイルドシートにも対応。ISO(国際標準化機構)規格のシート固定方式で、固定用フックとチャイルドシート側の取付アームを連結。ワンタッチで簡単、確実にチャイルドシートの装着が可能です。

アクティブボンネット

歩行者との衝突を検知すると、瞬時にボンネットの後端を40mm~60mm持ち上げます。そうする事により、エンジンとの間のスペースを拡大し、歩行者の頭部への衝撃を低減させることが出来るシステムです。

事故が起きた後の被害を抑える「二次被害防止」

事故の被害を最小限にとどめる"ポストコリジョンブレーキシステム"

衝突の危険を最大限回避し、起こってしまった事故の被害を最小限にとどめる機能が「ポストコリジョンブレーキシステム」です。衝突や追突した時の衝撃をエアバッグのセンサーが検知することで作動します。自動でブレーキをかけて車両を10km/h以下になるまで減速させることにより、対向車線へのはみ出しによって起こる多重事故の危険を低減させることが出来ます。

モビリティタイヤ

タイヤの内部に粘着性の強いシールの層がある特殊構造のタイヤを標準装着。直径5mm以下の釘やネジが刺さり、タイヤ内部に達した場合、シーラント剤がすぐにパンク穴を塞いでくれます。そうすることによりタイヤの空気圧が失われず、急なタイヤ交換や修理の必要ありません。まずは落ち着いて安全な場所まで運転して移動することが可能です。

まとめ

いかがでしたか。これだけの安全性能がある車だと安心できますね。ディーラーの試乗車や展示車の検索、試乗の申込みは公式サイトへお問い合わせください。

公式サイト