【ダイハツ ミラココア】「大きい=良い事」じゃない!小ささを魅力にしたミラココア

軽自動車を作るメーカーからすれば、軽自動車は大きくしたい。その方が安全性も確保できるし、ユーザーからのウケも良い。軽自動車規格が変わり、それに合わせて大型化。「ワゴンR」「タント」と言った大きな軽自動車が売れ筋。単純に大きくしていくことが軽自動車にとって最良なのか? あえて小さな車体であることに魅力を感じるミラココアを見ていましょう。

軽自動車の大きさ

軽自動車という規格

現在の軽自動車の規格を確認しましょう。

・全長 3.40m以下
・全幅 1.48m以下
・全高 2.00m以下
・定員 4名以下
・貨物積載重量 350kg以下
・排気量 660cc以下

現行の軽自動車はこの規格に沿って作られています。

だが、見た目の大きさは違う

今の軽自動車は「全長」「全幅」に関しては、ほぼ全てが横並び。水平方向は一緒の数値です。

街中を走っている軽自動車を見ても、にわかには信じがたいですが…

大きな軽自動車の代名詞となったタント。こちらの大きさは
全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,750mm

全高以外は、軽自動車の規格から-5mmという数値です。

軽自動車の中でもトップクラスの売れ筋をキープし続けるワゴンR。タントとは見た目の大きさも違いますし、メーカーも違いますが
全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,660mm

全長・全幅はタントと全く同じ。


そして今回紹介する 「ダイハツ ミラココア」も

全長3,395mm
全幅1,475mm

全高は1,530mmもしくは1560mmです。軽自動車内での大きさというのは全高でその見た目の印象が大きく変わります。

軽自動車は大きいほうがいい?

軽自動車市場では大きな軽自動車ばかりが注目されてきました。ワゴンRにしても、タントにしても…従来の軽自動車では無かった広々とした車内空間というのがユーザーからの支持を獲得しています。

なぜ、そこまでして広さを求めるのか?

「そりゃぁ、従来の軽自動車は狭かったもん!」

「ダイハツのミラ」は、かつて私の母の愛車でもありました。まだ私は小学生だったんですが、それでも「ミラは狭い」と感じていました。特に後部座席が

しかし、「今のミラ」は違います。ミライースは従来のミラをベースにしていますが、足元の空間はしっかりと確保されるようになりました。かつての「狭い」というイメージは消えています。座席のレイアウトなどを工夫することで、座っていても窮屈さを感じないようになっています。

もちろん車体が大きければ、それだけ収容容積が増える。大きな荷物を積み込むなら大きいほうが有利。でも、その大きな車体は重量が増えるので、燃費などでは不利。今の軽自動車の大きさというのは、その辺のバランスがうまく取れているかと思います。

ミラココアのグレードと車両価格

ミラココアには基本2種類のグレードがあります。

グレード L

Lは下位グレードになります。

ボディカラーの2トーンの選択はできず、また外見そのものもフロントグリル周辺部がXとは異なったデザインです。

車両価格は
2WD 1,188,000円(税込み)
4WD 1,328,400円(税込み)

グレードX および 派生グレード

上位グレードに相当。このXから「Limited」「プラス X」「プラス X Limited」の3種類への派生モデルがあります。
グレードXでの大まかな外見は統一されていますが

・「ナビオプションの違い」→Limited系のみ純正ナビ標準装備
・「スーパーUV&IRカットガラス(フロント)」→Limited系のみ。その他はUVカットのみ
・「スーパークリーンエアフィルター」→Limited系のみ
・「フロントグリルの仕上げの違い」→プラス系はメッキ仕上げ
・「シートとインパネ類のカラー」→プラス系のみ アイボリー・ブラウン・ピンクベージュの3種類から組み合わせ可能
・「フォグランプ」→プラス系のみ

といった違いがあります。

基本となる「グレードX」の車両価格は
2WD 1,296,000円(税込み)
4WD 1,436,400円(税込み)

「グレードX」にナビ・スーパUV&IRカットガラス・スーパークリーンフィルターが追加となる「X Limited」の車両価格は
2WD 1,404,000円(税込み)
4WD 1,544,400円(税込み)

フロントメッキグリル・LEDヘッドランプ・内装色の組み合わせが可能な「X プラス」の車両価格は
2WD 1,404,000円(税込み)
4WD 1,544,400円(税込み)

「X プラス」からナビ・スーパUV&IRカットガラス・スーパークリーンフィルターが追加となる「X プラス Limited」の車両価格は
2WD 1,512,000円(税込み)
4WD 1,652,400円(税込み)

ミラココアの魅力

小さいことをミラココアの最大の武器に!

ミラココアはミラをベースとした車両。では「ココア」ってどういう意味合いでつけられたのか? 言うまでも無く飲み物のココアのことなんですが…なぜココアなのか?

車名は飲料の「ココア」から来ており、ココアを飲んだときのほっとする雰囲気から、落ち着く車を表現している

出典:ja.wikipedia.org

この「落ち着く」というのが、ミラココアの考え方。皆さんの経験の中で「少し狭い場所のほうが落ち着く」ってことはありませんか? ミラココアの車内空間というのは、そんな程よい広さではないかと思います。

販売ターゲットは女性!

見た目からして、その販売ターゲットが女性であることが明らか! 「かわいらしさ」を全面的に押し出しています。

ただ見た目だけをかわいくしたわけではありません。運転席からはボンネットが確認でき、車両感覚がつかみやすく設計されています。後部ドアの更に後ろにも窓が用意されており、後方の死角を少なくしています。
小回りの効く小さな軽自動車であり、更にクルマとしても扱いやすいように設計されているのです。

個性的なクルマ!

カラーバリエーションは通常カラーが10色。
グレードX系なら、更に2トーンカラーの5色も選べます。

プラス系になると、シートカラーが3種類から選択可能。インパネやセンターコンソールも同様。なので…内装は3x3=9パターンの組み合わせがあります。
ボディカラーも15種類から選べますので、それも組み合わせると15x9=135パターン!

カラーだけでもその組み合わせはかなり多い。同じミラココアであっても、同じ組み合わせとなることはかなり珍しいということになります。

ここにオプションでアクセサリーを追加したら? より個性的なミラココアへ! アクセサリーも含めるとそのバリエーションは無限大に広がります。

アクセサリーはクルマだけにとどまらず

アクセサリーカタログを見ると様々なパーツ類が並んでいます。これらの組み合わせでより、自分好みのクルマにしていくわけですが…アクセサリーと言っても、それは「クルマに付けるアクセサリー」のカタログを目にしているはず。

ダイハツでは更に「カラクラ」というブランドを立ち上げています。

ここでミラココア関連のアイテムを扱ってるんですが…

これはなんでしょうか?
スマホケースですが、これもミラココア関連のアイテム「ココアコレクション」の物。
これはキーレスエントリーのカバーではありません。スマホのケースです。
もちろんこのケースを付けないと、ミラココアに乗る上で支障がでるとかそんなことはありません。

こちらもアクセサリーカタログ掲載のタンブラー。
このタンブラーでないと、ミラココアのドリンクホルダーに収まらないのか?

もちろんそんなことはなく、市販されているタンブラーやペットボトルが収まります。


このようにココアセレクションとして、「クルマに装備するアクセサリー」ではなく、「ユーザーが身につけるアクセサリー」などを展開。クルマだけではなく、それに乗るユーザーにもココアの個性的な魅力を身に付けてもらおうということです。
カラクラには他にも多種多様なアイテムがありますので、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?

ミラココアの個性の謎

ミラココアの個性はどこから来たのか?

ミラココアはミラの派生モデル。ミラココアの先代モデルに相当するのが「ミラジーノ」です。

あくまで「相当する」ということです。
女性向けのデザイン性を重視した作りではありますが、コンセプトがまるで違います。ミラジーノは曲面を多用しており、トランクルームを持たせたような形状をしています。
それに対してミラココアは角を丸めた四角を組み合わせたような形状です。

形状だけで言えば「ムーヴコンテ」に似ています。
ムーブコンテの先代モデルは「ムーヴラテ」なのですが、一部ではこのムーヴラテがミラココアの先代モデルでは? という声も。

どれも個性派なクルマばかりですが、お互いの関係性はあやふや。その誕生のきっかけは謎です。

その後も登場する個性派なクルマ

ミラジーノとミラココアが本当に関連性があるのか。見た目的には丸と四角でまったく違うコンセプト。

その丸と四角の個性派がまた誕生しています。

ミラジーノっぽい丸い見た目をしたのが「キャストシリーズ」です。画像はクロスオーバーSUVタイプのアクティバ。私個人的ではありますが、最初そのデザインを見たときは「ミラジーノの後継機」だと思いました。実際には関連性の無いクルマなのですが。

実際のところはキャストシリーズで独立したもの。生産終了となったテリオスキッドのSUV枠を「キャスト アクティバ」、ソニカのスポーツ枠を「キャスト スポーツ」、と埋め合わせるラインナップになっています。
しかし、その一方で町乗りを重視した「キャスト スタイル」というモデルもあります。見た目もコンセプトもミラジーノのそれによく似ています。

では、ミラココアのような四角の個性派は?

四角の個性派となると「ウェイク」が登場しています。アウトドアを意識した作りになっており、その大きさはタントを上回ります。
こちらはタントを上回る大きさの軽自動車という目的で開発。その性格もミラココアとは対照的といえるでしょう。

ミラココアに「男性が乗る」

巨大掲示板「2ちゃんねる」内でこんな内容のスレッドがありました

・母親にクルマを買ってもらったが、そのクルマはアルトラパンだった(泣) 19歳 男性

ちなみにこれがアルトラパンです。

同じアルトでも「アルトワークス」だったら本人は納得していたんですかねぇ…?

言うまでも無く「ダイハツのミラ」「スズキのアルト」は競合車種。その派生モデルである「ミラココア」「アルトラパン」も同じです。
今回はラパンでしたが、もしかしたら「母親に買ってもらったクルマがミラココアだった(泣)19歳男性」となっていたかもしれません。


と、ここで疑問なのが「ミラココアに男性が乗る」というのは、そこまでおかしなことなのか?
確かにダイハツHPでのミラココア紹介ページを見ても、そこに移ってるモデルさんは皆女性。女性を強く意識しています。ちまたでもそのような評価です。
以前勤めていた職業柄 ごく短時間ではありますが、私は様々なクルマに乗る機会がありました。もちろんラパンにも乗りましたし、ミラココアにも乗りました。短時間の走行中に感じ取れる情報というのは限られていますが、その中で思ったこと…

それは「圧倒的に運転し易い」ということ。軽自動車なので小回りが効きます。運転し易いというのはごく当たり前なことなのかもしれません。
「販売ターゲットは女性!」というところでも少し触れましたが、運転席からボンネットが見えますし、後方の視界も良好。現在タントを愛車にしてますが、タントの場合はボンネットがよく見えません。同じ軽自動車でも運転のし易さでは、愛車として長年乗っているタントよりも、ミラココアのほうが良好だと言えます。

それでも男性からはウケが悪い。もちろん好む男性もいるんですが、周りの目を気にして手をこまねいている方も。
そのデザインも関係するんでしょうが、まずボディカラーが淡い色使いのものが多いのが「女性向け」という印象を強くしているのではないでしょうか?

で、あれば濃い色使いの物を選べばいいのではないでしょうか? 例えばこの「シャイニングレッド」や

「ブラックマイカメタリック」 このようなボディカラーだけでも印象はかなり違います。

デザイン性で言えば、MINIなんかが近いでしょう。MINIに男性が乗っていても違和感は特にありませんよね? ちなみに漫画「シティーハンター」の冴羽 獠の愛車です。(旧モデルのほうですが)
残念ながら、ミラココアの2トーンにはレッド・ブラック系が用意されていないので、このようなMINIのようなカラーは選択できませんが…

このルーフキャリアが搭載されたアイボリーカラーのミラココアですが、これがレッド・ブラック系だったらどうでしょうか? 本来は収納を補うためのアクセサリーであるルーフキャリアが、活動的なクルマのイメージ作りに一役買ってくれるのではないかと思います。
他にもアクセサリーとして用意されている「チタン調フロントエンブレム」「メッキドアミラーカーバー」などのメタリックなパーツを配色してみたり、ホイールを社外製にしたり、ステッカーを用いるというのも手です。


女性向けという印象が強いミラココアですが、個性派でもあるのがミラココア。より一歩踏み込んだ個性の追求をして見るのも面白いのではないでしょうか? こだわりがある1台となれば、そこには男女の区別は無いはずです。

まとめ

いかがでしたか?

ミラココアは個性派であり、魅力が強い一方、その魅力は女性向けであるというクルマ。ライバルであるアルトラパンの場合は、アルトワークスという形で売り出されています。ミラシリーズにはそのような販売が行われていないというのは残念。
しかしながら、ミラココアに魅力を感じるという男性のユーザーも居るのも確かです。単なる女性向けではなく、個性を演出できるクルマであったからこそといえます。

このミラココアの魅力と個性を引き出すのはユーザーです。むしろセンスが問われるものであり、そのセンスには男女は関係ありません。ミラココアから「ユーザーのセンス」というのを観察するというのも面白いですし、ミラココアそのものの見方も変わるのではないかと思います。