【水平対向エンジンの音が好き!】街で聞くあの特徴的なエンジン音の正体とは!?

なんで水平対向エンジンは独特な排気音をしているの? そんな疑問にお答えいたします! スバリストは必読です!

水平対向エンジンって?

多くの自動車のエンジンのピストンの向きは縦やV型に配列されているのに対して水平対向エンジンはその名の通り水平に、配列されています。4気筒であれば片側2気筒ずつ水平に上下運動していると言うことです。このレイアウトを頻繁に取り入れているのはポルシェやスバルです。
今回は特に身近なスバルのエンジンに焦点を当てたいと思います。

水平にする利点は?

エンジンを水平対向型にするとどんなメリットがあるのか。それは「低重心化」に繋がります。一般的なエンジンは縦に背が高いことに対して水平対向エンジンは平たく薄くなるようなイメージです。エンジンは車にとって一番の重量物なので、重心が低く抑えられれば走行性能に直結する都合の良い特性を持っています。
特に運動性能を求められるスポーツタイプの車には利点が多いと言えるでしょう。

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/KidYOnnjxxY" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

ボクサーエンジンのメリットを縦型エンジンやV型エンジンと比較してわかりやすく説明している動画です。

デメリットはないのか?:整備性

多く普及している縦型エンジンやV型エンジンと比較してデメリットもあります。それは整備性の悪さです。エンジンルーム内にスペースが確保されていないことからなにか作業の度にエンジンを降ろさなければいけない傾向にあります。
そのため整備費用が多く掛かり、作業時間も長くなる特性を持ち、ボクサーエンジンの整備経験の少ない作業者では手こずることでしょう。

デメリットはないのか?:耐久性

エンジンの構造上、スポーツ走行時は注意が必要です。と言うのはコーナリング時に片側に重量が掛かりエンジンオイルが偏ってしまいます。これが原因でエンジンを潤滑不足に追いやってしまい重大なダメージを与えかねません。これの現象は水平対向エンジンに特有の現象と言えるでしょう。
対策としてはエンジンオイルの量を多く入れることが基本とされています。さらに油膜も強くエンジンの保護性能の高いオイルを使用することで損傷などからエンジン内部を守ることができるでしょう。

CASTROL(カストロール) エンジンオイル EDGE 5W-40 SN 全合成油 4輪ガソリン/ディーゼル車両用 4L [HTRC3]

¥3,350

規格 API: SN ACEA: A3/B4 ●粘度 SAE: 5W-40●タイプ: 全合成油●用途: 4輪車用ガソリン・ディーゼルエンジン両用●推奨VW 502 00 / 505 00 MB-Approval 229.3 BMW Longlife-01 Porsche A40●内容量:4L

販売サイトへ

ボクサーエンジンって独特の音してるよね!

ドロドロボコボコがたまらんゼ!

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/reqvytWGCBk" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

独特の排気音! これぞスバルって感じですが…。

ボクサーエンジンと言えばこのドロドロやボコボコと表現するような独特の排気音ですね! まるでバイクのような、そしてすぐに水平対向エンジンをわかるような特徴的な音。これが好きでスバルを選んだ人も多いはずです。
ではなぜ水平対向エンジンはこんな音がするのでしょうか? 

水平対向エンジンが独特のエンジン音の理由

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/LH7j64W11Wk" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

ザ、スバルサウンド!

みなさんも少しは疑問に思ったことがあると思いますが、これは排気管、厳密にはエキゾーストマニホールド、いわゆる「タコ足」に秘密があります。水平対向のレイアウトから片側2気筒ずつが1本に集合される、2-1のレイアウトが左右で長さが違うことから排気がぶつかり合い、あの音が出ているのです。
通常はどの気筒もマフラー出口まで同じ距離が理想ですが、ボクサーエンジンの場合、エンジルーム内にゆとりがなく気筒あたりのマフラー出口までの距離が違います。これが原因で2本のパイプが1本に絞られた場所で排気がぶつかり合い独特のサウンドになっているのです。
理想は1気筒ずつが出口を通るようなイメージとされています。言い換えれば火事になったビルの一つの出口に我先にと人々が密集しているのがボクサーエンジン、どうぞどうぞとゆずり合いスムーズに人が出ていく状況が一般的なエンジンと言うことです。

じゃあ良くないの?

先ほどの解説を読むと、理想の排気システムでないことにお気付きだと思います。しかし車やバイクは調律の取れた物だけが選ばれるのではなく、「味」のある物ほど人気が出る物です。
確かに理論上では排気効率は悪いことになりますが、実際の走りは充分な程パワフルで高性能。文句の付けようのない車ばかりなのは事実です。

新しいスバルの音

あれれ?音が普通っぽいぞ⁉

最近のスバルは構造の見直しによって排気音が変わりました。今までのあのサウンドが好きな人には残念なお話ですが、クセのない排気音を出すことによってより多くのユーザーを獲得することができました。(厳密には排気音以外に人気の秘密がありますが…)
残念ながら新しいスバル車はほとんどが「普通の音」です。中にはWRX STiのような昔のボコボコサウンド(不等長サウンド)を復活させたモデルもあります。
さらには社外のエキゾーストマニホールドに交換することによって昔の排気音を再現することも可能です。スバルのボコボコ音が好きな方は改造などで排気音をアレンジしてみてください!

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/zPdgPL_Uq6w" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

まとめ

いかがでしたか? なぜ水平対向エンジンが独特のサウンドをしているかおわかりいただけましたか? 賛否両論ある排気音ですが、好きな人には病み付きになること間違いなしです。よければ一度体感してみてください!
最後までご覧いただきましてありがとうございました!