400ccバイクの車検費用はどれぐらいかかる!?250ccバイクとの維持費の比較など

日本では400cc以上のバイクは2年に1度車検を受けなければいけません。車検の際に必要な金額は一体どれぐらいかかるのでしょうか? また、車検費用をできるだけ安く済ませるための方法もご紹介しておりますので、車検を受ける際の参考にしていただければと思います。さらに車検を受ける必要がない250ccとの維持費の比較もしてみたので、ぜひご覧いただければと思います。

400ccのバイクの車検料金はいくらぐらいかかるのか?

日本では400cc以上のバイクは車検対象となります。車と同じように2年ごとに車検を受ける必要があり、車検の切れたバイクで一般道を走った場合には道路交通法違反で厳しく罰せられてしまいます。

400ccのバイクの場合、バイク屋さんなどに車検を依頼すると車検料金は5万円〜10万円ほどと言われています。決して安い金額ではないので、できるだけ安く済ませたいと思っている方も多いのではないでしょうか。筆者も400ccのバイクを4車種ほど乗っていたので、同じ気持ちでした。そこで、まずは400ccバイクの車検料金をできるだけ安く済ませる方法をご紹介させていただきます。今回ご紹介させていただくのは「格安車検」と「ユーザー車検」です。ではそれぞれ解説させていただきます。

車検にかかる費用について

車検を安く済ませる方法をご紹介する前に400ccバイクの車検を受けるために必ず必要な費用をおさらいしておきましょう。法定費用と呼ばれており、車検を受ける際に必ず必要なのでこの金額よりも安く車検を受けることは絶対にできないということを覚えておきましょう。

検査印紙代:1,700円
重量税:4,400円
自賠責保険代:13,640円
合計:19,740円

自賠責保険代に関しては加入年数を伸ばすことで、1年あたりの料金の安くすることができます。長く乗るつもりであれば加入年数を増やすことをオススメいたします。また、違うバイクに乗り換える際にも同じ排気量であれば残っている自賠責を引き継ぐことができます。排気量が変わる際には新たに加入が必要となりますので、ご注意ください。

400ccバイクの格安車検について

バイクの雑誌などを読んでいると広告欄に「格安車検」や「コミコミ◯万円!」という文字を見かけることがありませんか? 大きなショップではなく、小さなショップや工場などで行っている場合が多いです。格安車検の相場としては、車検に出すバイクに直すところなどがなければ3万〜5万円という低価格で車検を受けることができます。

バイクに直すところがなければ大きなショップなどに依頼するよりもかなり安く車検を受けることができます。また、ネットで見つけた車検代行では、手数料を5,980円支払うだけで全て車検を代行してもらえるところもありました。法定費用が19,740円かかるので、合計で26,080円で車検を受けることができます。自分で陸運局に持ち込んで車検を受けるのが面倒くさいという方は格安車検を利用してみてはいかがでしょうか。

400ccバイクのユーザー車検について

バイクも自動車も同じなのですが、車検費用を低く抑えたいという方には「ユーザー車検」がオススメです。ユーザー車検ではショップなどに代行してもらわないで、全て自分で行うため代行手数料や整備手数料などは一切かかりません。ユーザー車検の際に必要な費用は法定費用の19,740円のみなので、2万円以下で車検を受けることができます。さらに自分で車検を受けるということで、どこに頼むよりも早く最短最速で車検を完了することができます。

しかし、ユーザー車検にはメリットばかりではありません。実際に自分でバイクを持ち込んで、書類を記入して、検査ラインに持って行き検査を受けなければいけません。また、陸運局は平日しかやっていないため仕事を休んだりして時間を作らなければいけません。
さらに検査ラインで合格できなかった場合には車検が通らないので、修正箇所を直してから改めて検査ラインに行かなければいけません。すぐに直せる箇所であればいいのですが、すぐに直せない場合にはその日に車検を受けることができない場合もあります。

400ccバイク ユーザー車検1日の流れ

先ほどもご紹介させていただいたように「ユーザー車検」で車検を受けることで、車検の費用をぐっと抑えることができるようになります。ここからはユーザー車検を実際に受ける際の流れをご紹介させていただきます。ユーザー車検は難しいと感じてしまい敬遠している方も多いかと思いますが、1度できるようになれば今後も車検費用を抑えることができます。この記事を読んでいただき、実際にユーザー車検を受ける際の参考にしていただければと思います。

必要な書類を事前に用意しておきましょう。

バイクのユーザー車検を受ける際に事前に用意しておく書類は次の4つ(3つ)です。

1、軽自動車納税証明書
2、自動車検査証
3、定期点検整備記録簿
4、自賠責保険の更新(陸運局で更新することもできます)

「軽自動車納税証明書」は支払った場所の印鑑が押されているものでなければいけません。もし無くしてしまった際には市町村の税務課で再発行してもらうことができます。「自動車検査証」と「定期点検整備簿」も忘れずに持って行きましょう。

自賠責保険の更新に関しては陸運局でも可能なので、事前に更新をしなくても問題ありません。当日に少しでも早く車検を終わらせたい場合には事前に更新しておくと早く済ませることができます。

1:陸運局に予約をしよう

当日スムーズに車検を受けることができるように陸運局に事前に予約をしておきましょう。現在はネットでも電話でも予約をすることができます。お近くの陸運局については下記のページから検索することができます。車検を受ける陸運局を決めたらネットまたは電話で予約を完了させましょう。

全国運輸支局等のご案内

2:検査に必要な書類を購入しましょう。

ユーザー車検当日になったら車検を受けるバイクで陸運局に行きましょう。陸運局に到着しましたら、まずは必要な書類を購入して記入をしていきます。購入しなければいけない書類は次の3つです。書類の購入と同時に重量税と検査料の支払いも済ませておきましょう。

1、自動車重量税納付書
2、自動車検査票
3、継続検査申請書

必要な書類を忘れてしまった場合でも窓口の人に言えば丁寧に対応してくれます。3枚とも陸運局に記入例が置いてあると思うので、それを参考にしながら記入していきましょう。もし、書類の記入が面倒くさいという方は「代書屋」に依頼をしましょう。代書屋はお金を払うことで代わりに必要な書類を記入してくれ、だいたい陸運局の近くにお店を構えていることが多いです。記入が完了したら書類を窓口に提出しましょう。

また、同時にバイクの名義変更をする場合には窓口に伝えましょう。名義変更の場合には他にも必要な書類が増えるので、事前に確認して用意をしておきましょう。

3:検査ラインに並んで検査を受けましょう。

書類の提出と重量税、検査料の支払いが終わったらいよいよ検査を受けます。検査を受けるバイクを押して、検査ラインに向かいましょう。検査員の人にユーザー車検は初めてと伝えれば検査の手順などを詳しく教えてもらうことができます。ユーザー車検が初めての人は恥ずかしがらずに検査員の方に教えてもらいましょう。検査項目は主に次の3つです。

1、外観検査
2、灯火類、ホーン検査
3、発信、停止などの走行検査

「外観検査」ではボルトやパーツに緩みがないかをチェックしてもらいます。こちらは必ず事前に確認をしておきましょう。

「灯火類、ホーン検査」ではウインカーやメータが正常に点灯するかの電装系のチェック、ホーンは鳴るかのチェックを受けます。ここで注意しておきたいのが、ヘッドライトの「光軸」です。ユーザー車検で1番落ちるのが光軸のズレと言われています。心配な場合には陸運局内の予備車検場や近くの整備工場で調整してもらいましょう。

最後に「発信、停止などの走行検査」を受けます。検査ラインにある機械を使って検査するので、検査員の方の指示に従って行うだけです。全ての検査で問題がなければ検査ラインでの検査は終了となります。

もし、いずれかの検査に合格しなかった場合でも当日中であれば検査料無料で何度も検査をしてもらうことができます。自分で直せる部分は直してから再検査へ、自分では難しい場合には近くの整備工場などに持ち込んで直してもらいましょう。

4:車検証と自賠責シールを受け取って終了です。

検査が全て完了すると検査員の方から合格のハンコをもらえますので、それを持って再び陸運局へ行きます。合格のハンコ窓口に提出して、新しい車検証と自賠責ステッカーできるまで待ちましょう。5分ほどで両方とも完成するので、それを受け取ればユーザー車検は全て完了します。

ここまでだいたい1時間ぐらい、早い人で30分ぐらいで終わることができます。車検を安く受けて維持費を安く済ませたいという方は是非ユーザー車検に挑戦してみてください!

400cc vs 250cc 維持費で比較してみた

バイクの車検は400cc以上からなっているので、250ccのバイクは車検を受ける必要がありません。そのため維持費を安く抑えたいという方には250ccは人気となっています。400ccよりも維持費が安く抑えることができると言ってもどれぐらいの差があるのでしょうか? ここでは400ccと250ccの維持費をそれぞれ計算して比較をしてみました。

400ccの1年間の維持費

何度もお話しさせていただいておりますが、400ccからは2年に1回の車検を受ける必要があります。400ccを維持するにかかってくる維持費には「自賠責保険料」、「軽自動車税」、「車検費用」の3つがメインになってきます。その他のパーツ代やガソリン代、任意保険料などは車種や使用頻度によって異なりますので、今回は入れていません。

自賠責保険料:6,820円(24ヵ月料金を1年分で計算)
軽自動車税:4,000円
車検費用:9,870円(ユーザー車検の場合の料金を1年分で計算)

250ccの1年間の維持費

250ccの1番の特徴としては「車検がない」というところです。車検費用がかからなくて税金も400ccよりも安いことから人気を集めています。400ccと同じようにパーツ代やガソリン代、任意保険料はなしにさせていただていおります。

自賠責保険料:7,145円(24ヵ月料金を1年分で計算)
軽自動車税:2,000円
車検費用:なし

400cc vs 250cc 維持費のまとめ

今回は「自賠責保険料」、「軽自動車税」、「車検費用」の3つで比較させていただきました。自賠責保険料に関しては400ccの方が若干安く設定されています。こちらに関しては加入年数が長ければ長いほど安くなっていきます。軽自動車税は250ccが400ccに比べて半額ほどになっています。また、250ccでは車検がないので、その分400ccよりも維持費を安く済ませることができます。

消耗品やパーツ代に関しては基本的には400ccの方が高くなり、全体でかかる維持費としては400ccの方が高くなると言えます。また、任意保険に関しては保険会社によって異なりますが、排気量での区分はない場合が多く、主に年齢で保険料が決まると言われています。詳しくは各保険会社に問い合わせてみると詳しく教えてもらうことができます。400ccのバイクについては250ccと比べると年間で2万円ほど維持費が高くなると言われています。

まとめ

今回は400ccバイクの車検についてご紹介させていただきました。日本では400cc以上のバイクから車検が必要になり、自分で車検を受けに行くのか、バイク屋さんなどに依頼するかによって車検費用は大きく変わってきます。今回お話しさせていただいたユーザー車検を利用することで一般的な車検相場の半分以下で車検を受けることができます。バイクが好きで、ある程度知識があり自分で整備などができてしまう人は車検費用を安く済ませることができるユーザー車検がオススメです。陸運局に行く時間がない方や自分で行くのが面倒くさい方は通常よりも安く車検を受けることができる格安車検を利用することで、安く済ませることができます。車検に関しては2年に1度必ず受けなければいけないので、今回の記事を読んでいただき自分に合った車検方法を選んでいただければと思います。

また、できるだけ維持費を安く済ませたいという方には車検のない250ccのバイクがオススメです。車検もなく、消耗品などの価格も400ccと比べると安いので、これから中型二輪を所有しようと考えている方は250ccのバイクも視野に入れてみてはいかがでしょうか。