慣らし運転ってどうするの?そもそも必要?

慣らしって必要なの? いらない話だけど…? どうなの?

新車を慣らし運転させる必要性

最近の車は部品の精度が良いから慣らし運転は必要ない! なんて話も良く耳にすると思います。確かにそうかもしれません。事実、慣らし運転をしなかったから故障したなんて話は聞いたことがありません。
さらに慣らし運転の結果は早々にわかる物でもないので謎と言えば謎。しかしその反面、新車時にしか起きない現象もあります。
それはエンジンオイル交換時などの「鉄粉」です。新車から初めてのオイル交換時は走行距離の割に多く見られます。これを見る度に、やはり慣らし運転は必要なのかな? と感じてしまいます。なぜかと言うと、多くの鉄粉が出ているのに急な加速などの負荷を掛けると、鉄粉が機械内部に傷を付けてしまいかねないからです。
ですので「少しでもその車両を長持ちさせるには」慣らし運転は必要であると思います。

慣らし運転はゆっくりまったりが基本です

ガンガン飛ばしたり、ゆっくり高速度まで加速させたりしては慣らし運転とは言いません。人間で言うと幼い命なので子ども扱いのように、手加減してあげることがポイントです。加速や減速、ハンドル操作やギアチェンジなどゆっくりまったりソフトに行ってあげましょう。
普通車では2,000~3,000キロ程が慣らし運転とされています。

慣らし運転の方法は?

慣らし運転に「正解はない」と思いっています。距離などはあくまでも参考にしてください。オイル交換をするときに出る鉄粉の量で慣らしが終わったか判断しましょう。もし鉄粉が多く出続けるようであれば、鉄粉の量が減るまで慣らしが終わっていないと判断してください。

軽自動車ならではの慣らし運転:NAエンジン(ノンターボ)

軽自動車はNAエンジン(ノンターボ)の場合、登り坂などのパワーが必要なシチュエーションではアクセルを深く踏むとシフトダウンすると思います。そうするとエンジンがウーッとうねり声を上げて回転数が高くなると思います。エンジン回転数が高くなるとエンジンへの負担が大きくなるので、なるべく平坦なルートを通りましょう。エンジン回転数は基本的には3,000回転程度までに抑えて走りたいところです。時々くらいなら回転数を上げても良いですがせいぜい4,000回転までに抑えましょう。慣らし運転のコツは低回転をキープし、ゆっくり走ることです。各回転部品の噛み合わせが良くなるまでゆっくり走行することを守りましょう。
まずは1,000キロ~2,000キロ程走行してエンジンオイルエレメント、ATフルードを交換します。このとき鉄粉が確認できたら量を覚えておいて、さらに1,000キロ程走ってまたオイル交換してみましょう。このとき鉄粉の量が減っていたり出ていなかったら慣らしは完了と言えます。

軽自動車ならではの慣らし運転:ターボエンジン

軽自動車のターボエンジンはその小柄な見た目には似合わない程ハイパワーです。納車後すぐにその性能を試したい気持ちもわかりますが、ラフにアクセル操作するだけでも各部に負担が掛かる程のパワーを持っています。ですので慎重にゆっくり走ってあげましょう。
慣らしの運転の基本はNAエンジン同様で構いません。低回転を心がけてオイル交換時に鉄粉の量の確認をして、慣らし運転を継続か完了か判断しましょう。

CVTならではの慣らし運転

CVTは慣らし運転のときはより慎重に行いましょう。一般的なオートマチックよりも寿命の短いCVTです。慣らし運転の影響も大きいはずです。さらにスピードを上げたりアクセルを踏み込むと簡単に回転数が上がる特性を持っているのでスピードやアクセルワークに注意しましょう。
CVT車も特性上アップダウンの激しい道路は避けましょう。さらに交通の流れが速いところも無意識にアクセルを踏み込む恐れがあります。
慣らし運転中はなるべく交通の少ないスピードの遅い道路を走りましょう。エンジンオイルは1,000キロ~2,000キロ程度でオイル交換で鉄粉量を確認すると良いと思いますが、CVTは1,000キロペース程で行いましょう。CVTオイルは少し値が張りますが、長い付き合いを考えているなら慎重に慣らし運転をしましょう。

高速道路での慣らし運転は必要?

高速道路での慣らし運転は必要かどうかですが、できることならやっておいた方が良いでしょう。車への負担も少ないので慣らし運転には最適な条件です。とは言えドライブするにも高速道路の使用は限られていると思います。納車のタイミングに合わせて遠くへドライブするのも良いかもしれません。
ゆっくり加速しなるべく車に負担の掛からないように運転しながら目的地を目指しましょう。短時間でノンストップで距離を走れるので高速道路は慣らし運転に好都合だと思います。

まとめ

いかがでしたか? 慣らし運転の基準はエンジンオイル交換時の「鉄粉」が重要なカギを握っています。鉄粉の量を見ながら慣らし運転を継続するか完了するか決めましょう。
最後までご覧いただきましてありがとうございました!