【マツダの顔】かっこいいヘッドランプ画像比較

マツダはスタイリッシュなデザインの車が多いことでも知られていますが、その中でも数台ピックアップして、ヘッドライト・ヘッドランプの画像を比較してみました。

マツダ自動車とは

マツダ株式会社(英語: MAZDA Motor Corporation)は、日本の自動車メーカー。

世界で唯一ロータリーエンジンを搭載した自動車を量産していたほか、ロードスターは「2人乗り小型オープンスポーツカー」の生産累計世界一としてギネスブックの認定を受けています。

また、1991年には日本メーカーとしては唯一ル・マン24時間レースでの総合優勝するなど注目され、
近年では「Zoom-Zoom」のキャッチフレーズの下、スポーティな車作りに特化し、オーストラリアでアクセラが2012年の販売台数首位に立つなど、海外での評価が高くなっています。

❏デミオ

出典:http://www.sankei.com/economy/photos/141013/ecn1410130013-p3.html

デミオ(DEMIO)は、マツダが製造・発売しているコンパクトカー。

日本国外向けの車名はMazda2(マツダ2)。

北米ではサブコンパクトカーに、欧州ではBセグメントに車格がそれぞれ分類されています。

❏ロードスター

出典:http://autoc-one.jp/mazda/roadster/newmodel-1893872/

ロードスター(Roadster)は、マツダが製造・販売するスポーツカー。

日本国外ではマツダ・MX-5(Mazda MX-5)の名称で販売されています。

北米では2代目までマツダ・MX-5ミアータ (Mazda MX-5 Miata)と呼ばれていた。

ちなみに、「ミアータ」は古語ドイツ語で「贈り物」「報酬」を意味をもっています。

❏アテンザ

出典:http://autoc-one.jp/scoop/1753669/photo/0100.html

アテンザ(ATENZA)は、マツダが製造・発売する中型乗用車(欧州Dセグメント)。

日本国外向けの車名はMazda6(マツダ6)。

カペラの事実上の後継車として発売されました。

中国市場では2015年現在もこれまでに発表されたマツダ6の歴代3世代が全て併売され、車名は初代がマツダ6、2代目がマツダ6睿翼(ルイイー)、3代目がマツダ6阿特茲(アテンザ)となっています。

❏CX-5

出典:http://minkara.carview.co.jp/userid/219311/car/1046396/3243182/photo.aspx

CX-5(シーエックス・ファイヴ)は、マツダが製造・販売しているクロスオーバーSUVカテゴリの自動車で、ボディサイズはCセグメント。

日本国内においては、事実上CX-7の後継車となっています。

3代目プレマシー同様にリアドアには「MAZDA」ではなく、車名のエンブレムが左側に配置され、右側に配置される「SKYACTIV」専用エンブレムもデミオやアクセラのものから一新され「SKYACTIV TECHNOLOGY」となっています。