ホンダコンチェルトはバブル期を生きた車。あのローバーとの合作でした。

1990年代に起こったバブル景気と時同じくして誕生したのが、ホンダ・コンチェルト。イギリス・ランドローバーとの合作によって生まれたこの車はどのような車なのでしょうか。

コンチェルトとはいったいどんな車なのでしょうか。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%88

コンチェルト(Concerto)は、本田技研工業(以下、ホンダ)がかつて生産・発売していたセダン型の小型自動車で、1980年代ホンダが技術提携していた、イギリスのオースチン・ローバー・グループ(ARG、後のローバー)と共同開発した車種のことです。コンチェルトは、シビックとアコードの間の車格という位置付けの車種でしたが、ヨーロピアンスタイルの性格が色濃く出ているクルマでもありました。なお、販売は当時3つあった販売チャネルの一つ「クリオ店」のみで取り扱っていました。

ボディバリエーションは、4ドアノッチバックセダンと5ドアハッチバックセダンの2つで、ともにいわゆる6ライト・ウィンドウの側面窓配置を持っており、プレリュードに代表される”幅広で背の低い乗用車”を作っていた当時のホンダらしからぬ、車高が高くボンネットの長い、セダンらしいスタイルをしていることが大きな特徴です。日本仕様を日本国内で生産し、欧州仕様は英国のARGで生産するという、初代レジェンドと同様の生産・販売の体制をとっていました。また、日本仕様のサスペンション形式は4輪ダブルウィッシュボーン式としていましたが、欧州仕様はARGが開発したストラット式のフロントサスペンションを採用していたという、その国によって構造を若干変えていました。

なお、欧州仕様には当時のARG車と同じ「ARR」から始まる車台番号が付けられており、「ホンダ」ではなく「ローバー」のクルマという考えのユーザーもいたほどです。さらに、ARGでは「ローバー 216/220や416」という3ドアハッチバックや、5ドアステーションワゴンや2ドアクーペ・カブリオレなどが存在し、コンチェルトとは姉妹関係となっています。

搭載されるエンジンは、シビックに積まれていたD15B型及びZC型を採用しており、駆動方式はFF及び4WDとなっていました。上位グレードの4WDには、トルクスプリット型ビスカスカップリングとABS (当時の名称は4wA.L.B.)を融合させた”INTRAC”という機構を採用していました。なお最上級グレードの「JX-i」では4輪ともディスクブレーキが採用されていたのですが、4WD仕様はリヤがドラムブレーキという設定になりました。

上位グレードの装備はフルオート・エアコンディショナー、1.6Lクラスでは初となる「運転席電動パワーシート&ランバーサポート」「4スピーカーオーディオ&オートアンテナ」「キーレスエントリーシステム」などが標準となっていました。さらに、4ドアセダンには本革シートもオプションで用意されていました。なお、警察の捜査用覆面パトカーとしても導入されていたこともあり、官民問わず幅広く支持を受けていました。

コンチェルトの歴史

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%88

1988年6月に誕生しました。このときは、4ドアセダンのFF車のみが発売され、グレード編成は「JE」(D15B型)、「JL」/「JG」/「JX」(ZC型 SOHC 16バルブ 2連CVキャブレター仕様)、「JX-i」(ZC型 SOHC 16バルブ PGM-FI仕様)の5グレードでの船出となりました。そして、翌7月には、4ドアセダンの4WDおよび5ドアセダンが発売されました。4WDは「JL」/「JX-i」の2グレード(搭載エンジンはFFの同グレードと同じ)、5ドアハッチバックは「JL」/「JG」/「JX-i」の3グレード(搭載エンジンは4ドアセダンの同グレードと同じ)の構成となり、3種10グレードという非常に幅広いラインナップを取りそろえることとなりました。1989年10月には初の一部改良を実施し、フェイスリフトを行なうとともに、4ドアセダンFFに最廉価版「JE」の装備を充実した「JE-EXTRA」とスポーティバージョンの「JZ-i」の2グレードを追加します。

そして、1991年2月には初のマイナーチェンジが実施され、フロントノーズがやや垂直気味になり、テールランプのデザインが変更されました。同時にグレードの追加及び整理が行われ、4ドアセダンのFFでは「JE-EXTRA」/「JG」/「JX-i」が残され、これに最上級グレードとして本革シートを標準装備した「EXCLUSIVE」(ZC型 DOHC 16バルブ PGM-FI仕様 135PS)を加えて4種、同じく4WDは「JG」/「JX-i」にスポーティバージョンの「JZ-Si」(ZC型 DOHC 16バルブ PGM-FI仕様)を加えた3種、5ドアセダンは「JG」及び「JX-i」の2種となり、3種12種から3種10種へとグレード整理がされました。なお、最上級の4ドア「EXCLUSIVE」の価格は210万円で、当時のバブル景気に相応しいものとなっていました。

マイナーチェンジの翌年の1992年10月、ホンダより後継のドマーニが発表され、生産及び販売を終了し、ここに6年4ヵ月の幕を下ろしました。

まとめ

※イメージ画像

バブル真っ盛りにデビューしたコンチェルトは、欧州の雰囲気をそのまま取り入れたクルマとして非常に注目をされました。しかし、その後のドマーニが後継となったことで、6年4ヵ月という短い期間で終売となります。今では中古車市場ではなかなかお目にかかれない車ですので、出てきたら一目見ておきたい車ですね。