【日産 パルサー】レース仕様を相次いで市販化した過激なコンパクトカー

「日産パルサー」は、ヨーロッパ仕様の「お買い物コンパクトカー」でありながら、「日産」がレース専用モデルを本気で製作し市販化した過激なコンパクトカーです。その魅力に迫ってみたいと思います。

世界のSTDコンパクト

「日産 パルサー(Pulsar)」は、日産自動車が1978年から2000年まで日本、2013年から欧州・タイ王国・オセアニア市場等で生産されているコンパクトカーです。4ドアセダン、ハッチバック、クーペ、ライトバンが設定され、ユーロテイストのデザインです。

1th「N10型系」(1978-1982)

1978年5月に「日産 チェリーF-II(F10型)」の後継モデルとして「N10型」パルサーが登場しました。クラスとしては、サニーの弟分の位置づけで、ヨーロッパ市場では「(ダットサン)チェリー」の名を引き継いでいました。ボディデザインは、「ファストバック(2ボックス)スタイル」で独立したトランクを持つ4ドアセダンのみでした。搭載エンジンは「直列4気筒OHV(A型)1.2L/1.4LのA12/A14型」でした。駆動系の配置は、エンジン、トランスアクスルを上下(2階建て)に配するイシゴニス式。サスペンションはフロントにストラット、リアにフル・トレーリングアーム式独立懸架の四輪独立で、スプリングは前後ともコイルスプリングを採用していました。また、1.4L車には独特のH形ゲートを持つ2ペダルのセミAT「スポーツマチック」も設定されていました。1978年9月には、3ドアハッチバック、3ドアクーペと「A14E型」電子制御燃料噴射(ニッサンEGI)装着モデルを追加しています。1979年9月に5ドアハッチバックを追加し、1980年2月にサンルーフ付モデルが追加されました。1981年3月のマイナーチェンジでエンジンが、直列4気筒SOHCの「E型」に変更されました。排気量は「1.3 L」「1.5 L」で、型式はそれそれ「E13型」「E15型」です。駆動系の配置が、ジアコーサ式となりました。また「スポーツマチック」は廃止されました。そしてモータースポーツに活発で、クーペによるワンメイクレースが開催されたり、1981年にはRACラリーに参戦も果たしています。

「N10型系」(1978-1982)主要諸元

1400TS-G
エンジン:1,397cc 直列4気筒 OHV(A14型)
最高出力:80PS/6,000rpm
最高トルク:11,5kgm/3,600rpm
トランスミッション:5速MT
駆動方式:FF
サスペンション:F ストラット R フルトレーリングアーム
全長:3,940mm 
全幅:1,620mm 
全高:1,360mm 
ホイールベース:2,395mm
車両重量:840kg

2th「N12型系」(1982-1986)

1982年4月に「N12型」が登場しました。ボディタイプは3ドアおよび5ドアハッチバック、2ドアノッチバッククーペとなりました。またクーペはグレード名が「エクサ(EXA )」シリーズになりました。ヨーロッパ市場では引き続き「チェリー」の名称でした。北米市場には、クーペの「エクサ」のみが「パルサーNX」として生産された。マレーシアと南アフリカ共和国ではラングレー、その他のアジア諸国・オーストラリアでは「日産パルサー」(中文:日産彗星)の名称で販売された。オーストラリアでは「ホールデン・アストラ」という名称でした。1983年5月に「E15ET型(ターボ仕様)」モデルが追加されました。
また1983年7月には、「日産」と「イタリア アルファロメオ」との技術提携により「アルファロメオ・アルナ」が登場しヨーロッパで販売されています。ボディ形状は3ドア/5ドアハッチバックのみで、フロント、リアのデザインが「パルサー」と違い、エンジンは「アルファロメオ製」で「スッド」由来の水平対向4気筒・SOHCエンジンを搭載していました。1984年3月のMCで、3ドアハッチバックの1.5L車をアルファロメオと提携したモデル「ミラノX1」シリーズとしています。1985年2月には、特別仕様車「1300 5ドア TCスペシャルXV」「TS-GスーパーエクストラXV」が発売されました。1985年5月は、「3ドアハッチバック1300ELLE-S」「3ドアハッチバック1500ミラノX1 ホワイト・ミラノ仕様」を設定し、ターボチャージャーの冷却方式を水冷式に変更しています。1985年12月にはアルファシリーズ追加しています。

「N12型系」(1982-1986)主要諸元

EXAターボ
エンジン:1,467cc 直列4気筒 SOHC ターボ(E15ET型)
最高出力:115PS/5,600rpm
最高トルク:17,0kgm/3,200rpm
トランスミッション:5速MT
駆動方式:FF
サスペンション:F ストラット R トレーリングアーム
ブレーキ:F ディスク R ディスク
全長:4,125mm 
全幅:1,620mm 
全高:1,355mm 
ホイールベース:2,415mm
車両重量:885kg

3th「N13型系」(1986-1990)

3thモデルの「N13型系」は1986年5月に登場しました。4ドアセダン、3ドア/5ドアハッチバックの3タイプのボディです。エンジンは「E13S」「E15S」「E15E」「CD17」「CA16DE」を搭載しています。量産車世界初となる「ビスカスカップリング式4WD(フルオート・フルタイム4WD)」搭載車を設定しています。欧州市場ではこのモデルから「日産サニー」、オーストラリア市場では「日産パルサー」、マレーシア、ニュージーランドでは「日産セントラ」として販売されました。1987年1月に「トリプルビスカス・フルオート・フルタイム4WD」モデルを追加しました。1987年2月に「M1」仕様モデルを追加しています。1988年4月のMCで「1.5L」のエンジンが4気筒SOHC12バルブの「GA15S型」「GA15E型」という通称「スーパーインテークエンジン」に変更されました。また「M1'N」と「R1ツインカム」を設定しています。「R1ツインカム」はラリー競技参加を目的としたグレードで、4点式ロールバーやクロスレシオミッションが搭載されていました。富士スピードウェイでフレッシュマンレース参戦車両としても使用されました。

「N13型系」(1986-1990)主要諸元

1600 X1 ツインカム
エンジン:1,598cc 直列4気筒 DOHC(CA16DE型)
最高出力:120PS/6,400rpm
最高トルク:14,0kgm/5,200rpm
トランスミッション:5速MT
駆動方式:FF
サスペンション:F ストラット R 4リンク
ブレーキ:F ベンチレーテッドディスク R ディスク
全長:4,030mm 
全幅:1,640mm 
全高:1,380mm 
ホイールベース:2,430mm
車両重量:1,020kg

4th「N14型系」(1990-1995)

1990年8月に「N14型」にモデルチェンジしています。グレード/バリエーションが多く、グレード名は 「V1」「M1」「M1-D」「J1J」「K1」「K1-D」「X1」「X1R」「GT」「GTI」「GTI-R」の11タイプが存在していました。エンジンは「1.3L」「1.5L」「1.6L」「1.8L」「2.0Lターボ」に「1.7L」のディーゼルを加えて6種類でした。ボディタイプは3ドアハッチバック、4ドアセダン、5ドアセダンの3タイプを設定しています。また3ドアハッチバックの「GTI-R」は、かなりスパルタンなモデルでした。「4連スロットルバルブ」を搭載し、ハイチューン化された「SR20DET型 2.0L 230PS ターボエンジン」と「フルタイム4WDシステム(ATTESA)」を搭載していました。1991年4月には、WRC参戦記念特別仕様車発売しています。

「GTI-R」

「GTI-R」は、WRCへの参戦を前提に設計されました。エアコンがオプションでパワーウインドーと集中ドアロックは標準装備でした。ボディは、ボンネットにエンジンバルジと巨大なリアスポイラーが装着されていました。ビスカスカップリングLSDを装備したことに加え、競技用ベースグレード(軽量化のためさらにレスオプションが増え、クロスレシオミッションやスポット増し、機械式LSD、ホイールもスチールとなったもの)が設定されていました。また標準仕様にニスモ製ロールバーやショックアブソーバー等が装着された「GTI-R NISMO」が限定販売されました。1992年のスウェディッシュラリーで総合3位を獲得、グループNクラスでは年間タイトルを獲得しています。また「GTI-R」のエンジンは当時の多くの日産車に採用されている「SR20DE」系エンジンではあるが、通常とは異なる特殊パーツを備えていたため、ほかの「SR20DET」エンジンへパーツを流用したり、「P10型」プリメーラ等SR20DE系エンジン搭載FF/FFベースの4WD車へのエンジンスワップのチューニングも多く見られました。

「N14型系」(1990-1995)主要諸元

GTI-R
エンジン:1,998cc 直列4気筒 DOHC ICターボ(SR20DET型)
最高出力:230PS/6,400rpm
最高トルク:29,0kgm/4,800rpm
トランスミッション:5速MT
駆動方式:4WD
サスペンション:F/R ストラット
ブレーキ:F ベンチレーテッドディスク R ディスク
全長:3,795mm 
全幅:1,690mm 
全高:1,400mm 
ホイールベース:2,430mm
車両重量:1,230kg

5th「N15型系」(1995-2000)

5th「N15型系」は1995年1月に登場しました。ボディタイプは、3ドアハッチバック(パルサーセリエ)と4ドアセダンで、スポーティ系の「X1」「X1R」「GTI(GT)」と、ラグジュアリー/ベーシック系の「CJ-II」「CJ-I(セリエはREZZO等)」の2系統のタイプをラインナップしています。エンジンは「1.5LのGA15DE型(X-1/CJ-II/CJ-I)」、「1.6LのGA16DE型(X1R)」、「1.8LのSR18DE型(GT)」、ディーゼル車(4ドアセダンCJ-II/CJ-Iのみ)が「2.0L CD20型」をそれぞれ搭載していた。また4WDは2タイプあり、「フルオートフルタイム式(GA15DE型搭載)」と「アテーサ(CD20型搭載)」がラインナップされました。FF車のリアサスペンションは固定車軸のトーションビーム式(マルチリンクビーム)となっています。1996年5月にRV5ドアワゴンの「パルサーセリエS-RV」を発売しています。1996年9月マイナーチェンジ(中期型)でSRSエアバッグ、ABSを標準装備化していました。1997年9月にマイナーチェンジ(後期型)になり、マルチリフレクターヘッドランプを採用し、フロントグリル、リアコンビネーションランプ、前後バンパー形状が変更されました。「1.6L 175PSのNEO VVL(可変バルブタイミング&リフト機構)を採用したSR16VE(通称青ヘッド)」を搭載した「VZ-R」を追加モデルとして発売しました。

「VZ-R・N1」

1997年には、「VZ-R・N1」は、200台の限定生産モデルを発売しています。専用の「SR16VE型」エンジン(通称青ヘッド)は専用シリンダーヘッドや吸排気を採用し、クランクシャフトとフライホイールのバランス取り、ポートと燃焼室、吸排気マニフォールドの研磨などのチューンを施し、当時1.6Lクラス最強の200PSを発生していました。1998年10月に「VZ-R・N1バージョン2」を追加発売しています。ルキノハッチの同グレードと合わせ1999年3月末までの限定受注、300台の限定生産でした。藤壷技研製専用メインマフラーを標準装備し、内装が大幅にグレードアップされ、モモ製本革巻スポーツステアリング、R32スカイラインGT-Rタイプ(フレームが共通)の専用モノフォルムバケットシート、専用シート地(座面のみオレンジ)とドアトリムクロス(オレンジ)を採用していました。またオーテックジャパン扱いのオプションとして、エンケイ製の専用15インチアルミホイールと専用大型ルーフスポイラーが用意されていました。
モータースポーツ1999年 VZ-R・N1バージョン2に、スポーツオプションとして東名スポーツ製エキゾーストマニフォールドや大型ブレーキキャリパーを設定し、スーパー耐久(S耐)に参戦。シリーズランキング2位、3位を飾る。このクラスでは最もポピュラーなシビックタイプRと同じ排気量ながらエンジン出力が大きく、またボディ剛性も高いことがチューニング業界では知られている。

「N15型系」(1995-2000)主要諸元

VZR-N1
エンジン:1,596cc 直列4気筒 DOHC(SR16VE)
最高出力:200PS/7,800rpm
最高トルク:18,5kgm/7,600rpm
トランスミッション:5速MT
駆動方式:FF
サスペンション:F ストラット R マルチリンク
ブレーキ:F ベンチレーテッドディスク R ディスク
全長:4,140mm 
全幅:1,690mm 
全高:1,400mm 
ホイールベース:2,535mm
車両重量:1,100kg

6th「N16型系ー」(2000-)

日本では2000年8月に後継車種がブルーバードシルフィとして登場したため、「パルサー」の名称は国内からは消滅しましたが、オーストラリアおよびニュージーランドでは引き続き「パルサー」の車名と「N16」の型式名が使用されました。2015年にはヨーロッパで販売している「パルサー」の「NISMO」バージョンが公開されました。

パルサー「NISMO」
エンジン:直列4気筒 1.6L ターボ
最高出力:270PS
機械式:LSD
駆動:FF

まとめ

「日産 パルサー」は、ヨーロッパ仕様のFF駆動コンパクトスポーツとして、常に最新技術を投入したり、専用パーツが装備され限定モデルまで生産されたモータースポーツで活躍したモデルです。