トヨタカローラスパシオはちっさくたくさん乗れるのです

コンパクトカーが欲しいけど少しでも多く人を乗せたい。しかも安い車が良いなぁ。とお考えの人はトヨタカローラスパシオが良いかも。

初代トヨタカローラスパシオ

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

5ドア、コンパクトミニバンと言うカテゴリーのカローラスパシオ。ちっさいボディーなのに6人乗りが特徴です。

1997年~2001年に販売された初代カローラスパシオ

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%91%E3%82%B7%E3%82%AA

前期型

コンパクトだけど人数が乗れる車の代表格として1997年にデビューしたスパシオ。4人乗りの二列シートと6人乗りの三列シートが用意されています。見どころは4人乗りで、通常の三列シートの真ん中のの席がないレイアウトとなっています。ですのでリアシートに座る人は足元が広くなるのでゆったり乗車できます。
当時のカローラシリーズは当たり障りのない一般的な設計が導入される傾向があった中で、このカローラスパシオはその独特なシートアレンジや、特徴的なエクステリアデザイン共に異例の存在でした。

エンジンや駆動方式

エンジンは1,600ccと1,800ccに二種類用意されています。選択肢としては、重い荷物や乗車人数を3人以上載せるシーンが頻繁にある人にはパワフルな1,800ccがおすすめです。それほど車に負担の掛からない運転をする人にはより燃費の良い1,600ccがおすすめです。
駆動方式はFF(前輪駆動)と4WDに二種類。雪道などスリッピーな道路を走る予定がある人には4WDが発進しやすくておすすめです。特に勾配がきつい道路を利用する積雪地域では4WDにしておかないとスタックのリスクなどが高くなります。
平野などではFFにスタッドレスやタイヤチェーンで問題なく走れると思いので参考にしてください。

中古で購入するのはどうなのか?

頑丈で故障も少ないカローラシリーズのスパシオ。日本を代表するカローラシリーズだけあって誰にでもおすすめできるクセのない車です。免許取りたての初心者さんやペーパードライバー、軽自動車からのステップアップや高齢者と幅広い層の人に安心して乗っていただけると思います。
使い道としては一般的なお買い物や長距離運転も難なくこなせるオールマイティータイプ。一般家庭から営業車としても、とにかくどの層にも好まれる車です。そう言った点ではやはりカローラの血を受け継いでいるので日本人に合った車と言えるでしょう。
シンプルな作りで部品もカローラシリーズで共有している部分も多く、修理が必要になっても部品も手に入りやすい車だと思います。
初期のモデルでは90年代と時間は経っていますが、それでもおすすめできる完成度の高い一台です。

中古市場を見てみよう!

それでは気になる中古市場を見てみましょう。中古車相場は2,016円~27万円となっています。傾向としては走行距離5万キロ~10万キロ程度に抑えられています。低価格の2,016円はいわゆる目玉車となっていて、安く中古車を販売することによってインターネット検索サイトなどでお店の宣伝も兼ねる狙いとなっていることが一般的です。
ですのでお店としても程度の悪い商品を目玉車にする訳にもいきません。目玉車は良い車を安く提供することによってお店の宣伝に繋がると考えられています。もしも目玉車がお近くのディーラーにあればそう言った物を積極的に狙っていくのも良いかもしれません。
カローラスパシオは流通台数も多いので、程度の良い車両でも30万円以下で手に入れることができます。非常に狙い目な車両と言えるでしょう。

二代目カローラスパシオ

2001年~2007年に販売されたカローラスパシオ

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%91%E3%82%B7%E3%82%AA

丸みを帯びた愛嬌のある初代から重厚感のあるデザインに生まれ変わった二代目カローラスパシオ。乗車定員も7人に増え、さらに使い勝手が良くなりました。
このモデルから三列目シートは格納式になり、ラゲッジスペースの要領が確保されたデザインとなっています。もちろん車体はコンパクトなサイズのままです。誰にでも運転しやすい設計は保たれています。

エンジンや駆動系

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%91%E3%82%B7%E3%82%AA

エンジンは1,500ccと1,800ccのラインナップに変わりました。小排気量モデルは前回は1,600ccから約100ccダウンサイジングされていますが、性能など特に劣ることはありません。
こちらもエンジンの選び方は初代同様、パワーの必要な環境下で頻繁に使用する予定がある場合は1,800ccがおすすめです。この代のカローラスパシオはエンジンの排気量にによって自動車税が変わる傾向があります。1,500ccでは1,000~1,500cc以下区分、1,800ccは1,500~2,000cc以下区分となり年額で5,000円ほど1,800ccの方が高くなります。
これは想定される車のシチュエーションや燃費からどちらがお得か計算できるので、実燃費の方も参考にしてください。
駆動方式は初代と同じようにFFと4WDに分かれています。これも初代と同じように勾配のある雪国の人には4WDがおすすめです。

中古市場を見てみよう!

中古車相場は5.8万円~70.2万円となっています。年式がこちらの方が新しいためか、中古市場はこちらの方が多い傾向にあります。低価格帯の物でも程度の良い物件を各ディーラー取り揃えているようです。
70万円程度の高価格帯は低走行でナビやバックカメラなどの装備が充実している物件が多いです。装備や走行距離から考えてもお買い得な車と言えます。全体的に見ても安心して車選びができると思います。

まとめ

日本を代表するカローラシリーズのうちのスパシオ。お値段も控えめなので運転に自信のない人にも安心して運転できますね! どうしても高価な車だと気が引けて緊張してしまいますが「少々ぶつけても安いから」と考えて運転すれば自然と上手くなると思います。(とは言え事故には気を付けてくださいよ!)
兎にも角にも安くて良いなんて理想の車と言えますね!
最後までご覧いくださいましてありがとうございました!