【トヨタ・MR2】背中に2人を酔わせるハートを国産量産車で初搭載!歴代モデル・スペック・実燃費などご紹介!

ミッドシップというとF1やフェラーリ、カウンタックといったスーパースポーツの世界で採用されるエンジンレイアウトです。そのミッドシップを日本車ではじめて採用したのが、トヨタ・MR2です。初代FFカローラのエンジンと駆動系を流用してミッドシップを実現した、スポーツカーとは思えないほど経済的でコスト削減魂に燃えた1台でした。おかげで遠い存在だったミッドシップ車が手軽に購入できるようになったのです。

トヨタ・MR2とは?

トヨタ・MR2は、トヨタ自動車が1984年から1999年に製造・販売していた自動車で、日本メーカーが初めて市販した量産型ミッドシップ車です。発売当時の衝撃はかなりのもので、「1984~1985年日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。

ミッドシップはF1などのレーシングカーや、フェラーリ、カウンタックなどのスーパースポーツカーで採用されているエンジン搭載方式であるため、トヨタ・MR2もスポーツ路線を狙って開発されていると思われがちです。しかし実際には、シティユースを狙ってアメリカ・GM社が開発・発売した「ポンティアック・フィエロ」のライバルとして開発されました。「ポンティアック・フィエロ」はフィアット・X1/9に倣い、FF車のエンジン廻りをホイールベース中央に搭載しミッドシップにしています。トヨタ・MR2もこの手法を用い、FFカローラのエンジン廻りを180度反転させてミッドシップにしました。当時、日本でベストセラーのカローラのコンポーネントを用いたことで、MR2の製造費は大幅に削減され、安価なミッドシップ車が誕生しました。

車名の由来

MR2はそれぞれ、ある言葉の頭文字です。その言葉とは、

M = Midship(ミッドシップ、またはミドシップ)
R = Runabout(小型の2人乗りオープンカーの意味)
2 = 2 Sheater(シートが2つ、の意味)

です。今ならDai語ばりのキラキラネームですね。

歴代のトヨタ・MR2、カタログスペックご紹介!

初代 AW11型(1984年 - 1989年)

初代トヨタ・MR2はポンティアック・フィエロのライバル車として誕生しました。FFカローラのエンジン廻りをミッドシップに移植する手法はフィアット・X1/9に倣っています。発表当初は1,500cc SOHC と1,600cc DOHC と搭載していたことから、オシャレな2人乗りシティコミューターの趣きが強かったのですが、1986年にマイナーチェンジ時に4A-GE型エンジンにスーパーチャージャーを搭載した「4A-GZE型」エンジンをクラウンに次いで国産車で2番目に搭載し、低速から盛り上がるトルクはスポーツカーそのものでした。1986年のマイナーチェンジで、Tバールーフも採用され、エアクルージングが楽しめる名前通りの「ラナバウト」になりました。

●初代トヨタ・MR2 カタログスペック

型式 AW11
ボディタイプ 2ドアノッチバッククーペ
全長 3,950mm
全幅 1,665mm
全高 1,250mm
ホイールベース 2,320mm
車両重量 960 - 980kg
最小回転半径 4.8m
ステアリング ラック&ピニオン ※パワーアシストなし
駆動方式 MR(ミッドシップ)
サスペンション 4輪ストラット
ブレーキ(前) ベンチレーテッド
ブレーキ(後) ディスク
変速機 4速AT / 5速MT

発表時エンジン
【4A-GELU型】
種類 直列4気筒ツインカム16
内径 81.0mm
行程 77.0mm
総排気量 1,587cc
圧縮比 9.4
最高出力(グロス)130PS/6,600rpm
最大トルク(グロス)15.2kgm/5,200rpm
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料消費率
 ・5MT 12.8km/L
 ・4AT 11.4km/L

【3A-LU型】
・種類 直列4気筒SOHC
・内径 77.5mm
・行程 77.0mm
・総排気量 1,452cc
・圧縮比 9.3
・最高出力(グロス) 83PS/5,600rpm
・最大トルク(グロス) 12.0kgm/3,600rpm
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料消費率
 ・5MT 15.0km/L
 ・4AT 12.4km/L

1986年マイナーチェンジ時に追加
【4A-GZE型】
・種類 直列4気筒スーパーチャージドツインカム16
・内径 81.0mm
・行程 77.0mm
・総排気量 1,587cc
・圧縮比 8.0
・最高出力(ネット) 145PS/6,400rpm
・最大トルク(ネット) 19.0kgm/4,400rpm
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
燃料消費率
 ・5MT 11.8km/L
 ・4AT 10.4km/L

※燃焼消費率は当時の測定方法である「10モード」による測定値です。

1986年のマイナーチェンジ前までは前期タイプ、マイナーチェンジ後は後期タイプとすることが多いのですが、後期タイプは外観もリファインされました。外観で前期と後期を見分けるポイントです。

●バンパーが黒色からボディ同色に変更
●リヤスポイラーが黒色からボディ同色に変更
●後期型にTバールーフ設定
●Tバールーフ仕様車はラジオアンテナがAピラーからトランクリッドに変更

2代目 SW20型(1989年 - 1999年)

2代目モデルも初代同様、FF車のエンジン廻りをミッドに搭載する手法が採られました。ベースとなったのはセリカです。セリカと同じ直列4気筒 2,000cc ツインカムを搭載し、エンジンパワーが向上しました。そのため、各部ディメンションも拡大されました。先代モデルで設定のあったSOHCエンジンや、実用型エンジンである「ハイメカツインカム」の設定はなく、スポーツ用ツインカムエンジンとツインカムターボエンジンを搭載しました。車名に含まれる「ラナバウト」要素は影を潜め、本格的なスポーツカーとなりました。

●2代目トヨタ・MR2 カタログスペック

型式 SW20
ボディタイプ 2ドアノッチバッククーペ
全長 4,170mm
全幅 1,695mm
全高 1,235mm
ホイールベース 2,400mm
車両重量 1,210 - 1,270kg
最小回転半径 4.9m
ステアリング ラック&ピニオン ※パワーアシストあり
駆動方式 MR(ミッドシップ)
サスペンション 4輪ストラット
ブレーキ 4輪ベンチレーテッドディスク
変速機 4速AT / 5速MT

発表時搭載エンジン
【3S-GEU型】
種類 直列4気筒ツインカム16
内径 86.0mm
行程 86.0mm
総排気量 1,998cc
圧縮比 10.1
最高出力(ネット)165PS/6,800rpm
最大トルク(グロス)19.5kgm/4,800rpm
使用燃料 ハイオクガソリン(プレミアムガソリン)
燃料消費率
 ・5MT 11.6km/L
 ・4AT 9.6km/L

【3S-GTE型】
・種類 直列4気筒ツインカム16 ターボエンジン
・内径 86.0mm
・行程 76.0mm
・総排気量 1,998cc
・圧縮比 8.8
・最高出力(ネット) 225PS/6,000rpm
・最大トルク(ネット) 31.0kg・m/3,200rpm
使用燃料 ハイオクガソリン(プレミアムガソリン)
燃料消費率
 ・5MT 10.4km/L

※燃焼消費率は当時の測定方法である「10モード」による測定値です。

発売当初のモデルは足廻りが弱く増加した車両と向上したエンジンパワーに対応できないでいました。そのため、簡単にリヤが流れ出し事故を起こし易い車両特性でした。そこで1991年のマイナーチェンジでは、足廻りを中心に徹底して見直し、ほぼ全面的な改良が行われました。

また、2代目モデル末期には特別限定車の「MRスパイダー」も発売されました。MR2のルーフを切り取って制作されたオープンモデルです。

【動画】ドリフトマシン・MR2!

トヨタ・MR2を購入するみなさんの目的は、スポーツドライビングを楽しむことでしょう! ミッドシップレイアウトがもたらす旋回性能の高さはコントローラブルさにもつながり、ドリフト走行を楽しむことができます! 腕があれば、の話ですが(笑)

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/8j5ixI1h-5A" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

MR2(SW20)かっこよすぎるドリフト!クラッシュ&水しぶき!

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/9jWZDRLhX-0" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

MR-2のドリフト!第2弾!!乗り手次第でここまで出来る。

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/Dq4Zu_2hpic" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

20151117日光サーキットフルーク走行会MR2 SW20ドリフト車載追走もアリマス

ドリフト走行は、一般道では行わないでください。通行区分をはみ出す、非常に危険な行為です。スポーツ走行は、講習を受けてライセンスを取得し、サーキットで楽しみましょう。

MR2の実燃費はどれくらい?

トヨタ・MR2は1999年に生産が終了していますので、すでに17年前の自動車になります。その時代の車両なので環境性能は現代の自動車には到底かないません。カタログ上の燃費は上記のカタログスペックに記載しました。では、実燃費はどれくらいだったのでしょうか?

ユーザーが本音を話してくれると評判の「価格.com」によると、

●初代モデル データなし
●2代目モデル
 ・ターボ車 およそ7km/L程度
 ・NA車 およそ10km/L程度

のようです。ユーザーさんそれぞれで運転技術や運転条件が違いますし、チューニングの有無によっても燃費が変わってきますので、大体の目安です。初代モデルのカタログ燃費をNAエンジンと過給機付きエンジンに分け、それぞれを2代目モデルと比較すると大きく違いはないので、実燃費も大差ないと推測できます。

【維持費もチェック!】トヨタ・MR2の中古車情報

トヨタ・MR2のスタイルは、今見てもカッコいいですよね! 現代では絶滅したリトラクタブルヘッドライトはギミック感満載です。当時、リトラクタブルヘッドライトは女子に大ウケで、

夜のドライブに連れていって♪

と大学生時代、同じくリトラクタブルヘッドライト採用のFFセリカを所有していた筆者は、よくお願いされたものです。ヘッドライトを開くと女子は大興奮で、テンションアゲアゲでした(笑)
そこで、今月トヨタ・MR2を中古で購入するとします。いくらぐらいの相場なのでしょう?

GAZOO.comで検索してみると...

出典:http://gazoo.com/U-Car/VehicleInfo/UCarDetailInfo.aspx?id=2129898539

トヨタ・MR2 G 5MT
年式 1995(H7)
走行距離 32,000km
本体価格 64.8万円(消費税込み)

トヨタ自動車公認の中古車店「U-Car」の在庫を GAZOO.com で検索してみると、2016年2月現在、該当データはこの1台のみ! タイミングが悪いのか、そろそろ流通も止まってきたのか? いずれにしても生産終了から17年。決して多くはないタマ数のはずです。
こちらのMR2は21年落ちにしては、良い状態ですね。経年劣化による内外装のやつれは隠しようもありませんが、なにせ走行距離が32,000kmしかありません! これはもう奇跡です! でも安易に手を出してはいけません。なにせ相手は「G」グレード。標準でパワステがついていません。オプション装着もしていません。ミッドシップなのでステアリングは軽いのですが、路面からの情報をダイレクトにステアリングに伝えます。予期しない段差超えで手を痛めた、という体験談もあるので要注意です。

そうだ!MR2専門店で購入しよう!

生産終了から17年。しかも趣味性の高いスポーツカー。こういうクルマはマニアが集まる専門店なら、整備ノウハウもバッチリで安心して購入できます。
そこで、トヨタ・MR2を主に扱う専門店をご紹介します。

-大阪府摂津市のMR2・MR-S専門店

ダイエーモータースさんで購入したMR2とMR-Sには、お店独自の製品保証が付きます。また、MR2、MR-Sの整備一筋の整備士さんがいらっしゃるとのこと。いくらMR2が古くても、これなら安心して購入できますね。

出典:http://daie-motors.com/stocklist/889/

トヨタ・MR2 GT-S 5MT
年式 1994(H6)
走行距離 147,000km
本体価格 48.6万円(消費税込み)

22年落ち、走行距離およそ15万kmと普通の中古車店で見かけたら敬遠しそうなスペックですが、そこは専門店! しっかりと細部まで点検整備した上でコメントをサイトに掲載してくれています。経年劣化以外のダメージはなさそうです。しかも、エンジンはこれからが本調子のようですから、楽しみな1台ですね。

2代目トヨタ・MR2購入!さて、維持費はおいくらぐらい?

先ほどご紹介したダイエーモータースさんで、上記のMR2 GT-Sを購入したとしましょう。さて年間いくらぐらいで維持できるでしょうか?
自動車の維持費には燃料代、整備代、保険代、車庫代、税金といろいろありますが、特に燃料代をシミュレーションしてみます。

MR2 GT-Sに搭載されるエンジンは「3S-GTE型」ツインカムターボエンジンです。実燃費は「価格.com」のユーザーレビューによると、およそ7km/L程度。しかもハイオク(プレミアム)ガソリン仕様です。ハイオクガソリンの価格を120円/Lとします。週末のドライブを中心に年間5,000km走行したとして、年間のガソリン代はいくらになるでしょう?

燃費7km/LのMR2が5,000kmを走行するために必要なガソリンは、およそ715Lです。ハイオクはリッター120円ですから、燃料費はざっと85,800円になります。最新のハイブリッド車と比較すると、ちょっと高いですね。走行距離は半分でも、ガソリン代は2倍程度です。しかし、MR2のシートバックには、2人を酔わせるハートがあります。アクセルを踏み込むと、背中から押されたような加速度を体感できます。これは燃料代と引き換えにしてでもGETしたいミッドシップ車の愉しみです。

【まとめ】孤高の存在、トヨタ・MR2

国産車ではじめてミッドシップレイアウトを採用したMR2ですが、同じクラスには同じエンジンレイアウトのライバル車は登場せず、後継車のMR-Sのみでした。一方、高級スポーツカーとしてホンダ・NSX、軽スポーツとしてホンダ・ビート、ホンダ・S660と、数えるほどしかミッドシップ車は市販されませんでした。近いうちにホンダ・S2000が1,800ccエンジンをミッドに搭載して登場する、との噂もありますが、かなり高額なようです。
今なら手軽に購入できる1,600~2,000ccクラス唯一のミッドシップカー、トヨタ・MR2。スポーツカー好きなら、背中に2人を酔わせるハートの鼓動を感じてみてください!