ワンボックスカーの人気ぶりは健在!購入時に役立つ8車種をどーんと紹介!

まだまだ人気があるワンボックスカー。とくにミニバンは非常に人気がありますね。そこでミニバンを中心にワンボックスカー8車種徹底紹介します。新車や中古車の購入に役立ててくださいね!

【ホンダ:オデッセイ】元祖ミニバンといえばオデッセイ。これからも進化していきます。

出典:http://www.honda.co.jp/ODYSSEY/webcatalog/styling/?from=ODYSSEY_sitemap#exterior-design

オデッセイが初めて登場したときは四角に近い形で、「これぞまさにワンボックス」というようなものでしたが、今日に至るまでだんだんと全高が低くなり低重心化が図られ、ボンネット部が延びてきていてだんだんとステーションワゴン化しているといった声もあるほどです。しかしまだまだホンダのワンボックスミニバンの大黒柱です。
オデッセイには通常モデルとカスタムモデルの「アブソルート」という2種類があります。アブソルートは、通常モデルの走りをより強化し、そして内装も通常モデルよりもラグジュアリー感を演出した「走り重視」のモデルとなっています。どちらのオデッセイも、走りも快適さも十分満足できるほどに仕上がっています。そして、ホンダお得意の低床・低重心化がよりいっそう色濃くなっているため室内空間が広々しています。さらに、両側スライドドアが使えることから、今までよりも乗降と快適性がアップしています。それでいてスポーティーな走りもできるというのも良いですね。

基本情報

【オデッセイアブソルートの詳細】
■スペック(全長・全幅・全高):4,830×1,865×1,715(mm)
■最小回転半径:5.4m
■燃費(JOC08モード):14.0km/L
■排気量:2,356cc
■燃料:無鉛レギュラーガソリン
■最高出力(ネット):140kW(190PS)/6,400r.p.m
■定員:7

【ホンダ:ステップワゴン】未だにワンボックスという形を変えないミニバン。

出典:http://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/interior/

ホンダワンボックス3強(オデッセイ・ステップワゴン・フリード)の一角であるステップワゴン。登場からずっとワンボックスという形を守り続けているクルマです。今回リアドアの変更が大きな話題を呼びました。通常はノブを引けば下から上へ開くのですが、今回はその動きに加え、2/3が”手前”にも開くという、かなり画期的な変更となりました。通常はワンウェイ(下から上or横開き)のみとなりますが、両方ができるツーウェイとなっていることがかなり注目されています。ホンダは本当に革新的なことを考えてそれを実用化することは得意です。こういったことを押し出せればもっと街中でホンダの「面白味のある車」を見ることができるかもしれませんね。

基本情報

【ステップワゴンの詳細】
■スペック(全長・全幅・全高):4,735×1,695×1,840(mm)
■最小回転半径:5.7m
■燃費(JOC08モード):16.0km/L
■排気量:1,496cc
■燃料:無鉛レギュラーガソリン
■最高出力(ネット):110kW(150PS)/5,500r.p.m
■定員:7or8

【ホンダ:フリード】コンパクトワンボックスミニバン。フリードの立ち位置です。

出典:http://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/type/?from=FREED-header

HONDAフリードはコンパクトなボディサイズで7人乗りができる車という画期的なコンセプトのもとに作られた車です。7人乗りは2列目をキャプテンシートの設定にした場合で、ベンチシートに設定すれば8人乗りにすることも可能です。コンパクトに作られてはいるものの、実はワンボックスの扱いでもあるんです。この「フリード」は、3列目を起こして最大の7or8人乗ってしまうと1,500ccなのでかなり重たく感じますが、このサイズで7or8人乗れるということがすごいことなんです。また、2列目までしか乗っていないのであれば、3列目を使わずに済むので、ラゲッジスペースも広く取れて買い物には非常に最適な車です。使用するときの状況によって使い分けができるコンパクトワンボックスというのは貴重ですね。

基本情報

【フリード:Gの詳細】
■スペック(全長・全幅・全高):4,295×1,695×1,710(mm)
■最小回転半径:5.2m
■燃費(JOC08モード):21.6km/L
■排気量:1,496cc
■燃料:無鉛レギュラーガソリン
■最高出力(ネット):65kW(88PS)/5,400r.p.m
■定員:7or8

【トヨタ:ヴォクシー】かつては業務用として使われていた車がここまで進化するとは。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%BC

かつては業務用ワンボックスとして知らない人はいなかった「ハイエース」を畳用化したのがヴォクシーです。このクルマの最大の特徴は、なんといってもファミリーワンボックスでありながら若年層をも取り込むインテリアと走り、そしてその見た目といったところでしょう。特に特別仕様車のZS"煌”のフロントの顔つきはもちろん、ドアノブやフロントグリル・車内ハンドルドアに車外ハンドルドアに加えLEDクリアランスランプまで、すべてシルバーメッキで構成されています。バックドアガーニッシュはスモークメッキで作られており、スモールランプは当然LEDで、こちらはオートコントロールとなっています。こういったところだけでも若年層を取り込むには十分な装備が整っています。
そして、ヴォクシーは低床化を実現しているため乗り降りが非常に楽になっています。このクラスで低床化が実現できているのはホンダのステップワゴンくらいなので、この点においても非常に貴重なクルマとなっています。スライドドアと合わせて、若年層だけでなくお子さんがいるファミリーにも気配りができたクルマとなっています。

基本情報

【ヴォクシーハイブリッド車:Vの詳細】
■スペック(全長・全幅・全高):4,695×1,695×1,825(mm)
■最小回転半径:5.5m
■燃費(JOC08モード):23.8km/L
■排気量:1,797cc
■燃料:無鉛レギュラーガソリン
■定員:7
■最高出力(ネット):73kW(99PS)/5,200

【ヴォクシーガソリン車:ZSの詳細】
■スペック(全長・全幅・全高):4,695×1,695×1,825(mm)
■最小回転半径:5.5m
■燃費(JOC08モード):16.0km/L
■排気量:1,986cc
■燃料:無鉛レギュラーガソリン
■定員:7
■最高出力(ネット):112kW(152PS)/6,100r.p.m

【トヨタ:アルファード】これぞ一流ラグジュアリー!といわんばかりの内装。

出典:http://toyota.jp/alphard/gallery/

高級ワンボックスミニバンの代表格といえば「アルファード」ですね。アルファードは3回のフルモデルチェンジを行い、かつてはハイエースというワンボックスからの流れを汲んでいるとは思えないほど高級なワンボックスミニバンに仕上がりました。なかでも、最上級グレードのエグゼクティブラウンジは先代の2列目シートよりもピッチが拡大されており、電動オットマンや格納式テーブルまであり、まさに「走るファーストクラス」です。2列目を最後までスライドして、運転席や助手席を一番前まで動かし背もたれを寝かせれば、そこにはもう、大人が優に寝られるくらいのスペースが出来上がります。シートも上質な皮を使っていて、肘掛けは両方に設置。飛行機でいえばファーストクラス・新幹線でいえばグランクラスといったような趣のシートです。ぜひ一度は自分の城として持ってみたいですね。

基本情報

【アルファードガソリン車:Executive Loungeの詳細】
■スペック(全長・全幅・全高):4,915×1,850×1,935(mm)
■最小回転半径:5.8m
■燃費(JOC08モード):9.5km/L
■排気量:3,456cc
■燃料:無縁プレミアムガソリン
■最高出力(ネット):206kW(280PS)/6,200r.p.m
■定員:7

【アルファードガソリン車:Gの詳細】
■スペック(全長・全幅・全高):4,915×1,850×1,880(mm)
■最小回転半径:5.6m
■燃費(JOC08モード):11.6km/L
■排気量:2,493cc
■燃料:無縁レギュラーガソリン
■最高出力(ネット):134kW(182PS)/6,000r.p.m
■定員:8

【三菱:デリカD5】がっちりしたワンボックス。平地も山道もおまかせ!

出典:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/delica_d5/

三菱が販売しているデリカD:5は、三菱唯一のワンボックスカーです。このデリカD:5はクリーンディーゼル、つまりディーゼルエンジンを搭載している車です。ディーゼルエンジンはガソリンではなく軽油を使うのでガソリン車よりも燃料代が抑えられるというメリットがあります。これはマツダの「スカイアクティブディーゼル」と同じ考え方です。ディーゼルといっても以前のような真っ黒な排気ガスが出てくるようなものではなく、場合によってはガソリン車よりもきれいな排気かもしれないくらいに、ディーゼルは進歩しています。このデリカはどちらかというとダート向けに作られた車なので頑丈にできています。その分車重も重くなっているので扱いには注意が必要ですね。

基本情報

【デリカ:D-Power packageの詳細】
■スペック(全長・全幅・全高):4730×1,795×1,870(mm)
■最小回転半径:5.6m
■燃費(JOC08モード):13.6km/L
■排気量:2,267cc
■燃料:軽油
■最高出力(ネット):109kW(148PS)/3,500r.p.m
■定員:7or8

【日産:エルグランド】エルグランドに次いで出てきた高級ワンボックスミニバン。

出典:http://www2.nissan.co.jp/ELGRAND/exterior.html

日産で初めてののワンボックスカーといえばエルグランドを置いて他はないでしょう。登場以来その地位を守ってきましたが、一回り小さいセレナが登場してからはファミリー層はちょっと小さめでも取り回しが聞きやすいセレナに流れ、ワンボックスカーを2分して存在しています。エルグランドはラグジュアリーワンボックス、セレナは中型ファミリーセダンとしてすみ分けをしています。また、セレナはすでにハイブリッドモデルがメインに配備されていることが大きなアドバンテージになっていますが、ついにエルグランドにも2016年にはハイブリッド仕様が登場するとのうわさもでています。ようやくといったところではありますが、大きい車の宿命でもある燃費問題がこれである程度解消されるかどうかといったところを見守っていきたいですね。

基本情報

【エルグランド:350Highway STARPremiumの詳細】
■スペック(全長・全幅・全高):4,975×1,850×1,815(mm)
■最小回転半径:5.7m
■燃費(JOC08モード):9.4km/L
■排気量:3,498cc
■燃料:無鉛プレミアムガソリン
■最高出力(ネット):206kW(280PS)/6,400r.p.m
■定員:7

エルグランド:250Highway STARPremiumUrban CHROMの詳細】
■スペック(全長・全幅・全高):4,975×1,850×1,815(mm)
■最小回転半径:5.7m
■燃費(JOC08モード):10.8km/L
■排気量:2,488cc
■燃料:無鉛プレミアムガソリン
■最高出力(ネット):125kW(170PS)/5,600r.p.m
■定員:7

【日産:セレナ】エルグランドよりも一回り小さい。その小ささが成功のカギ。

出典:http://www.nissan.co.jp/SERENA/exterior.html

日産のファミリーワンボックスとして登場したのはセレナです。日産のワンボックスカーはエルグランドのみとなっていたところに登場したセレナ。このセレナはエルグランドよりも一回り小さくなっています。しかも燃料は無縁プレミアムガソリン、つまりハイオクからレギュラーガソリンへと変更となりました。そしてなにより、セレナはハイブリッド設定がメインで通常燃料車(ガソリン)設定がめいんとなっています。これにより燃費はかなり向上しています。そして上位車種のエルグランドよりも小さく作られているので非常に取り回しがいいのです。大きすぎるワンボックスからの脱却を図ったことが功を奏したのか、今では日産のワンボックスミニバンを牽引する役割を担っています。

基本情報

【セレナ:ハイウェイスターG/S-HYBRIDの詳細】
■スペック(全長・全幅・全高):4,770×1,735×1,865(mm)
■最小回転半径:5.7m
■燃費(JOC08モード):15.4km/L
■排気量:1,997cc
■燃料:無鉛レギュラーガソリン
■最高出力(ネット):108kW(147PS)/5600r.p.m
■定員:8

まとめ

※イメージ画像

ワンボックスカー8車種をご紹介しました。それぞれメーカーによって特徴があることがわかりますね。最近は大型化するモデルは少ないようです。やはり日本の道路事情やニーズといったものがそうさせているのでしょう。これからもミニバンを中心としたワンボックスカーはますます人気を博しそうです。その中であなたにとってピッタリな1台を選ぶ材料になればうれしいです。