「フェラーリ F40」F1ドライバーも手を焼いた伝説のサラブレッド

かつて2億円ものプライスが付けられたり、F1ドライバーでさえポテンシャルを最大に引き出すことに手を焼いたなど、数々の伝説が今も語られる「フェラーリF40」の魅力とポテンシャルに迫ってみたいと思います。

世界最速は「F40」

「フェラーリ F40」は、1987年にフェラーリが創業40周年を記念して製作したリアミッドシップ・後輪駆動の2シータースポーツカーです。「F」は、フェラーリを意味し、「40」はフェラーリ社創業40周年を示していました。公称最高速度は324km/hとなっていて、発売当時は世界最速の市販車でした。

コンセプトは「そのままレースに出られる市販車」

「フェラーリ F40」は、開発時のコードネームはル・マン24時間レースを意味する「LM」が名称です。そして、フェラーリの創始者エンツォ・フェラーリがその生涯の最後に、フェラーリ社の「そのままレースに出られる市販車」というコンセプトを形にしたモデルです。ボディデザインはピニンファリーナが担当しています。また1987年7月21日にイタリアのマラネロで開かれた、「フェラーリ発表会」で当時89歳になるエンツォ・フェラーリ自身が出席し、発表したということも特別なことでした。

徹底した軽量化

「F40」は徹底的に軽量化が目指されたモデルです。シャシーの基本構成は1960年代のフェラーリ製レーシングカーや従来の市販フェラーリと同様の楕円鋼管 チューブラーフレームによる「スペースフレーム方式」が採用されていますが、当時開発されたばかりのカーボンケブラー複合素材や構造部接着剤といった最新のマテリアルを組み合わせた半モノコック構造とし、高い剛性と軽量なボディとなっています。ボディ外装やカウルも全て複合素材製となっていて徹底的な軽量化によってスパルタンな印象です。

室内はレーシングカー

さらに室内はこのカーボン素材がそのままレーシングカーのように素材がむきだしで、装飾が施された内装などはありません。ドアの室内側にはドアノブも無く、代わりのワイヤーを引いてドアを開ける仕様となっています。サイドウィンドウは手動で上下するガラス製のタイプとウィンドウ自体はプラスチック製の固定でスライド式の小窓を備える軽量タイプの2タイプが選択可能でした。シートもカーボン素材製のバケットタイプで3タイプのサイズから選択できますが、リクライニング調整はなくスパルタンなドライビングポジションです。シートベルトも標準は3点式ですが、サーキット走行を考慮し、4点式もオプションで用意されていました。ステアリングやブレーキにはパワーアシストなどがなくノンサーボなため、クラッチペダルの重くレーシーなものでした。またエンジンスタート時には暖気が充分でないと、オイルが回らずギアが入らないという快適性を無視した、走りに徹した作りとなっています。

じゃじゃ馬なパワートレイン

「F40」のパワートレインは、グループBのWRC、レース参戦をコンセプトとして発売されたコンペティションベースモデルの「フェラーリ 288GTO」、その改良版「フェラーリ 288GTOエヴォルツィオーネ」をベースとしてチューニングされた排気量2,936ccのV型8気筒インタークーラー式ツインターボ・エンジン(F120A型)を搭載しています。
最高出力は478PS/7,000rpm、最大トルク58,8kgm/4,000rpmを発生させています。またターボチャージャーは日本のIHI製が採用されています。

サスペンションシステム

前期型と後期型でサスペンションシステムは異なり、サスペンションシステムにダブルウィッシュボーンがされていますが、後期型では「車高調整機能」が装備されています。タイヤは「ピレリ社」がF40のために開発した「P Zero」が標準で、ブリヂストンの「POTENZA RE71」も装着できました。それでも「F40」のじゃじゃ馬なパワーをコントロールすることは難しく、当時フェラーリのF1チームに在籍し車両開発に参加していたゲルハルト・ベルガーが「雨の日には絶対に乗りたくない」「雨の日にはガレージから出すな」と言うほどの過激でスパルタンな味付けとなっていました。

ポテンシャル

「フェラーリ F40」のポテンシャルは、最高速度325.8km/hを記録し、 0-400mで11.293秒(通過速度203.60km/h)、0-1000mで20.830秒、0-100km/h加速は4.1秒を記録しています。そして現代でもそのポテンシャルは、通用するのか、フェラーリ・ロードカー「599 GTB フィオラノ」と比較されたことがあります。「599 GTB フィオラノ」は、オールアルミニウム製スペースフレームでフロントに、5,999ccのV型12気筒エンジンを搭載し最高出力620PS、最大トルク62,0kgmを発生します。最高速度は330km/h以上、0-100km/h加速は3.7秒です。「Duel for the Crown(王座を賭けた決闘)」という題名が付けられたビデオには、F40から599に至る20年の間に、大きく性能を向上させたのはエンジン自体ではなく、電子制御システムのトラクション・コントロール、セミAT「F1」ギアボックス、ブレーキシステムとタイヤによって動力性能が向上していることが勝敗を分けたことを観ることができます。勝敗結果を考えると「F40」がいかにポテンシャルが高いモデルだったのか理解できます。

下落することのないプライス

日本での価格は当時の日本のディーラー価格で4,650万円。しかし、発表当時は各国のフェラーリ正規ディーラーにオーダーが殺到する事態が起きて日本では当時バブル経済だったこともあり一時は2億5,000万円で取引されたこともあるほどでした。そのため当初発表された生産台数は350台ないし400台でしたが、急遽「F40」を増産し1992年の生産終了までに1,311台が生産されました。現在でも4,500万円以上のプライスが付けれています。

「フェラーリ F40」主要諸元(1988)

エンジン:2946cc V型8気筒DOHCツインターボ(F120型)
最高出力:478PS/7,000rpm
最大トルク:58,8kgm/4,000rpm
トランスミッション :5MT
駆動方式:MR
サスペンション:F/R ダブルウィッシュボーン
ブレーキ:F/R ベンチレーテッドディスク
全長:4,430mm
全幅:1,980mm
全高:1,130mm
車両重量:1,100kg

モータースポーツ

1989年:アメリカのIMSAシリーズGTOクラスの「ラグナ・セカ1時間レース」で3位入賞しています。
1990年:IMSA-GTOにスポット参戦し「ミド・オハイオ250km」で3位、「モスポート」で2位、「ロード・アメリカ300km」で2位、「ワトキンス・グレン500km」で2位を獲得しています。
1992年:イタリア・スーパーカーGT選手権に参戦し「F40GT」で出場し連戦連勝を記録しています。
1994年:BPR GTシリーズに参戦しますが1勝のみとなっています。
1995年:BPR GTシリーズで「モンツァ」、「ハラマ」、「ニュルブルクリンク」など合計5度のポールを獲得しています。
1995年:ル・マン24時間レースに出走し予選は総合6位、7位、8位を獲得し、本戦では総合12位GT1クラス6位という結果です。
1996年:BPR GTシリーズは「アンデルストープ」の1勝、イタリアのヴァレルンガ6時間レースで優勝しています。

派生モデル

各部をチューニングし改良を加えた「フェラーリ F40 GTE(グラン・ツーリスモ・エヴォルツィオーネ)」、ル・マン24時間耐久レース仕様にサーキット専用モデルとしてチューニングされた「フェラーリ F40 LM」のスペシャルモデルがバリエーションとして存在しています。

「フェラーリ F40 Competizione」 (F40コンペティツィオーネ)

ノーマルの「F40」との外観上の違いの特徴は、フロントカウル上に大きく口を開けたラジエター冷却用のエアアウトレットが採用されていることです。またリトラクタブルタイプから変更された丸型4灯式の埋め込みヘッドライトやリヤスポイラーが可変式スポイラーに変更されています。また各所に追加エアダクトが設けられ、フロントリップスポイラー大型化されダウンフォース向上を図っています。さらに固定式の前後牽引フックや室内外から操作できる消火システム・キルスイッチ、初期型に見られたスライド式のドアガラス(アクリル製)、エアダクトと一体化され小型になったサイドリヤビューミラー、外部バッテリー接続用端子、車体右側のクイックチャージャー対応の燃料給油口(左側は排除。ノーマルのフタのみ)、F1譲りの大型ディフューザーなどが追加装備されています。

シャシー性能

シャシーも大きく改良されています。足回りはノーマルより更に軽量化され、しかもワイド化された「グッドイヤー社製」のレーシング用スリックタイヤ、「O・Z社製」のホイールが装備されています。ブレーキシステムはサイズアップされたブレーキローターや強化キャリパーに変更され強力なストッピングパワーに向上しています。またパーキングブレーキを排除し(停車中は輪留めが必要がありました。)、サスペンション各部の見直しによるグリップ力強化が施され、グループCカーなどに装備された内蔵式エアジャッキ(フロントに1本・リヤに2本装備されています。)が装着されています。

徹底したレース仕様

インテリアは、元々内装はカーボンファイバー製のパネルがむき出しの箇所が多かったが、布製のトリムはダッシュボードを除いてすべて排除されています。センタートンネルのカバーも外されアクセルワイヤー・ブレーキホース・消火システムのホース・シフトリンケージ等がセットされスパルタンな雰囲気です。運転席側には乗員保護用のインパクトバーを搭載しています。シフトノブ(ノーマルの黒に対し白に変更)は大型化されています。さらに、メーターはアナログではなくデジタルメーターに変更され、メーターの中央に各種車両データを切り替え表示できるようになっています。またターボのブースト計(3.2bar表示)とタコメーター(10,000rpmスケール)がバーグラフとして表示されるようになっています。バケットシートも形状が見直され、ホールド性のアップが図られています。またサベルト社製の4点式ハーネス(シートベルト)が装備されるなど、ノーマルモデルよりサーキット走行、レースを意識したインテリアとなっていました。

パワーユニット

「フェラーリ F40 コンペティツィオーネ」のボンネットに収まっているパワーユニットは、ミッドシップに縦置きされた通称「ティーポF120B」と呼ばれるエンジンです。総排気量2,936cc 90度 V型8気筒 DOHC 32バルブ インタークーラー ツインターボエンジンで、ノーマル「F40」とスペック数値に大きな変更はありませんが、タービンとインタークーラー大型化されています。これに伴ってブーストアップが図られてブースト圧は1.1barから2.5barまで引き上げられています。マネジメントシステムや吸排気系の見直しチューニングし、最高出力はノーマルの「F40」の478PS/7,000rpmから780PS/8,100rpm、最高トルクは、58,8kgm/4,000rpmから72,8kgm/5,700rpmとハイパワーユニットにチューニングされています。

「フェラーリ F40 コンペティツィオーネ」のポテンシャル

最高出力780PS/8,100rpm、最高トルク72,8kgm/5,700rpmのハイパワーユニットと徹底した軽量化が施されたボディは、重量1,050kgとなり「フェラーリ F40 コンペティツィオーネ」は最高速度381km/hに達しポテンシャルは、レーシングカーと同等といえます。

「フェラーリ F40 コンペティツィオーネ」主要諸元

エンジン:2,936cc 90度 V8 DOHC 32バルブ インタークーラー ツインターボ(ティーポF120B型)
最高出力:780PS/8,100rpm
最高トルク:72,8kgm/5,700rpm
トランスミッション:5速MT
速駆動方式:MR
サスペンション:F/R ダブルウィッシュボーン
ブレーキ:F/R ベンチレーテッドディスク
全長:4,485mm
全幅:1,980mm
全高:1,200mm
ホイールベース:2,450mm
車両重量:1,035kg
最高速度:381km/h

まとめ

「フェラーリ F40」は、コンセプト通り「そのままレースに出られる市販車」として開発され、市販された特別限定モデルです。迫力あるレーシーなスタイルやインテリア、レーシングマシン同等のポテンシャル、一時は、2億円というプライスが掲げられたこともある、「伝説の名車」といえるスーパーカーです。