【パパやママの疑問】チャイルドシートは何歳までは付けなきゃいけないの?そんな疑問にお答えします!

車にお子さんを乗せるときにふと考えることがあるパパやママは多いのではないでしょうか。「チャイルドシートっていつまで使えばいいんだろう?」割と多くの方が抱く疑問ですね。そこで、いったい何歳までは付けなければいけないのか、そしてその理由までご紹介します。

チャイルドシートは何歳までは座らせないといけないの?

※イメージ画像

道路交通法第七十一条の三の三項によると、「自動車の運転者は、幼児用補助装置(幼児を乗車させる際座席ベルトに代わる機能を果たさせるため座席に固定して用いる補助装置であつて、道路運送車両法第3章及びこれに基づく命令の規定に適合し、かつ、幼児の発育の程度に応じた形状を有するものをいう。以下この項において同じ。)を使用しない幼児を乗車させて自動車を運転してはならない。ただし、疾病のため幼児用補助装置を使用させることが療養上適当でない幼児を乗車させるとき、その他政令で定めるやむを得ない理由があるときは、この限りでない。」とあります。
つまり、運転者(パパやママ)は、座席に固定されている補助装置を付けないままこどもを車に乗せてはいけませんよ。といっています。そして、その補助装置は子供の発育の進み方に応じたものでないと認めませんよー。ともいっていますね。

ちなみに条文の中にも出てくる「幼児」の定義ですが、こては道路交通法第十四条三項に「児童(6歳以上13歳未満の者をいう。以下同じ。)若しくは幼児(6歳未満の者をいう。以下同じ。)」という一文があります。つまり6歳未満、5歳以下のこどもは「幼児」となるということですね。

チャイルドシートは道路交通法の規定によって「幼児用補助装置を使用しない幼児を乗車させて自動車を運転してはならない」となっているので、6歳未満つまり6歳になったら外してもいいですよ、ということですね。

違反をするとどうなるの?

※イメージ画像

チャイルドシートに座らせる義務があるのにそれをやっていないところで警察に摘発されて切符を切られるということに遭遇した場合、いったいどのような罰則になるのでしょうか。
まず、点数は1点です。そして反則金は0円です。つまり点数だけが加算されるということですね。しかし、更新から違反を積み重ねてしまうと、この1点も大きくのしかかってきます。すでに5点が加算されていれば免許停止となってしまいかねないので、十分に注意してください。

6歳未満でも座らせなくてもいい場合があるって本当?

※イメージ画像

これ、よく聞く話だと思うんです。ですが、先ほどご説明したとおり、道路交通法によって6歳未満のこどもはチャイルドシートには乗せなきゃだめですよ、と書かれていますのでこれは守らなければいけません。しかし、道路交通法第七十一条の三の三項の後半にこう書かれています。「ただし、疾病のため幼児用補助装置を使用させることが療養上適当でない幼児を乗車させるとき、その他政令で定めるやむを得ない理由があるときは、この限りでない。」とあります。
そして実はもう一つ。道路交通法施行令第二十六条三の二の三にも記載があります。が、かなりややこしい言葉を使っているので、かいつまんで説明します。

◆車の座席の作り、構造上チャイルドシートを固定できないとき。
◆子供がたくさん乗るときにチャイルドシートを付けると乗り切れない場合。ただし、乗車人数の範囲内に限ります。
◆けがや生涯のためチャイルドシートを使うことが難しい場合。
◆著しく肥満な状態や、体の状態によってチャイルドシートを使うことができない場合。
◆運転している人以外が授乳やオムツ替えの必要なこどもの世話をしなければいけない場合。ただし、チャイルドシートから下ろさないとできないことのみとなります。
◆バスやタクシーなどの公共交通機関に乗っているときはいりませんよ。
◆コミュニティタクシーなどの場合もつけなくていいですよ。
◆こどもを病院や官公署へ緊急で運ばなければならないとき。

こういった場合はチャイルドシートの着用義務が免除されます。バスやタクシーはいいとして、オムツ替えや授乳以外は基本的にはチャイルドシートに乗せないとだめということですね。

6歳になったらみんな外してOK!って違うの?

※イメージ画像

6歳になったらみんなチャイルドシートを外していいものなのでしょうか。確かに外せばこどもは楽だしパパやママもいちいち乗せなくていいので楽ですが、安全なのでしょうか。

確かに法律だけでいえば6歳になればチャイルドシートは外していいということになっていますが、実は車のシートベルトは135cm~140cm以上の体型の人を想定して設計されているのです。6歳だと110cm~125cmくらいが平均身長なので、実はまだ安全性が確保されていないのです。140cmだと小学校6年生の平均身長に該当します。体の大きさは個人によって違いますので一概に6年生と言い切れることではないですが、こういっためやすがあります。

ですので、法律上問題はないのですが、シートベルトだけだといざ事故が起きた際に首や頭にかなりの衝撃が来てしまう恐れがあるんです。できれば身長が140cmを超える位になってからチャイルドシートを外すという考え方を持っておいた方が、お子さんは安全かもしれませんね。

6歳になったからチャイルドシート外したのに警察に摘発された!

※イメージ画像

よくネットでは「6歳を過ぎたからチャイルドシート外したのに警察に切符を切られた!」ということがよく書かれますがいったいどうしてなのでしょうか。

道路交通法にのっとれば6歳になったら外しても問題はないはずなのです。しかし、一部では体の大きさで判断され切符を切られるといったことが起こっているようなのです。これはこれで問題だと思いますが…。
ですので、ちょっと小柄なお子さんの場合は母子手帳を持っていると、年齢の証明になるので持ち歩いているといいですね。

また、先ほども説明しましたが、シートベルトは135cm~140cm以上の人を対象に設計されているので、これより小さいお子さんは安全性能が十分に発揮されないことも考えられます。やはりある程度の大きさになってからチャイルドシートを外すことをオススメします。

チャイルドシートはどんな種類があるの?

※イメージ画像

チャイルドシートは次のように分類されます。
■ベビーシート(乳児用)
■チャイルドシート(乳幼児用)
■ジュニアシート(幼児用)
■ブースターシート(学童用)

必ずこの時期だからこれをつかなわなければいけないといったことはないですが、やはりベビーシートからチャイルドシートに移行する際は、目安の体重9kgを超えてから使用した方が安全です。赤ちゃんは首が座ったとはいえ、事故の衝撃に耐えられるだけの頭を支える首の強さを持ち合わせていないので、ベビーシートで後ろ向きにしてきつくなって来たら、前向きにしてあげることが安全面から見るとベターですね。

そして、着用義務が発生するのはジュニアシートまでという目安があればいいのではないでしょうか。ジュニアシートはおおよそ10歳くらいまでは使えます。しかしあくまでも目安なので、体の成長に合わせて選びたいですね。

余談:6歳までチャイルドシートを使っている人は4割にも満たない!

※イメージ画像

「チャイルドシートはスペースを取るから邪魔」・「とりあえずシートベルトで十分」という考えの方が多いのか、6歳までチャイルドシートをきちんとつけている人はなんと40%弱なんです。確かに座席一つ分撮ってしまうので邪魔なのは理解できます。シートベルトがあるんだからそれでいいじゃない、というのもわかりますが、何のために法律で決まっているのかということに尽きると思います。少なくとも6歳まではシートベルトで支えられる体格になっていないお子さんが多いから、チャイルドシートの設置や乗車義務があるのです。
大人の都合で外してしまってから、万が一の事故が起きてから後悔してしまうのでは遅いのです。周りがつけてないし、事故なんかそうそう起きないから。というのではなく、事故は自分で起こさなくてももらうこともありますから、最低でも6歳まではきちんとチャイルドシートを設置してきちんとお子さんの安全を守ってあげてください。
そして6歳を超えてもお子さんの身長が135cmに満たない場合は、安心のためチャイルドシートに乗せてあげてください。やはりお子さんも自由に動けたほうがいいとは思いますが、車に乗るときは安全が第一ですから、グッとこらえてチャイルドシートの利用を心がけてください。

オススメのチャイルドシートはこちら!

※イメージ画像

一言でチャイルドシートといってもたくさんありますが、今回は新生児用~幼児用までを紹介します。つまり、着用義務がある期間のオススメを紹介します。

【マキシコシ カブリオフィックス】クルマからそのまま持って動けます。

マキシコシ MAXI-COSI 【日本正規品保証付】 カブリオフィックス CabrioFix チャイルドシート(0~1歳向けベビーシート) ポップバイオレット

¥75,832

販売サイトへ

新生児からベビーシートは、ベビーカーに移動して使えることが最大のメリットです。何よりも子供が寝ていても起こさず寝たままベビーカーに装着できるという点で非常に高評価を得ています。そして赤ちゃんは大量の汗をかきます。そこも考慮して、非常に通気性が良い作りになっているため群れることが少ないといったことも魅力的なポイントですね。価格が少し高いですが、汎用性があるといった点ではチェックしておきたいものの1つですね。

基本情報

◆商品重量:4.7Kg
◆梱包サイズ:72x45x37cm
◆性別:男女共用
◆推奨最高体重:13Kg

【コンビ ジョイトリップ エアスルー GC】1歳~11歳までとロングユースできます。

コンビ Combi チャイルド&ジュニアシート ジョイトリップ エアスルー GC エアーグレー (1歳~11歳頃対象) 軽量&省スペース設計

¥15,359

販売サイトへ

コンビはベビー用品で走らない人はいない一大メーカーです。そのコンビが出している1歳~11歳までの10年間使えるロングユース使用のチャイルドシートです。この「エアスルーGC」はその名のとおり、エアスルー、つまり通気性がいいものという商品です。5点式のベルトでしっかりと守ってくれるので安心感は抜群です。またコンビの製品はカップホルダーが付いているので、お子さんが飲み物を飲みきれないときはここにも安心できますね。

基本情報

◆商品重量:7Kg
◆梱包サイズ:71.2x44.2x32.4cm
◆性別:男女共用
◆推奨最低体重:9Kg
◆推奨最高体重:36Kg

【タカタ 04ビーンズ】4歳まではこれでしっかり守ってくれます。

【Amazon.co.jp限定】タカタ 04ビーンズ シートベルト固定チャイルドシート(0~4歳向け) ブラック/オレンジ TKAMZ-001

¥10,800

販売サイトへ

エアバックやシートベルトの最大手タカタが販売しているチャイルドシートです。こちらも5点式の固定となっているので、お子さんの体をきっちり守ってくれます。そして頭はフワフワのクッションがあるので横からの衝撃にも耐えられる設計になっています。
お値段も10,000円に消費税と(2016年1月28日現在)かなりお安い価格になっています。やはり成長と同時に使えなくなってしまうものですから、安全性能とお値段を比較して選びたいものですね。

基本情報

◆製品型番:TKAMZ-001
◆商品重量:6Kg
◆梱包サイズ:68x47x46cm
◆性別:男女共用
◆推奨最高体重:18Kg
◆推奨最高身長:100cm

まとめ

※イメージ画像

今回はチャイルドシートは何歳まで使えばいいのだろうかという疑問を解決すべく、いろいろとご紹介しました。チャイルドシートは道路交通法によると6歳までは設置義務があります。そしてそれに違反しているのを警察に摘発されると点数が1点となります。反則金はありませんが、あまり点数を重ねると目隠居停止などの措置になってしまうことがありますので注意が必要です。6歳を超えてもシートベルトの適応身長は135cm以上となっていますので、これ以下の身長のお子さんは6歳になってもチャイルドシートを使ったほうが運転に集中できますよ。
6歳に満たないお子さんがいるにもかからわずチャイルドシートを設置しない方が60%を超えるそうです。シートベルトは確かに安全装置ではありますが、先に説明したとおり対応できる身長であればいいのですが、そうではないお子さんはむしろ危険なこともあります。そして、事故は自分で起こさなくてももらってしまうこともあります。そういったときに後悔をしても遅いので、きっちりチャイルドシートは使ってくださいね。