『売らずに売る技術』のトークセミナーがINTERSECT BY LEXUSで開催決定!

2016年1月25日発売の『売らずに売る技術 高級ブランドに学ぶ 安売りせずに売る秘密』の著者 小山田裕哉さんのトークセミナーがINTERSECT BY LEXUSで開催決定と発表された。

『売らずに売る技術』について

2016年1月25日に集英社から発売された本で、「アイドルからラグジュアリーブランドまで」をテーマに幅広い執筆活動をしている小山田裕哉さんの初めての単著になります。

売らずに売る技術 高級ブランドに学ぶ安売りせずに売る秘密

¥1,836

[著者] 小山田裕哉(おやまだ・ゆうや)
[発売日] 2016 年 1 月 25 日(月)
[定価] 本体 1,700 円+税
[ISBN] 4087860574
[WEB サイト] http://business.shueisha.co.jp/

【目次】
Prologue:スマートフォンとソーシャルメディアの組み合わせは最悪だ
Chapter1:なぜメルセデスはエンジン工場をネット公開したのか
Chapter2:デジタルネイティブ世代をのめりこませるには
Chapter3:ネット口コミの悪評とどう向き合っていくのか
Chapter4:人々がブランドに求めるのは「お買い得」か「信頼」か
Chapter5:ブランドが売るのは「モノ」ではない
Chapter6:「若者の車離れ」をあきらめないために
Chapter7:未来の消費者はリアル店舗に何を求めるのか
Epologue:ラグジュアリーブランディングはお金持ちの話だけではない

販売サイトへ

スマホとインターネット、特にSNSなどのソーシャルメディアの普及によって企業は直接ユーザーにリーチできるかに見えましたが、実はユーザーは口コミなどを重要視するようになり、企業がただ発信するだけの情報には関心が薄くなってきています。
それによって「モノが売れない」「マス広告が効かない」「ネット口コミで叩かれる」「値引き合戦で消耗していく」などビジネスを取り巻く環境は悪化しているように感じる企業経営者や広報・マーケティング・ブランディング担当者も増えてきているかと思います。

ユーザーが企業を信用していないのであれば、そのユーザーが信用している他のユーザーに広告塔となってもらう必要があります。そこで、企業は物語(ストーリー・シナリオ)を作り、それをユーザーに体験してもらい、そのユーザーを広告塔に仕立て上げる必要が出てきていました。商品がコモディティー化している中、イメージが重要なラグジュアリーブランドに焦点を当て、どうやって生き残りをしているかを実例を用いて解説しいるため、とても理解しやすい内容となっています。まさに現代に必要なマーケティング本と言えるのではないでしょうか。

実例の中には
◆なぜメルセデスはエンジン工場をネット公開したのか?
◆なぜアウディはサッカーやアメフトを支援するのか?
◆なぜレクサスは車を売らないショールームを作ったのか?
など読者と関わりの深い自動車メーカーの例もありますので、興味がある方は是非ご一読ください。

集英社ビジネス書サイト。最新刊の情報や試し読みもできます!

著者「小山田裕哉」プロフィール

小山田裕哉(おやまだ・ゆうや)
ライター・編集者。1984 年生まれ。岩手県出身。日本大学芸術学部映画学科卒業後、映画業界、イベント業などを経て、フリーランスのライターとして執筆活動を始める。扱うジャンルは幅広く、ビジネス・カルチャー・ファッション・広告・時事問題など、「アイドルからラグジュアリーブランドまで」をテーマに、さまざまな媒体で執筆・編集活動を行っている。本書は初の単著となる。

出典:http://business.shueisha.co.jp/contents/1601_sell/

トークショー開催概要

『売らずに売る技術 高級ブランドに学ぶ安売りせずに売る秘密』(小山田裕哉:著)で紹介しきれなかった、あのブランドの施策に込められた糸、新しい時代の消費者に対する効果的なコミュニケーションの実例などを、ブランド担当者、各界有識者が語り合い、「モノを売る環境の未来」を探るトークセミナーの開催が決定しています。
日頃、ブランドビジネスに関わっている方のみならず、すべてのビジネスマンにとって有益な情報が語られるセミナーとなること間違い無しです。

開催場所は書籍の中にも実例で出てきたレクサスのコンセプト店「INTERSECT BY LEXUS – TOKYO」です。レクサスのコンセプトである「AMAZING IN MOTION」の通り驚きと感動を提供し続けるこの店舗で、車を単純な移動手段としてではなく、感動を生み出すパートナーとしての見せ方を実体感しつつセミナーを受けてみてはいかがでしょうか?

開催日時:2016年2月25日(木)
開催場所:INTERSECT BY LEXUS – TOKYO 東京都港区南青山4-21-26
登壇予定者
・小山田裕哉氏(著者:ライター・編集者)
・齋藤精一氏(株式会社ライゾマティクス代表取締役)
・石渡万希子氏(ファーフェッチジャパン株式会社 代表取締役)
・高田敦史氏(Lexus International レクサスブランドマネジメント部部長)
・佐々木紀彦氏(株式会社ニューズピックス取締役、NewsPicks編集長)
・首藤明敏氏(株式会社博報堂コンサルティング代表取締役社長)(順不同)

※登壇者は変更・追加となる場合もございます。

その他詳細情報や予約については以下のリンクでご確認ください。

INTERSECT BY LEXUS – TOKYOの概要

「INTERSECT BY LEXUS」は、“都市とつながり、人と人、人とクルマが交わる”というテーマのもと、LEXUSが考えるライフスタイルを体験できるグローバル規模のブランド活動発信拠点。具体的には、人々が気軽に集い、自分の時間を過ごすことができる場所を目指し、インテリアデザイナーの片山正通氏(Wonderwall Inc.代表)をはじめ、様々な人やブランドとコラボレーションを実施。幅広い分野で、LEXUSが考えるライフスタイルを発信していく。
「INTERSECT BY LEXUS - TOKYO」は、1階に”街一番のコーヒー”をコンセプトとしたコーヒースタンドや、クルマカルチャーとライフスタイルを提案するエキシビションスペース「Garage」を設置。2階には、“今の時代の東京フード”をコンセプトとしたライブラリーラウンジや、LEXUSが提供するライフスタイルアイテム「CRAFTED FOR LEXUS」のショップを設置。

場所:東京都港区南青山4-21-26
営業時間:1F 9:00-23:00、2F 11:00-23:00(不定休)