【ドライブレコーダーランキングはこれだ!】売れ筋ランキングベスト10!

ドライブレコーダーと一言でいっても数が多くてどれがいいのかわからない! という方は多いのではないでしょうか。ここでは市販のドライブレコーダーの人気ランキングを発表します! ぜひともドライブレコーダー探しにお役立てください。

ドライブレコーダーとはどういうものでしょうか。

※イメージ画像

ドライブレコーダーとは自動車の運転時に衝撃を感知すると自動的に録画を始め、その状況をつぶさに記録する機械のことをいいます。ひとえにドライブレコーダーといってもいろいろな種類があります。wifiが搭載されているものやGPSが搭載されているものもあります。ダッシュボードに据え置きやフロントウインドウ上部に貼り付けるようなものまで多種多様です。
最近ではフロントとバック2カ所に付けるドライブレコーダーもあり、後ろからの衝突についても録画できるようになっているものもあります。後ろをぶつけられると「動いていた・いない」で水掛け論になることもありますので、こういった備えは必要かもしれませんね。

今回はフロントカメラのみについてご紹介します。

【第10位:トランセンドTS16GDP220M-J】WDRが付いているので広い範囲の撮影が可能。

Transcend GPS/WiFi 対応ドライブレコーダー 2.4インチ液晶 300万画素 Full HD 画質 DrivePro 220 / TS16GDP220M-J

¥19,800

販売サイトへ

トランセンドはPCパーツメーカーとして知られています。このドライブレコーダーは、画質は非常に良いことが特徴です。WDR(ワイドダイナミックレンジ:広角撮影ができるシステム)機能がついているので、夜間や正面に太陽が来るような進行方向や橋の下など明暗差の激しい場所でも良く映ります。画角は超広角で、フェンダー部に横からぶつかってくるような場面でもはっきり映るので非常に有用です。

基本情報

■サイズ:W70.2×H63.1×D34.5mm
■重量:90.0g
■ディスプレイ:2.4インチカラー液晶
■画像センサー:低光感知CMOS、300万 画素
■レンズ:F/1.8、130°ワイドアングル
■解像度/フレームレート:フル HD(1,920×1,080)30FPS、HD(1,280×720)30FPS
■動画フォーマット:H.264(MOV:最大1,920×1,080 30fps)
■接続インターフェース:USB 2.0
■電源供給:入力/ DC12V~24V

【第9位:KYPLAZA K6000】フルHD対応ですごくきれいに撮影ができます。

フルHD対応 ドライブレコーダー Gセンサー搭載 HDMI出力 動体感知 自動録画対応 防犯カメラ K6000

¥4,480

販売サイトへ

KYPLAZAオリジナル商品です。この価格はそうそうお目にかかれないという価格設定になっています。なんと4,480円! (2016年1月26日現在)これで120°の広角の撮影が可能となっています。サイズも平均的なので、運転しているときに視界に入ってきて邪魔になることも少なそうです。この価格でこの大きさはお買い得ですね!

基本情報

■サイズ:W89×H52×D15mm
■重量:67.0g
■ディスプレイ:2.7インチカラー液晶
■画像センサー:低光感知CMOS、300万 画素
■レンズ:120°ワイドアングル
■解像度/フレームレート:フル HD(1,920×1,080)30FPS
■接続インターフェース:USB 2.0
■電源供給:入力/ DC12V~24V

【第8位:トランセンドTS16GDP200M】160°の視野角を持つドライブレコーダー。

Transcend WiFi対応ドライブレコーダー 300万画素Full HD画質 160°広視野角 DrivePro 200 吸盤タイプのマウント付属 / TS16GDP200M-J

¥9,800

販売サイトへ

160°の広角視野をもっているので斜め前方からの衝撃もしっかり撮影できます。WDR(ワイドダイナミックレンジ)機能により、夜間や悪天候などの暗いシーンでも明るくクリアな映像が保存可能とあって夜でも大変便利です。特に夜間は対向車のヘッドライトで白く映ってしまいますが、この機能を使うとはっきりと撮影できるので安心ですよ。

基本情報

■サイズ:W67.0×H72.0×D34.3mm
■重量:84.0g
■ディスプレイ:2.4インチのカラー液晶
■画像センサー:低光感知CMOS、300万 画素
■レンズ:F/2.0、160°ワイドアングル
■解像度/フレームレート:フル HD(1,920×1,080)30FPS、HD(1,280×720)30FPS
■動画フォーマット:H.264・MOV:最大1,920×1,080 30fps
■接続インターフェース:USB 2.0
■電源供給:入力/ DC12V~24V

【第7位:ヒューレット・パッカードSUPER HD 1296P】広い視野角があるも、ちょっと大きいかも。

ヒューレット・パッカード HP f520g ドライブレコーダー/GPS搭載・高画質SUPER HD 1296P、米Ambarella社 A7チップ搭載、大口径F1.8 レンズ、超広角156度、WDR+Gセンサー、常時録画、動体感知、臨時駐車監視モード、日本語メニュー対応、日本語説明書。メーカー製品保証1年 [並行輸入品]

¥22,500

販売サイトへ

156°というかなりの広角撮影ができることが大きなポイントです。その反面、厚さがあるのでそのあたりで機にある方もいるかもしれません。しかし、画質についてはかなりのものなの。人間の視界よりも広い範囲を撮影してくれるのはありがたいですね。

基本情報

■サイズ:W60.0×H70.0×D28.0mm
■重量:94.0g
■ディスプレイ:2.4インチのカラー液晶
■画像センサー:低光感知CMOS、300万 画素
■レンズ:F1.8 低変形超広角156度レンズ
■電源供給:入力/ DC12V~24V

【第6位:コムテックHDR-101】MADE IN JAPANの安心感!

コムテック衝撃録画対応 常時録画ドライブレコーダー日本製HDR-101

¥10,400

販売サイトへ

SUPER GTは日本を代表する国内最高峰のモータースポーツイベント。その300クラス全車にこのドライブレコーダー「HDR-101」とGPS機能付きのドライブレコーダー「HDR-201G」が搭載されています。熱や振動に耐えられるという証ですね。そして何より安心できるのはMADE IN JAPANなんです。やはり日本製は安心できますね。

基本情報

■サイズ:W102.0×H50.0×D20.0mm
■重量:94.0g
■ディスプレイ:2.5インチカラー液晶
■画像センサー:低光感知CMOS、300万 画素
■レンズ:対角170°(水平105°/ 垂直80°)
■解像度/フレームレート:320×240 30/15/10/5fps
■動画フォーマット:HD(1,280×720)/ SD(640×360)
■接続インターフェース:USB 2.0
■電源供給:入力/ DC12V~24V

【第5位:コムテックHDR-251GH】エンジンOFFでも録画OK!

コムテック ドライブレコーダー 駐車監視モード機能付き 200万画素 3年保証日本製モデル【GPS搭載】 HDR-251GH

¥20,904

販売サイトへ

HDR-101の上級モデルです。このモデルは内蔵バッテリーで、エンジンOFFでも衝撃があった際の前10秒/後30秒の映像を記録します。また、全国のLED信号機に対応しています。東日本/西日本の異なる電源周波数でもしっかり録画してくれるので日本全国で使えるという安心感はありがたいですね。

基本情報

■サイズ:W95.0×H56.0×D33.5mm
■重量:132.0g
■ディスプレイ:2.8インチフルカラーTFT搭載
■画像センサー:低光感知CMOS、300万 画素
■レンズ:F1.8 水平120° 垂直62°(対角148°)
■解像度/フレームレート:FullHD(1,920×1,080) / HD(1,280×720) / SD(848×480)
■動画フォーマット:MP4(MPEG-4 AVC/H.264)
■接続インターフェース:USB 2.0
■電源供給:入力/ DC12V~24V

【第4位:DBPOWER 1080PフルHD】小さくて薄くて安い!

DBPOWER ドライブレコーダー 8mm超薄い 120度広角 1080PフルHD 1200万画素 2.7インチ 動き検知 常時録画

¥6,280

販売サイトへ

DBPOWERのオリジナル商品です。厚さはわずか8ミリメートルという薄さなので視界に入りにくいので運転の邪魔になりません。1200万画素、1080PフルHD、HDMI/USB出力が対応できるようになっています。2016年1月26日現在、セール品ですが4,580円とかなり安い金額になっています。買うなら今のうちですよ!

基本情報

■サイズ:W87.0×H50.0×D8.9mm
■重量:285.0g
■ディスプレイ::2.7インチフルカラーTFT搭載
■画像センサー:低光感知CMOS、300万 画素
■レンズ:120°
■解像度/フレームレート:(1,080×720)
■動画フォーマット:MP4(MPEG-4 AVI/H.264)
■接続インターフェース:USB 2.0
■電源供給:入力/ DC12V~24V

【第3位:ケンウッドKNA-DR350】駐車時の衝撃でも自動録画開始。

ケンウッド(KENWOOD) スタンダードドライブレコーダー KNA-DR350

¥16,500

販売サイトへ

LED信号機の無点灯記録防止に対応。東日本・西日本のぞれぞれの周波数(50Hz・60Hz)に対応しているので、日本のどこでも使えます。駐車中の衝撃や、動体を感知し記録できる駐車モードも搭載しています。これで駐車場に止めているときも安心ですね。

基本情報

■サイズ:W65.0×H66.0×D36.0mm
■重量:91.0g
■ディスプレイ::2.4インチ フルカラーTFT液晶
■画像センサー:低光感知CMOS、300万 画素
■レンズ:水平約100°、垂直約55°、対角約128°
■解像度/フレームレート:1,920×1,080 / KNA-DR350 27.5fps
■動画フォーマット:MP4(MPEG-4 AVI/H.264)
■接続インターフェース:USB 2.0
■電源供給:入力/ DC12V~24V

【第2位:ユピテルDRY-mini1X】重さ39gで10,000円を切るなんて!

ユピテル(Yupiteru) 超コンパクトモデル常時録画ドライブレコーダー DRY-mini1X

¥7,300

販売サイトへ

幅5.5cm・高さ4.5cm・重さ39gと非常にコンパクトに作られています。対角118°と若干狭めの視野ですが十分に撮影ができます。4GBのSDカードも付属しているので安心ですね。このコンパクトさがありながら10,000円を切っているというのだから驚きです。小さくて安いというのはありがたいですね。

基本情報

■サイズ:W55.0×H45.0×D29.0mm
■重量:39.0g
■ディスプレイ::1.41インチ フルカラーTFT液晶
■画像センサー:130万画素カラーCMOS
■レンズ:対角118° 水平100° 垂直53°
■解像度/フレームレート:720P(1,280×720)VGA(640×480)
■動画フォーマット:AVI(MJPEG)
■接続インターフェース:USB 2.0
■電源供給:入力/ DC12V~24V

【第1位:ケンウッドKNA-DR300】多彩な録画モードで安心。

KENWOOD ドライブレコーダー KNA-DR300

¥13,313

販売サイトへ

栄えある第1位はケンウッドのKNA-DR300でした。第3位のケンウッドのKNA-DR350は後継機ですが、やはり同じようなものであれば安い方がいいのでしょうか。ちなみに機能は「KNA-DR350」の方が上です。多彩な録画モードに対応しており、「常時」「衝撃」「手動」「駐車」の4つに対応しています。安すぎず高すぎずといったものが人気があるんですね。

基本情報

■サイズ:W65.2×H65.0×D35.8mm
■重量:95.0g
■ディスプレイ:2.4インチ
■画像センサー:1/2.7インチ カラーCMOS
■レンズ:約100° 垂直:約55°
■解像度/フレームレート:200万画素/30fps
■動画フォーマット:H.264(MOV)
■接続インターフェース:USB 2.0
■電源供給:入力/ DC12V~24V

まとめ

※イメージ画像

ドライブレコーダーの人気ランキングTOP10をご紹介しました。メーカーに偏りはないのですが、高くても20,000円ちょっとなんですね。やはりそれくらいまでの価格帯のものが人気ということでしょう。安いものは5,000円を切っているものもあったりして、気になるモデルはある程度の期間をおいてチェックをしておくと安いときに買えるちゃんがあるかもしれないですね。
このほかに、自動車ディーラーで売っているものもあるので、より小型のものがほしい方はディーラーに相談してみるのも手ですね。安いものでも高いものでも、運転に安心して集中できるドライブレコーダーを選ぶことが最善です。その材料がここにあると幸いです。あなたにピッタリの1台を見つけてみてください。