雪道も安心!スノータイヤの選び方とおすすめ

スノータイヤは冬の雪道には欠かせないものです。春・夏・秋と使う3シーズンタイヤに対し、雪道に使用するスノータイヤ。昔はスパイクタイヤでしたが、現在はスタッドレスタイヤが主流。果たして、安心の選び方と実用的な使い方とは……

そもそもスノータイヤとは?

そもそもスノータイヤとは、雪が積もった道でも走ることが出来るように設計されているタイヤ全般を指す言葉で、昔のスノータイヤといえばスパイクタイヤが主力でした。
スパイクタイヤの性能は、雪道をチェーン並みにグリップし、更にアスファルトでも使えるというところに魅力がありました。しかし、近年ではアスファルトを削り、粉塵を撒き散らすと言うことで、現在は特別な状況下以外は使用中止になっています。そのため、現在の主力はスタッドレスタイヤになっています。

スタッドレスタイヤについて

スタッドレスタイヤは冬時期の雪対策として使用する冬用タイヤです。
一般的にはホイールと一緒に購入、もしくはカスタムでホイールを純正のものと交換している方は、元のホイールに付けて、冬場に専用タイヤとしてホイールごと履き替えます。

タイヤは細かなブロックで構成されていて、雪道をグリップしますが、グリップ力ではチェーンには勝てません。また、元々柔らか目なゴムで作られていますので、激しい走りには向いておりません。スポーツ走行をするとすぐに擦り減り、スタッドレスとしての役割を果たさなくなります。
決して雪道に万能で、激しい走りに対応できる訳ではありませんので、安全運転を心がけて下さい。雪が降り始め、少し積もった程度に対応できる程度とお考え下さい。

サイズにつきましては、純正規格を使うのがベストです。つまり元々の車に設定された純正ホイール・タイヤと同じ大きさを使用するのがベストということです。カスタムしてインチアップしたホイールに合わせて扁平率を下げてしまうと、タイヤの柔らかさがなくなってしまい、雪道をグリップできないので本来の性能が発揮できません。
そのため3シーズンタイヤは太くて扁平率の低いタイヤを履き、車検時にスノータイヤを履くと言う方法をとる人もいます。

出典:http://www.yellowhat.jp/product/tire/winter_tire/

タイヤが滑る原因は、路面とタイヤの間にできる水の膜。スキーが滑るのと同じ原理だよ。この「水膜」を取り除き、路面に直接力が加わるようにグリップ(つかむ力)を確保して滑りにくくしているのがスタッドレスタイヤなんだ。低温でも柔らかさを失わないような特殊なゴムを使用しているよ。

さらに、グリップ向上のために気泡を含んだゴムで吸水・吸着効果を向上させたり、グラスファイバーやクルミの殻を練りこんで引っ掻き効果を持たせたりするなど、メーカー独自の工夫が凝らされているよ。

出典:www.yellowhat.jp

スタッドレスタイヤの寿命

冬しか使わないのですが、一般的に寿命は3シーズン程度が目安と言われています。タイヤにヒビが入ったり、ブロック部分が摩耗したら、スタッドレスタイヤとしては寿命になりますので、3シーズンたっていなくても、使い方や保管方法、また製造から購入までの年数によっても変わってきます。
たまにスタッドレスとしての性能が落ちたため、夏タイヤとして履く方もいらっしゃいますが、夏タイヤとしても柔らかいので、激しい走りをする方には向いておりません。

出典:http://www.yellowhat.jp/product/tire/winter_tire/

スタッドレスタイヤは溝の深さが新品の半分まで摩耗すると、冬用タイヤとしての機能が落ちて使えなくなってしまう。とくに、濡れた路面では性能低下が激しくて、テストでは制動距離が1.5倍以上にもなるといわれているよ。そのためスタッドレスタイヤの深さを見るために、「プラットホーム」というものが設けられているんだ。
溝の深さを点検するプラットホームは、タイヤサイド4カ所の矢印(↑)部分の接地面にあるよ。だけど、実際にプラットホームを探すのは大変だよね。溝に100円玉を差し込んで見よう。1の字が見えたら残り半分(ほぼ5mm)以下の深さで、スタッドレスタイヤとしては性能の限界だよ。

摩耗とは別の問題として、スタッドレスタイヤの接地面が、時間的な経過に伴ってヒビ割れしたり、硬化したりして本来の性能を失う「ゴムの劣化」も気になってくるね。たとえ接地面が減っていないスタッドレスタイヤでも、一般的には使用開始後3シーズンぐらいが使用限度の目安と言われているよ。

出典:www.yellowhat.jp

スタッドレスタイヤの予約

昔はメーカーに山程在庫されていたものなのですが、車両台数の減少、タイヤの劣化による寿命や、冬シーズンしか使わないと言うことで、一般的に流通している量が少ない種類のタイヤは、メーカーが生産・在庫していないことがあります。
必要とされる方は、秋に予約しないと入手できない、と言うこともありますのでご注意ください。

スタッドレスタイヤの保存

出典:http://www.yellowhat.jp/product/tire/winter_tire/

スタッドレスタイヤの特徴である柔らかいゴムを硬化(劣化)させないことが重要。そのためには、まずは融雪剤や泥、油脂などの付着した異物を綺麗に水洗いして、水分を拭き取ることが大切。保管場所は、直射日光が当たらず、温度変化の少ない通気性の良いところを選ぼう。保管時は、市販のタイヤラックなどに立て掛けておくか下にスノコなどを敷いて平積みしカバーを掛けるのが基本。タイヤに変な癖が付かないように時々動かすことも忘れずに行おう。ホイール付の場合の空気圧は規定の半分程度にタイヤ圧を入れておくことをオススメするよ。

出典:www.yellowhat.jp

4WDとスノータイヤ

4WDの大きくてワイドなタイヤは、雪に強いと思う方が多いかもしれません。
マッドタイヤも、タイヤの「山」が極端に少ないので雪道に向いているのではと思われるかもしれません。
また、4シーズンタイヤも雪に強いと思われることでしょう。
しかし、タイヤの「山」の隙間に雪が入り込んでしまうので、溝が全く無くなってしまった「坊主タイヤ」と変わらなくなります。
素直にスタッドレスタイヤを使用するか、チェーンを巻くことをおすすめします。

チェーン規制(タイヤチェーン)

雪道に強いとされるスタッドレスタイヤでも限界があり、チェーンを取り付けなければならない場面もあることをお忘れなく。チェーン規制された道はスタッドレスタイヤでは対応できない、ということを覚えておきましょう。

国産スタッドレスタイヤの性能差について

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/KgxJRkh8d3s" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

スタッドレスタイヤの性能差を紹介している動画です。
新品と5分山、年数ものなどの実験をしています。
安売りされている海外製の性能も実験しています。
非常に参考になる動画です。

いまやスタッドレスタイヤの雪上性能の高さは常識になって、それにプラスして氷上性能を上げる工夫をこらしているよ。タイヤのゴム内に氷表面の水を吸収して氷結路に強くしたり、ゴムのなかに爪の機能を持たせた素材を混ぜて、氷をひっかくタイプや、サイプを工夫し接地面積を増やして氷上性能を上げるなどしているんだ。
それぞれのタイヤメーカーのスタッドレスタイヤ性能向上への取り組みを紹介しよう。

出典:www.yellowhat.jp

スタッドレスタイヤの製品紹介

出典:http://tire.bridgestone.co.jp/blizzak/

新タイプVRXが登場
左右非対称というパターンです

主に路面凍結が多い北海道・東北より北の厳寒地などで多く使われているスタッドレス。
発泡(気泡)ゴム採用により、非常に優れた氷上性能を確保。
極めたのは「新コンパウンド」「新パタン」「新接地設計」「新形状」4つの進化。

出典:www.yellowhat.jp

ヨコハマタイヤアイスガード

出典:http://www.iceguard.jp/five_plus/

従来の「新マイクロ吸水バルーン」「ブラックポリマーⅡ」に加え、従来比で最大30倍の大きさとなる「エボ吸水ホワイトゲル」を新たに採用。「エボ吸水ホワイトゲル」は、氷への密着効果と吸水効果を補完します。3つの素材の新たな組み合わせによって、「スーパー吸水ゴム」はさらに優れた氷上性能を発揮します。

トリプル吸水ゴムで氷の上の水を吸い取り、優れた氷上性能を発揮
「乾いた氷は滑らない」がキャッチフレーズ。

出典:www.yellowhat.jp

ダンロップウィンターマックス

出典:http://tyre.dunlop.co.jp/tyre/lineup/studless/wintermaxx/

ダンロップ独自のサイピング技術「ミウラ折りサイプ」のサイプ幅を25%細くした「新ミウラ折りサイプ」を採用した「MAXXシャープエッジ」。 シャープになったサイプ幅がブロックの倒れ込みを抑制し接地面積を拡大。
増加したエッジが凍結した路面をしっかりと引っかくことで、強力な氷上ブレーキ性能を実現しました。

新開発「MAXXシャープエッジ」と「ナノフィットゴム」で氷上性能が進化。
ゴムの剛性アップにより、アイスバーンでのエッジ効果向上。
ゴム分子がアイスバーンの凹凸に密着。

出典:www.yellowhat.jp

ミシュランX-ICE

出典:http://michelin.co.jp/x-ice/

ひとつのタイヤで、つるつるのミラーバーンからフカフカの新雪路面まで快適で安全なドライブをするために。「雪・氷をひっかく力」「路面に密着する力」「雪を固めて蹴りだす力」の3つの力をバランスよく発揮することが重要です。

Zサイプ採用でゴムの倒れ込みを防止することに初めて成功。
タイヤのゴム自体に除水・氷に対するひっかき効果が無くクロスZサイプがスポイトのように水膜を吸い取る。
当初より氷上性能とともに乾燥路の走行性能を優先して開発。
冬用タイヤ顧客満足度を5年連続で1位を獲得。
乾燥路や高速道路での性能が優れているため、氷上性能が低いように誤解されているが、氷上性能も乾燥路走行を両立。

出典:www.yellowhat.jp

トーヨータイヤ ガリットギズ

出典:http://toyotires.jp/sp/snow/obgrgiz.html

従来品よりも粒子が大きくなり、水膜を瞬時に吸水・除去する新素材「NEO吸水カーボニックセル」を配合。素材そのものに親水性があるので、水分をよりスムーズに吸水します。
また、氷点下でもゴムの柔らかさを保つ「ナノゲル」とTOYO TIRESが20年以上培ってきた独自の技術である鬼クルミの殻を配合しました。
「吸水」「密着」「ひっかき」の3つの効果で氷上の効き目を瞬間に実感できます。
※「ナノゲル」を見やすくしたモデル配合のため、実際の配合とは異なります。

360度スタッドレスがキャッチコピー。
世界初「吸着ナノゲルゴム」を採用。
技術力は高くさまざまなアイデアを駆使した開発を実施している。
縦制動だけでなく雪道でのカーブや横滑りをケアできるように360°全方向に効くをコンセプトに、六角形のサイプを採用。

出典:www.yellowhat.jp

ファルケンエスピア

出典:http://www.falken.co.jp/products/EPZ/

ウインターシーズンに雪国をドライブする、
あるいはそこに住むという条件下においては、
どうしても必要になるスタッドレスタイヤ。
FALKENは、冬季の路面が見せるさまざまな表情を研究した結果、
ESPIA EPZ Fを世に出した。
雪国では必ず遭遇する危険なアイスバーンでの強力なブレーキ性能の
向上はもとより、圧雪路やシャーベット路におけるグリップ力と
操縦安定性能を高めることによって
信頼性溢れるウインターコンタクトのかたちを示した。

出典:www.falken.co.jp

国内メーカーでは早くからスタッドレスタイヤを開発。
圧雪路の駆動力に優れたタイヤを得意としているが、近年は凍結路や乾燥路への対応に取り組んでいる。
多孔質構造の軽石・鶏卵の殻等による引っ掻きと吸水がコンセプト。吸水とひっかきを双方取り入れる形で効果の相乗効果を計っている。

出典:www.yellowhat.jp

スノータイヤの価格について

ほとんどがオープンプライスです。
提携店、量販店、通販…系列なら安く済みますが、通販では取り付けしてもらえません。取り付けは専門店持ち込みしかなく、手数料も取られます。
タイヤは購入費の他、寿命が来たら廃棄代もかかります。良心的なタイヤ専門店では、取付工賃、バランス調整費、廃棄代も込みで行ってくれるところもあります。タイヤの値段が安いからといって安直に決めるのではなく、トータルの費用で選ぶ事をお薦めします。

国産か、外国産かの選択

国産、外国産とありますが、安全性が高いのはやはり国産です。ものすごい開発費をかけ、日本の雪に合うように長年研究してきたタイヤですから、安全性が高いのです。外国産も有名な会社のタイヤはしっかりしたものが多いですが、安いだけで選んだタイヤを買うと、日本の雪道に合わず危険な目に合う可能性があります。

確かに車はとてもお金がかかるので、少しでも維持費を安くしようとしがちです。しかもスタッドレスタイヤは特殊な材質を使っていますので、長年持つ事はなく、維持費としては高くなりがちです。また、雪に強いと書いてあっても、スピードは出せませんし、チェーンほどの性能はありませんので、安易に選びがちです。
しかし、タイヤ代は命の代金です。命を削ってまで、安いタイヤを選ぶ事は止めましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。スノータイヤといえば今はもうスタッドレスです。そのスタッドレスタイヤの選び方や保管方法、おすすめのタイヤを紹介してきました。
スタッドレスタイヤはぱっと見のタイヤの値段ではなく、トータル費用や性能もしっかり見極めて購入する事が重要です。また、雪が降ってから買うのでは遅く、その前からちゃんと準備する事が大切です。そして、スタッドレスを履いているから安全ではなく、慎重な運転やチェーンの用意をお忘れなく。

それでは快適な冬ドライブを。