【ホンダのエアウェイブ】特徴やメリットはどんなところ?当時は斬新なクルマとして注目されたんです!

ホンダが販売していたステーションワゴンのエアウェイブは、発売開始当初はかなりのインパクトを持っていたクルマでした。そして、2005年の登場から2010年の終売まで、非常に安定した人気を誇っていました。そんなエアウェイブを徹底解剖していきます。

エアウェイブっていったいどんなクルマ?

エアウェイブは本田技研工業(以下、ホンダ)が販売していたステーションワゴンです。5ナンバーサイズのコンパクトステーションワゴンとして販売されていたオルティアが発売終了となり、それ以降ホンダには該当する車種が存在しませんでした。そこで、2005年4月にこの「エアウェイブ」が登場しました。燃料タンクを車体中央に配したセンタータンクレイアウトを採用した初代フィットのシャーシをベースにしていて、ホイールベースを100mm延長し、後席および荷室には余裕のある空間が確保されている設計になっています。ポイントとしては、低床であるため荷物の積み下ろしが非常にしやすく、後席を倒す際は座面ごと下に沈んで荷室床をほぼ水平にできるなど、ステーションワゴンとしての使い勝手はかなり優れたクルマに仕上がっていました。

外観の特徴は、流麗なフォルムと運転席・助手席の頭上から後部座席まで”ガラスの屋根”が広がる「スカイルーフ」で、いつでも青空や星空が見え、開放感が味わえるようになっていルということが最大の特徴です。スカイルーフは、プライバシーガラスと熱線吸収UVカットガラスの合わせガラスを採用しているため紫外線対策もバッチリです。スカイルーフはガラス部分の面積が非常に大きいのですが、ガラス部分を囲むルーフ部のフレームやテールゲート開口部を囲むフレームなどは閉断面化されており、剛性および衝突安全性を確保しています。ちなみにメーカーの衝突実験においては50km/h以上で側面衝突を受けてもスカイルーフのガラスは1度も割れなかったというのですから、ホンダは満を持してこのスカイルーフを出したことになります。また、スカイルーフのないノーマルルーフの設定もありますので、普通の屋根がいいという方も安心です。ドアミラーはデザイン上の理由から、S2000用のものが流用されています。

オルティアの姉妹車であったパートナー(ライトバン)の2代目はエアウェイブがベースとなっているため、オルティアの後継車と思われがちなのですが、実はオルティアはシビックがベースとなっていて、それと比べると1ランク下の車格にあたるため、実質的には異なるシリーズの車となっています。

エアウェイブの最大の特徴「スカイルーフ」について詳しく知りたい!

出典:http://www.honda.co.jp/auto-archive/airwave/2006/photo-lib/photo01.html

スカイルーフが登場するまでは、屋根を開けて外が見たい! ということならサンルーフなら一部が開閉できる、という機能があったため、当時は結構な車種で採用・導入されていました。しかし、このスカイルーフは、フロントガラスから後席(2列目)まで全面(フロントガラスと屋根のガラス=スカイルーフのつなぎ目はあり)がガラス張りになっているので、前席からも後席からも非常によい景色が楽しめる作りとなっています。

デメリットとしては、UV加工はしてあるのですが、夏場は太陽光をそのまま受けてしまうので、車内温度が通常の屋根使用のクルマよりも上がりやすくなるといった面もあります。新車として販売していた当時は、それを軽減するためのオプションがありましたが、中古車市場でしか手に入らない今はそういったものが付いているエアウェイブはなかなかお見かけしないのです。なので、購入された方が自分で考えて対策を講じなければいけないということも想定の上検討されるとよいと思います。

フィットをベースにしたとあって、似ているんです。

出典:http://www.honda.co.jp/auto-archive/airwave/2006/photo-lib/photo04.html

エアウェイブ

出典:http://www.honda.co.jp/news/2004/4040610-fit.html

初代フィット

フィットの流れをくみ、大型化させたものがエアウェイブ。ということもあり、フィットに非常によく似たクルマになっています。特にフロントマスクやグリル周りは”フィットを大型化させたもの”といわれて比較すると非常に似ていることがわかります。そしてインテリアもよく似ていて、特にメーター類はフィットそのものといっても過言ではありません。スピードメーターや回転数、ガソリン残数表示などが円で囲まれてそれぞれが独立しているように見えるのが特徴です。そのフィットの特徴をそのまま生かしたのが、この「エアウェイブ」なのです。

【エアウェイブの歴史:前編】販売開始から1年後まで。

出典:http://www.honda.co.jp/news/2006/4060706-airwave.html

2005年4月、オルティアの販売終了後の5ナンバーサイズステーションワゴンとしてエアウェイブが発売されました。2006年3月、1年後に早くも一部改良を実施し、全車にイモビライザーとアレルフリー脱臭フィルターが標準装備となりました。また、「L」に標準装備されているオートエアコンを、「G」にメーカーオプションとして設定できるようになりました。

同じく2006年7月には、前回改良から4ヶ月後という短いスパンで、特別仕様車の「HID エディション」と「HDDナビ HID エディション」が発表されました。これまで搭載されていなかった、ヘッドライトにHIDライトを搭載し、それに加えホンダオリジナルHDDナビゲーションを搭載したモデルとなっています。

また、前回特別仕様車の販売開始から5ヶ月後の12月には、さらなる特別仕様車「スタイル エディション」と「HDDナビ スタイル エディション」を発売されました。「スタイルエディション」はディスチャージヘッドライトやフォグライトに加えアンダーガーニッシュなどを装備し、よりスタイリッシュな外観デザインとして販売を開始し、「HDDナビ スタイル エディション」はホンダHDDインターナビを標準搭載としたモデルとして販売を開始しました。

ここまでわずか1年で2度の改良(特別仕様車2種4車種)の登場とあって、かなりのハイペースで改良が行われていたことがわかりますね。

【エアウェイブの歴史:後編】改良・初のマイナーチェンジから終了まで。

出典:http://www.honda.co.jp/news/2008/4080424-airwave.html

翌年2007年6月には再び一部改良が実施されました。「G」「L」といったグレード名を廃止し、新たに用途別にノーマルルーフの「M」(「M」はスカイルーフがオプション)とスカイルーフ標準の「SKY」という名称に変更となりました。また、オートエアコンを全車に標準装備とし、快適性を重視したものとなっています。
その半年後の12月には、「M」特別仕様車「HDDナビ エディション」、「HDDナビ HID エディションII」、「HDDナビ スタイル エディションII」を発売ました。「HDDナビエディション」は、Honda HDDインターナビシステム・キーレスエントリー 一体型キー(+1本)という内容で基本はMにナビとキーレスを付けたものとなっています。「HDDナビ HID エディションII」は、HDDナビ エディションの装備に加えて、ディスチャージヘッドライト<HID>(ロービーム、オートレベリング機構付)・パドルシフト付ステアリングホイール・自発光式独立5眼メーター(イルミネーションコントロール付)・クロームメッキ・インナードアハンドル、そしてラゲッジスペースにはラゲッジスペースアンダートレイがつくなど、こちらは大幅に付け加えられています。もう一つの「HDDナビ スタイル エディションII」は、HDDナビ HID エディションIIの装備に加えて・アンダーガーニッシュ(フロント/サイド/リア)・フォグライト・パドルシフト付本革巻ステアリングホイールが機能としてプラスされました。やはりパドルシフトはこの頃から人気があったのですね。

翌年2008年4月には、エアウェイブ初のマイナーチェンジが実施されました。「M」とエアログレードの「ST」の2タイプに変更(スカイルーフは両グレードにオプション設定)となり、スカイルーフが標準仕様となったモデルはこのときに幕を下ろすこととなりました。また、「M」に、ドアミラーウインカーやカラードテールゲートスポイラーなどを装備した「Sパッケージ」を設定しました。エクステリアでは、新デザインのフロントグリルやフロントバンパーなどを採用した他、マイクロアンテナを採用し見た目をすっきりさせています。その結果、全高が1,530mm(FF)、1,545mm(4WD)と変更になっています。インテリアはブラックカラーで統一され、新シート表皮(起毛トリコット)やシルバー加飾されたメーター類などで、よりスポーティ感を演出した作りへと変更されました。

そして、初のマイナーチェンジから1年4ヶ月後の2010年8月末エアウェイブの生産が終了し、同時にエアウェイブがベースとなっているライトバンのパートナーも生産終了となりました。これにより、2011年6月にフィットシャトルが発売されるまでは、ホンダの5ナンバーステーションワゴンはストリームのみとなります。

【スペック】中古車購入の際に役立つ4グレードのスペックすべてあります!

これから中古車でエアウェイブの購入を検討されている方向けの情報としてスペックを記載します。すべて2WDのスペックとなりますが、参考になれば幸いです。

G:通常屋根タイプ

出典:http://www.honda.co.jp/auto-archive/airwave/2006/style/

◆トランスミッション:ホンダマルチマチックS(自動無段変速機)[プロスマテック]
◆全長(m):4,350
◆全幅(m):1,695
◆全高(m):1,505
◆ホイールベース(m):2,550
◆最低地上高(m):0.160
◆車両重量(kg):1,160
◆乗車定員(名):5
◆エンジン型式:L15A
◆エンジン種類・シリンダー数及び配置: 水冷直列4気筒横置
◆総排気量(cm3): 1,496
◆最高出力(kW[PS]/rpm):81[110]/5,800
◆燃費(km/L):18.0
◆最小回転半径(m):5.1

G:スカイルーフ搭載車

出典:http://www.honda.co.jp/auto-archive/airwave/2006/style/

◆トランスミッション:ホンダマルチマチックS(自動無段変速機)[プロスマテック]
◆全長(m):4,350
◆全幅(m):1,695
◆全高(m):1,520
◆ホイールベース(m):2,550
◆最低地上高(m):0.150
◆車両重量(kg):1,160
◆乗車定員(名):5
◆エンジン型式:L15A
◆エンジン種類・シリンダー数及び配置: 水冷直列4気筒横置
◆総排気量(cm3): 1,496
◆最高出力(kW[PS]/rpm):81[110]/5,800
◆燃費(km/L):17.0
◆最小回転半径(m):5.2

L:通常屋根タイプ

出典:http://www.honda.co.jp/auto-archive/airwave/2006/color/

◆トランスミッション:ホンダマルチマチックS(自動無段変速機)[プロスマテック/ 7スピードモード付]
◆全長(m):4,350
◆全幅(m):1,695
◆全高(m):1,520
◆ホイールベース(m):2,550
◆最低地上高(m):0.150
◆車両重量(kg):1,160
◆乗車定員(名):5
◆エンジン型式:L15A
◆エンジン種類・シリンダー数及び配置: 水冷直列4気筒横置
◆総排気量(cm3): 1,496
◆最高出力(kW[PS]/rpm):81[110]/5,800
◆燃費(km/L):17.0
◆最小回転半径(m):5.3

L:スカイルーフ搭載車

出典:http://www.honda.co.jp/auto-archive/airwave/2006/style/

◆トランスミッション:ホンダマルチマチックS(自動無段変速機)[プロスマテック/ 7スピードモード付]
◆全長(m):4,350
◆全幅(m):1,695
◆全高(m):1,515
◆ホイールベース(m):2,550
◆最低地上高(m):0.150
◆車両重量(kg):1,160
◆乗車定員(名):5
◆エンジン型式:L15A
◆エンジン種類・シリンダー数及び配置: 水冷直列4気筒横置
◆総排気量(cm3): 1,496
◆最高出力(kW[PS]/rpm):81[110]/5,800
◆燃費(km/L):18.0
◆最小回転半径(m):5.3

まとめ

※イメージ画像

ホンダが過去に製造・販売していた「エアウェイブ」についてご紹介しました。その当時では「スカイルーフ」はかなりの衝撃を与えたクルマでした。50km/hで側面衝突しても割れないという安心感もあってか、かなり話題になったクルマです。そして、オプションでもありましたが、全車種にパドルシフトが選べるといったことも当時では斬新でした。ホンダはいい意味で驚かすことが得意ですね。しかし安定的な販売数の伸びが見せられず、わずか5年でその幕を下ろすことになったのは非常に残念です。しかし、今でも中古車市場では人気のあるクルマで、街中でもよく見かけます。またこのような”ワクワク”するようなクルマをホンダが作ってくれると非常に業界が活気づくのではないでしょうか。楽しいクルマが出てくる日を待ってみましょう。