休日は車に自転車を積んで走りに行こう!

自転車のスポットは名所は年中大盛り上がりです。そんなスポットへ私も行きたい! って人も多いハズです。今回はそんなスポット車で行くための必要なアイテムを紹介します!

車で行くから楽しめる!

自転車を楽しむ:ロードバイク・クロスバイク×車

ヒルクライマーなら日本各地の難所を経験してみたいもの。日本一勾配のキツイ奈良県生駒市にある暗峠(くらがりとうげ)には多くのヒルクライマーが挑戦していることが見てとれます。さまざまな地方のナンバープレートの車が暗峠のスタート地点に駐車していますが、こういった経験ができるのはやはり車があるからでしょう。電車に自転車で乗ることはできませんから…。
車があれば次はどこのコースを攻めようかと計画を立てるだけでも楽しめます。さらに大型連休を利用して遠くのスポットに足を向けることもできますし、寄り道なんかも良いですね。名物料理を食べながら、場合によっては大きくルートを変えることもできます。車を積極的に利用することでロードバイクやクロスバイクをさらに楽しむことができるのではないでしょうか?

自転車を楽しむ:BMX

BMXをストリートから始めた人も多いと思います。スポットはいつも大体決まったところになると思います。しかしある程度腕が上がったり、マンネリ化してくるとスポットを変えたいものです。隣町や遠く離れた有名スポット、パークやダートと新鮮味を求めてしまいます。
そこで車があればそのような行きたい場所へいつでもワープすることができますね! 本格的な施設が都合よく行動範囲にある人は限られています。
中でもBMXを楽しんでいる人にとって車はファッションアイテムでもあるハズです。率先して車を利用しましょう!

自転車を楽しむ:ドレスアップ

自転車を車のドレスアップアイテムとして使用している人も中には居ます。これはアメリカのカスタムの流れからルーフにBMXを載せる文化が日本でも流行しています。もちろんBMXを楽しんでいる人も多いのですが、ドレスアップ目的でBMXを購入している人もいます。
車とBMXをコーディネートして楽しんでみるのも良いですね!

車に自転車を載せよう!

車で自転車を運ぶ方法は大きく分けて2つあります。一つはワンボックスカーなどで車内に積む方法です。これは限られた車種でしか出来ません。このような人は車内に自転車を載せる前提で車を購入されている人も多いと思います。今回はそのような大きな車ではないが、自転車を積載したい人に向けのアイテムを紹介します。
小型な軽自動車でも自転車の輸送が可能なので多くの人にご提案できるかと思います。

屋根に積む場合:まずはルーフキャリアレールが必要

一部の車種は標準で付いているレールですが、一般的にはまずベースとなるレールが必要になります。長さなど車種や自転車キャリアとの相性もあるので前もって調べておく必要があります。

カーメイト(CARMATE) inno システムキャリア ベーシックステー ドリップタイプ INDD

¥7,535

製品サイズ:高さ211×幅0×奥行0

販売サイトへ

まずはキャリアステーを用意しましょう。これは車種の屋根の形によって変わってきます。メーカーのHPなどから車種名でマッチング検索できるのでそう言ったものを利用してご自身の車に合ったステーを選びましょう。

カーメイト(CARMATE) inno システムキャリア ベーシックバー 117cm ブラック INB117

¥3,490

型番: INB117サイズ: 117cmカラー: ブラック

●すべてのバーに軽量で高強度の高張力鋼板(ハイテン鋼)を使用しているので、実用度の高い耐荷重を実現!!

販売サイトへ

ステーが決まったら横に渡すキャリアバーが必要となります。これを取り付けたらベースキャリアは完成です。次にサイクルキャリアとこのキャリアと合体させます。ここでポイントとなるのが、前後のバーの長さです。ここの距離が長すぎるとサイクルキャリアを装着することができません。
必ず購予定のサイクルキャリアに必要なバーの間隔を調べておきましょう。

カーメイト(CARMATE) inno システムキャリア アタッチメント サイクル フォークロック INA391JP

¥11,000

●前輪取り外しタイプ(フォークタイプ)のスタンダードモデル●工具不要のカンタン取付●フォーク固定のスタンダードモデル●運転席、助手席兼用タイプ●レール部は軽量なアルミ製●樹脂ベルトでしっかり固定●ユニクランプ取付採用●外部突起規制対応品(ECE基準認定品)

販売サイトへ

自転車の搭載方法はこのようになっています。前後のバーに固定するので安心して目的地へ向かえます。一般的にこの方法採用している人が多い傾向にあります。オープンカータイプでなければ多くの車種で利用できます。

リアに積む場合

次に自転車を積む方法としてはリアに固定する場合です。これは屋根だと高い位置にあるので積み下ろしが不安定になりやすいのですが、リアだとそこまで高さがないので積み下ろししやすいことがメリットです。小柄な女性にもおすすめの方法です。

スーリー/Thule リアドアマウントサイクルキャリア ClipOn 9103

¥22,680

※商品画像はイメージです。

スーリー/Thule リアドアマウントサイクルキャリア ClipOn 9103

スマートな機能を備えたスナップオン式サイクルキャリア。ステーションワゴンやハッチバックに最適です(サイクル3台用)。

●クルマやサイクルに接触するすべての部品は、プロテクションを高めるためにラバーコーティングされています。
●独自のスナップオンシステムでリアドアへのマウントが簡単に。
●すばやく折りたたんで簡単に収納。

※リアマウントキャリアは道交法を守ってご使用ください。

商品の詳細な情報はメーカーサイトでご確認ください。

販売サイトへ

リアキャリアは3台乗せるタイプが主流のようです。車種によっては取り付けられない車種もあるので、マッチングが合えば使い勝手が良いのでおすすめです。

まとめ

いかがでしたか? 自転車が趣味の人も車を利用すればさらに趣味を楽しむことができるといったことがおわかりいただけたでしょうか? 自転車は健康的で良いスポーツだと思います。ご自身のためにも、自転車を趣味として長く付き合うためにもいろいろな場所へ行き、思い出を作ってください!
最後までご覧いただきましてありがとうございました!