【荷重移動】ブレーキ、ステアリング、アクセルを総動員してスムーズな動きを作り出す。

スポーツドライビングに興味のある方なら「荷重移動」という言葉を聞いたことがあるのではないかと思います。クルマは一般走行ではブレーキを踏めば止まり、ステアリングを切れば曲がり、アクセルを踏めば加速しますが、そのときには必ず荷重移動が起きています。そして上手に走るには、その操作のときに荷重移動をスムーズにすることが必要となります。

荷重移動の意味とは? 荷重変動とは違う?

ピッチングとローリングを自力でコントロールするのが「荷重移動」

いきなりちょっと専門的になりますが、クルマ(飛行機も同じです)の動きにはX軸、Y軸、Z軸方向の動きというのがあって、X軸は進行方向に対して左右方向(ローリング:rolling)の動きとなり、Y軸は前後方向(ピッチング:pitching)の動きとなり、Z軸というのは回転方向(ヨーイング:yawing)の動きになります。これを上手に起こすのが荷重移動のテクニックです。そういう意味では走っている限りは「荷重変動」しているとは言えますが、「荷重移動」というと意識的にそれを起こすというニュアンスが含まれます。

「上手な運転」とひとくちに言いますが、いろいろな基準があると思います。例えば一般走行では進路変更のタイミングが上手いとか、車庫入れが上手いというのも「上手な運転」といえるでしょう。スポーツドライビングで上手い運転は何?というと「スムーズな荷重移動ができる」ということが一番だと思います。もちろんタイムが良いということも基準のひとつにはなりますが、それはクルマによる違いの要因が入ってくるので、速い=上手いとは限りません。荷重移動が上手にできることでスムーズでロスのないコーナリングができるのです。

なぜ荷重移動が上手だとスムーズでロスがなくなるのでしょうか? それはタイヤのグリップ力と大きく関連しています。スポーツドライビングというと急ブレーキや急ハンドルをイメージする方もいるかもしれません。一般走行と比べるとそういう面もないわけではありませんが、むやみに「急」のつくドライビングをしても、タイムが出ないばかりか危険でもあります。急操作をするとタイヤの能力が追いついてこないで、グリップをいきなり失ってしまうことがあるからです。典型的なのが、高速から急ブレーキングをしてステアリングを切っても、まったく方向が変わらないという現象です。いわゆるブレーキロックですが、これはロスとなります。

タイヤの摩擦円(フリクションサークル)に荷重移動の秘密が隠されている

「モータースポーツ入門」飯嶋洋治(グランプリ出版)より引用

摩擦円(フリクションサークル)という概念がありますが、これがスムーズな荷重移動とタイヤのグリップ力との関連性を見せてくれます。モータースポーツにおいてタイムをアップするためには、タイヤの限界性能を引き出して走ることが重要で、ドライビングテクニックと呼ばれるものは、そのためにあると言ってもいいほどです。逆にそれさえできれば、どんな操作をしてもいいということでもあります。一般的に上図のようなもので表されますが、実際には縦方向のグリップよりも横方向が大きいので横広がりの円になると聞いたことがあります。

モータースポーツ入門

¥1,836

販売サイトへ

タイヤの性能というのは主にグリップ力のことですが、摩擦円はこれをベクトル(縦方向と横方向の合力)で表しています。この摩擦円はタイヤの性能で大きい、小さいはありますが、いずれにしろ限界を越えることができません。必要な時に、この円ぎりぎり一杯を使ったドライビングが上手なドライビングということになります。

タイヤのグリップ力は越えることができないことを知る。

常にというわけではありませんが、ブレーキング、コーナリング、立ち上がりと円の縁ぎりぎり一杯を使う必要がある場合があります。この時にはぎくしゃくとクルマが動いていてはだめで、円形をしているということは、なめらかな操作が必要になってくるということが、摩擦円のイメージでわかっていただけるのではないかと思います。これを可能にするのがスムーズな荷重移動です。クルマは基本的に、アクセル、ブレーキ、ステアリングを操作して走らせる機械ですから、荷重移動もこれを使って行います。アクセルを急に踏むと普通のサスペンションを持っているクルマであれば、フロントが浮いてリヤが沈み込みます。これはピッチングです。

これは荷重がリヤに移動したということです。急にアクセルを踏めば、それに応じて急に大きくリヤに荷重移動しますし、ゆっくり踏めば、ゆっくりと小さく荷重移動します。アクセルオフやブレーキングのときもその操作に応じてフロントに荷重移動します。これを前後の荷重移動ということができます。ではステアリングを切った時はどうなるでしょうか。簡単に言えば右に切れば左に移動し、左に切れば右に移動します。これはローリングです。これは、コーナリングのときには身体がカーブの外側に持っていかれることでも体感できるでしょう。天秤が左右に揺れることと同じです。

適切な荷重移動をするのはタイヤのグリップ力を使い切るため。

タイヤのグリップを上手に使うには急激な荷重移動を避ける。

こうした荷重を最終的に受け止めるのは何か? というとタイヤです。クルマは通常、アームやリンク、スプリング、ショックアブソーバーなどで構成されたサスペンションがありますが、最終的にはタイヤが責任を持つのです。つまり、荷重移動はタイヤの性能をどれだけ引き出して走るかというところにつながっています。
具体的には、ブレーキングでしっかり前荷重をかけたら、タイミングよくブレーキをリリースしてステアリングをスムーズに切り込んでいきます。ステアリングを切り込んでいくと横方向の荷重が立ち上がります。これはすぐにではなく、ワンテンポ遅れて……という感覚になることが多いですから、それを見越した操作が必要なると思います。瞬間でもタイヤが動くまでの機械的な時間やタイヤが反応しはじめるまでの時間があります。

前荷重と横荷重の合力はコーナーに入って行くにつれ前輪と後輪に均等に荷重がかかるようになります。ここでも摩擦円の円周を行くようにスムーズに荷重をかけます。続いて、立ち上がりに向けてアクセルを入れていくと均等な横方向の荷重からしだいにアウト側のリヤタイヤに荷重が移り、加速に向けてイン側リヤのタイヤにも荷重が移り、ステアリングが直進に向いたときにはリヤの2輪に荷重が伝わり加速することになります。ここをスムーズにつなげるというのが荷重移動のテクニックということになります。逆にいうと前後左右の荷重移動が激しすぎると、突然にタイヤのグリップ能力が抜けることがあります。安全に速く走るためにも急激な荷重移動を避けるのは重要なことです。

前にタイヤの性能で大きい小さいが決まってしまうと書きましたが、実はこの摩擦円は荷重移動でも大きくしたり小さくしたりすることができます。タイヤにはグリップ限界がありますが、タイヤに荷重をかけるということは、路面とタイヤの摩擦を大きくするということで、そのとき摩擦円は大きくなります。極端に言えば、グリップ性能の低いタイヤの性能をぎりぎりまで引き出して走れば、グリップ性能の高いタイヤの性能を引き出して走れない人よりも速く走れる可能性があるということです。

荷重移動でコーナリングはどうかわる?

このように荷重移動がしっかりとスムーズにできてはじめて安全で速いコーナリングができると言っていいでしょう。そのタイヤのグリップ限界を超えない限りは、荷重移動でタイヤと路面の摩擦を大きくした方が良いということになるのですから、ブレーキングに関してもストレートエンドでできるだけ短い時間で減速しようと思えば、完全にロックさせない程度に強いブレーキングをしてフロントタイヤに荷重をかけて、タイヤと路面の摩擦を大きくします。それができればベストのブレーキングができているということです。ブレーキングについては以下のリンクも参考にしていただければと思います。

コーナリングでもタイヤの横方向のグリップを最大限に出すためには、グリップ力のギリギリを使う必要があります。ブレーキングの必要があるコーナーでは、前段階のブレーキングがしっかりできていないと、スムーズに横方向の荷重移動を起こすことはできません。横方向のグリップぎりぎりで、安定したコーナリングができるようになれば、コーナリング中に余分にステアリングを動かすことがなく、スキール音が一定のコーナリングができるでしょう。結果的に立ち上がりスピードも高くなります。ベストなコーナリングができるようになるというわけです。

ただ、もしスムーズにコーナーを走っていても、もしかしたらそれは限界のかなり下の領域かもしれませんから、そこではじめてタイムを気にしてもいいでしょう。同じようなクルマで他の人よりもタイムが遅いのならば、もっと進入スピードやコーナリングスピードを上げて、タイヤのグリップ力を使う必要があるということです。

荷重移動のコツ

まずは意識的にいろいろな荷重を起こしてみることから感覚が身につく。

荷重移動のコツというのはちょっとむずかしいのですが、まずアクセルオンオフ、ブレーキングをしたとき、ステアリングを切り込んだとき、戻したときに荷重がどうなっているのかを感じながら走るということでしょう。ジムカーナ場など安全なところであれば、ブレーキでも、ステアリングでも、ためしに急激な荷重移動を起こしてみて、クルマがどうなるか=タイヤの状態がどうなるか? を繰り返し体験しておくのが最初だと思います。そしてそれをわかった上で、スムーズな荷重移動を起こした走りと比べてみるとコツがつかめるように思います。普段はスムーズな運転を常に心がけることと、摩擦円を頭の中に入れて、現在、Gがどこにあって、サスペンションやタイヤがどのような状態になっているかを感じて走ることもいいでしょう。

荷重移動の練習方法

運転をしなくても感覚を磨く練習はできる。

荷重移動は、実はサーキットでは正しいドライビングをして良いタイムが出た結果、正しい荷重移動をしていたとなる場合が多くなるものです。「ドライビングの結果」ということです。いちいち荷重を気にして走るほど、サーキット走行は悠長なものでもありません。だからといって荷重移動を意識しなくてもいいというわけではありません。感覚を磨くことは重要になると思います。例えば、あるレーシングドライバーはトラックを運転する機会があったときに、荷台に荷物がある場合、なるべく音を立てないように走っていたということを聞いたことがあります。これは意図していたかいなかったかに関わらずスムーズな運転=上手な荷重移動の練習になっていたと思います。

レーシングドライバーの中谷明彦選手の昔の本をなどには、「自分は運転しているときだけでなく、乗客としてバスに乗っているときや、電車に乗っている時、ジェットコースターに乗っているときまで荷重(G感覚と表現していると思いましたが、要は同じだと思います)の移動を感じとるようにする」というような主旨が書いてあった記憶があります。要は日頃の心がけでドライビングが変わってくるということです。

番外編:カートの荷重移動

カートは荷重移動の練習に適している。

レーシングカートって乗ったことがありますか? 私は子どもの頃にちょこっと乗っていたことがあります。その後も草レース的なものに出たりしました。また最近はレンタルカートがブーム? というかけっこうあちこちにあって、私も走りにいったりします。レーシングカートはサスペンションがなくてステアリングも「念力で曲がる」というくらいちょこっと切っただけで反応します。余計なものがないので、荷重移動の感覚を研ぎ澄まさなければならないこともあり勉強になることが多いです。レーシングカートはリヤ駆動ですが、デフがないために、ちょっとスピードコントロールを間違えるとアンダーステアやオーバーステアの挙動が出ます。たとえばアクセルオフだけで行きたいんだけど、ちょっとアンダーステアが出るな……と思ったときに瞬間的にちょんとブレーキを入れるだけでも、スッと前荷重になってインに入っていくことがあります。また、非常に強い横Gが出ますから、自分の身体で荷重を感じることができます。

まとめ

「荷重移動」なんてことを書いていると非常にエラそうになったみたいで書きづらいです……。勘違いなどがあったらご指摘いただけると嬉しいです。私もまだまだ修行中。こればかりは口で言うよりも体感して感じ取るしかないと思います。最近はスマフォ用のアプリでGセンサーを使って、荷重移動を表示させてくれるものもありますから、そんなのを使って楽しみながらマスターしていくのがいいと思います。

[iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/BEH5sqBEgac" frameborder="0" allowfullscreen][/iframe]

movie by jima