「GMC サイクロン」フェラーリ(Ferrari)キラーの暴力的なピックアップ

「GMC サイクロン」はハイパワーエンジンを搭載し暴力的な加速と優れた動力性能から「フェラーリ キラー」の異名をとったモデルです。その凄まじいポテンシャルに迫ってみたいと思います。

「GMC サイクロン」とは

「GMC サイクロン(GMC Syclone)」は、アメリカのゼネラルモーターズ社がGMCブランドで生産されたピックアップトラックです。「GMC S-10」の前身モデルの「ソノマ」のハイパフォーマンスバージョンとして開発され、「プロダクション・オートモーティブ・システムズ(Production Automotive Systems)」において1991年から1992年にかけて生産されました。

開発コンセプトは「世界最速ピックアップ」

開発コンセプトは、「世界最速ピックアップ トラック」です。きっかけとなったのは、GMCが参戦した1990年のユタ州のボンネビル・スピードウェイで開催された「ボンネビル・ナショナル・スピードトライアル」でピックアップトラックの世界最高速を記録したことにありあす。時速約336km/k(210マイル)を記録した「サイクロン LSR」のホモロゲーションを取得するために「GMC サイクロン」は開発・生産されました生産台数は2年間に2,998台が生産されただけのため、世界的に希少価値が高いピックアップ トラック モデルとなっています。

ボディデザイン

「GMC サイクロン」のボディデザインは、作業トラックではなくアグレッシブなデザインのエアロパーツが装着されていました。インテリアもレーシーな雰囲気に仕上げてあります。シートはバケットタイプを装着しステアリングホイールもコルベット風のスポーツタイプのステアリングが採用されています。フロアマウントされたシフトノブはC4コルベットのものがチョイスされています。

パワーユニット

「GMC サイクロン」のボンネットに収まっているパワーユニットは、「シボレー・アストロ」に搭載されている排気量4,300cc V型6気筒 OHV LB4型エンジンが搭載されています。エンジンには「三菱社製」のTD06-17Cタービンと「ギャレット社製」のインタークーラーを装着しています。また「GM社」スモールブロックエンジンのスロットルボディを流用するなどの各部がチューニングされており最高出力は、280PS/4,400rpm、最大トルクは、49.8kgm/3,600rpmを発揮するハイパフォーマンスなパワーユニットになっています。これにトランスミッションは、「シボレー コルベット」の4速ATが加わり、トランスファーは「オールズモビル ブラバダ」で採用されたフロントシャフト側35パーセント/リアシャフト側65パーセントで駆動力を配分するフルタイム四輪駆動が採用されています。

サスペンション

ハイパフォーマンスなパワーユニットを受け止め、パワーを確実に路面に伝えるためサスペンションは、フロントがダブルウィッシュボーンとトーションバースプリングの組み合わせで、リアはリーフスプリングとリジッドアクスルが組み合わされるサスペンションシステムを採用しています。またコーナリングを安定させるためベースモデルの「ソノマ」に比べて2インチのローダウンが施されています。ピックアップのため荷重移動を考えブレーキシステムはフロントがベンチレーテッドディスクが採用荒れています。リアブレーキがデュオサーボドラムで、ABS(アンチロック ブレーキ システム)が装備されています。

「フェラーリ キラー」

「GMC サイクロン」はピックアップトラックとしては過激なハイパワーエンジンを搭載し優れたポテンシャルを秘めています。市販モデルのノーマル状態でも停止状態から時速60マイル、0-96km/h加速のポテンシャルは4秒台です。0-400mの加速時間は13秒台を誇る性能を発揮し最高時速は、200km/h(125マイル)以上という実力を持っています。そのポテンシャルから「GMC サイクロン」は「フェラーリ テスタロッサ殺し」の異名を持つスペシャルピックアップトラックとして知られています。

「GMC サイクロン」主要諸元

エンジン:4,300cc V型6気筒 OHV LB4型 インタークーラーターボ付 エンジン
最高出力:280PS/4,400rpm
最高トルク:49,8kgm/3,600rpm
トランスミッション:4速AT
駆動方式:4WD
サスペンション:F ダブルウィッシュボーン R リーフスプリング
ブレーキ:F ベンチレーテッドディスク R デュオサーボドラム (ABS装着)
全長:4,585mm
全幅:1,785mm
全高:1,660mm
車両重量:1,555kg

メジャーなピックアップ

「GMC サイクロン」は、持っていたポテンシャルから「フェラーリ テスタロッサ殺し」の異名を持つほど、メジャーなピックアップトラックとして知られ人気となったため、1992年のインディ500では3台のサイクロンがペースカーとして活躍しました。

限定モデル

「GMC サイクロン」は多くのファンを獲得し人気車種となったため廉価バージョンとして1992年に「ソノマGT」が限定生産800台で登場しました。ボンネットに収まっているパワーユニットは、L35型4,300cc V型6気筒 NAエンジンでした。最高出力は(195hp、サイクロンはターボ付き280hp)また「ソノマGT」は駆動方式が後輪駆動のFRでサスペンションもノーマルバージョンの車高でローダウン未施工のものでした。外装は、サイクロンのエアロパーツが装着されていました。

まとめ

「GMC サイクロン」は「フェラーリ テスタロッサ殺し」の異名を持つほどの過激でハイパフォーマンスなパワーユニットを搭載したホットなピックアップ トラックでした。世界最速のピックアップとして記憶に残るモデルといえるでしょう。