車のスピーカーを変えて車内を大迫力ライブホールに!

車のスピーカーを変える事で、車内空間は劇的に変化し快適な車内空間となります。そんな、スピーカー交換ですが意外にも手軽に行う事ができます。手軽に交換できる割には大幅な変化を得る事ができますので満足度も非常に高いものになっています。リーズナブルなものからハイエンドまで幅広くご紹介します。ぜひ、スピーカー交換の参考にしてください!

車のスピーカー交換で車内空間は激変?

普段、何気なく車の中で音楽やラジオを楽しんでいるかと思いますが、スピーカーを交換する事で音が大きく変化する事をご存知でしたでしょうか。車内空間が住居に比べて狭いので大幅な変化を感じる事ができます。リーズナブルな物からハイエンドの物まで幅広くありますので、それぞれの特徴とスピーカー交換の意味を合わせてご紹介します。普段の運転が楽しい時間に変わったら、運転嫌いの方でもついついハンドルを握りたくなってしまいます。

純正スピーカーじゃダメなの?

納車時に装着されている純正スピーカーでは役不足と言う事は決してありません。しかし、純正状態で装着されているスピーカーがどんな音を鳴らす事を目的として装着されているかが大切です。たとえば、ラジオの音がちゃんと鳴ればいいぐらいのスピーカーが装着されている場合に、低音が効いている音楽を聴こうと思ってもしっかりと鳴らしきる事ができません。逆に、低音から高音までしっかりと鳴るスピーカーシステムを装着しているのに、ラジオしか聞かない場合は、宝の持ち腐れ状態になってしまいます。年々、純正スピーカーもクオリティが上がっていますが、比例して音響メーカーのスピーカーも進化し続けており、中にはホームオーディオのクオリティを超えてしまうものもあるようです。

スピーカーが増える事で得られる変化!

音響が純正状態から、スピーカーの数が増える事によって大幅に音場の数が激変します。今までは前方からしか聞こえてこなかった音が、四方から聞こえるようになり臨場感がまします。しかし、このスピーカーの数を増やす事もただ、増やせばいいのではなくしっかりとスピーカーそれぞれの役割を認識して増設する必要があります。一言でスピーカーと言いましても、それぞれしっかりと役割があるのです。

目を閉じればヴォーカルがいる?

多くの純正状態のスピーカーは目を閉じても、そこまで臨場感を感じる事ができません。しかし、目を閉じた時にまるで目の前でヴォーカルが歌を歌ってくれていたらどうでしょうか。ドライブも楽しくなりますよね。そんな、夢のような話が車のスピーカーを交換する事で実現するんです。それは、スピーカーの中でも、ヴォーカルの声や高音を担当しているツィーターの装着をする事です。ツィーターを装着する事で音葉が増え臨場感あふれる音楽空間が実現します。

音に厚みが加われば、ライブホール同然!

スピーカーを交換する事で、普段はカットされてしまっていた低音域などを出す事ができますので、音に厚みが出ます。音に厚みが加わわり、クリアで澄み切った伸びのあるヴォーカルの声に、ハッキリと小気味よく奏でられるビートが相舞う事で車内空間は迫力あるライブホールに近づく事ができます。

スピーカーを変えたい!でもどうやって?

スピーカーを変えて、最高の音葉をゲットする事が決まりましたら、スピーカー選びを始めましょう。様々なタイプのスピーカーが、豊富にラインナップされていますので用途にあったぴったりのスピーカーにめぐり合えるように、色々と聞き比べて探す事が大切です!

好みのスピーカーを探しましょう!

スピーカーを変えたいと思ったら、まずはカー用品店に足を運んでみましょう。足を運んでみると多くの種類のスピーカーがあります。各メーカーから様々な種類のスピーカーがラインナップされていますので好みのサウンドとお値段の物を選択してください。店頭では、手持ちの携帯音楽プレイヤーを接続して好みの曲を再生する事ができる店舗が多いので、普段聞きなれた曲で納得いくまで吟味する事ができます。

少しでも安く購入する方法!

ここで、少しでも安くお得に購入する事ができる裏技をご紹介します。欲しいスピーカーを決めましたら、型番を控えておきます。その型番をインターネットショッピングで探してみると、店頭価格より安く販売されている場合が多いです。また、一昔前のモデルですと大幅に値下げされている場合が多いので是非一度検索してみる事をおすすめします。しかし、これにはいい事ばかりではなく、DIYでの交換作業が必須になります。大体の車屋は持込みパーツの場合は持込み料金が発生する事が多いです。そうしますと、せっかく安く購入したのにトータルで値段がまったく変わらなかったなんて事が発生していまいますので注意が必要です。

DIYで工賃節約!

DIYでの交換作業によって工賃は大幅に節約する事ができます。DIYでのスピーカー交換と言いますと難しそうに聞こえますが、実は以外と簡単に交換する事ができるんです。簡単に手順を説明しますと、多くの車がドアの内張り内部にスピーカーが設置されていますので、ドアの内張りを外してスピーカーにアクセスします。ビス止めしてあるスピーカーを外し、カプラーを外します。ドアにスピーカーが装着されていないフリーの状態を作りましたら、付属してくる配線を接続してビス止めします。そして、音が鳴るか確認をした後にドアの内張りを元通りに戻して作業は完了となります。

インターネット購入の場合は、持込み専門店を探してみて!

インターネットでスピーカーをお得に購入した場合は、住んでいるところの近くにパーツ持込み専門店がないか検索してみましょう。最近は、パーツ持込みに特化した車屋も増えている傾向にあり持込みの場合でも工賃が比較的安くすみます。カー用品店ですと持込み料金を取られてしまう事が多いですが、意外にもディーラーなどですと持込み問わず一律料金で作業してくれるところが多いので、事前にしっかりと調べておくとお得に交換できます!

ここでおすすめのスピーカーを一挙ご紹介!

車のスピーカー交換を決意して、カー用品店に足を運ぶと様々なメーカーが豊富にラインナップしている事に驚いてしまうと思います。価格も非常にリーズナブルなものから高額なハイエンドモデルまでありますので尚更です。ここでは、おすすめのスピーカーのポイントを合わせてご紹介します。

コストパフォーマンス抜群!ClarionSRT1633

マルチコアキシャルタイプの3WAYスピーカーで、交換型スピーカーでは一般的なサイズの16cmのモデルです。大口径ミッドレンジやピエゾドーム型のツィーターを装着しているので低音域から高音域まで幅広い音域をカバーしてくれます。音切れよくハッキリと切れよくなる高音域と、低音域までもカバーしてくれるミッドレンジで全体的に太い印象の音を奏でてくれます。スピーカーから出力される音のバランスが非常にいいので、まるでライブホールにいるかのような臨場感で車内を包み込んでくれます。この価格帯のコアキシャルタイプのスピーカーにしては、ウーファーコーンにチタンを採用しているなど強度も非常に高いのが魅力的でコストパフォーマンスみ優れたスピーカーです。軽自動車やコンパクトカークラスでしたらこちらのスピーカーに交換しただけで十分な効果を体感する事ができます。

Clarion(クラリオン) SRT1633 16cmマルチアキシャル3WAYスピーカー(2 本1組) SRT1633

¥4,955

販売サイトへ

Carrozzeria TS-F1630

従来は、ウーファーコーンに中低音を担当させ、高音域をツィーターに担当させるのがスタンダードでしたが、このスピーカーは中音域をツィーターに任せる発想で音葉を作り上げるのが難しいと言われている車内空間で質の高い音を実現しています。スクエアボイスコイルの採用により低音域のパワーアップを実現し、安定的な音の再現を実現しています。メインスピーカーに使うのも勿論おすすめですが、後部座席などのスピーカーに使用するのもおすすめです。価格も非常にリーズナブルに設定されていますので、気軽に音の変化を楽しむ事ができます。

Pioneer(パイオニア) カロッツェリア 16cm 2ウェイスピーカーTS-F1630

¥5,036

販売サイトへ

ALPINE STE-G170S

スクエアボイスコイルワイヤーを採用しており、ハイパワーな太い音の再現を実現しており、マイカインジェクションコーンが相まってハイスピードでクリアな音を正確に再現してくれます。付属のネットワークが音をしっかりと分類してくれるので、しっかりと得意としている音域を担当させることができます。アルパイン独特の図太いビートと決してもたつくことのない音切れは一度味わうと他のスピーカーでは満足できません。このスピーカーは低音域は勿論なのですが、なんといってもヴォーカルの声の再現性が非常に優れています。また、セパレートタイプのスピーカーの中では価格帯も平均的なのも魅力の一つです。セダンやSUVなどの車内空間が広めのタイプの自動車で性能をフルに発揮する事ができ、車内を抜群の音響空間で圧巻してくれます。

ALPINE(アルパイン) 17cmセパレート2ウェイスピーカー STE-G170S

¥10,800

販売サイトへ

KENWOOD KFC-XS1700

グラスファイバーコーン、ソフトドームツィーターを搭載しておりスピーカーサイズは少し大きめの17cmタイプです。セパレート形状になっており、下から上まで透き通るように綺麗に音が鳴るスピーカーです。ケンウッドらしい透き通った高音に対して、柔軟に反応してくれる低音は勿論健在です。セパレートタイプのスピーカーの中では少し価格帯が高めの設定ですが、高級オーディオの分類と考えれば非常にコストパフォーマンスに優れたスピーカーです。ミニバンなどの広い車内空間の車のメインスピーカーにしても十分に活躍してくれます。

KENWOOD 17cmセパレートカスタムフィット・スピーカー KFC-XS1700

¥22,800

販売サイトへ

ALPINE DDL-R170C

さらなるリアリティーと音の細かい再現を実現したモデルです。サイズも17cmと交換型スピーカーでは少し大きめのサイズになっています。17cmと大きいことで、音量を上げてもしっかりと鳴らすことができます。付属されているネットワークもALPINEの技術が全て詰め込まれたものとなっていて音を別ける能力が非常に高いです。コアキシャル型ですのでリアシートなどへの装着は勿論ですが、フロントに取り付けても十分な音を奏でてくれます。

ALPINE(アルパイン) 17cmコアキシャルト2ウェイスピーカー DDL-R170C

¥16,521

販売サイトへ

carrozzeria カロッツェリア 17cmセパレート2ウェイスピーカー TS-V172A

carrozzeriaのフラッグシップモデルであるこのスピーカーは、音に関する全ての分野でずば抜けたポテンシャルを発揮してくれます。先代モデルのいい所は全てそのまま継承しており、振動板やカイロなどを全て専用設計に新開発したことによって、最上級モデルにふさわしい仕上がりになっています。豊富な音の情報量と再現力で車内空間をライブホールのような臨場感で包み込んでくれます。全ての部品に高品位部品を使用していますので、一切の妥協を許さないcarrozzeria渾身のスピーカーである事がわかります。

carrozzeria カロッツェリア 17cmセパレート2ウェイスピーカー TS-V172A

¥41,123

販売サイトへ

Carrozzeria TS-WX120A

どうしても、スピーカーではカバーしきれない低音域を低音専用のウーファーを装着する事で音数を増やす事ができます。サブウーファーを装着する事で音に厚みが出て、音楽の説得力が大幅に向上します。また、こちらのタイプは非常にコンパクトなもでるなので、トランクルームに設置するタイプの従来のサブウーファーとは違ってシートの下などに設置できる事も魅力の一つです。サブウーファーを装着するだけで音の臨場感は激変します。

パイオニア 20cm×13cmパワードサブウーファー TS-WX120A TS-WX120A

¥12,280

販売サイトへ

まとめ

車のスピーカー交換によって得られる効果と、おすすめのスピーカーをご紹介してきました。車内空間は、部屋などの住居と比べますと狭いので変化を直ぐに感じる事ができますし、好みの音を作りやすいです。スピーカーを交換して音にこだわりを持ち始めますと、デッドニングなどの制振処理などを行って更なる音質の向上を狙う事ができます。音響にこだわりを持り、理想の音場を作り上げる事ができたら普段の通勤やドライブも楽しいものになります。比較的安値で大きな変化を感じる事ができるスピーカー交換、是非一度お試しください!