教えて!ドライブルートの決め方!

ドライブルートの選び方は個人によって大きな差があり、同じ目的地にいくのに何本もルートがあるので迷ってしまいます。到着時刻を優先するのか通過地点の景色なども楽しむのかで、選択するルートが変わってきます。楽しいドライブにするためにも、ナビや地図などの情報を活用することも良いでしょう。楽しいドライブにするためにも、慎重に検討してください。

ドライブを楽しむためには?

目的に応じて考えよう!

ワクワク楽しいドライブをするためにはルート選択が重要で、目的に合わせて選択をすることが良いでしょう。目的地が観光地の場合は、出発時間を繰り上げて早く到着できるようにするなどの工夫をすることでゆっくり見て回ることができます。しかし、朝が苦手な方や仕事などで帰宅が遅くなって出発時間を早くできないときは、出発を遅くして向かうことも良いでしょう。
時間を変えることも必要で、観光地などシーズン中は渋滞や事故(接触や追突など軽微な事故)が多発する傾向があります。渋滞中のイライラは同乗者にも不快な思いをさせる場合があり、楽しく過ごせる雰囲気を壊してしまうときがあります。
楽しむためには、運転手が楽しく過ごせないといけません。観光地でありがちな急停車や割り込みなどをされても、追突しない車間距離と笑ってやり過ごす心が必要です。また、自分も他車に対して同じことをしないように気を付けてください。

知らない土地でドライブするときは?

迷わないためにはナビゲーションを使うことで、目的地まで正確に案内してくれます。ナビがない場合は、スマートフォンのアプリケーションを使うことが良いでしょう。無料でダウンロードできますので、有料のアプリと間違えないようにしてください。ドライブにも非常に有効に使えるので、カーナビゲーションを購入するより簡単に使うことができます。
ナビに頼りたくないからといって地図を使う人もいると思いますが、助手席の彼女やパートナーにまかせっきりではいけません。知らない土地では地名なども詳しくしることが大変なので、自分の現在地を見失って迷う原因になってします。迷ってしまうことは喧嘩の原因にもなり、楽しいドライブが楽しくなくなるので注意してください。
地図やナビを使う場合は道路を間違えたとしても、笑って過ごすことがドライブを楽しくするコツといえます。地方などでも1年から2年いかない間に道路が変わっていたり、目印にしておいた建物などが変わっている場合があります。記憶を頼ってドライブをするより、正確で新しい情報を使ってください。

ドライブ中のトラブルを回避するために!

ドライブ中のトラブルといえば、トイレ問題が多いといえます。ゴールデンウィークなど連休中のサービスエリアなどのトイレでは、長蛇の列ができているときがあるために早めのトイレ休憩を必要とします。人気があるサービスエリアなどでは、仮設トイレを設置する対策が施されていても時間帯によっては長蛇の列になる傾向があります。
トイレ以外では、パンクやオーバーヒートなどの車の故障があります。近くへのドライブでも遠くへのドライブでも、点検をすることで回避することができます。タイヤのトラブルの原因は空気圧不足で起こる場合がほとんどなので、ガソリンスタンドで給油と一緒に適性値にしっかりと調整してください。エンジンオイルや冷却水の量も見ておくことで、安心してドライブすることができます。
トラブルを想定して何がっても冷静に対処できるような準備をしておくと、いざってときに役に立ちます。自分は大丈夫だろうと思わないで、準備と点検をしてからドライブへ出発してください。

家族でドライブするときは?

休憩は早めに!

小さいお子さんを連れてのドライブでは、休憩をこまめにすることが必要です。目安としては、1時間から2時間の間に15分からの休憩をとることが良いでしょう。こまめに休憩をすることは、運転手の疲労軽減になり楽しいドライブの助けになります。
お子さんの急なトイレに対応するためには、簡易トイレや紙おむつを準備しておくと安心できます。予期せぬ渋滞に巻き込まれても、準備ができているので安心できます。長時間のドライブでも短時間でも、水なども準備しておくことをおすすめします。同じ姿勢で長時間いると、エコノミー症候群を発症させる場合があるのでこまめな水分補給も忘れないでください。
天気が良かったら窓を開けて換気することも必要になり、運転手を含む同乗者のリフレッシュになります。自然の風を感じることは、楽しいドライブをもっと楽しくしてくれます。お子さんが手などを窓から出さないように、少しだけ開けると良いでしょう。

無理をしない!

久しぶりのドライブでは、無理をしてしまうと事故やトラブルに巻き込まれる可能性があります。慣れているルートやナビのルートに従って運転してください。ドライブは目的地にいくことだけではなく、その途中に寄り道したり運転を楽しむことを目的とします。楽しい思い出を作るためにも、無理や無茶な運転はいけません。
また、非常識な行動をする人もいますので注意してください。非常識な人に遭遇してしまったら、笑って逃げることが良いでしょう。ドライブの目的地で喧嘩や言い争いになっては、せっかくのドライブが台無しになります。
ドライブをするときは、睡眠をきちんととってから出発してください。運転中に眠気を感じたら、安全な場所で休憩をするか仮眠をしてください。また、同乗者である家族が寝てしまったら、運転手も無理をしないでください。気持ちよく寝ているのを起こすのは気が引けますので、疲れを感じていたら休憩をすると良いでしょう。

楽しいドライブをもっと楽しくするためには?

家族とのドライブをもっと楽しくするためには、予備知識があると便利です。「お子さんにあの山の名前は?」なんて聞かれたときに答えることができれば、すごいと見直してくれると思います。正確に答えられなくても、しっかりとお子さんの質問に答えることが大切になります。分からないときは、正直に分からないと伝えて、スマートフォンなどを使って一緒に調べることも一つの方法です。
渋滞中では簡単な計算問題やなぞなぞをお子さんとしていると、気にならないでしょう。車のナンバーを使って簡単な算数の問題を出したり、なぞなぞをしていることで渋滞も気にならなくなるといえます。問題に夢中になって、追突事故にならないように注意をしてください。
渋滞が発生することは予測が難しいので、交通情報を活用してください。また、家族でドライブ中に渋滞に巻き込まれたらイライラしないで、大切なコミュニケーションの時間だと思うことがより楽しくしてくれます。

ドキドキドライブデートのときは?

はじめてのドライブデートは人気スポットへ!

彼女とのはじめてのドライブデートでは、海や山などの人のいない場所を選ぶと失敗します。会話が途切れたり休憩ポイントが見つからない場合があり、お互いに気まずい雰囲気になってしまうからです。運転初心者やはじめてのドライブデートであれば、有名な場所や近くのドライブスポットが良いでしょう。はじめての2人の思い出にするためにも、きちんとした計画とルートを選んでください。
運転に自信がないときは、正直に伝えてください。嘘で運転がうまいなどといってしまうと、すぐにばれてしまい彼女は楽しくなくなります。嘘がばれて降りて帰るかもしれないので、正直に話しておくことが大切です。
ドキドキのドライブデートを成功させるのには、何があっても笑って楽しい雰囲気を作ることを忘れないでください。運転中にイラッとしても、我慢して笑顔を作ることが良いでしょう。大きな器を持っている人間だと思わせることができますので、何があっても冷静に対処することが成功するために必要です。

ロングドライブは一泊二日の予定で!

ロングドライブするときは、一泊二日の予定を作ることが良いでしょう。時間もあるので、のんびり寄り道をしながら目的地へ向かうことができます。寄り道のしずぎで、チェックインの時間や夕食の時間に遅れないように注意してください。
目的地やルートを決めるときは、2人で決めることが良いでしょう。お泊りでロングドライブとなると、運転する方は非常に疲労感を感じてしまいます。目的地についても寝るだけになってしまい、せっかくのドライブを失敗させてしまいます。楽しく過ごすためにも、3時間から5時間で到着できる場所を選ぶことが大切です。
距離的には片道200キロメートルから300キロメートル位がロングドライブの目安となります。距離だけを見ると非常に長く感じてしまいますが、東北道を使うと東京から栃木県の那須塩原温泉付近で約150キロメートル位で、東名高速道路を使うと東京から静岡県の藤枝市付近で約200キロメートル位です。驚くほど遠い距離ではないのですが、一泊二日の予定ではこのくらいの距離が妥当な距離だといえます。

計画にこだわりすぎない!

目的地によっては非常に混雑する場所もありますので、計画している時間より遅れることが多くあります。ルート選択も時間に影響しますが、余裕を持って計画を立ててください。時間や計画に縛られていては、せっかくのドライブを楽しむことができません。楽しんでこそのドライブなので、あくまでも目安にすることが良いでしょう。
ルート選択で迷ったときは、自分だけで決めるのではなく彼女の意見も聞いてください。勝手に決めて失敗するよりは、彼女の意見を参考にして決めることが大切です。例え失敗しても彼女を責めるような言動はNGなので、我慢をして笑って吹き飛ばしてください。
計画より彼女を第一に考えて、気を使ってあげるのが大切なことです。はじめてのドライブデートではトイレを我慢する人も多くいるために、こちらからトイレにいきやすい状況を作ることも忘れないでください。あなたを見直してくれるきっかけは、小さい配慮かもしれません。

ドライブのときの注意点!

ルールとマナーを守って!

常識的なことですが、ルールやマナーを都合よく解釈している人がいます。駐車場が混雑しているからといって、近隣住民の自宅駐車場や生活道路に駐車する人もいます。観光地の近くで農業をしている人は、畑にゴミが車から捨てられるのを目撃した人もいます。農家の人も対策をして看板などを立てていますが、効果が薄く頭を悩ませる人が少なくありません。
これらは一部の非常識な人がとっている行動ですが、観光地や温泉地にいったときはお互いに譲り合って楽しく過ごすことが大切です。公共施設は自分だけのものではないので、非常識な行動は慎んでください。特に小さいお子さんは、マナーのない行動をしっかりと見ていますので注意してください。
ドライブを楽しい思い出にするためにも、常識を持ってルールとマナーを守ってください。ドライブデートや家族ドライブは大切な思い出に変わり、かけがえのない宝物になるでしょう。

安心できるルートを!

知っているルートをメインルートとして使うことで、ドライブをサポートしてくれます。ナビのルートでドライブすることも可能ですが、土地勘があり詳しい状況を知っているのであれば必ずナビの通りに進まなくても良いでしょう。
ルートを最終的に決めるのは運転手で、道を間違えたからといって同乗者を怒るのはただの八つ当たりです。そんな小さな姿を彼女や家族に見せるのではなく、何事にも動じない姿を見せることの方がかっこいいといえます。また、同乗者が飲み物や食べ物をこぼして愛車が汚れたとしても怒る必要はありません。自分で掃除するかプロに依頼すれば済むことです。
ルートを間違えることもドライブの醍醐味といえ、間違えても笑っていれば乗り切ることができます。楽しいドライブは、運転手と同乗者の笑顔で成功します。

まとめ

休日のドライブなどは、リフレッシュも兼ねているので楽しむことが大事です。家族や彼女とかけがえのない時間を共有することで、絆が深まってお互いを見直すきっかけになるといえます。ドライブを楽しむことで、新しい思い出が作られることでしょう。
ルートを間違えたことや失敗したことを笑って話せることは、それだけ絆が深まった証だといえます。そのときは大変な失敗でも、家族や彼女が同乗者としていたからこそ乗り切ることができます。ドライブにトラブルはつきものなので、何があっても冷静に対処してください。
また、写真を撮るときは愛車も一緒に写すとより楽しくなります。愛車があって家族や彼女とのドライブができて、思い出の写真が増えます。愛車も大切にできることは、家族や彼女も大切にできるのではないでしょうか。